『週刊少年ジャンプ』ゲームの「名作」と「迷作」とは!?

 ランク(順位) 駆け出し冒険者(99388
 経験値  629
獲得バッジ
10記事達成

『週刊少年ジャンプ』ゲームの「名作」と「迷作」をふりかえる

『週刊少年ジャンプ』を題材にしたゲームは、数多く登場してきました。

その中で、「名作」と言われるもの、そして「迷作」と思われるものを紹介していきたいと思います!

各3作、最高の名作と迷作を各々ひとつづつエントリーしています。

ちなみに、今回の記事をザックリまとめると!

  • 「名作」は『ドラゴンボールZ KAKAROT』
  • 最高の名作は『ジョジョの奇妙な冒険』!
    全ての要素をバランスよく備えた神ゲー。PS版にはミニゲームまである!
  • 『ワンパンマン』『ボーボボ』といくつもの迷作はあるものの
    その頂点は『北斗の拳5』の決定!!!

この記事は3で読み終わりますので、最後まで読んでって下さいね!

その他ジャンプ系記事はコチラ!

[clink url=”https://chara.ge/jump/captain-tsubasa-2-super-striker/”]
[clink url=”https://chara.ge/jump/hokutonoken-seikimatsukyuuseisyu_ps/”]

ジャンプゲームの「名作」はこれだ!

「名作」の条件とは?

「名作」の条件と言えば

  • 展開がしっかりしている
  • 操作性が良い
  • グラフィック、音楽が素晴らしい
  • ゲームバランスが良い、または悪いこと自体が味である

というのが一般的かと思います。

漫画原作のゲームの場合はさらに

  • 原作の世界観が踏襲されている
  • セリフを勝手に改変していない
  • オリジナルストーリーやIF展開がプレイヤーの望むもの、満足できるものである

というものが条件に加わってきます。

これ踏まえて早速ジャンプゲームの「名作」を紹介しましょう!

名作1『ドラゴンボールZ KAKAROT』(PA4)

数あるドラゴンボールのゲームの中で、原作追体験という意味での最高峰を極めている作品だと思います

ムービーもとても美麗で圧倒されます。

公式PVでは『悟飯編』が一番好きです!

少し要素多めですが、それだけの大ボリュームということ!

純粋におススメの一本。

名作2『幽☆遊☆白書』(SFC)

マンガ原作の対戦ゲームは、バランスが微妙なものが多くあります。

純粋なアクションにしてしまうと…
「謎のオリジナル技が出来たり」
「キャラごとのバランスの調整が難しい」
などの問題があります。

その点で、本作は「このシステムで全部作ればいいのでは?」と思わせるほどの完成度

このゲームの素晴らしいのが、「相手の動作やモーションを観察して動きを予測、対応していく」という戦略が取れること

独特のシステムなのですが、中毒性が高いです。

名作3『まじかる☆タルるートくん』(FC)

「原作再現度」「操作性」「ゲームとしての完成度」「原作の特徴を生かしたプレイ性」と、すべてを網羅したアクションゲームです。

マンガ原作という肩書がなくても、アクションゲームの名作にカウントして良いと思います

こちらに紹介記事があるので、チェックしてみてください!

[clink url=”https://chara.ge/jump/magical-taluluto-fc/”]

最高の名作!『ジョジョの奇妙な冒険』(PS)

すべての要素をバランスよく備えた本作が、週刊少年ジャンプ作品のゲームで最高峰だと考えます!

  • 世界観は完璧
  • 納得の隠しキャラ
  • 操作性も最高
  • 演出も最高
  • PS版はミニゲームも充実
  • 音楽、グラフィック、声、ともに素晴らしい

と、隙がありません

文句なしの最高傑作!

ジャンプゲームの「迷作」はこれだ!

「迷作」の条件とは!?

基本的に、「名作の条件の逆!」と考えていただければ!

また、「原作を踏襲した結果、めんどくさくなったもの」も含まれます

迷作1『ワンパンマン』(PS4)

このゲームは、ある意味原作を忠実に再現しています。

主人公の『サイタマ』が来たら、ゲームが終わります

その問題を解決させるための方法として…

オリジナルキャラを作成し、怪人と対戦中に特定の条件を満たすと、ヒーローが駆けつけて攻撃してくれる

というシステムを搭載しています。

「オリジナルキャラで、その世界を追体験できる」

というコンセプトとしては、原作キャラとあまり交流も深めることもできず、作業ゲーになりがち

また、ロードが多めという問題があり、レビューもあまり高くありません。

次元が2つくらい違いますが、主人公が強大すぎるという意味では、『ラーゼフォン』(PS2)みたいな作りにしてもよかったのではないかと個人的には思います

迷作2『燃える!お兄さん』(FC)

こちらは、ストーリーとシステムの二毛作で「迷作」です

まず、ハチャメチャ系のギャグマンガで、それを反映したゲーム性のため、結構理不尽な難易度のアクションになっています。

そして、オープニングで「ばくち」をやって、負けた結果家族がさらわれて…という始まりになるのですが…

「ばくち」に勝つことがあります。

そうすると誰も困らないため、

ゲームオーバーになります。

そんな類の「迷作」であります。

迷作3『ボボボーボ・ボーボボ』(PS2)

街道を歩きながら(最大3人)、鼻毛で蹴散らしていくという、ある意味ゲーム史に残る作品です。

世界観の再現度がとにかく高くて、音楽も素晴らしいというところもあり、ここまでだと名作じゃん?ってなるのですが。

とにかくボリュームが薄い

この感じでは、容量がかなり余っていたと思うので、もう少し頑張ってほしかったです。

[clink url=”https://chara.ge/jump/bobobo-bo-bo-bobo-hajikematuri-ps2/”]

究極の迷作は『北斗の拳5』(SFC)

個人的にはこちらが究極の「迷作」です。

  • オリジナルストーリーかつ、誰も喜ばない展開
  • 無駄にボイスが充実
  • 誤解釈、誤植が多い(ジューザ×ジュウザ〇など)
  • 勝手に死なないはずのキャラを殺す(バット)

など、マイナス要素がかなり強いのですが、

  • 仲間にならなかったあのキャラが仲間になる(ユダ、シン、ラオウ)
  • 死なないキャラが結構いる(ジュウザ、シュウ、フドウ)

等の熱い展開が多い作品でもあります。

総合的に見て、本作が「迷作オブ迷作」だと思います。

最近の漫画作品に思うこと

最近の作品の中では、「元々の作品の良さを生かす」という部分など、やや物足りなく感じるところもあります。

おそらくこの記事をお読みの方も、もっといい作品、好きな作品がたくさんあると思います

そちらをまたプレイしてみてはいかがでしょう。

また、今回紹介した中で、やっていないゲームがあればぜひ挑戦してみてほしいです!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA