『ジャンプアルティメットスターズ』次回作参戦キャラ妄想!~『ゴールデンカムイ』編~

 ランク(順位) 神Lv23(2388
 経験値  14,068
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

『JUS』参戦キャラ妄想『ゴールデンカムイ』

今回遊ぶゲーム

今回は、3DSで発売された『ジャンプアルティメットスターズ』にて「次回作が出たらだれが出るか!?」を真剣に妄想!

ちなみに今回の記事をザックリまとめると!

  • 『杉元佐一』は近距離での殴り合いで大きなリターンを得るキャラに
    「どのように有利な位置取りをするか」が重要になる中級~上級者向けでデザイン!
  • 『アシㇼパ』毒矢や『レタㇻ』とともに攻撃するサポート!
    『白石』は脱出系サポートであの動きがみられる!?
  • 『尾形 百之助』はスナイパーライフルを活かした遠距離攻撃
    『鶴見 篤四郎』は第七師団での攻撃など原作をほうふつとさせるサポートに!

この記事は、5分程度で読み終わりますので是非読んでいってください!

こちらの記事もオススメ!

[clink url=”https://chara.ge/jump/jus-character-imagination-jujutsu-kaisen-chain-saw-man/”]

JUS次回作参戦キャラ妄想してみる!『ゴールデンカムイ』編

2006年にニンテンドーDS用ソフトとして発売され、多くのジャンプファンに愛されたお祭り型格闘アクションゲーム『ジャンプアルティメットスターズ』

公式のWi-Fi対戦サービスが終了した今も、一部のコアなユーザーに熱狂的な支持を受けている作品です。

今回は、新たな試みとして、掲載紙を『週刊ヤングジャンプ』に移しての参戦妄想!

濃すぎるキャラと目まぐるしい展開、そして学術的なアイヌ文化考証も相まって、全世界的に大ヒットしている冒険活劇ッ!『ゴールデンカムイ』からの参戦者を妄想していきたいと思います!

※諸注意

  • この記事の内容は、あくまでライターの妄想です。
    『ジャンプアルティメットスターズ』の次回作の制作は、2021年1月現在発表されていませんのでご注意ください。
  • 皆様のイメージと異なっている部分があるかと思いますが、寛大にお許しくださいませ。
  • 原作のネタばれを極力避けるため、少し前の技などで構成しております。

『ゴールデンカムイ』とは?

『ゴールデンカムイ』は、2014年より『週刊ヤングジャンプ』誌上で連載が開始された、「野田サトル」による漫画作品です。

単純なエンターテイメントとしての面白さもさることながら、アイヌ文化に関する描写も非常に優れており、多くの歴史研究家やアイヌの方々からの支持も非常に高い作品です。

その人気を示すように、2018年には2度のアニメ化が行われ、アニメ第3期が2020年10月から放送開始など、現在では『ヤングジャンプ』の看板に近い扱いを受けている本作

掲載紙こそ『週刊少年ジャンプ』ではありませんが、同じジャンプ系列の漫画雑誌として、決してJUSへの参戦可能性は低くないものと思われます

ということで今回は、そんな『ゴールデンカムイ』からの参戦者たちを妄想していきましょう!

『杉元 佐一』(1~6コマ)

▼どんなキャラ?
『ゴールデンカムイ』の主人公。
日露戦争に従軍した帰還兵で、戦場での鬼神のような活躍と驚異的な回復力から、「不死身の杉本」という異名を誇る。
戦場で死亡した幼馴染から盲目の妻のことを託され、その治療のための大金を得るために北海道を訪れ、そこでアシㇼパと出会って行動を共にすることになる。
基本的に心優しく温厚で、異文化にも素直に敬意を払える好青年だが、ひとたび敵とみなした者に対しては容赦なく殺害しようとする残忍さも併せ持つ。
しかしその残忍さの一方で、戦場の記憶のフラッシュバックに苦しむなど、日露戦争の戦場に強いトラウマを抱えることになっている。
▼基本属性
”力”(”笑”属性の派生あり)
▼固有アビリティ
『不死身の杉元』
「不死身と称されるほどの回復力はまさに驚異的ッ!特に肉弾戦に強く、耐久戦で杉元に並ぶ者など無しッ!押し込まれてもあきらめず、最後の一瞬まで足掻きつづけろッッ!!」
・自己回復(フィールドに出ている間、徐々に体力が回復する)
・打撃耐性アップ(打撃攻撃のダメージを軽減する)
・底力(体力が減ると攻撃力がアップ)
▼コマ数
1~6コマ
▼相性補正(受)
・アシㇼパ(出典『ゴールデンカムイ』)
・白石(出典『ゴールデンカムイ』)
・悟空(出典『DRAGON BALL』)※不死身の杉元と、死んでも生き返る世界観
▼相性補正(与)
・ルフィ(出典『ONE PIECE』)※「肉好きなの?じゃあこれ、お近づきのしるしに脳味噌」とかやってほしい
▼ヘルプアビリティ
自己回復(フィールドに出ている間、徐々に体力が回復する)

『杉元 佐一』必殺技

▼4コマ

不死身の杉元
ブチギレた杉元が、豪快な三連撃を浴びせます。
リーチは短めで技も大振りですが、一発の威力やガード削りに優れた必殺技です。
最後の一撃は相手をその場でダウンさせます。
ヒンナヒンナ
アシㇼパと二人で鍋を囲み、自身の体力を回復します。
固有アビリティに自己回復はありますが、肉弾戦が多くなる杉元には生命線とも言うべき技です。
しかし回復効果の発生までは長めの隙を晒すことになるため、使用タイミングはしっかり選びましょう。

▼5コマ

不死身の杉元
4コマと同じラッシュ攻撃ですが、攻撃回数が4回に増えています。
最後の攻撃が変わり、相手を真上に吹き飛ばすアッパーになっているため注意が必要です。
応撃ッ!
構えを解いて相手を待ち構え、相手の攻撃に遭わせて強烈なカウンターをお見舞いします。
長押しすることで必殺魂を徐々に消費しながら待ち構えることが可能で、相手との読み合いを制することで莫大なリターンを得ることができます。
しかし飛び道具にはカウンターが決まらないので注意しましょう。

▼6コマ

不死身の杉元
4コマ、5コマと同様の必殺技ですが、攻撃回数が5回に増えています。
また、コンボの〆が相手を真横に吹き飛ばすストレートパンチに変わったため、リングアウトを狙うにも有効です。
レタㇻ
アシㇼパとレタㇻが現れ、レタㇻが前方に突撃して攻撃してくれます。
突撃の威力は高く、杉元にとっては唯一の中~遠距離をカバーできる技のため、非常に重要な必殺技です。
しかしレタㇻはヒットすると噛みついてしまうため、複数人にヒットしないことには注意が必要です。

『杉元 佐一』戦い方

多少のダメージを気にすることなく戦える、優秀な固有アビリティを活かした、接近戦を得意とするキャラクターです。

技の性能自体は「中の下」程度のものがほとんどですが、一撃の威力が高め。

ルートこそ限られるものの、強力なコンボも持っているため、近距離での殴り合いに持ち込むことで大きなリターンを得ることができます。

しかし機動力は平均以下で、遠距離への対抗手段がほとんどないのが最大の弱点

相手に引き離されると、何もできずに倒されてしまうことすらあり得るほか、サンジや剣心のようなスピード型のラッシュキャラには封殺されてしまうこともあり得ます。

スペックそのものは非常に高めですが、その分「どのように有利な位置取りをするか」が重要になる、中級~上級者向けのキャラクターとしてデザインさせていただきました。

『杉元 佐一』サポートコマ

▼2コマ

『ヒンナヒンナ』(”力”属性)
「和人文化とアイヌ文化の合作である”オソマ”入りのオハウ!「だからオソマじゃなくて味噌だってば!」」
現れた杉元が鍋を作り、最初に触れたキャラクターを大きく回復してくれます。
回復効果が発生するまでは長いですが、回復量は2コマの回復サポートとしては随一。
ヒットアンドアウェイの接近戦を挑むキャラなら有効活用しやすいかもしれません。

▼3コマ

『「俺は不死身の杉元だ!!!!」』(”力”属性)
「杉本が大きな声で叫び、フキダシに当たった敵を”行動不能”に!味方には攻撃力をアップ!」
敵に”行動不能”、味方に”攻撃力アップ”を与える、シンプルながら有効な自己強化サポートです。
どんなキャラに組み合わせても一定以上の活躍が見込めるため、困ったらこのサポートコマをデッキに入れる、というとりあえず形式で使える良サポートとなっています。

『アシㇼパ』(1~3コマ)

『アシㇼパ』ヘルプコマ

「協力」(サポートコマの攻撃をヒット、ガードさせると必殺魂が回復する)

『アシㇼパ』サポートコマ

▼2コマ

『アマッポ』(”知”属性)
「アイヌ式の仕掛け弓。罠に触れた敵に毒矢で攻撃する!」
前方の一定範囲に罠を仕掛け、そこに最初に触れた敵にダメージと”毒”状態を与えます。
威力は低めですが発生が早く、見つかりにくい罠を張ることができるのが大きな特徴。
要塞型のキャラクターとの組み合わせで真価を発揮するサポートコマです。

▼3コマ

『レタㇻ』(”力”属性)
「絶滅したはずのエゾオオカミ!アシㇼパを守るために敵へと突撃する!」
『杉元6コマ』の必殺技と同様の、レタㇻによる突進攻撃です。
発生が早く威力も高め、しかもリーチの長い優秀な攻撃ですが、敵一体にしか当たらないため乱戦時に注意が必要。
接近戦を得意とするキャラと組み合わせると、効果を発揮しやすいかと思われます。

『白石 由竹』(1~3コマ)

『白石 由竹』ヘルプコマ

「行動不能無効」(”行動不能”状態にならなくなる)

『白石 由竹』サポートコマ

▼2コマ

『ピュウ☆』(”笑”属性)
「白石が変顔と共に「ピュウ☆」の一言。フキダシにあたった相手は、”画面妨害”状態に!」
『ジョセフ2コマ』の”画面妨害”バージョンです。
出が早いためカウンターに向いており、”画面妨害”の性質上、特に多人数かつ対人戦で真価を発揮します。

▼3コマ

『脱獄王』(”笑”属性)
「脱出できない監獄はない!”脱獄王”は、乱戦からの脱出だってお手の物!」
『リナリー2コマ』や『夜一2コマ』のような脱出系のサポートコマです。
しかし上記2コマとは異なり、このコマは「相手から最も離れた地点」に移動するという、コマ数が一つ増えた分上位互換的な効果が特徴となっています。
後隙が非常に大きいため乱発はできませんが、いざという時の緊急回避手段として重宝するサポートコマでしょう。

『尾形 百之助』(1、3コマ)

『尾形 百之助』ヘルプコマ

「沈着」(何もせずにじっとしていると、徐々に必殺魂が回復する)

『尾形 百之助』サポートコマ

▼3コマ

『孤高の山猫スナイパー』(”知”属性)
「尾形の得意とする超遠距離狙撃。射線上に入った相手を、山猫は決して逃がさない……!」
出現した尾形が銃を構えて待機し、前方に相手が現れた瞬間に狙撃を行います。
発生が早く、リーチや待機時間も長めで、しかも高威力で貫通性能ありと、かなり優秀な遠距離サポートコマです。
追加効果はありませんが、遠距離への単発火力を求める場合は非常に優秀なサポートコマになっています。

『鶴見 篤四郎』(1、3コマ)

『鶴見 篤四郎』ヘルプコマ

「激怒」(連続攻撃を受けると必殺魂が回復する)

『鶴見 篤四郎』サポートコマ

▼3コマ

『第七師団・支援砲撃』(”力”属性)
「鶴見のコネクションを活かした、第七師団による支援砲撃が降り注ぐ!当たった相手は大ダメージと共に”燃え”に!」
鶴見中尉が出現し、少しの間第七師団による支援砲撃が降り注ぎます。
フィールド全体にランダムに降り注ぐため、コンボには使えませんが、相手の行動を制限できるサポートコマです。
ちなみに呼び出した本人には当たらないため、使用者は安心して動くことができます。

『土方 歳三』(1、3コマ)

『土方 歳三』ヘルプコマ

「闘争心」(バトルに出ている間、徐々に必殺魂が回復する)

『土方 歳三』サポートコマ

▼3コマ

『鬼の副長』(”力”属性)
「老年とていまだ衰えぬ”鬼”の剣気。攻撃を見切り、一刀のもとに切り捨てる」
斬撃によるカウンター系のサポートコマです。
切り捨てられた相手は大きくきりもみ吹き飛びをするため、カウンターでありながらリングアウト狙いにも有効なサポートコマになっています。

ヘルプコマのみの参戦

谷垣 源次郎「ガード能力+」(ガードが堅くなる)
キロランケ「爆発」(必殺技を連続で使うと必殺魂が回復する)
インカㇻマッ「見破り」(透明状態の相手を見破る)
牛山 辰馬「大活躍」(相手をKOすると必殺魂が回復する)
月島 基「協力」(サポートコマの攻撃をヒット、ガードさせると必殺魂回復)
鯉登 音之進「激怒」(連続攻撃を受けると必殺魂回復)
ウイルク 「逆襲」(KOされると必殺魂が回復する)

まとめ

『尾形』『鶴見』『土方』あたりは「ヘルプと3コマだけ」という扱いですが、変に2コマのサポートを作るよりも、3コマだけにして「プロフェッショナル」感があった方がそれっぽいかな、という判断です。

物申したい方もいらっしゃるかと思いますが、大目に見ていただければ幸いです。

後は、刺青人皮の囚人たちをあまり入れられなかったのも、バランス的に仕方ないとはいえ少し残念。

続きは、皆さんの頭の中で組み上げていただければ幸いです!

それでは、また次回の『キャラ妄想』もお楽しみに!

「この作品でやってほしい!」というリクエストなどあれば、お気軽に編集部までリクエストをお願い致します!

関連記事はコチラ!

[clink url=”https://chara.ge/jump/jus-character-imagination-my-hero-academia/”]

[clink url=”https://chara.ge/jump/jus-character-imagination-jujutsu-kaisen-chain-saw-man/”]

[clink url=”https://chara.ge/jump/jus-character-imagination-world-trigger/”]

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA