【第五人格】データから見えた!ZETAの強さとは?

 ランク(順位) 神Lv23(2384
 経験値  14,138
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

ZETA、IJLで快進撃!!

みなさんこんにちは!

現在開催中の

今回はそんなZETAに着目して、初中級者が注目すべきシーン今すぐマネしたいポイントを一緒に見ていきましょう!

  1. ZETAのチーム情報をおさらいできる
  2. ZETA所属選手のデータで特徴と役割が分かる

この記事は約7分で読み終わりますので、最後までぜひご覧ください♪

ZETAについて、おさらい

選手の入れ替わりが激しい…複雑な幕開けに

IJL開幕前から、選手の退団や移籍が相次ぎましたね。

多くのファンにとって、複雑な幕開けとなりました。

ZETAでは、世界大会3連続出場の記録が途絶えた後、

4月末にYanasa、Takakou、Kat、はめつ各選手が契約満了により退団。

5月末にはRaolie選手が契約満了につき、退団となっています。

そして、SSTからalfKznkMocchi、FENNELからSasori各選手、元CG、JokのLattyさんがコーチとして加入しました。

これらを踏まえて、計7人となった新生ZETAの選手データを見ていきましょう!

初心者でもわかる!ZETA所属選手データ

サバイバー担当選手 データ一覧

Day8までのサバイバー担当選手たちの戦績を見ていきましょう!

対戦に関する9つの項目をまとめたものがこちら↓

選手名平均演繹点平均牽制時間牽制貢献度平均解読進捗解読貢献度脱出率総救助回数総治療回数総板命中回数
Mocchi9001.080.222.2%167.8%30.9%80.0%1951
DoLisu8299.270.519.3%176.0%31.6%60.0%6101
Kznk8275.8112.329.0%126.0%23.4%33.3%440
Sasori8197.0101.028.0%99.4%18.2%50.0%523
Atto8134.9102.631.3%84.4%14.8%44.4%413

それぞれの項目でのチーム内最高値に下線を引いています。

また、各選手の名前をタップすると、Twitterを見ることができます。

さて、一気に難しく見えてしまったかもしれませんが、心配いりませんよ~!

このデータが示している、サバイバー各選手たちの特徴は…

  • Mocchi選手 → 救助担当
  • DOLisu選手 → 解読、立て直し担当
  • Kznk選手  → チェイス担当
  • Sasori選手 → 解読、チェイス&チェイス補助担当
  • Atto選手  → チェイス担当

これらは、後ほど注目ポイントを解説する際に重要な要素ですので、しっかり押さえていきましょう♪

加入したばかりの選手も多い中、しっかりと連携して、自分の役割を果たしているようですね!

ハンター担当選手 データ一覧

サバイバーと同様に、ハンター担当の選手も見ていきましょう♪

選手名平均演繹点平均脱落者数平均命中回数ダウンさせた回数平均4吊り率総脱落者数総ダウンさせた回数総「恐怖の一撃」回数
alf10856.42.519.18.030.0%25804
vanpyi9759.61.820.06.40.0%11475

これらから分かる、二人のハンターの異なる立ち回り方は…

  • alf選手   → 確実にサバイバーを脱落させていく「4吊り狙いハンター」
  • vanpyi選手 → 着実にポイントを重ねる、「分け狙い安定型ハンター」 

注意してほしいのは、「果敢に4吊りを狙うか、分けを狙うのかは、使用キャラの特性や点数状況による」ということ。

ですので、データだけで「こちらが優れている!」と言うことはできません。

しかしながら、alf選手はなんと、中国の強豪『Wolves』の最強サバイバーたちを4吊りしたことも。

過去の4吊り率も他選手とは群を抜いて高く、プレイスキルが極めて高い選手だというのは確かです♪

こちらも後ほどの注目ポイントに大きくかかわるので、頭の片隅に置いておいてください。

さて、ここまでのデータで、ZETAの強さの秘訣が大まかに見えてきましたね。

自分の得意分野を活かしたキャラと役割を担当する

ZETAのサバイバー選手たちは、IJL前から得意だった役割を引き続き担当していますね!

これにより、熟練度の高いチェイス、救助を実現しているようです。

また、Atto選手が以前と同じくチームの司令塔を担当し、新加入選手の多いチームを上手くまとめていますね。

試合中の指示出しも的確で分かりやすく、ZETAの立ち回りには、無駄がなく効率的です。

このような効果を狙うために、慣れないうちはたくさんのキャラを使うより、少ない数に絞っていきましょう!

また、複数のフレンドさんとプレイする際には、司令塔を決めて、情報を整理できる環境にするといいかもしれません♪

対称的な二人のハンターで、どんな状況にも臨機応変に対応

先ほども述べたように、「果敢に4吊りを狙うか、分けを狙うのか」は、使用キャラの特性や点数状況により異なります。

例えば、チームのポイントに余裕があるときは、ハンターは無理せず分けを狙います。

一方で、チームが追い込まれて後がないときには、意地でも4吊りを狙います。

このように、臨機応変に2つのプレイスタイルが求められます。

ですが、ZETAの場合は、二人いる選手が片方ずつのプレイスタイルを得意としています!

つまり、理論上は、状況に応じて出場すれば、自分のいつものスタイルで戦えばOKなんです

対称的な二人の得意スタイルが、結果的にお互いの心の余裕に繋がっているのかもしれませんね。

それではここからは、特に反響が大きかったIJLの重要シーンをチェックしていきましょう♪

今すぐマネしたい!重要シーン3選

破輪を相手に神チェイス…!そのコツは?

ハンターの中でも、試合を優位に進められるポテンシャルを持つ『破輪』。

比較的新しいハンターなこともあり、苦戦を強いられている初心者さんも多いのではないでしょうか。

そんな破輪を相手に、IJLの舞台で神チェイスを見せたのがDoLisu選手です!

それでは、そのシーンを見てみましょう↓(再生すると、すぐに試合シーンが始まります♪)

試合のざっくりとした流れはこちら↓

  • 試合開始直後、最初に見つかってしまった祭司DoLisu選手…
  • その場でぐるぐるチェイス!「興奮」もかわして、暗号機3台分のチェイスに!
  • 最後はなんとか一吊りを狙うハンター相手に、冷静にハッチを目指して4逃げ!

すぐマネしたいことは…

  • 車輪形態の破輪には、その場で小さく回って回避⇒コントロールが難しいので、チェイスが伸びる!
  • ハンターの動きをしっかり見て、「特性使用の読み合い」を制す!
  • ハッチの場所を把握して、残り一人の際も冷静に対処しましょう♪

魔女は対策済み…でも実力でねじ伏せる!?

性能も難易度もともに高く、熟練度を高めれば破壊力のある「魔女」。

ランク上位や公式大会の場でも、BAN対象に上がることが多いキャラクターです。

この日も例にもれず、相手チームのサバイバー選手たちは、vanpyi選手の魔女を警戒

しかし、vanpyi選手は「そんなの関係ないよ」と言わんばかりの猛攻で、分けに持ち込みます!

ざっくりとした試合の流れは…

  • 少女に一撃後、オフェンスに初手鬼没で少女との同期を解除
  • 暗号機に寄せながらの地下吊りで、優位にゲームを進める!
  • 3通後、ゲート際の攻防を制して勝ちかと思われたが…悔しい引き分けに

今すぐマネしたいことは…

  • 攻め時は大胆に!試合で優位に立ちましょう♪
  • サバイバーのキャラクター特性を理解し、無効化させれば形勢逆転も!

「絶対にされたくない!」鳥肌が立つ神粘着で3逃げ

Day6、混戦を極めたDawnとの試合はとうとう延長戦に。

相手ハンターは、積極的に4吊りを狙ってボンボンをPICK!

爆弾を使った救助狩りなどができれば、形勢逆転が大いにある強力なハンターです。

強気のPICKに、ZETAファンもひやりとしましたよね。

しかし、探鉱者Kznk選手少女DoLisu選手の神粘着で、見事に3逃げ

ハンター専は鳥肌が立つほどの神粘着を見せた試合がこちら!

ざっくりとした試合の流れは…

  • 曲芸師Sasori選手、キャラを活かした距離チェイスで3台分のチェイスに♪
  • 試合中盤、複数人での粘着と、探鉱者Kznk選手の神スタンで試合をキャリー
  • 最後は少女が瞬間移動で、見事な3逃げ!

今すぐマネしたいことは…

  • マップとキャラの相性を活かして、試合をキャリーしよう
  • スタンはここぞというときに!磁石が試合の明暗を分けるかも…?
  • 探鉱者は粘着が腕の見せどころ!たくさん練習して、仲間のための時間稼ぎをしよう♪

最後に

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます♪

現在開催中の2022夏季IJL、本当に魅力的な大会になっています♪

充実した実況解説、期待に応える選手たち…!

今回はZETAに着目しましたが、他チームも本当に素晴らしいプレイを魅せてくれています。

移籍等の影響で、ファンの皆さんは様々な思いを抱えていると思います。

選手たちもそれを理解していてくれて、「退団した選手にちなんだ衣装を選ぶ」など、心温まる場面もありましたよね。

第五人格を通じて、そういった人と人との絆がはぐくまれることに、本当に感無量です。

これからも、よき第五ライフを!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト