【アニメポケットモンスター最終回記念】サトシのポケモンをゲーム視点で振り返ってみた【ベストウイッシュ編】

 ランク(順位) 神 Lv.20(2421
 経験値  34,076
獲得バッジ
スキルバッジ:一定の記事数に到達すると獲得開拓者バッジ:一定のカテゴリー数を達成すると獲得探究者バッジ:一定の攻略記事を投稿すると獲得分析者バッジ:一定のレビュー記事を投稿すると獲得学者バッジ:一定のまとめ記事を投稿すると獲得富豪バッジ:一定の合計PV数に到達すると獲得殿堂バッジ:総合ランキングに一定回数入賞すると獲得ランキングバッジ:月間PVランキングに一定回数入賞すると獲得神バッジ:神ランクに到達すると獲得

サトシのポケモンをゲーム視点で振り返ってみた【ベストウイッシュ編】

2023年3月24日、アニメポケットモンスターの歴史に幕が下りました。

みなさんは約26年という長きに渡る歴史で登場したサトシのポケモンたちをご存知ですか。

サトシのポケモン一覧というのはネット上に山ほど転がっているかと思うので、本記事では、これまで登場したサトシのポケモンたちをゲーム視点で振り返ってみようかなと思います。

  1. ケンホロウ
  2. ミジュマル
  3. チャオブー
  4. ツタージャ
  5. ズルッグ
  6. ハハコモリ
  7. ガマガル
  8. ガントル
  9. ワルビアル

※5分ほどですべてお読みいただけると思います。

ケンホロウ

ポケモン解説
 

 

ケンホロウ

「ケンホロウに決めました!」

アニメではそんな無慈悲な解雇通知をされたケンホロウですが、対戦ではどうでしょうか。

ケンホロウはムクホークやファイアローのように素の火力で圧倒するというよりは、特性きょううん・ピントレンズを生かした「確定急所型」が有名であるかと思います。

また、序盤鳥には珍しく「さいみんじゅつ」「ねがいごと」「あさのひざし」といった変化技を覚えられることがアイデンティティであり特徴です。

ミジュマル

ポケモン解説
ミジュマルアニメではコミカルな性格だったミジュマル。

みずタイプでありながら、ひこう技・かくとう技・あく技・むし技といったさまざまなタイプを覚えられることが特徴です。

また、進化前でもアクアジェット・アンコール・つるぎのまい といった優秀な技をいくつか覚えられるので、進化前のポケモンの中でも比較的優秀と言えると思います。

チャオブー

ポケモン解説
チャオブーチャオブーは進化前ながら、H種族値が90あり、ぼうぎょ・とくぼうもエンブオーと10しか変わりません。

エンブオーとの一番の違いは夢特性にあり、エンブオーが「すてみ」である一方、ポカブ・チャオブーは「あついしぼう」という明確な差があります。

ツタージャ

ポケモン解説
 

ツタージャ

ツタージャは進化前のポケモンの中でもひときわ強力なポケモンです。

その理由は夢特性あまのじゃく から繰り出される「リーフストーム」にあります。

高火力のリーフストームは相手に大きなダメージを与えられるだけではなく、使用するたびにとくこうを2段階上げてくれるからです。

 

ズルッグ

ポケモン解説
ズルッグしんかのきせきズルッグ。

ポケットモンスターウルトラサン・ウルトラムーンまでの対戦環境でごく稀に見たことはありませんか。

このズルッグがどのような型で使われるのかと言うと、てっぺき・ドわすれ などを積んで「ねむる」で回復、特性だっぴ で素早くねむり状態から回復するというのが主な使われ方です。

ハハコモリ

ポケモン解説
ハハコモリハハコモリは実はサトシがバタフリー以来に捕まえたむしタイプのポケモンです(手持ち期間が1話にすら満たないスピアーは除く)

ハハコモリは種族値はこそひかえめですが、そこそこ高いすばやさで、ねばねばネットを使用した起点作りができることが強みです。

ガマガル

ポケモン解説
ガマガルガマガルはサトシのポケモンの中では珍しく、最初から進化系でゲットされたポケモンです。

対戦では耐久型として使用され、ねっとう・どくどく・ねむる を生かして立ち回る型が見られました。

ガントル

ポケモン解説
ガントルギガイアスの特性のひとつがすなあらしである一方、ガントルはくだけるよろい という相違点があります。

特性くだけるよろいが発動したガントルは最速であれば、最速霊獣ランドロスまで抜くことができるので、一考の余地はあるのではないでしょうか。

ワルビアル

ポケモン解説
ワルビアルかつては特性じしんかじょう を生かしたこだわりスカーフやきあいのタスキが多かった印象がありますが、昨今はどなたが流行らせたのかはわかりませんが、でんきだま+なげつける、ステルスロック、がんせきふうじ で起点作りをしてくる型主流である気がします。

フェアリータイプの増加、メガシンカ・ダイマックス・テラスタル といった要素の登場が主な原因ではないでしょうか。

【まとめ】サトシのポケモンをゲーム視点で振り返ってみた【ベストウイッシュ編】

  • ケンホロウ・・・純粋な火力ではなく、一風変わった火力補強ができる
  • ミジュマル・・・アニメでの愛されキャラ、さまざまなタイプの技を覚えられる
  • チャオブー・・・特性によりエンブオーとの明確な差別化ができる
  • ツタージャ・・・進化前でも十分な力を秘めている
  • ズルッグ・・・積み技と特性を生かした立ち回りが得意
  • ハハコモリ・・・ねばねばネットによる起点作りを警戒しよう
  • ガマガル・・・ねっとう・どくどくによる耐久型を使用するプレイヤーもいた
  • ガントル・・・実はギガイアスと異なる特性がある
  • ワルビアル・・・かつてはアタッカーとして、現在は起点作り型として使用されている

以上、アニメ「ポケットモンスターベストウイッシュ」イッシュ地方のサトシの手持ちの紹介でした。

次回は「XY編」をお届けします。

見た目は地味だけど、超クセになる沼ゲー! 脳汁全開の爽快ローグライクアクションゲーム

月に何本もゲームをプレイしている編集部がおすすめのゲームをご紹介するコーナーです!

今回紹介するのは、『Vampire Survivors』ライクなサバイバーアクションゲーム「ひまつぶしサバイバー」。

『ひまつぶしサバイバー』は、大量に迫り来る敵を次々になぎ倒していくシンプルで爽快感のあるゲームです。

プレイヤーができる操作は、キャラクターを動かすだけとシンプル。

本作では持っている武器が自動で使用されるため、プレイヤーは移動だけに専念できるわけです。

とはいえ、敵は大量に襲ってくるため、ふつうに動かしているだけでは押しつぶされてしまいます。

そこで重要になるのがコインスキル強化

敵を倒し、コインを手にいれることで武器やスキルが解禁されていきます。

これにより、武器を解禁したり、最大HPや防御力、移動速度などのスキルアップしたりと、自分好みに育てることが可能です。

最終的には、雷やらレーザーやら隕石やらの脳汁全開のはちゃめちゃバトル!!

中世の世界観で繰り広げられる爽快ローグライクアクションゲーム。

通勤時間、レストランの待ち時間、デートの待ち合わせ…

タイトル通り、3分あればサクっと"暇つぶし"で遊べる手軽さがウケています。

かわいい女の子や派手な演出はありませんが、気づいたらハマって抜け出せない人が続出中!

「サクっと3分」と書いてありますが、気付いたら30分経っていたというのはあるあるです(笑)

課金もありません!編集部もみんなでハマってます!

\ iOSはこちら /

\ Androidはこちら /

ライター紹介

nnt
ポケットモンスターシリーズを中心にプレイしています。
決してプレイングは上手ではありませんが、
独自の目線と独自の構築を大切に、
ほかの攻略サイトでは読むことができないような記事を
みなさまにお届けできればと思います。