元祖幻想水滸伝!?『天地を喰らう』

 ランク(順位) 神Lv23(2387
 経験値  14,126
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

漫画『天地を喰らう』のゲーム化作品

本宮ひろ志の作品で『天地を喰らう』という漫画があります。

中国の西暦200年前後、いわゆる三国志と言われる時代の作品です。

数ある『三国志』作品の中でも異彩を放つ作品となっています

『天地を喰らう』とはどういう話なのか?

原作となる『三国志』では、黄巾の乱という反乱が起こり、これによって三国志の時代が幕開けします。

本作『天地を喰らう』では、首領の『張角』がなんと魔王

その『張角』を退治した遺体が、「108つの魔星」となり、主人公の『劉備』を含めた108人に降り注ぎます

『劉備』を除いてみな魔性の虜になり、戦乱の世が訪れるというものです。

本宮ひろ志×歴史のお約束なのか、主人公サイドの絵柄が悪いのもご愛敬です。
(張飛はなぜか片目がつぶれています。夏侯惇の存在意義を奪っている…)

何故1000年後の『水滸伝』要素を足したのかは謎ですが…

PS『幻想水滸伝』の原点!?

出来上がりは大幅に違いますが

「たくさんの仲間を集めて物語を進めていく点」
「108の数字」

から、プレイステーションで発売された人気RPGシリーズの『幻想水滸伝』の原典の一つと言っても過言ではないと思います。

思いますよね?

関連記事

本宮ひろ志は歴史を変えてしまった!?『赤龍王』をレビュー

初代ジャンプオールスターズ!『ファミコンジャンプ英雄列伝』をレビュー

ゲームの流れと、よくできたシステム

原作で描かれなかった結末が見れる!

本作は、『桃園の誓い(原作にはない)』~『天下統一』までの期間をしっかりと追った作品になります。

なお原作は、アンケート上位をキープする人気作だったのにもかかわらず
作者が歴史に沿って作品を書くのがめんどくさくなり打ち切ってしまった魔性の作品でもあります

本作では結末まで見れるので、ゲームで原作の供養が出来ているのではないでしょうか!

ストレスを激減させるシステム

RPGとしてみた時によくできているのは

・移動速度が速い事
・戦闘をオートでできること

の2点です!

これにより、フィールドでのストレスは激減しますし、街中でも移動が速いので非常に楽です。

ファミコンソフトではトップクラスの移動速度です。

視覚的に優れている所

また、戦闘中は各武将は漢字で表記されます。

通常のメッセージではカタカナですが、戦闘の重厚感を表していてよいと思います

面白いのが、武将のHP的なものは兵力で表されるのですが
兵糧の概念があり、それがなくなると兵の数がどんどん減っていきます。

通常のRPGと違って、軍勢を率いてる感が表現されているのが素晴らしいです。

まさに『水滸伝』!多くの仲間を作れる!


さらに特筆すべき点は、1980年代のRPGとは思えないくらい、大量に仲間を作れることです

まさに水滸伝感

基本的に、シナリオを進めていきメインキャラを仲間にしていくのですが
それ以外のキャラもどんどん仲間にできます

街中で話しかけるだけのこともありますし
敵であっても…

城に移動 → 城を開放 → そのエリアの武将を戦闘でとらえる → 仲間にする

の流れで仲間になります。

敵もさるもの、仲間にするには条件を付けてきます。

これらを乗り越えて仲間にできるのですが、これが非常によくできています

仲間はどんどん作るべし

このゲームの仲間キャラクターは大きく分けて3パターンです。

  • レベルが上がっていくキャラクター
  • レベルが変わらないキャラクター
  • 軍師になれるキャラクター
  • レベルの上がるキャラ

    メインキャラクターは仲間にした後、レベルが上がっていきます

    基本はこのキャラ達メインで運用していきます。

    レベルの上がらないキャラ

    ゲームを進めると、出会う敵の方が兵力が多いことがままあります。

    それらキャラは仲間にしても成長しません。

    行く先で出会った武将と入れ替えていくことになります。

    当然、物語を進めていくと、後半の方が強い武将が出てくることになるのですが
    苦戦した分だけ、あとで彼らを仲間にする喜びも大きいです

    重要な「軍師」キャラ

    そして戦局を作用するのが、軍師になるキャラクターです。

    必ず仲間の中で軍師を設定しておかないと、計略(魔法的なもの)が一切使えなくなります。

    攻撃はおろか回復もままならなくなるため、かならず軍師は設定しておきましょう

    また、軍師はパーティが5人以下にならないと戦闘に参加しないため、別段レベルが上がる『諸葛孔明』である必要はありません。

    『孔明』が一番強いのはゆるぎないですが、好みじゃない場合はお好みのキャラクターを軍師にするのもありです。

    逆に軍師を使わないという縛りプレイもできますが…終盤最高レベルまで上げないと無理レベルの苦行です

    好きな武将をコレクションするという楽しみ方

    大半の武将は仲間にできるので、好みの武将をコレクションするという楽しみもあります。

    ただし、全員は仲間にできないため、途中で仲間を解雇する必要が出てきます。

    通常のRPGだと二度と出てこないのですが、彼らはたくましいので、また敵として、フィールドで襲い掛かってきます

    昨日の友は、今日の敵です。

    呂布よ、お前は何がしたい

    『呂布』というキャラクターがいます。

    この時代に最強と謳われた武将です

    情緒不安定な呂布

    途中ある条件を満たすと仲間になりますが…突如裏切ります。

    そして、その後もボスとしてあらわれては生き延びますが…

    ある時を境に路上で襲い掛かってきて、唐突に死にます

    なにがしたかったのでしょうか???

    一応彼を殺さないことも可能です。

    襲い掛かってきても逃げ続ければ彼は生存します。

    『天地を喰らう』まとめ

    「移動や戦闘によるストレスの少なさ」
    「たくさんの仲間を作れる自由度」
    「シナリオのボリュームの豊富さと商いギミック」

    十分に名作の条件を満たしています。

    かなりの長時間楽しめますので、ぜひやってみてください!

    【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
    奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

    RAID:Shadow Legends

    月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

    「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

    なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

    また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

    Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

    300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

    そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

    課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

    レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    レビューのご紹介

    レビューレビュアー
    キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
    レビューレビュアー
    課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
    レビューレビュアー
    画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて! /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

    Raid: Shadow Legendsのドラゴン

    魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

    ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

    ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

    ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

    しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

    (どんどん沼っていく理由が分かりました…)

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    戦略性のある中毒性があるバトル!

    Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

    何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

    戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

    編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

    戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

    クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

    また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

    そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

    Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

    Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

    主なコンテンツは、この6つ!

    • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
    • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
    • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
    • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
    • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
    • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

    特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

    編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

    無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

    1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA