【ポケモン剣盾】ドククラゲ「返せよ・・・!」←返して欲しそうなもの【育成論】

 ランク(順位) 英雄(7387
 経験値  7,014
獲得バッジ
攻略記事を10記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開50記事達成

はじめに

ポケモン剣盾では、覚える技も廃止や改定が行われ大きな反響を呼びました。

特にほとんどすべてのポケモンが覚えられた「どくどく」が没収されたことは対戦環境に大きな影響を与えたかと思います。

今回は、どくどくを覚えるポケモンとしてピッタリであるはずなのになぜか没収されてしまったドククラゲの攻略と育成論をご紹介します。

  1. 高い特殊耐久を備えている。
  2. アタッカーとしては火力不足。
  3. どのような型がある?
  4. 対策ポケモンについて。

今回の記事は3分ほどでお読みいただけるので、ぜひ最後まで目を通してみてください!

ドククラゲについて

ドククラゲ
タイプ
みずどく
種族値
H80A70B65C80D120S100合計515
特性1「クリアボディ」
相手からの能力ランクを下げる技や特性の効果を受けない。
特性2「ヘドロえき」
HPを吸収する技を受けたとき、自身はダメージは受けるが相手にも受けるダメージを与える。

<該当の技>

ギガドレイン、メガドレイン、きゅうけつ、すいとる、やどりぎのタネ、ゆめくい、ドレインパンチ、ウッドホーン、デスウイング、ドレインキッス、パラボラチャージ、ちからをすいとる

夢特性「あめうけざら」
天候が「雨」の時、毎ターン自身の最大HPの1/16を回復する。
技名タイプ
威力(ダイマ)解説
ねっとう80(130)ハイドロポンプも覚えられますが、C種族値80ではアタッカーとして活躍するのは難しいので、「やけど」狙いのねっとうが最善の選択肢であるかと思います。
うずしお35(90)足りない火力をスリップダメージで補うこともできます。
ヘドロばくだん90(90)ヘドロウェーブも覚えられます。
れいとうビーム90(130)苦手な地面タイプのポケモンへの有効打です。

参考までにおくびょうC252れいとうビームは耐久無振りガブリアスに対して乱数1発(93.9~111.4%)程度の火力です。

ギガドレイン75(130)ラグラージやトリトドンに刺さりますが、一発で落とすことはできません。
マジカルシャイン80(130)サザンドラに刺さります。
ミラーコート―(100)ドククラゲと言えば一番に警戒されるのはミラーコートだと思います。
くろいきり起点回避として採用するのもありです。
どくびしどくどくはなぜか覚えられないので、どくびしで我慢しましょう。
オススメの持ち物
くろいヘドロ回復技は覚えられません。

相手のHPをじわじわと削っていくことになるドククラゲにはピッタリの道具です。

シュカのみガブリアスやランドロスのじしんを耐えられるようになります。

返しのれいとうビームで落とせるかは微妙なところ。

  • 今まで覚えられた「どくどく」は剣盾では覚えられない。
  • 特殊耐久はかなりのもの。

育成論

特殊型

性格おくびょう or ひかえめ
努力値CS252 D4
特性ヘドロえき
持ち物くろいヘドロ / とつげきチョッキ / たつじんのおび等
技構成ねっとう / れいとうビーム / ギガドレイン / マジカルシャイン等
  • ギガドレインとマジカルシャインは相手の意表を突ける。

耐久型

性格おくびょう or おだやか
努力値H172 D84 S252 or H172 B84 D252
特性ヘドロえき
持ち物くろいヘドロ
技構成ねっとう / うずしお / どくびし / くろいきり等
  • HP実数値177となり、HPが奇数でくろいヘドロの回復量最大となる調整です。

ミラーコート型

性格おくびょう / おだやか / ずぶとい
努力値HS252 or HD252 or HB252
特性ヘドロえき / クリアボディ
持ち物くろいヘドロ / とつげきチョッキ
技構成ねっとう / ヘドロばくだん / ミラーコート等
  • ドククラゲと言えばミラーコートなので警戒はされやすい。
  • タイプ一致抜群でも耐えられるほどの特殊耐久がある。

対策

オススメのポケモン

ポケモンオススメ度解説
  ガブリアス★★★★★ドククラゲよりも素早く、じしんで確定一発で落とせます。

※ずぶといHB252の場合は確定で耐えられますが、ドククラゲのC無振りれいとうビームも確定で耐えられます。

フーディン★★★★★サイコキネシスは乱数で耐えられますが、サイコショックであれば余裕の確定1発で落とせます。
トリトドン★★★★特性「よびみず」でドククラゲの水技を無効化できます。

ギガドレインは警戒しておきましょう。

  • 特殊耐久は高いので、なるべく物理技で攻めよう。

まとめ

  • なぜかどくどくは覚えられない。
  • アタッカーとしての活躍は難しいかも。
  • 特殊耐久とミラーコートを生かして立ち回ろう。

剣盾までのドククラゲ「どくどく最強!!」ゲーフリ「ほーい(どくどくを取り上げる、ついでにアシッドボムも取り上げる)」

というやり取りがあった事実。

これほどまでに「どくどく」が似合うポケモンもなかなかいないかと思います。

どうか、ポケモンSVでは「どくどく」を返してあげてください!

いや、そもそも内定するのだろうか・・・。

育成論一覧

サニゴーン

アギルダー

オーロンゲ

マッスグマラグラージ
カバルドンギャラドスレジエレキ イワパレスザシアン
チラチーノ

ドリュウズ

カミツルギ

ウオノラゴン

アーケオス
フォクスライムゲンダイナ ドククラゲ サンドパン キングドラ
インテレオン

ゴリランダー

マーシャドー ボルケニオン

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト