【ポケモン剣盾】ランクバトルシーズン13 対戦環境考察

 ランク(順位) 神Lv3(6388
 経験値  8,313
獲得バッジ
攻略記事を10記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開50記事達成

はじめに

長きに渡り伝説のポケモンが暴れるランクバトル(シーズン12)もいよいよ終わりを迎えました。

みなさん、よくこの地獄のような環境を耐え抜きましたね!

本当にお疲れ様でした!

そしてようこそ、更なる地獄へ!

  1. ランクバトルシーズン13の対戦環境考察・速報
  2. 開催期間は2022年9月1日(木)13:00~2022年11月1日(火)08:59
  3. 伝説・幻のポケモンを何体でも使用できる最高(地獄)の環境
  4. 2022.10.03最新使用率ランキング掲載

今回の記事は5分ほどでお読みいただけるので、よろしければ最後まで目を通してみてください。

ランクバトルシーズン13開幕

2022年9月1日より始まったランクバトルシーズン13では伝説のポケモンに加えて幻のポケモンも使用できます。

しかも、2体縛りはなく何体でもパーティーに入れることができるという仕様。

そこで、本記事ではポケモン剣盾の集大成とも言えるこの対戦環境がどのように変化しているのかを考察していきたいと思います。

シングルバトル使用率ランキング

2022.09.01時点
1位ザシアン
2位イベルタル
3位カイオーガ
4位マーシャドー
5位グラードン
2022.09.06時点
1位ザシアン
2位イベルタル
3位カイオーガ
4位グラードン
5位マーシャドー
2022.09.11時点
1位ザシアン
2位イベルタル
3位カイオーガ
4位グラードン
5位黒バドレックス
2022.09.18時点
1位ザシアン
2位イベルタル
3位カイオーガ
4位グラードン
5位ゼクロム
2022.09.28時点
1位ザシアン
2位イベルタル
3位カイオーガ
4位黒バドレックス
5位ゼクロム
2022.10.03時点
1位ザシアン
2位イベルタル
3位カイオーガ
4位黒バドレックス
5位ゼクロム

使用率上位ポケモン考察(2022.09.01時点)

使用率No.1 ザシアン

んほぉ~このポケモンたまんねぇ~

幻のポケモンが解禁されてもその強さ・使用率は犬在!いや健在!

そんなザシアンの現在の流行りの型はこちら!

わざとくせい
せいかくどうぐ
  • 使用率が高い技は、きょじゅうざん、じゃれつく、インファイト、ワイルドボルト、でんこうせっか
  • 準速が多い
オススメの対策ポケモンオススメ度解説
 黒バドレックス★★★★★ザシアンよりも素早い数少ないポケモンです。

きあいのタスキを持たせることでアストラルビット2発で確実にザシアンを倒すことができます。

グラードン★★★★★等倍でいじっぱりザシアンのきょじゅうざんを耐えられる耐久力を誇ります。

ザシアンが耐久無振りであれば、だんがいのつるぎを使わずとも命中安定のじしんでも確定1発で倒すことができます。

 ボルケニオン★★★★待望のザシアン対策新星!

覚悟の準備をしておいてください。

ザシアンのきょじゅうざんを1/4、じゃれつくを1/2で受けることができます。

そして、ワイルドボルトは無補正でもH252B140振ることで確定耐えできます。

なお、ボルケニオンは命中不安定の炎技を外して負ける可能性がある模様。

イベルタル

ザシアンに必ずしも弱いわけでもなく、同じく使用率上位のカイオーガにもある程度有利に立ち回ることができるイベルタル。

今環境では大流行が予想されていたマーシャドー対策としても早速名乗りを上げている様子。

わざとくせい
せいかくどうぐ
  • 特殊型が主流
  • スカーフカイオーガのしおふき対策にも役立つふいうちやザシアンのつるぎのまいを許さないイカサマには注意
  • 持ち物はいのちのたまが最多
オススメの対策ポケモンオススメ度解説
ゼルネアス★★★★★タイプ相性的には有利ですが、いじっぱりイベルタル@いのちのたまダイスチル(威力120)は耐久無振りの場合は、確定1発で落とされます。

無補正でもH252B44振ると確定耐えになります。

レジエレキ★★★★★ひかえめ10まんボルトで耐久無振りイベルタルが確定1発で落とせます。

一方で、いじっぱりA252イベルタルのふいうちでほぼ確定1発で落とされます。

 バンギラス★★★★★特性「すなおこし」による特防上昇によりきあいだま以外は受け切ることができます。

また、物理型の場合ははがねのつばさ(ダイスチル)で落とされる可能性はあります。

カイオーガ

物理のザシアン、特殊のカイオーガ

ザシアンが不利な物理受けのポケモンを倒してくれるのがカイオーガです。

今環境では伝説・幻のポケモン増加により天敵であるガマゲロゲやトリトドンが減ると予想していますがどうなるでしょうか。

わざとくせい
せいかくどうぐ
  • こだわりスカーフしおふきは健在
  • 持ち物はとつげきチョッキとこだわりスカーフが多い
  • カイオーガやラプラス対策のかみなりの採用率は高い
オススメの対策ポケモンオススメ度解説
レジエレキ★★★★★準速S252でもこだわりスカーフカイオーガの上を取ることができます。

カイオーガは特殊耐久も高いので、いのちのたまを持たせることで10まんボルトで確定1発で落とすことができます。

 ゴリランダー★★★★★いじっぱりA252グラスフィールド+グラススライダーで無振りカイオーガを確定1発で落とせます。

現環境でそのほかのポケモンに対して役割を持てるかというと怪しいところ。

パルキア★★★★耐久無振りではかみなりやダイサンダーを受けるのは少し厳しいですが、水技は1/4なので安心して受けられます。

また、カイオーガのあめふらしの恩恵を受けられる点も優秀です。

マーシャドー

今シーズンより満を持して登場するのがマーシャドー。

ザシアン対策としても有能であるほか、相手の受け出しを許さない優秀な複合タイプ、そして相手の積み技を許さない専用技のシャドースチールが最大の魅力です。

わざとくせい
せいかくどうぐ
  • ザシアンを安定して倒せるように性格をいじっぱりにしたきあいのタスキ型が多い
オススメの対策ポケモンオススメ度解説
イベルタル★★★★★インファイトは等倍ですが、デスウィングでHPを回復することができます。

H252B60振り以上でようきインファイトを2発受けられます。

サンダー★★★★ザシアン、イベルタル、カイオーガなどにも強いサンダーさんはマーシャドー対策としても優秀です。

インファイトやかげうちに合わせて繰り出すことでせいでんきによる麻痺を狙うことができます。

 カバルドン★★★★ちょうはつがなければ、きあいのタスキを削りつつ、起点作りもできます。

ちなみに、A無振りカバルドンのじしんで無振りマーシャドーは確定2発です。

グラードン

ザシアンのきょじゅうざんを等倍で耐えられる数少ないポケモンです。

高い火力を持ち合わせていることはさることながら、現環境ではステルスロックやでんじはによる起点作りの存在するようです。

わざとくせい
せいかくどうぐ
  • 意外にもでんきだまなげつける型が多い?マーシャドーのきあいのタスキを削りつつ麻痺にできる
  • ステルスロックを使用できる伝説のポケモンはグラードンとネクロズマだけ
  • ステルスロック、でんじは、でんきだまなげつけるの起点作り型も警戒しよう
オススメの対策ポケモンオススメ度解説
ホワイトキュレム★★★★★おくびょうC252れいとうビームでもH252振りのグラードンはほぼ確定1発で落とせます(98.5~116.9%(乱数1発))
カイオーガ★★★★★基本的には有利ですが、しおふきをメインウェポンとするカイオーガはなかなか受け出ししづらく、初手で対面したくない相手です。

ひでり状態だとダイストリーム(威力150)ですら耐えられる可能性があります。

 カバルドン★★★★★滅多にいないと思いますが、ひかえめC252ダイソウゲン(威力140)でもない限りどんな攻撃も1発は耐えてくれます。

だんがいのつるぎもHBカバルドンであれば4割ほどのダメージで抑えることができます。

まとめ

  • 2022年10月03日時点のシングルバトル使用率ランキングは1位ザシアン、2位イベルタル、3位カイオーガ、4位黒バドレックス、5位ゼクロム
  • 伝説・幻のポケモンを6体使用できることから、これまでの対戦環境とは大きく異なっている
  • 一般ポケモンの使用率は下がっている

ポケモンSVの発売までの最後のランクバトルとも言えるこの環境。

ほぼすべての伝説・幻のポケモンが集うこの環境で頂点を極めるのは一体どのポケモンなのか。

ポケモン剣盾を飾る伝説のポケモンであるザなんとかがその栄光を手にするのでしょうか!

これからの環境の変動が楽しみですね!

使用率ランキングについては、定期的に更新していこうと思うのでよろしければ、ご覧になってみてください。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト