【ポケモン剣盾】アーケオス攻略・育成論

 ランク(順位) 英雄(7384
 経験値  7,126
獲得バッジ
攻略記事を10記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開50記事達成

はじめに

かつて、一般ポケモンながら種族値567を誇るポケモンが登場しました。

しかし、その種族値の高さゆえ、そのポケモンにはデメリット特性が付与されてしまい、本来あるべき力を存分に発揮できなくなってしまいました。

それが、第5世代から登場したアーケオスなのです。

今回はそのアーケオスの悲しき過去と現在の活躍に迫ってみたいと思います。

  1. 特性「よわき」はHPが半分以下のとき、こうげきととくこうが半分になるデメリット特性。
  2. アタッカーとして、そしてサポートとしても活躍できる。
  3. 対策について

今回の記事は3分ほどでお読みいただけるので、よろしければ最後まで目を通してみてくださいね。

アーケオスについて

アーケオス
タイプ
いわひこう
種族値
H75A140B65C112D65S110合計567
特性1「よわき」
自身のHPが半分以下になると、こうげきととくこうが半分になる。
技名タイプ
威力(ダイマ)解説
もろはのずつき150(150)与えたダメージの半分を受けるので、場合よっては即よわきが発動します。
ストーンエッジ100(130)反動ダメージを避けるのであればストーンエッジです。
がんせきふうじ60(110)相手のすばやさを1段階下げることで、後続への補助として活躍できます。
ダブルウィング40(130)物理ひこうタイプのメインウェポンです。

そらをとぶとの選択です。

そらをとぶ90(130)相手のダイマックスを枯らすのにも役立ちます。
じしん100(130)苦手なはがねタイプへの有効打です。
とんぼがえり70(130)高い素早さを生かして、苦手な相手から逃げることができます。
はたきおとす65(120)主にしんかのきせき持ちのポリゴン2やラッキー対策用です。

火力は高いアーケオスですが、しんかのきせき持ちのポリゴン2やラッキーを削りきるのは難しいです。

でんこうせっか40(90)後攻がむしゃら+でんこうせっかで不利対面でも突破することができます。
メテオビーム120(140)実はタイプ一致メテオビームが使えるポケモンの中で、3番目にC種族値が高いです。
エアスラッシュ75(130)ぼうふうは覚えません。
ねっぷう95(130)苦手なはがねタイプへの有効打です。
だいちのちから90(130)苦手なはがねタイプへの有効打です。
がむしゃらアーケオスは耐久力はないので、きあいのタスキ+がむしゃらを決めやすいです。
すりかえ意外にもすりかえを覚えられます。

高いすばやさを生かして相手にこだわりアイテムを押し付けると良いかも。

オススメの持ち物
パワフルハーブメテオビーム用に持たせます。
きあいのタスキ先発アーケオスは、がんせきふうじ、ステルスロック、がむしゃらなどで後続の起点作りをしてくることが多いです。
  • 種族値は600族に匹敵する567族。
  • 特性「よわき」はデメリット特性。
  • アタッカーもしくは起点作り型として活躍できる。
  • がむしゃら+でんこうせっかを警戒しよう。

育成論

物理型

性格ようき or いじっぱり
努力値AS252 D4
特性よわき
持ち物こだわりスカーフ or こだわりハチマキ
技構成ストーンエッジ / そらをとぶ / じしん / とんぼがえり等
  • 命中不安のいわ技、使い勝手の悪いひこう技は不安要素。

特殊型

性格おくびょう
努力値CS252 D4
特性よわき
持ち物パワフルハーブ
技構成メテオビーム / エアスラッシュ / だいちのちから / ねっぷう等
  • パワフルハーブ+メテオビームで1ターン目から火力補強できる。
  • 特性「いかく」を気にしなくても良い。
  • 物理技では使用できないほのお技を使用できる。

起点作り型

性格むじゃき or せっかち
努力値AS252 H4
特性よわき
持ち物きあいのタスキ
技構成がんせきふうじ / がむしゃら / でんこうせっか / ステルスロック
  • がむしゃらのダメージを増やせるように敢えて個体値を下げて、耐久の下がる性格を選ぼう。

対策

オススメのポケモン

ポケモンオススメ度解説
 ドサイドン★★★★★メインウェポンである「いわ」「ひこう」共に半減にでき、特性ハードロックで効果は抜群の技も軽々受けきることができます。
 ギルガルド★★★★H無振りギルガルドでもようきアーケオスのじしんを確定耐えできます。

また、ゴーストタイプなので、がむしゃら型にも対処できます。

   ゴリランダー★★★★一見不利対面のように思えるかもしれませんが、実はいじっぱりゴリランダーのグラススライダー(グラスフィールド込み)@いのちのたまで確定一発で倒せます。
  • アタッカーとがむしゃら型を警戒しよう。

まとめ

  • アタッカーもしくは起点作りとして活躍できる。

ポケモンは世代が進むごとにインフレを続け、高い種族値+強い特性を兼ね備えたポケモンも多数生み出されました。

だから、アーケオスの特性「よわき」を変更しても誰も怒らないと思います。

かつてペンドラーやシャンデラの夢特性が変更されたように、ポケモンSVではそうあることを願うばかりです。

育成論一覧

サニゴーン

アギルダー

オーロンゲ

マッスグマラグラージカバルドン
ギャラドスレジエレキ イワパレスザシアンチラチーノ

ドリュウズ

カミツルギ

ウオノラゴン

アーケオス ドククラゲ サンドパン キングドラ
インテレオン

ゴリランダー

フォクスライムゲンダイナマーシャドー ボルケニオン
ゼラオラポットデスココロモリネイティオレックウザヨルノズク
ヒードラン

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト