『ジャンプアルティメットスターズ』次回作参戦キャラ妄想!~『BLEACH』編~

 ランク(順位) 神Lv23(2388
 経験値  14,068
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

『JUS』参戦キャラ妄想『BLEACH』

今回遊ぶゲーム

今回は、3DSで発売された『ジャンプアルティメットスターズ』にて「次回作が出たらだれが出るか!?」を真剣に妄想!

ちなみに今回の記事をザックリまとめると!

  • 前作で参戦していたキャラは『千年決戦編』の姿で登場すると妄想
    『石田』は『日番谷』に代わりバトルキャラ入りする可能性あり
  • 『グリムジョー』は独自の性能とスピード感のある戦いができるキャラクターでデザイン
    機動力&固有アビリティ&高いガード崩し性能を活かして戦う「インファイター」
  • 『ウルキオラ』は「味方のサポートを受けることで輝くキャラ」としてデザイン
    カバーできる範囲が広い通常技を使い迎撃をメインに戦うキャラ

この記事は、5分程度で読み終わりますので是非読んでいってください!

こちらの記事もオススメ!

[clink url=”https://chara.ge/jump/jus-character-imagination-world-trigger/”]
[clink url=”https://chara.ge/jump/jus-character-imagination-onepiece/”]

JUS次回作参戦キャラ妄想してみる!『BLEACH』編

2006年にニンテンドーDS用ソフトとして発売され、多くのジャンプファンに愛された、お祭り型格闘アクションゲーム・『ジャンプアルティメットスターズ』

公式のWi-Fi対戦サービスが終了した今も、一部のコアなユーザーに熱狂的な支持を受けている作品です。

今回は、『JUS』に既に参戦している作品への、新たな参戦者の妄想!

「スタイリッシュなセリフ回し」や「固有名詞」が、連載当時から話題を集め、最終章のアニメ化も決定済み

『BLEACH』への新たな参戦者を妄想していきたいと思います!

原作者の新連載であり、世界観を共有した『BURN THE WITCH』も人気を博しているので要チェックです

※諸注意

  • この記事の内容は、あくまでライターの妄想です。
    『ジャンプアルティメットスターズ』の次回作の制作は、2021年1月現在発表されていませんのでご注意ください。
  • 皆様のイメージと異なっている部分があるかと思いますが、寛大にお許しくださいませ。
  • 原作のネタばれを極力避けるため、少し前の技などで構成しております。

すでに参戦しているキャラはどう変わる?

黒崎一護(くろさき いちご)
『JUS』には1~8コマのキャラとして参戦。
『破面編』序盤までで構成されていたため、1~6コマが始解、7~8コマが卍解状態で参戦していた。
次回作では、1~6コマが卍解、7~8コマは『千年決戦編』ラスト付近の姿で参戦してくれると予想。
『JUS』時代にはない要素だが、コマの成長分岐の形で「完全虚化」と「無月」状態のバトルキャラが併存しても面白いかもしれない。
朽木ルキア(くちき ルキア)
『JUS』には1~6コマのキャラとして参戦。
『JUS』では義骸に入った姿での参戦だったため、次回作では死神としての姿で戦えるようになっていそう。
『千年決戦編』で会得した卍解がかなり強力だったので、それがゲーム中でどういう性能を発揮してくれるかが楽しみ。
阿散井恋次(あばらい れんじ)
『JUS』には1~6コマのキャラとして参戦。
戦闘スタイル自体はさほど変わらなさそうだが、もしかしたらコマ数が増えて「双王蛇尾丸」状態で戦えるようになるかも。
『JUS』時代も割と独特の戦闘スタイルで戦えたため、その辺りの操作感は踏襲してほしいが…。
日番谷冬獅郎(ひつがや とうしろう)
『JUS』には1~6コマのキャラとして参戦。
キャラ人気としてはかなり高めだが、「一護」「ルキア」「恋次」に並ぶとちょっと浮いている感じがあるので、ある意味一番読めない枠。
順当にバトルキャラとして持ち上がってくれるなら、完成した卍解を必殺技として引っ提げてきてくれそう。
ただ、ルキアの卍解と効果が若干被るのが逆風かもしれない。
石田 雨竜(いしだ うりゅう)
『JUS』には1~3コマのキャラとして参戦。
参戦そのものはおそらく安泰。
『千年決戦編』でメイン枠を張ったキャラなだけに、日番谷と入れ替わる形でバトルキャラ入りもあり得そう。
『JUS』時代からは武器の形状が変わり、技の数自体もかなり増えたため、バトルキャラになれるだけの素養は十分にある。
茶渡 泰虎(さど やすとら)
『JUS』には1~3コマのキャラとして参戦。
石田同様、彼も技が増えたことや「一護の仲間であり親友」という立場が明確なため、参戦そのものは安泰だと思われる。
ただ、バトルコマ化は難しそうなのでサポートコマとしての参戦になるか。
井上 織姫(いのうえ おりひめ)
『JUS』には1~3コマのキャラとして参戦。
チャドと石田同様、彼女も立場的に参戦はほぼ間違いない枠。
技が増えたわけではなく、そもそも戦闘に出ることが少ないキャラだが、独自性のある技や能力を持っていることが何よりの強みか。
四楓院 夜一(しほういん よるいち)
『JUS』には1~3コマのキャラとして参戦。
『尸魂界編』では大活躍したが、その後はスポット的な活躍に留まったキャラのため、もしかするとヘルプコマ落ちもあり得そう。
原作でも縁が深い「浦原」あたりが地味に枠争いの相手になるか。
コン
『JUS』には1、3コマのキャラとして参戦。
作品のマスコット的なキャラではあるが、最近のゲームでは「代行証」のマークがマスコットになっていることも多いため、参戦はちょっと厳しいか。
『BLEACH』からのインフォメーションキャラとしてなら、続投もワンチャン…?
朽木 白哉(くちき びゃくや)
『JUS』には1~3コマのキャラとして参戦。
登場以降ほぼすべてのエピソードで活躍があるため、参戦はおそらく安泰。
活躍や人気の高さ、技の豊富さからバトルコマ化もあり得そうだが、千本桜という斬魄刀をどうやって『JUS』に落とし込むのかが難産そう。
藍染 惣右介(あいぜん そうすけ)
『JUS』には1~3コマのキャラとして参戦。
主人公に敗北しても大物オーラを保ち続ける、凄まじいラスボスオーラの敵役(ただしラスボスではない)。
フリーザやサスケの枠で、大ゴマキャラとしてのバトルコマ化があり得そうだが、白哉と同様に、鏡花水月をどう2D格闘に落とし込むかが難題か。
斬月
『JUS』には1コマのキャラとして参戦。
一護と縁深い存在として、参戦の可能性は割と高そう。
ただ、筆者の予想である「1~6コマは卍解、7~8コマは千年決戦編」となると、枠を「白一護」に奪われる可能性もあるか。
黒崎 一心(くろさき いっしん)
『JUS』には1コマのキャラとして参戦。
実は話の根幹にかかわっていたタイプだったが、過去編そのものは意外とあっさり終了してしまったため、参戦は少し厳しいか。
一護の成長過程に「無月」があれば、成長分岐のためのコマとして参戦しそうだが…。
有沢 竜貴(ありさわ たつき)
『JUS』には1コマのキャラとして参戦。
魅力的なキャラではあるが、『破面編』以降は徐々に本筋からフェードアウトしていったため、参戦は難しそう。
浦原 喜助(うらはら きすけ)
『JUS』には1コマのキャラとして参戦。
原作でも縁の下でやたらと活躍していたため、サポートコマへの繰上りも十分視野に入りそう。
東仙 要(とうせん かなめ)
『JUS』には1コマのキャラとして参戦。
目立った活躍が多くないため、参戦は正直難しいか。
市丸 ギン(いちまる ギン)
『JUS』には1コマのキャラとして参戦。
人気を考えるとサポートコマへの繰上りも狙えそうだが、活躍の少なさが足を引っ張るか。
個人的に、一番どういう扱いになるのかが読めないキャラ。
あの卍解がサポート実装されたら、色々な意味で悪さをしそうだが、果たして…?

新規参戦キャラ妄想!

『グリムジョー・ジャガージャック』(1、4~6コマ)

▼どんなキャラ?
愛染惣右介の配下である、『第6十刃』の青年。
水色の髪を逆立て、リーゼントのようにした不良っぽい外見が特徴。
直情的で好戦的な性格だが、立場によって態度を変えることもなく、受けた恩を忘れず、託された思いを無碍にはしない義理堅い性格の持ち主でもある。
一護の事をライバル視しており、幾度もの戦いの果てに、敵同士でありながら互いを認め合う関係となっていく。
斬魄刀は『豹王(パンテラ)』。
刀剣開放を行うと、その名の通り豹のような鎧をまとった姿に変貌し、虚の仮面を被った一護と互角以上の強力な戦闘力を得る。
▼基本属性
”力”
▼固有アビリティ
『第6十刃』
「力を求める第6の十刃は、戦闘中に徐々に必殺魂が上昇!闘争の中に身を置き続け、相手を破壊することで、より一層強くなる!」
・闘争心(フィールドに出ている最中、徐々に必殺魂が上昇する)
・突撃(敵に攻撃をヒット、ガードさせると必殺魂が上昇する)
・激怒(連続で攻撃を受け続けると必殺魂が上昇する)
▼コマ数
1、4~6コマ
▼相性補正(受)
・一護(出典『BLEACH』)
・志々雄真実(出典『るろうに剣心』)※「実は仲間思いな破壊者」繋がり
・ベジータ(出典『DRAGON BALL』)※主人公との関わり方が似ている
▼相性補正(与)
なし
▼ヘルプアビリティ
・闘争心(フィールドに出ている最中、徐々に必殺魂が上昇する)

『グリムジョー・ジャガージャック』必殺技

▼4コマ

虚閃
片手から赤い閃光を発して攻撃するビーム技です。
射程距離は中距離程度ですが、ガード削り効果が高く、出が早めで安定したダメージソースになる必殺技だと言えるでしょう。
掴み虚閃
前方にステップ移動し、掴んだ相手に至近距離から虚閃をぶつける掴み技です。
リーチは短めですが威力が高く、ステップの出が早いため至近距離からの奇襲に有効です。

▼5コマ

王虚の閃光
片手から青色の閃光を発して攻撃するビーム技です。
4コマのものよりも全体的な性能が上がっていますが、その分発動の際の隙が若干増えています。
至近距離で使うには少し心もとない隙があるため、基本的には中距離から使い、次の動きに繋げていきたい技だと言えるでしょう。
掴み虚閃
4コマのものと同じ、掴み技です。
4コマのものより威力が上がっているため、コンボの〆などに活用しましょう。

▼6コマ

王虚の閃光
5コマのものと同じビーム技ですが、少しだけ始動の隙が改善され、”燃え”効果が追加されています。
とはいえ、至近距離で撃つにはやはり心もとないため、中距離からの奇襲手段と割り切って使いましょう。
豹王の爪
跳び上がりながら刀剣解放を行い、豹の爪のような巨大な霊圧で急降下攻撃を行います。
跳び上がる際の隙はありますが、威力も範囲も優秀な攻撃のため、グリムジョー6コマのメインウェポンになる攻撃です。

『グリムジョー・ジャガージャック』の戦い方

高めの機動力と、優秀な固有アビリティ、ガード崩し性能の高さを活かして戦う「インファイター」です。

ガードされると多段ヒットになる技が多いため、ガードを固めて待ち受けてくる相手には、天敵と言ってもいいタイプのキャラクターでしょう。

しかし、そもそもの技性能は平均の範囲内であるため、あまり調子に乗って攻め入りすぎると手痛い反撃を受けることも。

独自の性能と、スピード感のある戦いができるキャラクター

しかし、引き際を見極めて戦うスキルも大事になってくるでしょう

『ウルキオラ・シファー』(1、6コマ)

▼どんなキャラ?
愛染惣右介の配下である『第4十刃』の青年。
真っ白な肌と無機質な口調が特徴で、愛染に忠誠を誓っている。
冷静だが無機質で、人間味が薄い性格の持ち主。
仲間に対しても「屑」「塵」と呼んで見下すなどの残忍な一面を持つが、敵対する一護との関わりや、拉致してきた井上織姫との関わりの中で、彼もまた自分では気づかない部分で変化していく。
実は他の破面とは違うルーツを持つ存在であることが示唆されていたが、本編の中でその真実が語られることはなかった
斬魄刀は「黒翼大魔(ムルシエラゴ)」。
名前同様に漆黒の翼と悪魔のような尻尾が生え、まさに「悪魔」というべき姿となる。
十刃の中で唯一「刀剣開放第二階層」を可能にしている人物でもあり、第二階層への開放を行うことで、その速さと攻撃力は防御すら許さないものへと飛躍的に上昇する。
▼基本属性
”知”
▼固有アビリティ
『第4十刃』
「冷静沈着な第4十刃は回復力に優れる。くだらない攻撃は見切るまでもなくガード。ガードそのものも非常に堅く、突破は困難を極める…!」
・自己回復(フィールドに出ている間、体力が徐々に回復する)
・オートガード(必殺魂を消費して自動でガードを行う)
・ガード能力+(ガードが堅くなる)
▼コマ数
1、6コマ
▼相性補正(受)
・井上織姫(出典『BLEACH』)
・愛染惣右介(出典『BLEACH』)
・サイ(出典『NARUTO』)※作中で”心”を知った者繋がり
▼相性補正(与)
なし
▼ヘルプアビリティ
・自己回復(フィールドに出ている間、体力が徐々に回復する)

『ウルキオラ・シファー』必殺技

▼6コマ

黒虚閃
前方に漆黒の閃光を放つビーム技です。
グリムジョーの同じ系統の技と同様、ガード崩し性能が非常に高い必殺技になっています。
グリムジョーのものと比べて隙も小さめのため、割合気軽に使っていける遠距離攻撃でしょう。
雷霆の槍
「刀剣開放第二階層」を行い、作り出した雷の槍を前方に投げて攻撃します。
槍は地面に落ちることで大爆発を起こし、ヒットした相手に大ダメージと”帯電”を与えて吹き飛ばします。
溜めることで軌道をコントロールすることができるため、しっかりと狙って使うことがこの技を使いこなすポイントとなるでしょう。

『ウルキオラ・シファー』戦い方

リーチは短めですが隙が少なく、カバーできる範囲が広い通常技を使い、迎撃をメインに戦うキャラクターです。

固有アビリティがガードや、回復に特化しているため、待ちの戦術が取りやすいことも追い風でしょう

ただし、自分から攻め手に回るには決定打が弱く、”知”属性であることも相まって苦戦を強いられることも。

その場合は、大人しく別のキャラクターに交代するか、サポートコマでカバーしてやる必要があります。

原作の「一匹狼」感とは真逆の、「味方のサポートを受ける(=味方と繋がり合う)ことで輝くキャラ」としてデザインさせていただきました。

『更木剣八(ざらき けんぱち)』(1~3コマ)

ヘルプコマ

・爆発(必殺技を連続で使用すると必殺魂が上昇する)

サポートコマ

▼2コマ

『霊圧の解放』(”力”属性)
「眼帯で抑え込んだ霊圧を解放!周囲の敵を大きく吹き飛ばす!」
現れた剣八が霊圧を解放し、ヒットした相手を大きく逆方向に吹き飛ばします。
ダメージそのものは低めですが、とにかく発生が早いうえ吹き飛ばしが強いため、崖際での攻防や迎撃に有効なサポートコマです。

▼3コマ

『野晒』(”力”属性)
「剣八が知った斬魄刀の名前。巨大かつ強力な刃で、相手を思いっきり叩き切る!」
現れた剣八が跳び上がり、巨大な刃で相手を両断して攻撃します。
シンプルな攻撃型のサポートコマですが、とにかく威力が高く、体力が低い”知”属性キャラであれば、これだけで倒せてしまうほどのバカ高い威力を持つサポートコマです。

『涅マユリ(くろつち マユリ)』(1~3コマ)

ヘルプコマ

・毒無効(”毒”状態にならなくなる)

サポートコマ

▼2コマ

『疋殺地蔵』(”知”属性)
「マユリの斬魄刀。切りつけた相手の四肢の神経を切断し”行動不能”に!ただし麻痺ではないため、痛みは消えない…!」
現れたマユリが前方に突進しながら切りかかり、切った相手にダメージを与えつつ”行動不能”にします。
”行動不能”の効果時間は短めですが、ダメージが普通の攻撃型サポートコマと同じくらいに高く、ダメージソースとしても使用可能なサポートコマです。
ただしクールタイムが長めなため、連続使用はできません。

▼3コマ

『超人薬』(”知”属性)
「超人の感覚を強制励起させる薬剤の原液を相手に投与。意識と感覚がずれた相手は、一定時間”行動不能”、そしてその後”スピードダウン”に!」
マユリとネムが登場し、ネムが前方に駆けだしたネムが相手をロックしたところに、マユリが超人薬を投与します。
ダメージはありませんが”行動不能”の時間が長く、行動不能が解けた後も”スピードダウン”になるため、相手の出鼻を大きく挫くことができる、嫌らしいサポートコマです。

ヘルプコマのみの新規参戦者

京楽春水見切り(必殺技で受けるダメージを軽減する)
平子真子混乱無効(”混乱”にならなくなる)
猿柿ひより激怒(連続攻撃を受け続けると必殺魂が上昇する)
ネリエルガード能力+(ガードが堅くなる)
銀城空吾突撃(敵に攻撃をヒット、ガードさせると必殺魂が上昇する)
月島秀九郎知的(弱点属性の相手に攻撃することで、必殺魂が上昇する)
毒ヶ峰リルカチェンジ封印無効(”チェンジ封印”、”サポート封印”にならなくなる)
ドン観音寺混乱無効(”混乱”にならなくなる)
ユーハバッハオートガード(必殺魂を消費して自動でガードを行う)
ハッシュヴァルトジャストガード(ギリギリでガードを成功させると、必殺魂が上昇する)
ニニー大活躍(相手をKOすると必殺魂が上昇する)
のえる沈着(じっとしていると必殺魂が徐々に回復する)

まとめ

『BLEACH編』それぞれで活躍したキャラを中心に、追加キャラを考えてみました!

個人的には、『月島』『ユーハバッハ』辺りは、サポートコマに出来た気もするのですが、思いつかなかったのでひとまずこの辺りで。

ヘルプコマラストの二人は…『ジョジョ』における、ジャイロ的な役回りということでひとつ。

と、まぁそんな感じで、連載終了後もなお高まり続ける『BLEACH』という作品の熱。

それでは、また次回の『キャラ妄想』もお楽しみに!

「この作品でやってほしい!」というリクエストなどあれば、お気軽に編集部までリクエストをお願い致します!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA