『ジャンプアルティメットスターズ』次回作参戦キャラ妄想!~『ワールドトリガー』編~

 ランク(順位) 神Lv23(2388
 経験値  13,766
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

『JUS』参戦キャラ妄想『ワールドトリガー』

今回遊ぶゲーム

今回は、3DSで発売された『ジャンプアルティメットスターズ』にて「次回作が出たらだれが出るか!?」を真剣に妄想!

ちなみに今回の記事をザックリまとめると!

  • 『空閑 遊真』は原作を彷彿させる「高機動型のスピードアタッカー」でデザイン
  • 『迅 悠一』はトラップ系攻撃をメインに戦う
    「機動型要塞キャラ」という新ジャンルのキャラクターのイメージ
  • 魅力的なキャラの多いワートリ!
    『三雲』や『ヒュース』など4人をサポートコマ!ヘルプコマでは9人をデザイン!

この記事は、5分程度で読み終わりますので是非読んでいってください!

こちらの記事もオススメ!

[clink url=”https://chara.ge/jus/jus-character-imagination-nura-rise-of-the-yokai-clan/”]

JUS次回作参戦キャラ妄想してみる!『ワールドトリガー』編

2006年にニンテンドーDS用ソフトとして発売され、多くのジャンプファンに愛されたお祭り型格闘アクションゲーム・『ジャンプアルティメットスターズ』。

公式のWi-Fi対戦サービスが終了した今も、一部のコアなユーザーに熱狂的な支持を受けている作品です。

今回は、緻密に練られた戦略的なバトルと、練り上げられた世界観で大人気の作品!

『ワールドトリガー』からの参戦キャラを妄想していきたいと思います!

※諸注意

  • この記事の内容は、あくまでライターの妄想です。
    『ジャンプアルティメットスターズ』の次回作の制作は、2021年1月現在発表されていませんのでご注意ください。
  • 皆様のイメージと異なっている部分があるかと思いますが、寛大にお許しくださいませ。
  • 原作のネタばれを極力避けるため、少し前の技などで構成しております。

『ワールドトリガー』とは?

『ワールドトリガー』は、2013年より連載を開始した、「葦原大介(あしはら だいすけ)」による漫画作品です。

緻密すぎるほどに練りこまれた伏線と、リアルで戦略的な戦闘描写が特徴で、従来のジャンプ作品とは一線を画す「遅効性SF」として、多くの熱狂的なファンを抱えています

2016年から2年ほど、作者の葦原氏の体調不良で休載が続き、連載継続は絶望視されていましたが、2018年末にめでたく連載が再開!

その後『ジャンプSQ』に移籍し連載が行われているだけでなく、アニメ2期の放映も始まり、現在大注目の作品の一角となっています。

『ジャンプSQ』の連載作品ですが、ファン層の厚さや人気の高さから、「JUS最新作」への参戦はほぼ確定だと言っていい本作。

そんな『ワールドトリガー』からの参戦者を妄想していきたいと思います!

『空閑 遊真(くが ゆうま)』(1~6コマ)

基本データ

▼どんなキャラ?
『ワールドトリガー』の主人公の一人。
父の遺言を頼りに”こっち側の世界”にやってきた、人型近界民の少年。
徹底したリアリストだったが、”こっち側の世界”で出会った修、千佳や迅との関わりもあって、ボーダー内で彼らとチーム「玉狛第二」を結成し、修と千佳の目的に協力する。
「嘘を見抜く」という副作用(サイドエフェクト)を持ち、「つまんないウソつくね」が口癖。
ゲームには「玉狛第二」の姿で参戦し、必殺技などで黒トリガー状態になるイメージです。
▼基本属性
”知”(”力”属性の派生あり)
▼固有アビリティ
『玉狛第二』
「身軽で素早い機動型のアタッカー!空中ダッシュが可能で、チームメイトとの協力で必殺魂がアップ!ただし小柄で吹っ飛ばされやすい!」
・空中ダッシュ(空中でのダッシュが可能)
・協力(サポートコマの攻撃をヒット、もしくはガードさせると必殺魂回復)
・ふきとびやすい(デメリット)
▼コマ数
1~6コマ
▼相性補正(受)
・修(出典『ワールドトリガー』)
・千佳(出典『ワールドトリガー』)
・風助(出典『忍空』)※小柄なスピード系主人公つながり
▼相性補正(与)
・風助(出典『忍空』)
・迅(出典『ワールドトリガー』)
▼ヘルプアビリティ
空中ダッシュ(空中でのダッシュが可能になる)

『空閑 遊真』必殺技

■4コマ

マンティス
前方に跳躍して、連結して伸ばしたスコーピオンで切りつける攻撃。
出が早く、遊真の技の中ではとびぬけてリーチが長いため、中距離で油断している相手への奇襲に有効。
ただし、軌道自体は直線的なため、読まれるとガードからのカウンターで一気に畳みこまれる可能性が高い。
グラスホッパー
拘束で突進しながらの切り付けを3回繰り返す攻撃。
全ての攻撃は、十字キーの入力で移動方向を8方向から選ぶことができ、「”前”→”上”→”前”」でヒットアンドアウェイをするもよし、「”前”→”後ろ”→”前”」で連撃を浴びせるも良しな、応用範囲の広い技。
4コマ遊真の主力技で、使いこなせば使いこなすほど、できることが広がる上級者向けの技。

■5コマ

乱反射
前方の一定位置の地面にグラスホッパーを仕込み、それを踏んだ相手の周りにグラスホッパーを分割展開し、その中でピンボールの玉のように、相手を全方位から切り刻む攻撃。
威力は高めだが攻撃時間が長く、集団戦では潰されやすいのが弱点。
始動がトラップ技のため、地上から接近してくる相手に何食わぬ顔でおいておくと非常に刺さる必殺技。
黒トリガー「『射』+『錨』」
黒トリガーを使用し、「射」と「錨」の印を使って「おもくなる弾」で連続射撃攻撃。
当たった段数で効果が異なり、5ヒット以下で”スピードダウン”、5ヒット以上で”行動不能”を相手に付与する。
弾速は早いが始動に隙があるため、基本的には遠距離からの奇襲に使う技

■6コマ

黒トリガー「『強』印・七重」
黒トリガーを開放し、「強」印で自身を強化して、真横に向けて飛び蹴り攻撃。
威力が高く移動距離も長めで、ヒットした敵を横に低く吹き飛ばす、優秀な性能の必殺技。
技の終わりに若干隙ができるが、相手を吹き飛ばしつつ貫通していくため、技後に隙を狙われることは少ない。
ただし崖際で外に向けて使うと、リングアウトする危険があるため注意が必要
黒トリガー「『鎖』印・三重」
黒トリガーの「鎖」印で作りだした鎖を前方に投げ、ヒットした相手を思いっきりぶん投げる攻撃。
弾速は5コマの”黒トリガー「『射』+『錨』」”に劣るが、威力や吹き飛ばし性能はこちらが上。
鎖がヒットした時点で投げまでが確定ヒットになるため、フィニッシュ技に向いている
ただしヒットした時点で投げ攻撃に移行するため、複数人を巻き込むことはできない。

『空閑 遊真』戦い方

原作ファンなら大体想像がつくように、「高機動型のスピードアタッカー」です。

『風助』や『リナリー』と近い操作感のイメージ。

しかし風助やリナリーとは違って、技が基本的に素直なため初心者に向いており、機動戦に必要な「空中ダッシュ」アビリティを自分で持っているため、強化しやすいのも大きなポイント

足りない部分をヘルプコマやサポートコマで補いやすいため、「機動戦入門」として使いやすいキャラです。

しかし通常技のリーチは短く、踏み込みのある技が多いため、カウンターが怖いのが弱点。

遠距離で要塞戦法を取られると、打つ手がなくなってじり貧に陥りがちです。

良くも悪くも「スピードアタッカー」タイプのキャラクターのため、サポートコマを慎重に選ぶことが求められるキャラというコンセプトでもありました。

サポートコマ

■2コマ

「おまえ、つまんないウソつくね」(”知”属性)
「『嘘を見抜く』サイドエフェクト!ドキリとした相手は”行動不能”に!!」
「おまえ、つまんないウソつくね」のフキダシを出し、ヒットした相手を”行動不能”にする攻撃です。
攻撃力や”必殺魂減少”効果がない分発生が早く、奇襲をかけてきた相手へのカウンターに使えます
素直な性能のサポートコマなので、どんなキャラと組み合わせても使いやすいサポートコマです。

■3コマ

『バッグワーム』(”知”属性)
「バッグワームを起動した遊真の奇襲。背後から出現する遊真への対応は、あまりにも困難…!」
『悟空3コマ』と同じ、プレイヤー選択系のサポートコマです。
発生時に潰されやすく、威力も3コマにしては低めですが、”ガード不能”効果がついています。
相手に確実なダメージを与えたい場合は、このサポートコマを使用するといいでしょう。

『迅 悠一(じん ゆういち)』(1、6コマ)

▼どんなキャラ?
『ワールドトリガー』の主人公の一人。
「未来視」のサイドエフェクトを持ち、「よりよい未来」を目指しての暗躍を趣味とする、飄々とした性格のボーダーのS級隊員。
自分を「実力派エリート」と称し、お調子者のように振る舞っているが、時折未来が見える故のシビアな視点や、強すぎる責任感をのぞかせる。
▼基本属性
”知”属性
▼固有アビリティ
『未来視』
「未来が見える迅の行動を妨げることは不可能に近い!相手の必殺技すら見切って軽減!ただし消耗は激しく、必殺魂は常に減少し続ける」
・”行動不能”無効(”行動不能”状態にならない)
・見切り(必殺技で受けるダメージを軽減)
・必殺魂常時減少(デメリット)
▼コマ数
1、6コマ
▼相性補正(受)
・遊真(出典『ワールドトリガー』)
・ヒュース(出典『ワールドトリガー』)
・小南(出典『ワールドトリガー』)
▼相性補正(与)
なし
▼ヘルプアビリティ
見切り(必殺技で受けるダメージを軽減)

『迅 悠一(じん ゆういち)』必殺技

■6コマ

黒トリガー・風刃
”強”系統の攻撃で埋め込んだ斬撃を、一気に開放する攻撃です。
この技単体だとダメージはありませんが、出が早く、”強”系の攻撃で埋め込んだ斬撃が一気に開放されるため、奇襲やサポートと組み合わせたコンボを繋げることができる、非常にテクニカルな必殺技です
迅を使いこなすには間違いなく必要な最重要技ですので、確実に使いこなせるように練習を積む必要があります。
予測確定
『未来視』で見たとおりに攻撃してきた相手に、強烈なカウンターを見舞うカウンター攻撃です。
相手を横方向にきりもみ吹き飛びさせるのと同時に、相手の上下と後方に斬撃を埋め込むため、”黒トリガー・風刃”と組み合わせて鬼のようなコンボを繋げることができます。
ただし、出が早い分発生時間も短いため、相手の動きを的確に先読みする、それこそ迅レベルの予測能力が必要なイメージでした。

『迅 悠一(じん ゆういち)』戦い方

かなり特殊な「”強”攻撃のトラップ技をメインとし、それを必殺技で解放して戦うテクニカルキャラ」です。

”強”で自分の前方の床に、”上強”で自分の斜め上に、”横強”で少し遠めの床に、”空中強”で真下に斬撃を埋めて、相手をうまく誘導して戦う「機動型要塞キャラ」という新ジャンルのキャラクターのイメージでした。

そのため、普通に戦うと平均レベルの能力しかなく、ガチンコの殴り合いはちょっとキツいイメージ。

勝つためには上手く相手を誘導して、自分の有利な状況を作って戦う必要があるバリバリの上級者向けキャラです。

固有アビリティが優秀ですが、必殺魂の減少が痛く、必殺魂の管理が何より重要になるタイプ。

しかし使いこなすとメチャクチャな悪さをするタイプなので、公式大会とかだと人気が出そうなキャラだと想定してデザインしました。

『三雲 修(みくも おさむ)』(1~3コマ)

ヘルプコマ

「突撃」(相手に攻撃をヒット、ガードさせると必殺魂が回復する)

サポートコマ

■2コマ

「スラスターチャージ」(”力”属性)
「レイガストを構えた修が突っ込む!相手を壁まで押しやると、ゼロ距離射撃で追加攻撃!」
レイガストを構えた修が突っ込んでいき、相手を押しやる攻撃です。
レイガスト攻撃の威力は低めですが、壁にぶち当たるとゼロ距離射撃で追加攻撃があり、敵を低く吹き飛ばします。
リングアウト性能が高く、単純に相手と距離を取る事にも使える強力なサポートです。

■3コマ

「スパイダー」(”知”属性)
「玉狛第二の必勝陣形!ワイヤー陣に触れると”行動不能”に!」
現れた修の周りにワイヤー陣が展開され、触れた相手を”行動不能”にします。
ワイヤーは徐々にはっきり見えてくるようになるため、速攻を狙って突っ込んでくる相手に非常に有効です。
要塞型のキャラはもとより、仕切り直しにも有効なため、幅広いデッキに使える良サポートになると思います。

『雨取 千佳(あまとり ちか)』(1~3コマ)

ヘルプコマ

「ガード能力+」(ガードが割れにくくなる)

サポートコマ

■2コマ

「アイビス」(”力”属性)
「千佳のアイビスによる砲撃!ギリギリ外れるのでダメージはないが、ビックリした相手は動けなくなるぞ!」
千佳の”砲撃”で相手を足止めします。
ダメージはありませんが、相手は砲撃が過ぎ去るまで動けなくなるので、その隙に近づいてコンボを決められる優秀な支援砲撃です。
”壁を一撃で壊せる”効果もあるため、リングアウト狙いが得意なキャラと組ませるのも効果的でしょう。

■3コマ

「鉛弾ライトニング」(”知”属性)
「千佳が見出した自分なりの戦闘スタイル!命中した相手を”行動不能”にし、その後”移動封印”に!」
前方に”鉛弾ライトニング”を撃ち、命中した相手にまずは”行動不能”を付与し、その解除後に”移動封印”を付与します。
ダメージはないですが、相手の動きを非常に長く止めることができるサポートコマです。
ただし、射程もさほど長くない上、攻撃発生まで少し時間がかかるのが欠点。
攻めかかってくる相手への迎撃や、コンボの起点に使うと優秀なサポートコマです。

『小南 桐絵(こなみ きりえ)』(1~3コマ)

ヘルプコマ

「闘争心」(バトルに出ている間、必殺魂が徐々に回復する)

サポートコマ

■2コマ

「モテかわだまされガール」(”笑”属性)
「怒り狂った小南のヘッドロック!食らった相手は拘束され、”スピードダウン”に!」
怒った小南が相手に飛びつき、ヘッドロックをかけて攻撃してくれます。
”スピードダウン”が、あまり強力な状態異常ではないため、実戦向きのサポートではありませんが、特筆すべきは「拘束時間が長い」こと。
迅と相性補正があるため、小南が拘束している間に迅が有利な場を整える、という連係プレーが可能です。
強力ではないものの、使いどころはあるサポートだと思います。

■3コマ

「双月・連結器オン」(”力”属性)
「玉狛支部のオリジナルトリガー!巨大な戦斧で敵を両断する!」
跳び上がった小南が連結した双月を振り下ろし、当たった相手をダウンさせます。
範囲は狭めですが高威力で潰されにくく、強烈なメテオ性能があるため崖際の攻防で特に有効です。
発生から攻撃まで、跳躍の分、時間的なずれが生じるため、コンボの〆として使うのも有効でしょう。

『ヒュース』(1~3コマ)

ヘルプコマ

「知的」(相手の弱点を突いた攻撃で、必殺魂が上昇する)

サポートコマ

■2コマ

「エスクード」(”知”属性)
「迅仕込みのエスクードによるトラップ!多くの壁を作り出して、相手の進路を妨害!」
前方に2つ、後方に1つのエスクードを生やして、相手の進路を妨害するサポートです。
壁は壊せますが非常に硬く、一定時間が経過するまで残り続けるため、相手の動きを著しく制限することができます。
しかし、自分にも影響が出るサポートのため、組ませるキャラクターを非常に選ぶサポートだと言えるでしょう。

■3コマ

「蝶の盾(ラビリンス)」(”知”属性)
「アフトクラトルの最新トリガー!磁力を操作して、ヒットした相手を遠ざける!あるいは引き寄せる!」
”蝶の盾”を使った射撃攻撃です。
相手にヒットした瞬間に方向キーを入力することで、その方向に相手を向かわせることができます。
非常に自由度が高いコマですが、その分操作が複雑になりやすいため、連携についての練習が必要になるサポートコマです。

ヘルプコマのみの参戦

レプリカ「必殺魂最大値+」(必殺魂の最大値が上昇する)
三輪秀次「奮戦」(交代せず、サポートも使わず戦っていると必殺魂が徐々に回復)
太刀川慶「爆発」(必殺技を連続で使うと必殺魂が回復する)
風間蒼也「見破り」(相手の”透明化”状態を無効化する)
嵐山准「協力」(サポートコマの攻撃をヒット、ガードさせると必殺魂が回復する)
木虎藍「スピードダウン無効」(”スピードダウン”状態にならなくなる)
烏丸京介「沈着」(何もせずじっとしていると、必殺魂が徐々に回復)
夏目出穂「闘争心」(バトルに出ている間、必殺魂が徐々に回復する)
陽太郎「行動不能無効」(”行動不能”状態にならなくなる)

まとめ

と、こんなところで「ワールドトリガー」の妄想終了。

魅力的なキャラが非常に多い作品なだけに、もっと選出したいキャラはいましたが、ゲーム的なバランスの都合上、ひとまずこの辺りで!

「レイジさん」とか「林堂さん」とか「栞ちゃん」
「出水」「唯我」「菊地原」や「緑川」「二宮」「影浦」「奈須さん」あたりも、正直なところ候補にはなっています。

「レプリカ」「三輪」「太刀川」「風間」あたりは、サポートコマとしての参戦も出来たんじゃないかと思っていますが、その辺りは泣く泣く断念です。

その辺りに関しては、皆さんの中で妄想を爆発させていってほしいと思います。

妄想に正解不正解はありませんので、皆さんの頭の中でそれぞれに『妄想ジャンプアルティメットスターズ』を作り上げていきましょう!

それでは、また次回の『キャラ妄想』もお楽しみに!

「この作品でやってほしい!」というリクエストなどあれば、お気軽に編集部までリクエストをお願い致します!

関連記事はコチラ!

[clink url=”https://chara.ge/jump/jus-character-imagination-kimetsu-no-yaiba/”]

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA