第1話:現役ゲームプランナーがレビューする「ワンピースワールドシーカー」~チョッパーを探せ~

 ランク(順位) 神Lv23(2384
 経験値  14,180
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

ゲームプランナー×ワンピースオタク×ワンピースワールドシーカー

今回遊ぶゲーム

今回は、PS4で発売中の「ワンピースワールドシーカー」をゲーム業界人が実況レビューします!

本日のゲストは、現役のゲームプランナーであるウッチーさん

そして、ワンピースオタクのなっちゃんさんをお迎えして、第1話の「チョッパーを探せ」をクリアするまでプレイします!

現役ゲームプランナーの目線でのウッチーさんの解説にも注目!

ちなみに、今回の実況レビューではこんなことがありました!

  • オープンワールドになったワンピース!
    バトルは爽快!だが『テイクダウン』などルフィぽくない行動も!?
  • 『見聞色の覇気』をうまくシステムに落としこんでいる
  • ターン制のようなバトル、宝箱の開けにくさなど気になるところもある

この記事は5分で読み終わりますので、最後まで読んでって下さいね!

こちらの記事もオススメ

[clink url=”https://chara.ge/onepiece/game-planner-plays-one-piece-world-seeker-kohaku-port-pirates-sunny/”]
[clink url=”https://chara.ge/character-game-reviews/animal-crossing-review-parent-and-child/”]

今回レビューする人

プランナーウッチー
ゲームプランナーとして、ゲーム開発にかかわっている「ウッチー」です!
主に、家庭用ゲームのソフト、特にバトル物のゲーム開発に携わっています。
プランナー目線で「ワンピースワールドシーカー」のレビューをしていきます!
なっちゃん
ワンピースオタクの「なっちゃん」です!
ワンピースオタク目線で「ワンピースワールドシーカー」のレビューをしていきます!
プランナーウッチー
ちなみに、ボクは原作「ワンピース」の大ファンで、連載開始から週刊少年ジャンプで欠かさず読んでるんですよ!
なっちゃん
おお~、気が合いますね!(笑)
プランナーウッチー
実は、一時期はハマりすぎて、ゾロとサンジが「お互いの名前を何回言ったか」とかカウントするほどでした(笑)
あと、電車で利用しているICカードは、劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』コラボバージョンです!
なっちゃん
ガチじゃないすか!(笑)

開発は「ガンバリオン」!

なっちゃん
ちなみに、このワールドシーカーは、福岡のゲーム会社『ガンバリオン』さんが開発に携わってますね!
プランナーウッチー
そうそう!
この「ガンバリオン」さん、ワンピースのゲームにおいて、かなりの実績がありますよね。
安心感がハンパじゃない!
なっちゃん
ですね!
私も、『グラバト』や、『アンリミテッド』シリーズは、かなりの時間プレイさせていただきました~!

ワンピースワールドシーカーをプレイ!

プランナーウッチー
では、さっそくプレイしていきましょうー!
なっちゃん
ゲームを起動すると早速ムービーですね
何の曲ですかね…これ?
プランナーウッチー
BGMが、まさかの「ケツメイシ」!(笑)
なっちゃん
www
プランナーウッチー
テンション上がります(笑)
プランナーウッチー
ただ、バトルシーンでは、ぜんっぜん曲調と合ってませんね!(笑)
曲ありきで作られていると思うんで、しょうがないんでしょうが
なっちゃん
でも、ルフィが街中を縦横無尽に飛び回っていて
これが自分でもできるかと思うとワクワクが止まりませんね~!

チュートリアルをやりつつ最初の町へ

なっちゃん
ゲームスタートすると、いきなり衝撃な展開というか、いきなり大ピンチ(笑)
プランナーさんからすると、いきなり、ピンチな展開にすることで、ゲーマーを一気に没入させる手法なんですか?
プランナーウッチー
まあ、衝撃的な展開から始めると引き込まれますよね
ドラマの1話とか、アクション映画の冒頭とかにお金かけるというのありますし
なっちゃん
ほ~、なるほど~
そういえば、「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」の冒頭も衝撃で、ドキドキしたの覚えてます!
プランナーウッチー
お!
なんやかんやあり、最初の島に到着しましたね!
プランナーウッチー
「移動」「視点」「ダッシュ」など、親の顔よりよく見た定番のやつが続きますね
なっちゃん
確かにwww
プランナーウッチー
思い返してみると、数年前頃から、「ゲーム内で操作を覚えさせる」というのがトレンドになった気がしますね。
だんだんと説明書がなくなってきて、今ではある方が珍しいですよね
なっちゃん
たしかに、私世代だと説明書って何だろうって思っちゃうかも
プランナーウッチー
分厚い辞書みたいな攻略本とか馴染みないでしょ!?
なっちゃん
なんですか、ソレw
て、あ!
分厚い攻略本、「どうぶつの森」のやつ買いましたよ!
プランナーウッチー
若い人も分厚い攻略本とか買うんだねー!w

ルフィの移動に違和感を覚える

プランナーウッチー
チュートリアルが進むんですけど、ここで…
あれ!?なんだろう…
移動がしっくりこないというか、なんか違和感???
なっちゃん
なんですか?
プランナーウッチー
操作に「重たさ」みたいなのを感じるんだよな…
ルフィに重しがのっかってる感じ?

最初のバトルへ!簡単に派手なコンボが出せる

プランナーウッチー
バトル自体は、□ボタンを連打するだけで、ルフィがいろんな技を出してくるのは爽快だな~!
なっちゃん
ただ、こっちが攻撃する前に、いきなり銃を乱射されたようですけど!(笑)
プランナーウッチー
たしかに、「最初のバトルなんだから、プレイヤーに気持ちよく倒させてくれてもいいのに…」と思いますね(笑)
というか、そこらへん結構気にしてますね。

ガイドが超便利!

プランナーウッチー
オープンワールドでは一般的ですが、ワールドシーカーにも、次の目的地を示すガイドが表示されてるね
なっちゃん
これが超便利ですよね!
アンリミテッドクルーズ」の砂漠で迷ったのが、遠い昔のよう…
プランナーウッチー
それがあるからこそ、この進化に感動しますw
なっちゃん
分かりますw

一撃必殺テイクダウン!でもルフィっぽいかと言われると…

プランナーウッチー
ここで新システム「テイクダウン」が解禁されたねー!
敵に気づかれずに、一定距離に近ずくことで発動できる「一撃必殺の攻撃」らしいです!
なっちゃん
とても面白いと思うのですが…
私のルフィに抱くイメージが「真正面から敵集団のど真ん中に突撃し、無茶苦茶暴れまわる
という感じなので、ちょっと違和感ありますね(笑)
プランナーウッチー
たしかに、「背後から静かに忍び寄り、無防備な敵に一撃を喰らわせる」という、メタルギアっぽいシステムに少しギャップを感じますね
なっちゃん
ゲーム的には、攻め方が2つあることは面白いですけど、原作好きからは「ん?」っと一瞬思ってしまいました(笑)

タルに潜む!こっちも違和感

なっちゃん
これも、テイクダウンとまったく一緒の理由で、違和感があります(笑)
プランナーウッチー
では、流します!(笑)

「ソーギョク町」から『チョッパー』

なっちゃん
さて、「ソーギョク町」に到着すると、いきなり因縁をつけられましたね
プランナーウッチー
なんか名前に「反海軍派」ってついてますね
今後そこらへんで何かありそう!
なっちゃん
ルフィも、「やんのか?」と物騒な雰囲気に!
あ、ジャンヌが登場♡
プランナーウッチー
(めっちゃ足なげぇ…)
なっちゃん
ここで得られた情報は
・島のあちこちに海賊が現れて、何か探している模様
・海賊に襲われた人たちを、チョッパーが助けた模様

ということですね!
プランナーウッチー
じゃあ、近くにチョッパーがいるようなので、向かいましょう!

『見聞色の覇気』で周辺をサーチ

プランナーウッチー
チョッパーを探す過程で、新システム『見聞色の覇気:感知』が解禁されたね
なっちゃん
使用すると、周囲の敵やオブジェクトが、緑や黄色など色がつき、分かりやすくなるんですね!
これは便利~!
プランナーウッチー
これは、死角になっている部分も透過して表示されるので、今後どういう風に使っていくか少し期待ですね!
早速使ってみまーす
なっちゃん
建物の中にいる『チョッパー』がハッキリと見えますね~
プランナーウッチー
見つけたのはいいですが、助ける前に、周囲の海兵を倒せとのことです(笑)
なっちゃん
さっき覚えた「テイクダウン」が大活躍ですね
プランナーウッチー
一撃で倒せるのは気持ちいいな~!
なっちゃん
…あ、第1話終わったみたい!
プランナーウッチー
スキルポイントをゲットしたっぽい!
なっちゃん
このポイントを使用して、いろんな「能力」や「技」が覚えていけるみたいですね
プランナーウッチー
個人的に、こういうポイントをためて強化していくという要素大好きなんですよー
俄然モチベーションが上がる~!
なっちゃん
分かりますw

プランナー視点で気になるところ!

なっちゃん
ちなみに、プランナー視点で気になる所とかはあります?
プランナーウッチー
操作して最初に感じた「ダッシュした時の重たさ」ですかね?
原因は、慣性がつきすぎているからだと思うんです。
左に向かってる途中で、右にサッと向きを変えて走りたいのに、そういかないもどかしさ。
180度近い方向転換であれば、スキのでかい急停止が出ます。
なっちゃん
なるほど~。プランナーっぽい目の付け所!
プランナーウッチー
と言っても、他のゲームであれば、全然気にならなかったしれないですね
なっちゃん
ウッチーさんの中の「ルフィの動き」との間にギャップが生まれていたのかもしれないですよね。
もちろん、私の中のも(笑)
プランナーウッチー
あー、それはあるかも!
でも、もう少し機敏に動いてくれた方が、気持ちいいなあと感じるよね(笑)
あと、少しだけ動きたいときも、「タッタッタ」て歩いてしまうので、微調整がムズいな~って!

宝箱が開けにくい!

プランナーウッチー
あとは、宝箱かな~!
なっちゃん
あー、めっちゃ開けにくかったですね!本当に!
プランナーウッチー
正確に宝箱の正面に立って、宝箱の方に向かないと開けられない(笑)
なっちゃん
ここでボタンを押しても、「え!?ダメなの?」って感じ(笑)
プランナーウッチー
さっきの移動のことと相まって、「慎重に場所の調整をしないといけないのに、慣性で思うようなところに行かない」と、難度上がってるな~って思うよね
なっちゃん
もう、一定範囲に入ったら開けられていいじゃん!って思いましたw
なっちゃん
もしかして、『壁越しとか、障害物越しに開けられないようにするため』とかですか?
プランナーウッチー
確かにその場合、範囲を狭めるのが一番楽で速い対応かもしれないよね!
でも、感じるストレスや宝箱を開ける回数を考えると、多少手間をかけても良かったんじゃないかなと思ってしまうよね(笑)

ターン制バトルなのか!?

プランナーウッチー
なんか、攻撃中や攻撃後に、めっちゃ攻撃受けるのも気になったんですよね。
ザコ敵にコンボを当てるのは爽快なのですが、その最中に攻撃を受けやすいんです。
なっちゃん
ほほ~
プランナーウッチー
理由はいくつかあると思いますけど
・敵の攻撃頻度が高い
・敵の構えから、攻撃までの時間が速い
・敵の行動が読めない
・ルフィの攻撃後のスキがでかい
・吹き飛ばした敵の無敵時間が長い

って感じかな~と
なっちゃん
相手が複数人だと、攻撃中に他の敵がルフィを攻撃してくることが頻繁にありますよね
プランナーウッチー
そうそう。
ルフィは、攻撃のスキが大きいので、避けようがないですからね。
やはり「ザコ敵は気持ちよく倒させてほしいなあ」と思いますね。
敵AIの調整については、CEDECなどで、色々と講演がありましたが
「強い」だけの敵は面白くありません。
なっちゃん

歯ごたえの中にも、プレイヤーがいかに気持ちよく倒させるかがキモになりますよね

プランナーウッチー
「わざと隙を作る」とか、「攻撃パターンを作り、プレイヤーが攻略できるようにする」とか…
これまでのバトルで見ると、敵自体は連動せずに、個別にルフィに対して、攻撃するかを一定時間毎に判断し、行動している感じ。
バトルに関して、あまり攻略している感はないですよね。
なっちゃん
前作ワールドRのように、攻撃中でもとっさに回避ができるシステムがあれば…
もっと気持ちよさはあったかもしれませんね!

第2回へつづく!

プランナーウッチー
まだまだ始まったばかりで、批評するには早いかもしれませんが、現状気になった点はいくつかありましたね!
なっちゃん
そのようで(笑)
プランナーウッチー
もしかしたら「スキル」を覚えていけば、かなり快適になるのかも?と淡い期待もあります。
なっちゃん
まあ、まだ大都市も行ってないですし
プランナーウッチー
ゴムゴムのロケット」も覚えてないしね!
なっちゃん
そこら辺から移動が楽しくなるのかもしれませんね!
プランナーウッチー
では、また次回もお楽しみに!
なっちゃん
バイバイ~

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA