【雀魂】カンする?しない?三人打ちのすゝめ

 ランク(順位) 拳闘王(17388
 経験値  3,491
獲得バッジ
1つのカテゴリーで10記事1記事で1万PV25記事達成攻略記事を20記事公開

カンする?しない?三人打ちのすゝめ

槓を、門前から大明槓を!

守備派を自称している私は絶対にしませんが、たまにみます。

そして、きっちり槓した牌がもろのりして、阿鼻叫喚ということも。

研究が進んでいる四人打ちの場合は、守備力やらなんやらかんやらで、特定の状況以外は槓しない方が得なことが多い、とされています。

ただ、三人打ちは牌種が少ないので、槓しようとしている牌のドラ表示牌が見えていない場合など、もしかしたら大明槓でもした方がいいのかな?と思い、ならばいろいろ確率を調べてみよう!という記事です。

タイトルではカタカナで書いていますが、この記事内ではカタカナではなく“槓”と漢字で書いていきます。

  • 基本 – 槓のメリット・デメリット
  • 単純に槓した牌がドラとなる確率
  • 実践から槓が発生した時のドラ乗り確率例

とはいえ、上で書いている通り、私自身は守備派を自称しているので、大明槓や、明らかに安全牌として使える字牌の加槓もあまりしませんが。。。

この記事は大体 3 分で読み終わりますので、さいごまで読んでいってくださいね!

基本 – 槓のメリット・デメリット

ざっくりと端的に。

メリット – あがった時の点数が UP 。

デメリット – 守備力がさがり、自分以外にあがられた時の点数が UP してしまう。

単純に槓した牌がドラとなる確率

ここからは基本、三人打ちでの確率を見ていきます。

四人打ちは研究しつくされていて、結果的に損となる、という定説があるので。

牌の種類から

上画像は四人打ちのもので、三人打ちの牌の種類は 34 から萬子の 7 種を抜くので 27 種。( 1 , 9 、1 ~ 9 、 1 ~ 9 、東南西北白發中)

で、槓をした牌は 4 枚使いきるため、ドラ表示牌に出てくることはありません。

そのため、槓をした牌がドラとなる、例えば槓したのが『南』でドラ表示牌が『東』となる確率は、種類だけ見ると、  1 / 26 と 4 % 弱ほど。

これだけだと、門前から大明槓するには博打が過ぎるかな、という印象。

すでに他に鳴いている状態であっても、どうだろう?というレベル。

ただし、最低でも自分の手牌は見えているので、純粋に牌の種類での計算通りということはありえません。

残り牌の数から

上画像の時点で 7 ソウを槓するとして、 6 ソウが 2 枚見えている、自分視点で牌が 26 枚見えている(全員の捨て牌、鳴かれている牌、自分の手牌、ドラ表示牌、抜き北)という状況です。

この状態では、槓する牌がドラとなる確率は、 2 / 78 (  1 / 39 )となります。

配牌時、親の第一打目であっても自分の手牌が見えており、局が進むごとに、ドラ表示に出てくるであろう牌の確率は前後していきます。

まず、1 牌種につき 4 枚あるので、 1 / 26 から分子、分母を 4 倍した 4 / 104 がドラ表示に出てくる牌数の計算の基礎として考えます。

ここから、槓した牌のドラ表示牌となる牌が見えていたら、分子を減算

それ以外の牌が見えていたら、分母を減算すると、槓した時点での確率となります。

これならば、終盤に『大明槓もあり』な確率となることはあるかもしれません。

例えば、局が進んで見えている中では 3 / 30 ( 10 %) となったら!

守備派としては状況次第とはいえ、やはり大明槓はしない選択になりそうですが、なくはない?という確率に見えます。

他の要素

例えば、字牌 1 枚目が捨てられた時に、ポンの判断のラグがあったかどうか、などで他の方の手牌に存在するかを判断できます。

分子の方が 3 か 1 かでも雲泥の差ではありますが、分子が 0 になっていると、大明槓は守備力を大きく下げて、打点が符の分だけほんのり UP かも、という、割に合わない鳴きとなるので、気を付けましょう。

狙い目は東!?

他の方の手牌を考えると、三人打ちでは『北』は抜かれていなければ、ほぼ手牌にない、と予想ができます。

ですので、終盤まで『北抜き』が無い場合の『東』の槓はかなり狙い目です!

守備を考えない、考えなくても良い場面なら積極的に大明槓もあり?

実践から槓が発生した時のドラ乗り確率例

事例 1

上画像の状況は、下家(→)が中を切ったところです。

槓した時のもろのり確率は發が見えておらず、見えている牌が 35 牌なので、 4 / 69 ( 1 / 17.25 )。

配牌時から分母しか減っておらず、単純な牌の種類の計算より上になっているので、狙えそうな確率に見えますが、結果は・・・

全部のりました!

結果画像のように、發が誰も持っていなかったこともプラスでしたね。

この場合、重なっている他の牌でも( 5 ソウ、 2 ソウ)がドラとなっても OK なので、という判断だったのかもしれません。

私は下家(→)で、この後、ソウズを全く切れなくなって、一人ノーテンとなってしまいました。

事例 2

上画像の状況は、 8 ピンを自模ったところで、他の 2 人がリーチとテンパイ気配、さらにドラということもあり少し通りずらそうな牌。

また、これでドラ 4 にもなったので、あがりたいので、普通に槓でしょうか?

槓した方から見た時の確率は 1 / 44

普通に厳しいですが、捨てることもできない牌なので、自分でもしぶしぶ槓か、ひとまず通りそうな西を切るかというところ。

ここで槓をしたところ・・・

なんということでしょう・・・!

もともとのドラ 5 がドラ 9 に。

倍満確定、三倍満も見える手になりました。

夢がありますが、直後に下家(→)の私が空気を読まず、ツモりました。

事例 3

上画像は、上の方でも使った画像の状況で、下家(→)からの白を門前から大明槓します。

槓した方から見た時の確率は 2 / 74 ( 1 / 37 )

牌の種類での単純な計算より、そこそこ悪いので、厳しそうに見えますが、結果は・・・

乗りませんでした。

他の重なったところが乗ってもよかったのですが、かすりもせず。

ただ、嶺上牌が有効牌だったので、テンパイは取れました。

なお、私はまたしても下家(→)で、この大明槓に加え、親がピンズの染め模様だったので、ドラ 2 とはいえ引き気味に。

圧をかけて周りを引かせる、という意味で、大明槓は成功だったのかもしれません。

さいごに

槓した牌がドラもろのりは 4 翻が確定 + 何らかの役、なので満貫確定、跳満も現実的。

周りへの圧は相当なものなので、確率云々ではなく、直感的にするのもアリなのかもしれません。

もろのりしなかったとしても、槓だけで圧はなかなかのものです。

メリット・デメリットを考えながら大胆に、そして大迷惑にならない適度な槓ライフを!

なお、タイトルはある動画のオマージュなのですが、急に変わるかもしれません。変わった際はお察しください。

 

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト