【MHライズサンブレイク】新・徹甲榴弾ヘビィ!オルドマキナ・HBを紹介!【ソロ推奨】

 ランク(順位) 召喚術士(22388
 経験値  3,000
獲得バッジ
10記事達成10週連続記事公開

どうも、モンハンライターのyouyouです!

「モンスターハンターライズ サンブレイク」で登場した要素である「傀異化」で、傀異化したモンスターから得られる素材に「傀異化した◯◯」があります。

様々な武器を最終強化するために必要となるそれら傀異化素材を、これでもかと使用して作る固有の武器があることに、みなさんお気づきでしょうか。

「オルドマキナシリーズ」と呼ばれるその武器群は、緑と金を基調としたデザインで、モンハン世界には不釣り合いとも言えるほどに機械的な、非常に美しくもカッコいい外観をしています。

大半は外見重視で、それほど特筆したステータスを持っていないオルドマキナシリーズなのですが、ただ1つだけ高い実用性を持ちつつも異彩を放っているのが、ヘビィボウガンである「オルドマキナ・HB」です!

今回はそんなオルドマキナ・HBの魅力と運用法について詳しくご紹介していきたいと思います。

  1. 新たな徹甲榴弾ヘビィ!
  2. 唯一無二の「歩き撃ち拡散弾」!
  3. スキル構成で取り回しも快適に!

この記事は3分程度で読めますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

オルドマキナ・HB

オルドマキナシリーズのヘビィボウガンで、HBはそのまま「Heavy Bowgun」の頭文字です。

多くの傀異化素材を用いて作るオルドマキナシリーズの例に漏れず、このHBも必要素材は非常に多くなっています。

  • 傀異化した牙×3
  • 傀異化した甲殻×4
  • 傀異化した血×5
  • 傀異化した皮×6

このように、高難度である傀異化クエストを最低でも4、5回はクリアしなければ揃わないほどの数を要求されます。

とはいえ、レア素材が不要という利点もあるので、天鱗素材を使う武器と比較して作成難度が高いというわけでもありません。

ステータス

そうして作ったオルドマキナ・HBの性能はというと…

攻撃力会心率防御力ボーナス装飾品スロット百竜装飾品スロット
3500%0なし
ブレ反動リロード速度拡散弾タイプ特殊弾
左右/大普通水平型機関竜弾

ぱっと見で目を引くのは何と言っても「拡散弾タイプ/水平型」でしょう。

本来ボウガンをその場に置いての曲射射撃しかできない拡散弾を、立ったまま水平射撃できてしまうということです!

他に水平射撃ができるのは「獣王砲ニャーティレリ」だけとなっており、その時点で高い独自性があると言えます。

ここに加えて、オルドマキナ・HBでは以下の弾種が扱えます。

 Lv1Lv2Lv3
通常弾77
貫通弾55
散弾55
放散弾55
徹甲榴弾322
拡散弾322
竜撃弾2

もうお気づきでしょう。

オルドマキナ・HBとは、徹甲榴弾・拡散弾・竜撃弾という肉質無視のダメージを与える弾種の扱いに長けた「爆発系特化型ヘビィボウガン」なのです。

しかも、竜撃弾以外の弾全てが歩き撃ち可能となっています!

特に拡散弾の歩き撃ちというのは上記のニャーティレリにもない唯一無二の性能であり、位置を調整しながらの射撃が可能なのです!

徹甲榴弾

徹甲榴弾でスタンによりダウンを何度も奪う戦法は、前作ライズのヘビィボウガンでは大流行しました。

その煽りを受けて、サンブレイクでは徹甲榴弾のモーション値とスタン値が弱体化されてしまいました。

では、徹甲榴弾でスタンさせる戦法はもうできないかと言うと、そうではありません。

スタン値こそ弱体化しましたが、ことソロプレイにおいては1クエストに3回程度のスタンを奪うことは十分に可能となっています。

モーション値の低下により、徹甲榴弾だけでモンスターを討伐することは難しくなってしまいましたが、オルドマキナ・HBであればダウン中に拡散弾と竜撃弾、さらに機関竜弾を使うことで、マスターランクのモンスターも討伐可能です。

ただし拡散弾、竜撃弾ともに、マルチプレイでは味方も吹き飛ばしてしまうため、使用は推奨されません。

そして、マルチプレイではスタン耐性も上昇しやすくなるため、ますますスタンは取りにくくなります。

それも合わせて、オルドマキナ・HBはソロプレイ専用で使うことが推奨されてるヘビィボウガンと言えるでしょう。

オススメ装備

防具スキル装飾品スロット
ウツシ裏【御面】真

攻撃Lv2

弾丸節約Lv2

業物Lv2

翔蟲使いLv1

クシャナXディール

回復速度Lv3

匠Lv2

装填拡張Lv2

②②
ゴルムアーム

チャージマスターLv1

集中Lv2

②②①
ジャナフXコイル攻撃Lv2④①①
マギュルXライース

チューンアップ Lv1

ブレ抑制Lv2

②②
護石反動抑制Lv2
装飾品
攻撃珠×3/早填珠×3/砲術珠×3/節弾珠/耐衝珠/装填珠
発動スキル
攻撃Lv7/弾丸節約Lv3/回復速度Lv3/装填拡張Lv3/装填速度Lv3/砲術Lv3/業物Lv2/匠Lv2/集中Lv2/ブレ抑制Lv2/反動軽減Lv2/翔蟲使いLv1/チャージマスターLv1/チューンアップLv1/ひるみ軽減Lv1

オルドマキナ・HB用の装備の一例です。

「攻撃」で各弾の火力を上げ、さらに「砲術」で徹甲榴弾のダメージを底上げしています。

「装填拡張」により徹甲榴弾Lv3と拡散弾Lv2とLv3が各3発装填できるようになり、「弾丸節約」で弾の少ない持ち込み量を補う形です。

また、「チューンアップ」を発動していますので、ボウガンのカスタマイズパーツをなしにすることで、徹甲榴弾Lv3のリロード速度を最速にすることもできます。

簡単な護石を想定した構成となっていますので、より良い護石があるなら、スタンを少しでも奪えるように「KO術」を付けたり、「回避距離UP」で生存性を高めるのがオススメです。

立ち回り

基本的な立ち回りはライズの頃から変わりません。

徹甲榴弾をなるべくモンスターの頭に当てるようにし、スタンによるダウンを奪ったら即座に弾を変更し、距離に応じて拡散弾か竜撃弾を使いましょう。

徹甲榴弾を使う際には溜め撃ちを行うことで、少しでも弾の消費を抑えられます。

そのため、入れ替え技に「カウンターチャージャー」をセットしておくのがオススメです。

とっさの防御手段としても、翔蟲の消費が1つですむカウンターチャージャーの方が使いやすいでしょう。

また、拡散弾を使う場合は歩き撃ち可能なのを利用し、モンスターの正面に立つように移動しながら撃てば、スタンから回復した相手に対し、再び頭部に徹甲榴弾を当てやすくなります。

特に戦闘開始直後など、おおよそ3〜4発ほどでスタンが奪えると予想ができる場面においては、事前に機関竜弾に切り替えておくことで、ダウン時に大きくダメージを稼ぐことができます。

各種弾の持ち込み数はどうやっても少ないため、機関竜弾も積極的に使うようにしましょう。

また、いざという時のために各種物理弾を持っていくのも良いかもしれません。

特に、スタンを奪った際に頼りになる散弾を持っていくのがオススメです。

散弾Lv2でも、「攻撃」スキルが最大まで発動していれば、侮れない火力を発揮できます。

それでも弾が切れてしまったという時は、おとなしくキャンプに帰って補充しましょう。

まとめ

ライズの時ほどの圧倒的火力と拘束力こそ失ってしまいましたが、まだまだ徹甲榴弾によるスタンからの追撃という戦法は現役です。

徹甲ヘビィ界に新たに加わったオルドマキナ・HBを、この機会にぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

では、良き狩猟生活を!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト