【雀魂】本当に完全無料!?無料で何が・どこまでできるのか!

 ランク(順位) 拳闘王(16384
 経験値  3,506
獲得バッジ
1つのカテゴリーで10記事1記事で1万PV25記事達成攻略記事を20記事公開

本当に完全無料!?無料で何が・どこまでできるのか!

今、かつてないほどの盛り上がりを見せている麻雀界。

その盛り上がりの一因となっているのが、今回紹介する雀魂です。

何より無料で対人戦ができる!という点が何より大きいです。

本当に完全無料なの?と思われている方のために、私の体験から、何がどこまで無料なのか、紹介させて頂きます。

  • 本当に無料?課金が必要なケースについて
  • 麻雀ゲームとしての不満などは?面白いの?

この記事は大体 5 分で読み終わりますので、さいごまで読んでいってくださいね!

本当に無料?課金が必要なケースについて

上記は対局に必要なコインを課金ポイントで購入する画面です。

まず結論から。

雀魂で、最初から延々と無料で対局し続けることはかなり難しいです!

ただし、一定以上のコインの確保ができたのなら、無理のないペースで対局していくことで、無料で続けていくことは可能です!

上2点について、具体的に解説をしていきます。

なお、麻雀本体以外の、キャラクターの入手や、一部音声機能などについては、課金がほぼ必須レベルとなります。

そちらは、下記記事でまとめていますので、本記事では麻雀ゲームとしての範囲で無料で出来るところを紹介いたします!

【雀魂】課金するべき?ガチャあれこれ!

永久に無料で対局が『難しい』理由

上記は現在( 2021 / 04 / 19 時点)の私のトップ画面です。

赤枠部分が『コイン』といって、対局時に必要なゲーム内通貨となります。

通常の対人の対局は『段位戦』で行いますが、一番下の『銅の間』での対局はコイン消費がありません

そのため、『銅の間』で対局し続ければ完全無料ではありますが、ここで対局できるのは「初心者」と「雀士」という段位のみとなっています。

昇級さえしなければ良い、と思われるかもしれませんが、普通のプレイでは「初心者」と「雀士」の維持は難しくなっています。

無料で対局出来る段位の維持が難しい理由

大きく分けると2点となります。

1.一回の対局での段位点数は基本的に平均プラスとなるため

2.ルールを学び中と思われるような初心者も対局者の中に入るので、最下位となる可能性が少なくなるため

わざと負けるような打ち方をすれば、維持ができるかと思われますが、対局者に失礼ですし、何より面白くないため、やめましょう!

コインを使用して対局する段位でのコイン消費

無料で対局できる『銅の間』で対局できなくなった後、入場料・場代としてコインを使用して入場し、順位に応じてコインが増減する対局をしていくこととなります。

上記は銅の間の一つ上、『銀の間』の説明となっております。

いろいろ書いてありますが、単純でかつ、重要なことは一つ。

上位を取り続けない限り、コインは減っていく、ということです。

そして、上位を取り続けると、当然さらに段位が上がり、上級者のみの間でしか対局できなくなります。

上級者相手の対局で上位を取り続ける、というのはプロレベルの方でない限り、難しいです。

では、コインの消費は上記の通りとして、獲得方法はどうなのでしょうか?

コインの獲得方法

対局での増減を除くと、主なコイン獲得方法は3つです。

1.毎日入手できる復活コイン

2.毎日一つずつ設定されるクエストの達成

3.不定期に行われるイベントの景品

復活コイン

復活コインというのは、コインが一定以下になった時、一日一回のみ条件なく入手できるコインです。

段位によりもらえるコイン数が違いますが、大体ラス(最下位) 4 回分ほどのコインを入手できます。

クエスト

対局で指定回数ツモロンする、といったものから、放銃しない指定以上の順位をとる指定の回数対戦を行う、などがあります。

難しいものほど少し多めのコインを入手できるので、一日一回の更新をうまく使って、うまくクエストの達成をしていくことで、それなりのコイン収入になります。

下記記事でクエストの攻略的な方法を記載しましたので、クエストを溢れさせないようにしたい方は是非、ご確認ください。

【雀魂】イベントクエスト攻略!?三人打ちのすゝめ

イベント

不定期ですが、かなり大量のコインが入手できます。

例えば「修学淵林」という賭けグルイとのコラボイベント。

修学PTというイベントのポイントを貯めることで、最大『 272,000コイン 』と、大量のコインを入手することができました。

このように、安定して対局できるコインを入手するには、イベントでコインを大量獲得することが重要となります。

ちなみに、イベント終了後のコイン数は下図のようになりました!

上の方で記載した、2021/04/19時点のイベント前のコイン数から、かなり増えたことがわかるかと思います。

イベント報酬以外にも、対局のプラスや配布で、倍近くになって、単位に『』が出てきましたね。

体験談

私が実際にコイン不足となったのは、銀の間の一つ上、『金の間』で対局をできるようになった時です。

(三人打ちの)金の間で最下位となると、大体 2000 ~ 4000 コインのマイナスとなります。

当時、イベントなどを未体験で、大体2万コインほどを持っていたのですが、4連続でラス(最下位)になった時、入場料・場代が払えず対局ができなくなりました。

復活コイン・クエストでも入手済みでしたので、新たに入手もできず、次の日の復活コインまで待つことになった、という感じです。

もし、上記の状況で、「コインは無くなったけれど、続けて対局がしたい!」と思っていたら、課金をしてコインを入手する以外に方法が無かったこととなります。

まとめ

対局のみを行うとして、継続して完全無料を実現するには、一定以上のコインを入手する必要があります。

コインの入手方法はいくつかありますが、イベントで大量獲得するのが一番の早道です!(断言)

大量獲得ができていない場合、多くの方が『金の間』という、それなりに対局を重ねた時、多くのユーザーが到達する層で、コインが枯渇する可能性が高いです。

ですので、今すぐ軽くやりたい、少しの間試しでやってみたい、などであれば、問題無く完全無料で麻雀を楽しめます!

さらに、通常の対人対局は四人打ちと三人打ちの2つモードがあり、個別の段位ですので、四人打ちが入場料・場代が必要が段位になっても、三人打ちは未プレイ、というケースが多いかと思います。

ルールが少し違うので、打ち方は変わってきますが、無料でもう少し続けたい時、四人打ちのコインが足りなくなった時などは、気分転換に三人打ちも是非試してみてください!

三人打ちのルール・面白さなどは下記記事で詳しく紹介していますので、そちらもよかったら見て頂けると幸いです!

【雀魂】時短遊戯!?三人打ちのすゝめ

麻雀ゲームとしての不満などは?面白いの?

個人的には、雀魂の麻雀本体には特に気になる不満などはありません!

前提として、私は他のアプリ、例えば天鳳とかは未プレイです。

ネットワーク越しで麻雀をプレイしたことのあるのはゲームセンターでの麻雀格闘倶楽部MJなどで、それらとの比較でも、麻雀自体には不満はありません。

そもそも土俵が少し違うので、比較対象としては正しくないかもしれませんが、流石に有料前提のそれらと比べると、分析系の情報の多さとか、演出面の派手さなどは劣ります。

他の麻雀ゲームにない機能としては、対局中に周りの対局者に見せる用のスタンプがあります。(スタンプは良い点・悪い点あり)

対局中の情報

おそらく一番大きいのは捨牌が手出しかツモ切りか、河から(後から)確認ができない、という点です。

ただ、これは、よりリアルに近い、というプラスな考え方もできます。

どれが手の中から切ったか見て覚える、というクセを身に着けることができるかもしれません。

他、下記などの基本的な機能は備えています。

・今の持っている点数表示と他者との点数差の表示切替

・指定牌が捨牌にあるかどうかをハイライト

などなど

麻雀本体以外の不満は?

これは人由来が多いですね。

・煽り系に見えるスタンプの連打

・時間を最大限に使用して打ってくる(溜めツモ・ロンなども)

・突然のメンテ突入(最近はありません)

個人的には上記ですが、他に、オーラスで着順の変動が無いラス確定などのあがりなども普通に見られるので、そこらへんを気にされる方は、不満としてあがるかもしれません。

スタンプはミュートできますし、時間を使ってくるといっても、制限時間はあるので一半荘は耐えられるかと。

突然のメンテは。。。まあ当たってしまったら仕方ないです

面白いの?

これに関しては、まずは『ちゃんと普通の麻雀です!』とだけ書かせていただきます。

キャラクターなどを全面に打ち出しているので、能力あり系ではないかと、例えばキャラクターによって、カンしたら嶺上牌で絶対有効牌を引くとかドラが寄ってくるとか、などがあるように見えなくもないですが、そういうのは無いです。

偏りがある、という声もちらほら聞きますが、やっている感じでは、自分に有利な偏りも不利な偏りも来ているので、不自然ではないかと。

要は、ほぼ実際の麻雀と同じといえるので、面白いかどうかは、麻雀というゲームを楽しめるか、と言えます。

まとめ

麻雀が好きなで、自宅でも麻雀をやりたい方には間違いなくおすすめできます!

不満は無くは無いですが、環境は改善傾向にあるといってもよいかと。

人由来の問題については、私が現在、主に対局している『金の間』ではほぼ無いので、気になる方はそこで対局できるまで続けて頂ければ!

さいごに

上記は記事作成時( 2021 / 04 / 19 時点)、私がおもにやっている三人打ちでの成績です。

成績はともかく、これだけ課金せずやってきており、コインも十分な量となったので、これからも対局では課金不要な状態までなりました。

イベントである程度稼げれば、おそらくすぐにこの状態になれますので、始めてみようかな、と思っていた麻雀好きな方は是非、一度試してみてください!

本記事では、対局を無料でできるのか?のみを紹介しましたが、本作では魅力的なキャラクターや、有名声優さんによる音声も売りの一つです。

それらの機能については後日紹介記事を作成いたしますので、しばしお待ちください!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト