モンスト×リゼロコラボ キャラ性能

 ランク(順位) 駆け出し冒険者(95376
 経験値  552
獲得バッジ
10記事達成1つのカテゴリーで10記事

この記事では、先日発表されたモンストとReゼロから始める異世界生活のコラボ情報について解説しています。

コラボ情報の中でも今回はキャラ性能について解説していきます。

目次です。

  • ☆6キャラ性能評価
  • ☆5キャラ性能評価
  • 引くべき?引かないべき?

このような内容で解説していきます。

☆6キャラ性能評価

エミリア

撃種貫通
種族亜人
戦型スピード型
HP22391
攻撃力28825
スピード436.93
アビリティ超アンチダメージウォール

超アンチウィンド

超レーザーストップ

ゲージアビリティアンチ減速壁

状態異常底力

ストライクショットアル・ヒューマ

18+4

効果スピードとパワーがアップ

停止後にアル・ヒューマで攻撃

友情コンボクロス分身弾

超強防御ダウンブラスト

ラックスキルシールド

SSの仕様

SSの追撃部分「アル・ヒューマ」の仕様は、遅延効果のある全体追撃を放った後にボスに向かって追撃を放つものになっています。

1段階目2段階目
自強化1.2倍1.25倍
遅延2ターン2ターン
全体追撃攻撃力×0.6×16発攻撃力×0.9×16発
ボス追撃攻撃力×20攻撃力×24

長所

使い勝手の良い超アビリティが3種ついていることでいろんな使い方ができる。

最近高難易度クエストでよく見る減速壁に対応していることから今後の活躍も期待できる。

SSでは全体へ遅延をかけることができる。

短所

少々使い勝手が悪い状態異常底力を所持している。

まとめ

クエストを選ぶことになるが状態異常攻撃をしてくる敵がいるクエストなどでは高攻撃力を持つことも可能である。

この3種のアビセットを持っているもの貴重だが2種ずつで考えるとそこそこの数キャラがいるためその中で争うこととなる。

だが、その中でもこのキャラはトップを張れる性能を持っているため入手をしておいて損ではない。

レム

撃種貫通
種族亜人
戦型バランス型
HP22383
攻撃力30642
スピード382.47
アビリティマインスイーパーL

超アンチ減速壁

友情ブースト

ゲージ倍率保持

ゲージアビリティアンチブロック

状態異常回復

ストライクショット鬼の力

16+8

効果スピードとパワーがアップ

停止後にモーニングスターで攻撃

友情コンボ超強ヨーヨー弾

超強バウンドボム

ラックスキルクリティカル

SSの仕様

SSの追撃部分「モーニングスター」の仕様は、ボスに向かって直線上に飛んでいきボスに向かって1度追撃を行う。

その後、直殴り倍率の乗るものと乗らない範囲乱打を繰り出し最後に割合攻撃を行う。

直殴り倍率が乗るためワンパンが可能。

1段階目2段階目
自強化1.35倍1.6倍
1撃目攻撃力×3攻撃力×4
範囲乱打(直殴りあり)攻撃力×0.84×30発攻撃力×1.12×30発
範囲乱打(直殴りなし)攻撃力×0.15×25発攻撃力×0.2×25発
割合追撃15%20%

長所

SSでワンパンをすることができる。

超バランス型にすることが可能でSSの火力をさらに上げることができる。

状態異常回復やゲージ倍率保持を持っていることでワンパン以外の用途で使用することが可能。

友情コンボの威力もかなり出る。

短所

主要のアンチアビリティの数が少ないこと。

まとめ

SSもワンパンで友情コンボも強いかなり高スペックのキャラとなっている。

禁忌の獄26でもワンパンをすることができるなど高難易度適正ももらっているため大当たりのキャラとなっている。

ラム

撃種貫通
種族亜人
戦型バランス型
HP20967
攻撃力30051
スピード386.10
アビリティアンチ減速壁

アンチ魔法陣

無属性耐性

ゲージアビリティ超アンチ減速壁

ソウルスティール

ストライクショットエル・フーラ

12+12

効果スピードとパワーがアップ

停止後に最初に触れた敵にエル・フーラで攻撃

友情コンボ全敵貫通ロックオン衝撃波3

友スピアップ

ラックスキルクリティカル

SSの仕様

SSの追撃部分「エル・フーラ」は割合攻撃になっている。

1段階目2段階目
自強化1.15倍1.3倍
割合追撃3.3%×5発6.6%×5発

長所

全体的に高水準のステータス。

高難易度クエストで使い勝手の良い割合SSを所持。

味方のサポートに特化した友スピアップを所持。

短所

SSの自強化倍率が低めに設定されているため殴りの伸び幅があまり感じられない。

まとめ

SSの自強化倍率が低いのが短所ではあるがそもそもの火力が高いため使い勝手はかなり良い。

割合SSということで「迅 悠一」と比較してしまうが、「迅」は友情火力も出せる、「ラム」は味方のサポートができるという風に使い分けができる。

☆5キャラ性能評価

クルシュ&フェリス

 

撃種反射
種族亜人
戦型バランス型
HP16127
攻撃力21183
スピード357.83
アビリティアンチダメージウォール

超アンチウィンド

ゲージアビリティ超アンチ減速壁

回復M

ストライクショット百人一太刀

14

効果スピードとパワーがアップ

触れた敵に百人一太刀を放つ

停止後に触れた敵に向かってさらに百人一太刀を放つ

友情コンボトライアングルボム

SSの仕様

初めて敵に触れたとき「百人一太刀」で追撃をし、停止後にさらに「百人一太刀」で追撃をするものになっている。

自強化1.05倍
最初の「百人一太刀」攻撃力×3.33
最後の「百人一太刀」攻撃力×10

長所

誘発をすることができる友情コンボを所持。

SSでの雑魚処理が可能。

スピードアップができるアビリティを2種所持。

短所

今のところ使い所がないのがネック。

まとめ

最近増え始めているアビセットを所持しているためもしかしたら使える時が来るかもしれない。

引けたら育成しておいて損はない。

ベアトリス

撃種貫通
種族妖精
戦型砲撃型
HP17476
攻撃力18165
スピード346.88
アビリティ超マインスイーパーM

友情ブースト

ゲージアビリティアンチ減速壁

SSターンチャージM

ストライクショットエル・ミーニャ

18

効果スピードとパワーがアップ

停止後にエル・ミーニャですべての敵を攻撃

友情コンボ超絶貫通拡散弾EL3

SSの仕様

SSの追撃部分「エル・ミーニャ」は停止後に敵全体に向けて攻撃するものとなっている。

自強化1.1倍
追撃攻撃力×1.6×16発

長所

砲撃型+友情ブーストから出る高火力の友情コンボ。

SSの追撃の威力がかなり高い。

短所

アビセットの汎用性が少し低い。

まとめ

アビセットの汎用性は低いがアビリティを無視してでも連れていける友情威力があるので必ず1体は所持しておきたい。

できることならラックMAXにしておきたい。

引くべき?引かないべき?

結論から言ってしまえば「ベアトリス」は確実に確保しておき次点で「レム」です。

原作やキャラが好きな方はぜひ引いてください。

ですが性能の観点からみると最悪引かなくてもokです。

ワンパンキャラがいるといっても今までのワンパンキャラに比べて使いずらいのが現状です。

それに加えて「レム」と「ベアトリス」以外のキャラは現状使い所がないので無理して追う必要はないように感じられます。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト