【みんなで空気読み。】空気読めてますか?話題の迷作を紹介!

 ランク(順位) 精霊術士(31388
 経験値  2,575
獲得バッジ
10週連続記事公開25記事達成まとめ記事を10記事公開

迷作・空気読み。

空気読めないな~、なんて言われた事ありますか?

私はありました…

でも、空気を読むというのは、時と場合によっては読むのが凄く難しいものでもありますよね?

自分なりに読んだつもりでも、全然違っていたり、むしろあえて読まなかったり…

今回は、私が switch 版「空気読み。」を遊んでみた感想を記事にしてみました。

色々モードがあるのですが、その中でいくつかピックアップしています。

はっきり言って迷(名)作です。

このゲームを遊んで、気になるところもちょっと突っついてみました。

この記事は3分で読み終わりますので、ぜひ読んでみて下さいね♪

  1. 空気を読むにはまず100問
  2. 空気を読みたくない人にも
  3. エクストラで記録にチャレンジ
  4. 遊んでみた感想

空気を読むにはまず100問

本作は、自分がどれだけ空気を読めているか?を診断してくれるゲームです。

その為には10問や20問では足りません。

空気読み。ではガッツリ100問待ち受けています。

100問なんて多すぎる!と思った方。

大丈夫です、このゲームはまさに空気を読んで、中断出来る機能もあります。

のんびり遊びましょう。

問題も難しいものではなく、基本的に赤い「お前」というキャラを操作してリアクションするものなので、一問あたりに要する時間も短いです。

ただ、操作する「お前」というキャラが人であるかどうかはその問題によります。

100問やってみた診断結果

実際遊んでみた結果なのですが…

わ、分からん。

自分ではそれなりに読んだつもりでしたが、結局私は空気を読めてたんでしょうか。

応用力が低いのが気になるところで、診断後に何だかスッキリしないのもポイントです。

むしろ、他にはどんな結果があるのか気になりませんか?

ついついまた遊んでしまいます。

ちなみに、気になった問題は個別に遊ぶ事も出来ます。

空気を読みたくない人にも

もしかしたら、空気読み。であえて空気を読まなかった人もいるかもしれません。

空気を読みたくない!

そんな空気を読んで、その気持ちに応えてくれるモードがあります。

ずばり、読まない。です。

ここでは思う存分空気を読まない行動をとりましょう。

こう言われて…

横を向いてもいいのです。

明らかに帰った方が良いのですが、そんな事気にしません。

部下と職場の圧がスゴイです。

ここまで堂々と空気を読まないでいいのも、このゲームのいいトコロです。

こちらの空気を読まないモードは50問程で終わります。

それよりも、プレミアムフライデーって久しぶりに聞きました…

空気を読まない結果

爆笑王との事ですが、これもどうなんでしょうか?

空気を読んでいないつもりでしたが、数値的には結構低いですよね。

まだまだ伸びしろがありそうなので、読まないモードもやり込めそうです。

エクストラで記録にチャレンジ

空気読み。の中でも問題として出てくる、バッティング(打ち続ける)や縄跳び(跳び続ける)にチャレンジ出来ます。

ここでは、空気を読む読まないは関係ありません。

記録の更新を狙い続けて下さい。

ただ、個人的にはものすごく眠たくなりました。

眠れない時は羊を数える、なんて話を聞いた事はありませんか?

このチャレンジも似たような感じで、一点、二点、三点…と繰り返していくうち、私は眠くなりました。

遊んでみた感想

 

空気を読む、というシンプルなテーマに、思わずクスッとしてしまう問題の数々。

操作も簡単で分かりやすいです。

ただ、私は最初に迷(名)作だと言いましたが、それと面白さはイコールではありません。

良い面悪い面含めて、少し気になるポイントを挙げてみます。

問題が100問固定

問題は100問用意されていますが、200~300問あるうちからランダムに選ばれる、という事ではありません。

見方を変えれば、100問しかないので、空気読み。で遊ぶ度に必ず同じ100問を繰り返す事になります。

別の診断結果を求めて遊ぶ意欲があるなら大丈夫だとは思いますが、中断があるとはいえ100問は結構疲れます。

二人以上が真骨頂

空気読み。は一種のネタゲーなので、一人より二人、二人より三人で遊ぶと、より楽しめるのではないかなと思います。

そもそも二人で遊ぶモードがあるので、しっかり楽しむなら二人以上がベストです。

問題に対するリアクションがいくつかある

問題に対する回答は一つだけではありません。

いろいろ試していると、思いがけない反応や行動が見れたりします。

一つの問題に、行動がいくつか用意されているのは良いポイントだと思います。

まとめ

色々紹介させて頂いたのですが、私個人としては「面白かった」というのが正直な感想で、笑う事も多かったです。

こんな事あったなあ、とか、これはないだろ!なんてシチュエーションまで揃っています。

私も、100問診断は思い出した頃に遊んで…それ以外は気になる問題をちょくちょく遊んでます。

診断結果、次は長男級を目指します!(そもそも長男級があるのか分かりませんが…)

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

しらたま
ゲームが大好き、しらたまと言います!
色々なジャンルを遊んでますが、特にバイオやモンハン、ファイアーエムブレム、DBZドッカンバトルを中心にやり込んでます。
攻略記事はもちろん、ゲームを違った視点で紹介していきたいと思ってます。
記事を読んで、遊んでみたいと思ってもらえたら幸せです!