【ポケモンGO】ヒノアラシコミュニティディに密着してみた(衝撃の事実が発覚!!)

ポケモンが大好きで色違いがほしいあなたへ

ポケモン大好きな方へ、みなさんのスマホの中にポケモンGO、眠っていませんか?

月に1~2回、色違いが大量に出るイベントがあるのをご存知でしょうか。

そのままにするなんてもったいないです!!

  1. コミュニティ・ディは色違いが捕まえやすい
  2. 高個体値も得やすい
  3. 絶対参加するべきイベント

この記事では3分程度で、このイベントについてご紹介します!!

今さら聞けない、ポケモンGOとは?

ポケモン GO は、Niantic 社が開発し、Nintendo と株式会社ポケモンが共同で提供している拡張現実(AR)を活用したモバイルゲームです。

スマートフォンやタブレットを使って現実世界を探索し、ポケモンを捕まえたり、トレーナー同士でバトルを行うことができます。

さまざまな場所には異なる種類のポケモンが現れ、地域によっては特定のポケモンが出現しやすい場所もあります。

また、ポケモンを捕まえるだけでなく、ジムやポケストップなどの特別な場所も存在します。

ポケモン GO は、現実世界と仮想世界を融合させた革新的なゲームであり、世界中の多くの人々に愛されています。

コミュニティ・ディのメリットと過去の結果

前回はヌメラのコミュニティ・ディでした。

実際に、私がまとめた記事がありますので、ご興味ありましたらそちらにてご覧ください。

【ポケモンGO】ヌメラコミュニティディに密着してみた(上野公園での参加はやめておけ)

ポケモンGOにおけるヒノアラシのメリット

ポケモンGOにおけるヒノアラシにはいくつかのメリットがあります。

まず、ヒノアラシは進化するとバクフーンになり、バトルでの攻撃力が高くなります。

特に、コミュニティデイなどのイベントで特別な技「ブラストバーン」を覚えさせることで、バクフーンはさらに強力なアタッカーになります。

また、リージョンフォームでヒスイバスフーンも登場したことからヒノアラシの色違いの需要は高まっていると考えます

実際に参加してみた結果・・・(数値で力説!!)

調査結果を簡単にお伝えします!!

今回は東京都足立区の荒川河川敷に行ってきました。

荒川河川敷豆知識

  • 荒川河川敷では四季折々の自然が楽しめ、野鳥観察スポットとしても人気。
  • サッカー場や野球場、ランニングコースなど多彩なスポーツ施設が充実。
  • 夏祭りや花火大会など、季節ごとにさまざまな地域イベントが開催される。
  • 荒川サイクリングロードがあり、初心者から上級者まで楽しめるサイクリングコースが広がる。

今回の日時は2024年6月22日(土)14時から17時まで、でした。

ヒノアラシのコミュニティ・ディ概要

以下、ポケモンGO公式 HP より引用しています。

トレーナーの皆さん

ひねずみポケモンの「ヒノアラシ」が、6月の「コミュニティ・デイ(復刻)」で大量発生!

大量発生するポケモン
「ヒノアラシ」が野生でいつもより多く出現します。*

* 運が良ければ色違いのポケモンとも出会えるかも?!

イベント開始から終了2時間後までに「マグマラシ(ヒノアラシの進化形)」を「バクフーン」に進化させると、特別なスペシャルアタック「ブラストバーン」を覚えます。

ブラストバーン

トレーナーバトル:威力110
ジムと「レイドバトル」:威力110

今回も、私はオートキャプチャ(簡単に言えば自動モンスターボール投げてくれるよ装置)を持って行きました。

オートキャプチャもとい、Pokémon GO Plus +については次の動画にて・・・(結果だけ気になる方は飛ばしてください!!)。

今回のコミュニティ・ディの結果

今回、3ロムでゲットしたヒノアラシの数は648匹で、そのうち色違いは38匹でした。(約5.9%)

3ロム分のデータは次のとおりです。

【ロム1】

総数=316色違い
個体値☆0(総数150)
個体値☆1(総数89)
個体値☆2(総数54)
個体値☆3(総数23)

【ロム2】

総数=189色違い
個体値☆0(総数92)
個体値☆1(総数48)
個体値☆2(総数36)
個体値☆3(総数13)

【ロム3】

総数=143色違い
個体値☆0(総数73)
個体値☆1(総数40)
個体値☆2(総数17)
個体値☆3(総数13)

まとめたものが次のデータです。

【まとめ】

総数=648色違い
個体値☆0(総数315)10
個体値☆1(総数177)12
個体値☆2(総数107)
個体値☆3(総数49)

今回、ロム2とロム3は私が参加が遅くなってしまい、だいたい1時間遅れで参加しました。

しかし、色違いの割合がかなり上振れていました。

最近のコミュニティ・ディの色違いの割合がだいたい4.2%(だいたい24匹に1匹)のところ、今回は5.9%(だいたい17匹に1匹)であったことから明らかだと考えます。

明らかに言えることとしては運営が色違いの割合をかなり上方設定にしていたのは、ほぼ間違いないでしょう。

次回以降の、イベント時(特に御三家ポケモンや復刻イベント)はどのようになるのか今後の動向はかなり注目と言えるでしょう。

なぜ、ヒノアラシの色違いを上振れさせたのか

今回ポケモンGO運営が色違いのヒノアラシを大放出している理由はいくつか考えらます。

イベントへの射幸性を高めるため

まず、色違いポケモンは希少性が高く、プレイヤーの収集欲を刺激するため、ゲームの魅力を高める効果があるのはいうまでもないでしょう。

これにより、プレイヤーはゲーム内での活動が増え、ゲームへのエンゲージメントが向上します。

レックウザエピックレイドの広告のためでは・・・

次に、イベントやコミュニティ・デイで色違いポケモンが出現することは、プレイヤー同士の交流や協力を促進し、コミュニティの活性化につながります。

また、新たな色違いポケモンの追加は、ゲームに新鮮さをもたらし、長期的なプレイヤーの関心を維持するための戦略の一環です。

さらに、御三家の色違いポケモンをコレクションすることは、プレイヤーにとって達成感や満足感を提供し、ゲーム内での目標設定や達成感を高める要素となります。

つまり、何が言いたいか・・・、エピックレイド(この後のレックウザエピックレイド)に運営はかなり注目していたのでしょう。

あのようなことになるとは知らず・・・。

そのことが気になる方は下記の私の記事へどうぞ。

【ポケモンGO】レックウザエピックレイドイベント大炎上のまとめ

【参考までに】実際にどれくらい効率がよいのか、他方法との比較!!

他の手段で色違いをまとめると、以下のようになります。

条件色違い出現率
ポケモンSV等での通常時における野生ポケモンとの戦闘1/4096(約0.0002%)
ポケモンSVで色違い確率を最大まで上げた上での野生ポケモンとの戦闘※1/512(約0.002%)
ポケモンGOで通常時における野生ポケモンとの戦闘だいたい1/500?(約0.002%)
ポケモンGOでコミュニティ・ディ時における野生ポケモンとの戦闘42/835(約5%)

参考までに、※の数値にするためには以下の工程が必要です。

①ポケモン図鑑を完成させて「ひかるおまもり」を入手。

(ひかるおまもりの入手にはパルデア地方のポケモン400体をすべて捕まえて図鑑をコンプする必要があります。)

②秘伝スパイスを2つ使用したサンドイッチを作成し「かがやきパワー L v3」を付与する。

(ひでんスパイスは、星5〜6のテラレイドで低確率でドロップします。)

③色違い厳選したいポケモンの大量発生を探し、ひたすら一定数まで倒す。

④あとはでるまで粘る・・・(なお出ないときはとことん出ない(泣))。

なお、年賀はがき1等当選確率が1/100万=(0.0001%)、オスの三毛猫が生まれる確率が1/3万(=0.003%)だそうです。

通常で出現したポケモンの色違いがいかに確率が低いかが分かります。

さいごに・・・

御三家の色違いは、今までのデータよりどうやら確率が上振れる可能性が高いようです。

もしよろしければ、今までの記事も読んでみてください。

また、大きなイベント前のコミュニティ・ディなど、今後も注力していきます。

それでは、楽しいポケモンGOライフを!!

ライター紹介

H.YAJIMA
フリーライター兼ラジオパーソナリティをしております。
今までお堅い記事ばかり書いておりましたので、自分の好きなものが書けることうれしく思います。ポケモン大好きで、ホラー弱めな体質です。

私のラジオはYoutubeにて「見せ会アンサンブル」にて検索どうぞ!!
チャンネル名は「【桔梗LABO】YAJI」です。
Xアカウント→https://x.com/KikyoYaji