『NieR Replicant ver.1.22』全ルートクリア勢が考える攻略⑥

 ランク(順位) 村人(179368
 経験値  138
獲得バッジ

前回までの攻略について

前回の記事では、ロボット山で武器を強化してもらい、武器屋の兄弟の母親探索まで終えました。

今回は崖の村の大型マモノに再戦しに行こうと思います。

今回の記事をざっくりまとめると

  • ボス : フック(2回目)
  • カイネの加入
  • さいごに

この記事は5分で読み終わりますので気軽に読んでいってくださいね!

再び崖の村へ

武器も強化してもらったことで、崖の村の大型マモノに少しは通用するようになったはずです。

回復アイテムなどに不足がなければそのまま崖の村に向かいましょう。

崖の村に向かう途中のカイネが住んでいる小屋付近で、シールドを張ったマモノとカイネが戦っています。

シールドマモノには魔法が通用しないので、武器で直接攻撃しましょう!

殲滅するとカイネが同行してくれるようになります。村の方にもマモノが現れたようなので倒しに向かいましょう!

村の入り口にあるセーブポイントは今は使えません。ボス戦でゲームオーバーになっても、そこからリスタートができるので安心しましょう。

ボス : フック(2回目)

崖の村に入ると大型マモノのフックが現れます。

基本的な動きは1回目の戦闘の時と同じなので、左右どちらかの前足を攻撃しましょう。

一通り体力を削ると、フックは村の家を破壊しながら移動を始めます。

カイネと協力して追い詰めましょう。

村のあちこちにシールドマモノが配置されているので、接近戦で倒しながらフックを追いかけましょう。

フックのいるところにたどり着くと、ちゃっかり民家を尻尾で掴んでいます。

人質がいそうで怖いですが、持っている民家から次々と小型のマモノを排出してくるので、すぐに破壊してしまいましょう。

フックの体力を減らすと次のフェーズに移行です。

今度は崖の壁面に張り付き、小型のマモノを配置してきます。

横スクロールアクションのように切り替わりますが、黒の弾で小型のマモノを殲滅するだけで次のフェーズに移ります。

配置されている木箱の中に薬草や植物の種が入っているので、焦らず回収してから進みましょう。

黒の手による渾身の左フックが決まり、たまらず移動するフック。ややこしいですが他意はありません。

移動したところに先回りしてもらったカイネと追い詰めましょう!

フックの体力を減らしたところで、好機とみてカイネが突撃、ですが逆にブレスを浴びてしまいます。

朦朧とするカイネに、フックがカイネのおばあちゃんの声で語り掛けます。

甘言でカイネを惑わしていく中、カイネはその声が偽りだと確証するセリフを聞き取ります。

カイネが子供のころから村で迫害を受け、何度も打ちのめされているのを助けてきたのがお婆ちゃんなのですから…

そのセリフを聞いてカイネは放送禁止ワードを連発しながら反撃に出ます!

※ピーの中に入るワードはおそらく皆さんが想像しているアレです。

ここからはフックも本気になったのか、行動パターンを変化させてきます。

前足での衝撃波、小型マモノの召喚、電撃をまといながらの突進などを繰り出してきます。

電撃をまといながらの突進が厄介で、ダメージも大きいことに加えて、吹き飛ばされて崖下に落とされることが多々あります。

両方にダメージ判定があるので、帯電状態になったらすぐに敵の左右どちらかに寄りましょう。

足にかすっても当たり判定があるので、念のためにガードしておいた方がいいでしょう。

体力を削りきるとようやくフィニッシュです。

柱に串刺しにしてしまいましょう!

イモリの黒焼きみたいになってしまいましたね…これでもう復活することはないでしょう!

カイネを仲間に

無事にフックを倒しましたが、村の遠くでカイネが倒れており、様子が変です。

白の書が言うには、あのまま死ぬつもりではないかとのことです。

時間制限などはありませんが早く助けに行きましょう!

お婆ちゃんの仇を取り、生きる意味をなくしてしまったカイネ…

やはりフックに対しての執着は、お婆ちゃんを殺されてしまったことへの恨みからでした。(2週目でこのお話の補足がされます)

そのまま死を選ぼうとしているカイネに必死に呼びかけます。

もう自分たちは仲間になったのだから、一緒に旅をしようと…

仲間の為に死ぬことこそ、剣士の本望なのだと白の書も柄にもなく説得します。

ニーアと白の書の語り掛けにより、再び生きる意味を見つけたカイネ。

こうしてカイネを正式な仲間として迎えることができたのでした!

※イベント終了後に、新たな魔法である黒の幻影を覚えます。雑魚敵の殲滅や、通常攻撃の間に使うことでコンボに繋げられるため、非常に便利です。

さいごに

仲間になったカイネにヨナの黒文病について話すと、ニーアが知らない情報を知っているようです。

砂漠の奥地にある仮面の街というところの王様が、黒文病の治療法を研究しているようです。

そのまま進めたいところですが、今回の攻略記事はここまでです。

気になる方は是非ご自分でプレイしてみて下さいね!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

Inuba_Soushi
Inuba_Soushiと申します。

主にRPG色の強いゲームを好んでプレイしてます。

いやぁ…ゲームって…本っ当に…いいものですね。