【ポケマスEX】チャンピオンバトル制圧!困ったときの攻略法3選

 ランク(順位) 傭兵(117374
 経験値  377
獲得バッジ
10記事達成1つのカテゴリーで10記事攻略記事を10記事公開1記事で1万PV

チャンピオンバトルで困ったときの戦法は?

ポケマスでは毎週更新されるチャンピオンバトル。

このモードは上級者向けのバトルコンテンツなっており、四天王やチャンピオンを倒すことができれば都度報酬をゲットすることができます。

ただし上級者向けコンテンツなので難易度が高く、抜群をとれるメンバーを選んでも勝てないこともあるでしょう。

そこで筆者はゴリ押しとも言える「搦め手戦法」を使いまわし、エリートモード7,500ptを何とか毎週クリアしています。

この記事では筆者十八番の汎用性の高い戦法3選をご紹介します。

ご紹介するのは下記3通りです。

  1. 「もうどく+バインド」のハメ殺し戦法
  2. 「ねむり+(バインド)+攻撃性能デバフ」の活動封じ込め戦法
  3. 「こおり+素早さデバフ」のスロウ化戦法

この記事は5分で読めますので、最後までお付き合いください。

 

「もうどく+バインド」でハメ殺し!

ゴリ押し戦法その1は「もうどく+バインド」のハメ殺しです。

適性メンバーは?

この戦法で外せないキーメンバーとなるは「アザミ&ハブネーク」です。

2021年8月現在、もうどく付与技とバインド付与技の両方を持つバディーズはこの1組のみとなっています。

彼女らの脇を固めるのは防御に優れる面々がいいでしょう。

特に1組は壁としてチームを守らせ、もう1組は回復に徹する役目であると望ましいです。

筆者の場合、壁役はこのあたりから選出しています。

  • マジコスグリーン&カメックス
  • ミカン&ハガネール
  • ヒカリ&ドダイトス
  • ネズ&タチフサグマ
  • プラターヌ&ゼルネアス

【ポケマスEX】マジコスグリーン&カメックスを徹底解説

回復役はこのあたりの陣営に適性があります。

  • フウロ&スワンナ
  • ホップ&ザマゼンタ
  • カキ&ガラガラ
  • リーフ&イーブイ

なお筆者の場合は壁役は固定していませんが、回復役にはリーフ&イーブイを付けることが多いです。

具体的な戦い方は?

この戦い方は相手の自滅を誘う戦法です。

戦闘が始まって真っ先にハブネークの「どくどくのキバ」で相手センターに猛毒を入れに行きます。

成功したら次に「まきつく」でバインド化させましょう。

あとはサイドに猛毒とバインドを付与させればOKです。

ちなみに筆者は相手センターに状態異常を仕掛けた後は必ず両サイドの猛毒状態を狙い、毒を入れたら順番にバインド化させています。

もうどく+バインドにさせることさえできれば、あとは守りに徹するのみ。

こちらは壁役のバディーズで防御を固め、HPが減ったら都度回復です

防御を固めている間に相手センターのバインドが外れることがありますので、外れたら即バインドかけなおしてください。

エリートモードのオプションは何を付ける?

「HP上昇系」と「防御&特防上昇系」を全て付け、余裕があれば「つよさ上昇系」を選択しましょう。

相手の自滅を誘うので、状態異常付与以外はこちらから攻撃を仕掛ける必要性はほぼありません。

「ねむり+(バインド)+攻撃性能デバフ」の活動封じ

この戦法は相手に行動をさせず、攻撃を受けても最低限のダメージをもらいながら戦う戦法です。

適正メンバーは?

この戦法でのキーメンバーは「セレナ&マフォクシー」です。

「さいみんじゅつ」が強力で、彼女らがいなければ成り立ちません。

縛れる時間は少なくなりますが「コトネ(20シーズン)&プリン」を☆6EXにしてB技を決めるのもアリです。

他のメンバーはデバフ要員は必ず1組投入し、もう1組には任意のアタッカーを選出します。

オススメのデバフ要員例はこちらです。

  • アイリス(チャンピオン)&サザンドラ
  • ビオラ&アメモース
  • カリン&ヘルガー
  • マオ&アマージョ
  • オーキド&ミュウ

特にオススメしたいのは2種の攻撃性能デバフができる「アイリス(チャンピオン)&サザンドラ」ですが、いない方がほとんどでしょう。

そこで、相手全体に1度で特攻デバフを振りまける「ビオラ&アメモース」を推します。

確実に攻撃性能に下げられませんが「オーキド&ミュウ」も選択肢としてはアリです。

アタッカーは抜群を取れるバディーズか、ゴリ押しができるバディーズがオススメ。

ゲットしていればですが「マジコスダンデ&ムゲンダイナ」もゴリ押し要員の候補でしょう

相手からのB技を受けても1度だけ半減もできる優秀な性能を搭載しています。

【ポケマスEX】マジコスダンデ&ムゲンダイナを徹底解説

 

具体的な戦い方は?

初手でマフォクシーの「さいみんじゅつ」を選択します。

眠らせた後は「ほのおのうず」で1体ずつバインド化させていきます。

マフォクシーは起きればまた眠らせての繰り返しをしていけばOKです。

相手が眠っている間にデバフ要員でデバフを振りまき、アタッカーでじわじわとダメージを与えていけば勝てるでしょう。

また、マフォクシーにポテンシャル「特攻ダウン無効」が付いていれば「オーバーヒート」を連射してもいいでしょう。

エリートモードのオプションは何を付ける?

特に指定はありませんが、「状態異常無効」と「能力ダウン無効」だけは選んではいけません。

それ以外であれば何でもいいのですが、筆者は「つよさ上昇系」と「HP上昇系」を選択しています。

「こおり+素早さデバフ」のスロウ化戦法

この戦法は氷状態で相手の行動を封じ、さらに素早さデバフで行動頻度を落とす戦法です。

先ほどの「ねむり+バインド+攻撃性能デバフ」の亜種と考えてください。

適正メンバーは?

この戦法のキーメンバーは「ゲーチス&キュレム」です。

実用化させるにはボード強化で「こごえるせかい」の「相手に技後こおり付与2」を解禁する必要があります

「ゲーチス&キュレム」とセットで「ヤナギ&ジュゴン」を採用すれば、素早さバフをかけてくる相手にも対応しきれるでしょう。

こちらのデバフ要員を使用してもOKです。

  • アイリス(チャンピオン)&サザンドラ
  • ビオラ&アメモース
  • カリン&ヘルガー
  • マオ&アマージョ
  • オーキド&ミュウ

ただキュレムには「おたけび」でデバフをかけられる性能が搭載されていますので、デバッファーの代わりにアタッカーを選出するのもアリです。

最後の1組は回復要員を採用すると耐久性が増します。

  • フウロ&スワンナ
  • ホップ&ザマゼンタ
  • カキ&ガラガラ
  • リーフ&イーブイ

この戦法での主砲はキュレムの「こごえるせかい」でゲージ4つ消費します。

素早さバフがかけられる「フウロ&スワンナ」や「カキ&ガラガラ」が使いやすくてオススメです。

「リーフ&イーブイ」もB技でバフがかかりますので、こちらの採用も検討してもいいでしょう。

具体的な戦い方は?

基本的にはこおり付与性能をつけた「こごえるせかい」をキュレムに撃たせまくります。

「こごえるせかい」は基本性能で必ず相手に素早さデバフがかかるので、ひとまずは素早さデバフを狙って連射です。

氷状態になった隙に「おたけび」やデバフ要員でデバフをかけたり、アタッカーでダメージを与えたりしましょう。

エリートモードのオプションは何を付ける?

「ねむり+バインド+攻撃性能デバフ」の亜種ですので、基本的にこれと同じ戦略でオプション付けしてください。

くれぐれも「状態異常無効」と「能力ダウン無効」は選んではいけません。

さいごに

キャラクターが集まってくれば弱点をつく正攻法でチャンピオンバトルの攻略はできるでしょう。

しかし、運よく強力なキャラクターが集まってくるとは限りません。

今回は正攻法で勝てない時に試せる攻略法3選のご紹介をしましたので、使えそうなキャラクターがいればお試しください。

特に最後にご紹介した「スロウ化戦法」は2021年8月末時点で配布中の「ゲーチス&キュレム」だけでほとんど成り立ちます。

また、壁役最強クラスの「プラターヌ&ゼルネアス」も同時配布中です!

ポケマスを始めるなら今がチャンスですよ!!

【ポケマスEX】マジコスダンデ&ムゲンダイナを徹底解説

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト