【ヘブバン】アニメ化の可能性について検討します!!【ヘブンバーンズレッド】

 ランク(順位) サイボーグ(1388
 経験値  61,484
獲得バッジ
ライターランキング1位月間PV1位達成10週連続記事公開ランク「神」に到達375記事達成4つのカテゴリーで10記事30カテゴリーの記事公開攻略記事を40記事公開まとめ記事を20記事公開総獲得PVが「250万」PVに到達1記事で25万PV

 

この記事では、ヘブンバーンズレッド(ヘブバン)の「アニメ化の可能性」について検証します。

興味がある方はご覧いただければと思います。

「ほぼ100%」アニメ化されるものと思われます!!

©WFS Developed by WRIGHT FLYER STUDIOS © VISUAL ARTS / Key

みなさんこんにちは、「横島先生」です。

本日は、大人気ゲームである「ヘブンバーンズレッド(略してヘブバン)」のアニメ化の可能性について、ざっくばらんに考察したいと考えております。

結論から言ってしまうと、「ほぼ100%」アニメ化されると予想されます。

(公式から発表されているわけではないので「ほぼ」を付けさせていただいております。)

その根拠や、アニメ化の時期、アニメの内容の予想について、ご紹介していきたいと思います。

なお、ゲームのネタバレをふんだんに含んだ記事となるため、未プレイの方(最新のストーリーまでプレイしていない方)はご注意ください。

ではさっそく、詳細を見ていきましょう。

この記事は5分程度で読み終わりますので、さいごまでお付き合いいただければ幸いです。

アニメ化されると予想される理由について

ゲームの人気が非常に高い

keyのシナリオライターである麻枝准の15年ぶりの完全新作ゲームということもあり、サービス開始時から話題性のあったゲームとなります。

そのため、サービス開始時のダウンロード数も多く、好調なスタートを切ることができました。

麻枝氏の独特なギャグの連発がプレイヤーを選ぶと言われておりましたが、シナリオ全体に流れる重厚感や、各ストーリーに用意された感動の場面が絶妙なバランスとなっており、多くのプレイヤーに支持されることとなりました。

サービス開始から時間が経過しても人気が衰えない

サービス開始から時間が経過しても、節目ではセルラン上位に食い込む人気となっております。

(アニバーサリーイベントの際にはセルラン1位に位置することもあります。)

また、アトレ秋葉原とのコラボにおいては行列ができるなど、じわじわとファン層を増やしている傾向も見られます。

男性層だけでなく女性層にも人気

「登場キャラクターが100%女性」ということもあり、当初は男性向けのゲームと思われていました。

しかし、実際には女性層も取り込んでおり、男女ともに人気のゲームとなっております。

(上記のアトレ秋葉原のコラボにおいても、女性のお客さんが多く見えられていたようです。)

その理由としては、

・キャラクターが純粋にかわいい

・女性キャラクター同士の友情が女性層に受け入れられている

といったことが挙がられるようです。

テレビアニメはブロードキャストであり、誰でも視聴する機会があるため、特定の層(例えば男性だけ)に受け入れられるコンテンツよりは万人が楽しめるコンテンツの方が放送しやすいと言えます。

keyの麻枝准作品はことごとくアニメ化している

keyで麻枝氏が脚本とした携わったゲームの多くがアニメ化しています。

例えば、

・AIR

・クラナド

・リトルバスターズ!

などが挙げられます。

「ヘブンバーンズレッド」もある程度の成功を収めている作品であるため、アニメ化される可能性が大きいと思われます。

アニメ化されない理由が見当たらない

以上のように、「これでもか!!」というほどアニメ化される要素が盛りだくさんとなっております。

アニメ化できなくなるような社会的な何かが発生しない限り、「ほほ100%」アニメ化されることになると予想されます。

アニメ化の時期の予想

原作(ゲーム)に沿ったストーリーの場合

ゲームの流れに沿ったストーリー展開が行われるのであれば、第1章~第2章(+期間限定イベント)で1クール(12話分)が作成できるくらいのボリュームはあると思われます。

そのため、すぐにでもアニメの製作に取り掛かることが可能であると予想されます。

原作(ゲーム)から逸れたストーリーの場合

登場キャラクター数が多いゲームであるため、各キャラクターに焦点を当てたオリジナルストーリー展開とすれば、幾らでも尺を稼げそうではあります。

一方、多くの謎が隠されたミステリー的な要素がふんだんに盛り込まれたゲームでもあるため、適当にキャラストーリーを作成してしまうと矛盾が生じる可能性が高いです。

また、アニメで真相を明かし過ぎてしまうと、ゲームの方に支障がでる恐れもあります。

そのため、ゲームから逸れたストーリー展開でアニメ化する場合には、ゲームの方でもう少し真相が明らかになってからになると予想されます。

アニメの内容の予想

原作(ゲーム)に沿ったストーリー

ゲームに沿ったストーリーとなるのが、もっとも可能性が高いと思われます。

その方がアニメを製作しやすいですし、そもそもヘブバンはストーリーを売りにしているゲームであるためです。

一方、

・ソシャゲはそのままアニメ化しても失敗する可能性が高い

というジンクスが見られるジャンルとなります。

基本的にゲームのアニメ化は失敗しやすいのですが、その中で成功したアニメである、

・ウマ娘 プリティーダービー

・プリンセスコネクト!Re:Dive

・神撃のバハムート

はすべて「アニメオリジナルのストーリー」となっております。

どうしてアニメオリジナルの方が成功しやすいかと言いますと、

・オリジナルであればゲームのプレイヤーもそうでない人も両方楽しめる

・ソシャゲはゲーム性で成功する例もあり、そもそもストーリーが面白くないパターンも多い

といった理由が挙げられると思います。

上記の「成功したアニメ」はすべて「Cygames」のゲームとなりますが、看板ゲームである「グランブルーファンタジー」のアニメ化は原作に沿ったストーリーで振るわなかったことからも、信ぴょう性の高いジンクスと言えそうです。

原作(ゲーム)から逸れたストーリー

とにかく登場キャラクターが多いゲームであるため、各キャラクターに焦点を当てたストーリーはいくらでも作れると思います。

更に、登場キャラクターの数だけ「生前のキャラクター」「ヒト・ナービィとなった後のキャラクター」が存在するため、ネタに困ることはないのではないかと予想されます。

また、キャンサー襲来の元になった「隕石の飛来」から60年が経過しており、その間の人類とキャンサーの戦いを描くことも可能であると考えられます。

このように、ゲームから逸れたストーリーとなったとしても題材は多く存在するのですが、その中でも可能性が高そうであるのは、

・各キャラクターの日常を描いたストーリー(キャラの深堀り)

・生前の各キャラクターを描いたストーリー

・「31系」よりも前のストーリー(例えば蒼井えりかがかつて所属しており、ある作戦で壊滅した「29系」のストーリー)

・最初のセラフ部隊「12系」のストーリー

・手塚司令と七瀬七海を主軸としたストーリー

・東城つかさの母親である「東城つむぎ」を主人公としたストーリー

などが予想されます。

まとめ

さいごまでお読みいただき、ありがとうございました。

本日は、大人気ゲームである「ヘブンバーンズレッド(略してヘブバン)」のアニメ化の可能性について、ざっくばらんに考察させていただきました。

正直なところ、アニメ化はまず間違いないと思います。

問題は「アニメ化の時期」「アニメの内容(質)」であり、アニメ化が成功するかどうかで、その後のヘブバンの動向は大きく変わってくると思われます。

是非とも製作陣には頑張っていただきたいです!!

では、本日はここまでとさせていただきます。

ではでは。

©WFS Developed by WRIGHT FLYER STUDIOS © VISUAL ARTS / Key

関連記事:

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei