青白コン的着想_アイキャッチ

【MTGアリーナ】『神河:輝ける世界』スタンダード:青白コン的着想!

 ランク(順位) 王(6369
 経験値  6,456
獲得バッジ
1記事で1万PVまとめ記事を10記事公開10週連続記事公開50記事達成3つのカテゴリーで10記事攻略記事を30記事公開

 

 

2022年2月11日、『神河:輝ける世界』がMTGアリーナで先行実装されました。

様々なカードの登場に、大いに心躍る方も多いことと思います。

そこで今回は、青白コントロール好きの私アザ・キャストから見た、【『神河:輝ける世界』における青白コン(スタンダード)の着想】をご紹介させていただきます。

  1. 『イニストラード:真紅の契り』までの青白コンの状況
  2. 『神河:輝ける世界』で青白コンに入りそうなカード紹介

こちらの記事は5分程度のボリュームですので、どうか最後までお付き合い願います。

※なお、当記事は「青白コン好き」レベルでの個人の見解ですので、ご承知おきください。

青白コン的改善_リンク用

↑2022年3月31日に続編となる記事も作成しました!こちらもどうぞ!

青白コントロールの現状:『イニストラード:真紅の契り』まで

青白コンデッキ_『真紅の契り』まで

まず、『神河:輝ける世界』が入るまでの青白コントロールの状態を確認しましょう。

(我流のデッキですが、エッセンスは共通していると思います)

青白コントロールの基本戦略

青白コントロールは、以下のような戦略で勝負していきます。

  • 除去とカウンターによって相手の手をさばく
  • さばきつつハンドアドバンテージ(手札)を保つ
  • 大型クリーチャーや特殊勝利でトドメをさす

運命的不在

相手の強力なクリーチャーやプレインズウォーカー(PW)単体を『運命的不在』で除去したり…

雲散霧消

「通したら負ける」と思うカードを『雲散霧消』などで着地前に処理して…

信仰の繕い

『信仰の縛り』や『多元宇宙の警告』で全体除去やフィニッシュ手段を探して…

信仰縛りの審問官

ストームジャイアントの聖堂

最後は『信仰縛りの審問官(兇徒の審判)』や『ストーム・ジャイアントの聖堂』でトドメをさす。

コントロールは動きが遅いので時間はかかりますが、慣れるとクセになりますよ!

青白コントロールの課題:『神河:輝ける世界』リリースによって

耐え抜くもの、母聖樹

そんな青白コントロールですが、『神河:輝ける世界』のプレビューと共に重大な課題が生じました。

それは「従来のフィニッシャーが容易に除去されてしまう」というものです。

テーマが原因

『神河:輝ける世界』では、「未来と伝統」がテーマになっています。

「未来」とはハイテク機器・テクノロジーの発展を表現したアーティファクト、「伝統」とは神河既存の精霊や伝承を表現したエンチャントを指すものです。

つまり、アーティファクトとエンチャントが大量に登場するセットということになります。

すると当然、それらに対する対策カードも刷られますよね?

『耐え抜くもの、母聖樹』

対策カードの中でも群を抜いているのが、『耐え抜くもの、母聖樹』です。

このカードは土地であると同時に、2マナで土地・アーティファクト・エンチャントを破壊することができます。

さらにその効果(「魂力」)は呪文ではないため、打ち消すことが難しいです。

土地のついでに使うことができるため、緑系のデッキは間違いなく『母聖樹』を採用するでしょう。

その上での対策が必要!

上記を踏まえた上で、青白コントロール側は以下のような対策を練る必要があります。

  • 『母聖樹』で割られること前提でフィニッシュ手段を増量する
  • 『母聖樹』の対象にならないタイプ(クリーチャー・PW)のカードで勝負する

次の章では、青白コントロールを強化できる(かもしれない)カードを見ていきましょう。

青白コントロールの改善:『神河:輝ける世界』で得たカード①

勢団の銀行破り

『母聖樹』の登場で窮地に立たされた青白コントロールですが、同時に新たな力も手にしました。

まずは、「『母聖樹』で割られること前提でも強いカード」です。

『勢団の銀行破り』

最初は「機体でしょ?コントロールには関係ないかな…」と思っていたカードでした。

しかし、高橋優太プロの記事を拝見して、その認識が誤っていたと気づかされましたね。

『勢団の銀行破り』は、「アグレッシブになった『精神迷わせの秘本』」です!

ドローもさることながら、後半は自前でパイロットを生成できるのも素晴らしいです。

『永岩城の修繕』

永岩城の修繕

「さすがに悠長すぎるのではないか?」というのが第一印象でした。

ですが、「『母聖樹』を消費させる」という役割を兼ねるには十分なスペックだと改めました。

悠長なのは否定できませんが、裏返ればかつてスタンダードを席巻したカード『オレスコスの王、ブリマーズ』になります。

ともなれば、相手も放置することはできず、貴重な除去を割いてくれるでしょう。

青白コントロールの改善:『神河:輝ける世界』で得たカード②

放浪皇

次に、「『母聖樹』の対象にならないタイプで強いカード」です。

『放浪皇』

発表の瞬間、「こんなPWを待っていた!」と叫びたくなりました(笑)

隙のないタイミングで出せる上、即除去として機能するのが最高ですね。

相手が『放浪皇』を警戒していれば、ターンが返る前に出してトークン展開という動きもできます。

即-2を使用すると忠誠度が残り1になりますが、次の『放浪皇』を構えていきたいですね。

『冥途灯りの行進』

冥途灯りの行進

「かわいいイラストなのに効果がえげつないカード」1号です。

範囲が広い上、代替コストも搭載されているインスタント……弱いわけがありません。

ただし、代替には「白のカードかつ追放」という条件があるのには注意しましょう。

前半は代替コスト込みで、後半はマナでという使い方をしていきたいです。

『告別』

告別

「かわいいイラストなのに効果がえげつないカード」2号です。

「1つ」ではなく「1つ以上」であることが、多くのプレイヤーを驚愕させました。

言うまでもなく強いですが、コストが高いので1~2枚採用となりそうですね。

『皇国の地、永岩城』

皇国の地、永岩城

『母聖樹』と同サイクルで、白に与えられた魂力土地です。

現スタンダードでは、『黄金架のドラゴン』をはじめ有力なクリーチャーを討ち取ることができます。

3マナ立てることで、相手の手を止める要因にもなれますね

ただ、『伝説の土地』ですので、場には1枚しか出せないことをお忘れなく。

さいごに

MTGA_NEOトップ画面

今回は、【『神河:輝ける世界』における青白コン(スタンダード)の着想】をご紹介させていただきました。

最後にポイントをおさらいしましょう。

  • 青白コントロールの基本は「①さばく ②手札を保つ ③大型でキメる」
  • 『耐え抜くもの、母聖樹』は青白コントロールにとって無視できない脅威である
  • 『神河:輝ける世界』で得たカードを用いて、強化を計る

前環境までは存在感が薄かったですが、今回強化されたのでメタに上ってくるかもしれませんね。

今回ご紹介したカード以外に「これ強いよ!」というものがあれば、ぜひTwitterで教えてください!

【MTGアリーナ】『神河:輝ける世界』スタンダード:青白コン的改善!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

アザ・キャスト
ゲームとお酒と猫が好きです。好きなゲームはカードゲームで、学生時代には「MAGIC:The Gathering」にドハマりしていました。最近プレイ中のゲームは「MTGアリーナ」と「Fate/Grand Order」です。「はじめての人にわかりやすく」「好きな人がもっと好きになる」をモットーに執筆をしておりますので、どうぞよろしくお願いします。個人ブログ:https://uzomuzo.net/