【JUS攻略】「ネウロ / 弥子」のキャラ解説【ジャンプアルティメットスターズ】

 ランク(順位) 村人(347384
 経験値  0
獲得バッジ

JUSキャラクター解説「脳噛ネウロ」編

今回遊ぶゲーム

今回は、3DSで発売された『ジャンプアルティメットスターズ』にてメインキャラを解説していきます!

今回は、作中に登場するキャラクターの中でも…

とりわけ癖のある独特のキャラ、「ネウロ / 弥子」を解説!

ムヒョの「難しいながら奥深い魅力」に気付いていただけると嬉しいです!

ちなみに今回の記事をザックリまとめると!

  • 『ネウロ』はリーチは長めだが技の発生が遅めの「中距離戦向きのキャラクター」
    乱戦の外側から必殺技などを撃ち漁夫の利を狙うタイプ
  • 弱点は、移動力の低さと空中戦の脆弱さ
    常に自分を乱戦の外側に置く頭脳的な立ち回りをマスターすることが必須
  • かなり独特の操作感を持つキャラクター
    使いこなせた時の爽快感と奥深さは、作中でもトップクラス!

この記事は、5分程度で読み終わりますので是非読んでいってください!

こちらの記事もオススメ!

[clink url=”https://chara.ge/jus/jus-character-character-description-lenalee-lee/”]
[clink url=”https://chara.ge/jump/jus-character-imagination-jujutsu-kaisen-chain-saw-man/”]

『脳噛ネウロ』基本データ

▼登場作品
魔人探偵 脳噛ネウロ(著:松井優征)
▼原作でのキャラクター設定
『ネウロ』
”謎”を主食とする魔人。魔界の謎を喰い尽くして地上にやって来た。
性格はドSで傍若無人。基本的に非人間だが、弥子を通じた人間たちとの関わりによって、人間の真価や価値を学んでいく。
『弥子』
私立女子高生探偵……役をネウロに押し付けられた少女。
ネウロに振り回される苦労人だが、多くの事件や、犯人たちの動機に根差した”心”に触れることで、徐々にネウロの「相棒」として成長していく。
本作ではネウロに武器扱いされているが、原作での扱いも大体そんな感じ。合掌。
▼攻撃属性
知(4コマに”力”属性の派生あり)
▼体力基本値
4コマ:152
5コマ:168
▼アビリティ
「魔人探偵」
・”行動不能”無効
・”混乱”無効
・弱点を付ける相手に攻撃することで、必殺魂上昇
・常に必殺魂がじわじわ減少(デメリット)
▼相性補正(受)
・ムヒョ(出典『ムヒョとロージ―の魔法律相談事務所』)
・ライト / リューク(出典『DEATH NOTE』)
・X(出典『魔人探偵脳噛ネウロ』)
▼相性補正(与)
・幽助(出典『幽★遊★白書』)
・ムヒョ(出典『ムヒョとロージ―の魔法律相談事務所』)
・魔人ブゥ(出典『DRAGON BALL』)

『脳噛ネウロ』の通常技性能

▼弱
指パッチン(指鉄砲?)で相手を攻撃します。リーチも威力も、見た目に反してそこそこあるため、性能としてはそれなり。
ここから”強”や”上強”につながるため、コンボパーツとしてしっかり使えるようにしておきましょう
ただし”浮かし”性能付きのため、他キャラと同じようなサポートコンボを決めるのは少し難しくなっています
▼横弱
体の一部を銃に変化させて(?)行う攻撃です。”弱”よりもリーチはありますが、その分”浮かし”性能がなく、ネウロ自身のコンボパーツとしては少々微妙。
技の出はネウロにしては早いため、接近された際の不意打ちなどで刺さる技です
▼上弱
魔界のチェーンソー(?)で上方向を連続攻撃します。真上に向かうリーチは長いですが、その分地上がガラ空きになってしまうので、注意が必要。
”弱”で浮かせた相手にも繋がりますが、振り向いてしまうため追撃するのも難しく、威力や怯みも、わざわざこの技を狙うほどではありません。
ナルトや悟空など、空中から接近戦を狙ってくる相手への対空手段に使うのが無難かと思われます。
余談ですが、この技では壁にダメージを与えられません
▼空中弱
魔人化した手で、前方を引っ掻いて攻撃します。リーチはそれなりですが発生が遅く、あまり優秀な技ではありません。
元々空中戦を苦手とするキャラなので、無理にこの技を使うよりは、空中戦を避ける立ち回りをすべきだと言えるでしょう
▼強
弥子で相手をぶん殴る攻撃です。発生は少し遅めですが、その分長いリーチと高い威力を持つほか、”浮かし”と”ダウン”の効果も持っている優秀な技です
5コマであれば、「”弱”→”強”→”犯人はお前だ!”」が、お手軽かつ基本的なコンボとして繋がります。
コンボパーツとしてはもちろん、奇襲や中距離からの牽制にも使える技なので、様々な使い方を試してみましょう。
この技を使いこなすことが、ネウロ使いになるための入門編です
▼横強
弥子とあかねちゃんの合体した、”弥かねちゃん”の髪で相手を掴んで攻撃します。元ネタは原作の44話~47話のエピソードです。
あまり発生は早くなく、リーチもそこそこ程度ですが、相手を掴んでからボタンを連打することで、追加ダメージを与えることができます。
乱戦で使うには隙が大きすぎますが、タイマン戦では優秀なダメージソースとして活用可能な技です
ただ、かなり気合を入れて連打しないと最大ダメージは出せないため、練習は必須です
▼上強
斜め上方向に跳躍し、掴んだ相手を斜め下方向に叩きつけるメテオ投げです。威力は高めですが、跳躍の軌道が少し特殊なうえ、発生が遅めであてにくく、ネウロ自体が空中戦を苦手としていることもあり、気軽に使えるタイプの技ではありません。
咄嗟の対空として使うよりは、空中から接近してくる相手を読み切ったうえで使う技だと言えます。
密着した状況で”弱”をあててから、最速で入力するとコンボが繋がるため、接近戦で相手が隙を見せたときに狙うのも有効です。
崖際であればリングアウトも狙えるため、相手の隙を見てこの技をアピールし、崖際でプレッシャーを与えるのも悪くない戦術でしょう
▼空中強
魔界777ツ能力・魔界の凝視虫(イビルフライデー)を吐き出し、地上に這わせる攻撃です。空中から下方向に卵を吐き出し、その卵が地面に触れると、2匹の凝視虫が左右に分かれて動き出します。
挙動はかなり特殊で空対空は不可能ですが、対地攻撃としては、リーチや威力などが高水準に纏まった攻撃になっています
隙が大きいので、乱戦の外からの牽制や、奇襲として使うのが最も手軽な使い道だと思われます
▼キャラチェンジ
「ダメか?」というふきだしで攻撃します。一見すると「なんでキャラチェンジ攻撃がこれ?」と思える技ですが、原作ファンには納得の攻撃です。
縦に広い攻撃範囲を持ち、技の発生もかなり早めなため、咄嗟の切り返しなどに使いやすい技です。
アビリティの関係上、きっちり弱点を突きながら戦いたいネウロにとっては、かなり優秀な技だと言えるでしょう
▼ガード崩し
魔界777ツ能力・目潰し目薬(イビルドロップ)を弥子に挿して、目からビームで攻撃します。リーチはかなり長く威力も高めですが、とにかく発生が遅いため、咄嗟の切り返しや接近戦で使えるタイプの技ではありません。
幸いにも必殺技でキャンセルが利く攻撃のため、相手の攻撃を誘ってカウンターを決めるなど、ネウロらしく頭脳的に活用していきたい技です
▼タッチ
”強”と同じく、弥子で相手をぶん殴る攻撃です。”浮かし”性能が消えたため、”強”からは繋がらなかったサポートとのコンボが使えますが、その分威力と発生速度が落ちています。
コンボの始動としては少し遅すぎるため、「どうしてもこのサポートのコンボを決めたい!」という時ぐらいしか使わない技だと言えます
▼固有アクション
居眠りをし、下方に向けて床を貫通するヨダレを落とし続けます。ヨダレのダメージそのものは低いですが、ガード不可の効果を持っているため、乱戦の上から垂らされると、案外うっとうしい攻撃となります。
ただし、使いすぎると集中攻撃を受ける可能性がありますので、乱用するのは控えましょう
また、”攻撃封印”を受けていても自発的にダメージを与えられる数少ないアクションですので、追い詰められた時の最後っ屁として覚えておくと、意外な効果を発揮するかもしれません
ただし、他の”居眠り系”キャラアクションとは違い、J魂、必殺魂の回復効果はありません。
あくまで”非常時の攻撃手段”と割りきって使いましょう

『脳噛ネウロ』必殺技解説

◆4コマ

犯人はお前だ!!
弥子の”指差し”による”知”属性の攻撃です。
ヒットすることで必殺魂を吸収するため、相手に一方的に不利を背負わせることができます
ただし5コマのものと比べてリーチが短く、コンボの〆には繋がりません。
どちらかと言えば、接近しての乱打戦に持ち込もうとする相手への牽制技だと言えるでしょう
食【えじき】
『魔人探偵脳噛ネウロ』を代表する犯人・至郎田正影による、”力”属性の飛び掛かり攻撃です。
威力は非常に高いですが、リーチや発生速度はかなり抑えられており、動く相手にあてるのはかなり難しい攻撃となっています。
どちらかと言えばこれも、「あたれば儲けもの」程度の牽制に向いた技だと言えるでしょう

◆5コマ

犯人はお前だ!!
4コマと同様、弥子の”指差し”による”知”属性の攻撃です。
必殺魂の吸収効果はそのままに、リーチと威力が増大しています。
リーチが伸びたことで「”弱”→”強”→”犯人はお前だ!!”」のコンボが繋がるようになったほか、ヒット数と必殺魂の吸収効率も増加。
大人数を巻き込むことで、必殺魂を気にすることなく連発も可能な、優秀な必殺技です。
乱戦の外から奇襲として差し込み、漁夫の利を狙う使い方の他、高い吹き飛ばし能力でリングアウトを狙うのも有効でしょう
一【ひとりきり】
こちらも『魔人探偵脳噛ネウロ』を代表する犯人・アヤ・エイジアによる歌声攻撃です。
直接のダメージはありませんが、自分を中心とした全方位に、”混乱”と”必殺魂減少”を与える音波を放出します。
範囲と効果は非常に優秀ですが、発生は遅く、単体で使うと回避されてしまいがちな攻撃です。
しかし、”攻撃を受けるとすぐに歌い始める”という特殊な仕様があるため、クロウリー2コマなどの「自分への攻撃判定があるサポートコマ」と組み合わせることで、乱戦時の優秀な切り返し手段として使うことができます

『脳噛ネウロ』戦い方解説

ネウロは、リーチは長めですが技の発生が遅めの『中距離戦向きのキャラクター』です。

乱打戦に持ち込まれると、”知”属性であることも相まって、あっけなく落とされてしまうため、乱戦の外側から漁夫の利を狙うタイプのキャラだと言えるでしょう。

長めのリーチや、必殺魂を吸収できる必殺技、相性の良い優秀なサポートコマである『ライト / リューク』など、中距離からの牽制手段には事欠きません。

基本の攻撃力も高いため、「中距離から牽制してたら、いつの間にか勝ってた……」というのも、ネウロ使いなら一度は通る道です。

また、「犯人はお前だ!!」は吹き飛ばし能力も持っているため、リングアウト狙いの戦術をとるのも有効です。

崖際に相手を追い詰めたら、積極的に「犯人はお前だ!!」を使って、リングアウトを狙っていきましょう。

ネウロの弱点は!?

弱点は、移動力の低さと空中戦の脆弱さ。

特に移動速度はワーストレベルに遅いため、トレインのようなスピード系のシューティングキャラを相手にするには、かなりの不利を背負うことになります。

ムヒョや遊戯のような要塞型のキャラであれば、相性のいい『ライト / リューク』のサポートなどで一矢報いることも可能ですが、それでも不利であることは変わりません。

空中攻撃の性能もかなり低いため、空中に打ち上げられたら無理に応戦は考えず、なんとかして地上に戻ることを考えましょう。

ネウロは、乱戦の外から必殺技でガンガン攻めて、相手を封殺していくタイプの立ち回りを得意としています。

自分と相手の立ち位置を常に意識し、常に自分を乱戦の外側に置く頭脳的な立ち回りをマスターすることこそが、ネウロ使いになるための第一歩だと言えるでしょう。

VS『脳噛ネウロ』対策

ネウロは、中距離からの牽制や、必殺技が非常に強いキャラクターです。

様々な性能面だけを見れば、基本的に5コマの方の使用率が高いキャラクターです

”弱”を当てられた時点で、「”強”→”犯人はお前だ!!”」のコンボで必殺魂を削られると考えていいでしょう。

対策としては、徹底的な近距離、もしくは遠距離戦を挑むこと。

特にトレインや悟飯のような、スピード系のシューティングキャラであれば、何もさせずに倒すことも不可能ではありません。

幽助やケンシロウのような、手数で押す近距離キャラや、ムヒョや遊戯などの要塞型のキャラも有利ですが
前者は「一【ひとりきり】」の混乱と必殺魂減少に、後者はサポートに積まれていることが多い『ライト / リューク』に注意が必要です。

ネウロは攻め手に回ると強いですが、守りに回ると脆いキャラクターですので
こちらが攻め手に回って、一気に倒してしまうことが一番の対策となります。

ネウロを相手にするときは、”力”属性のキャラで短期決戦を狙っていきましょう。

おススメヘルプコマ

ムヒョ
アビリティは「底力」。J魂が減っていくと、その分攻撃力が上がっていきます。

”知”属性のネウロにとっては少し発動が難しいアビリティですが、元から高い攻撃力を活かすことができるアビリティです。
相性の関係でJ魂のアップも可能なため、「他に付けたいヘルプコマがない」という時の第一候補だと言えるでしょう

X
アビリティは「状態変化耐性」。デバフからの回復が早くなります。

固有アビリティで”行動不能”と”混乱”は無効化されるネウロですが、いざという時に状態異常から手早く回復することで、より多くの選択肢を得られるのも事実。
優秀なアビリティであり、J魂のアップ効果もあるため、とりあえずつけておくことをお勧めします。
ただしクロウリー2コマを使うなら、優先順位はやや落ちます

「突撃」
代表的なコマは『土方』『獄寺』など。相手に攻撃をヒット、もしくはガードさせることで得られる必殺魂の量をアップします。

攻め手に回るほど強く、ガンガン必殺技を撃ちたいネウロとはまさに好相性。
ネウロにとってはほとんど必須級のヘルプコマです

「爆発」
代表的なコマは『首領パッチ』『城之内』など。10秒の間に必殺技を連続使用すると、必殺魂が増加します。

優秀な必殺技をガンガン使っていきたいネウロとは相性がいいため、これもほとんど必須級のヘルプコマだと言えます

闘争心
代表的なコマは『ぬ~べ~』『ターちゃん』など。操作キャラとして上画面に出ている間、徐々に必殺魂が回復していきます。

増加スピードはさほど早くありませんが、自身のアビリティで常に必殺魂が減少し、しかも優秀な必殺技を積極的に使いたいネウロにとっては、それなりに有効なヘルプコマです。
優先順位は高くありませんが、付けたいヘルプコマがない時には有効なアビリティです

おススメサポートコマ

『ライト / リューク』2コマ・3コマ
相性補正があることももちろんですが、要塞型のキャラへの対策や、乱戦に対しての奇襲など、多くの用途に使える優秀なサポートです。

ヒットさせること自体は難しいですが、凶悪な状態異常である”宣告”を付与するため、「誰かがこのコマを使っている」という事自体が、対人戦では大きなプレッシャーになります
直接あてて、”宣告”で相手を倒すことを重視するなら2コマ。乱戦への奇襲として使い、「当たればラッキー」程度に考えるなら3コマの方が有効です。
コンセプトに合わせて使い分けましょう

『クロウリー』2コマ
5コマの必殺技「一【ひとりきり】」と組み合わせることで、凶悪な効果を発揮します。

ネウロ5コマを使っていて、接近戦型のキャラに追い詰められた時は、「一【ひとりきり】」と、このサポートの同時発動を狙いましょう。
効果自体も”状態異常回復”と優秀で、何かと汎用性の高いサポートです。
ネウロ5コマを使うなら、入れておいて損はないサポートだと言えます

『飛影』2コマ
発動とほぼ同時に飛影が高速で駆け抜け、すれ違った相手の必殺魂を2減少させます。

元々必殺魂を削る手段の多いネウロですが、その強みを加速させることができるサポートです。
また、すれ違いざまに相手を怯ませる効果もあるため、近距離戦を挑まれたときのカウンターにも最適。
ネウロの強い点を伸ばし、弱点をカバーすることができる、とても優秀なサポートです

『ナミ』コマ
上記『飛影2コマ』と同様、すれ違った相手の必殺魂を2減少させます。

こちらは飛影よりも速度が遅い分、盗んだ必殺魂を吸収することができます。
速度の分だけ汎用性の高い『飛影』と、カウンターからのリターンが大きい『ナミ』。
どちらも優秀なサポートのため、2枚ともデッキに入れるのも充分に考えられます

まとめ

ジャンプ作品の中でも、かなり異端かつ毒のある作風で、連載終了から11年が経過した今でも、多くの熱狂的なファンを持つ『魔人探偵脳噛ネウロ』

そんな原作の作風を象徴するように、ジャンプアルティメットスターズのネウロは、他のキャラとは違う、かなり独特の操作感を持つキャラクターです。

簡単に華麗なコンボを決められるわけでもなければ、相手の接近を封じ込め、一方的に攻撃し続けられるわけでもない。

相手との距離を常に測り、相手の次にとる行動を予測して戦うなど、常に多くの事を考えながら戦わねばならないというのが、この「ネウロ / 弥子」というキャラクターなのです。

そんな難しいキャラのネウロですが、その分使いこなせた時の爽快感と奥深さは、作中でもトップクラス。

癖のある挙動や、良い意味で王道から外れたアクション、キャラクター性は、一度ハマると癖になってしまうことは間違いないでしょう。

初心者向けではない分、奥深い操作と戦略的なバトルが楽しめるキャラクターですので
”知”属性キャラを使う際には、是非とも「ネウロ」を選択肢に入れてみてくださいませ!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA