【ポケモン剣盾】ランクバトルシーズン13の要注意ポケモン8選

 ランク(順位) 英雄(7388
 経験値  7,012
獲得バッジ
攻略記事を10記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開50記事達成

はじめに

ポケモンSVの新情報が発表されて、大いに盛り上がっている今だからこそ伝えたいことがあります。

それは来月9月1日より始まるランクバトルシーズン13では伝説のポケモンに加えて幻のポケモンまで使用できるということ。

そこで今回はシーズン13で大暴れが予想されるポケモンの一部を紹介していこうと思います。

  1. ザシアン
  2. イベルタル
  3. カイオーガ
  4. マーシャドー
  5. ジラーチ
  6. サンダー
  7. カバルドン
  8. メタモン

今回の記事は5分ほどでお読みいただけるので、ランクバトルの合間にでも目を通してみてください。

伝説のポケモン

ザシアン

ザシアン
タイプ
フェアリー
はがね
種族値
H92A170B115C80S115S148合計720
特性1「ふとうのけん」
場に出た時、自身のAが一段階上昇する。

このポケットモンスター剣盾が巷では何と呼ばれているかみなさんはご存知ですか。

通称「ザシットモンスター、縮めてザシモン」

かつて、ポケモンXY(第6世代)でメガガルーラがゲームバランスを崩壊させて「ガルモン」と呼ばれたように、今では「ザシモン」と呼ばれています。

その理由は圧倒的すぎる攻撃力、アタッカーのくせにその辺の耐久ポケモンよりも高い耐久値、ほとんどのポケモンで上を取ることができないほど高い素早さにあります。

いや、まだあります。

フェアリー・はがねタイプという恵まれた耐性、広い技範囲、加えて先制技まで覚えられます。

半減で受けきることができないのに、抜群でも倒すことができない、そんな理不尽の塊のポケモン、それがザシアンなのです。

来シーズンでもこのポケモンを如何にして対策するかが鍵となるでしょう。

【ポケモン剣盾】ザシアン攻略・育成論

イベルタル

イベルタル
タイプ
あく
ひこう
種族値
H126A131B95C131D98S99合計680
特性1「ダークオーラ」
場にいるすべてのポケモンの悪タイプの技の威力が1.33倍になる。

ザシアン対策として台頭が見込まれるマーシャドーに強い数少ないポケモンです。

タイプ相性的にはザシアンに弱いですが、一方的に不利というわけでもありません。

耐久無振りザシアンであれば、おくびょう@いのちのたまのねっぷうで確定1発で落とせるからです。

ザシアンにある程度強く、マーシャドーにも強いイベルタルは来シーズンでは更に数が増えるのではないでしょうか。

カイオーガ

カイオーガ
タイプ
みず
種族値
H100A100B90C150D140S90合計670
特性1「あめふらし」
天候を5ターンの間「雨」にする。

必ず対策していないと詰むポケモンの1匹です。

多くはこだわりスカーフやこだわりメガネで圧倒的な火力を見せつけてくる型で、トリトドンが天敵と思わている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、HD252カイオーガであれば、ひかえめC252トリトドンのだいちのちからを確定で耐えられるのです。

つまり、トリトドンでは対策になるどころか、みがわり+めいそうの起点になるということです。

カイオーガ対策として現在も上位のサンダー、レジエレキ、ヌケニン、ガマゲロゲなどは来期も上位に来ることが予想されます。

幻のポケモン

マーシャドー

マーシャドー
タイプ
かくとう
ゴースト
種族値
H90A125B80C90D90S125合計600
特性1「テクニシャン」
威力60以下の技の威力が1.5倍になる。

満を持して登場するのがこのマーシャドー。

専用技「シャドースチール」は相手の能力上昇だけを奪い、能力上昇を自身に反映させた上で相手を攻撃することができます。

つまり、あのザシアンのA上昇を奪い、A+1でザシアンに攻撃できるというわけです。

ザシアンの努力値振りにもよりますが、基本的にはシャドースチール+かげうちで落とすことができます。

また、マーシャドーはでんこうせっかが無効である為、きあいのタスキ+カウンターでザシアンを対処することもできます。

恐らく、使用率トップ10に入るのではないかと思っています。

【ポケモン剣盾】ザシアン対策の救世主?マーシャドー【育成論】

ジラーチ

ジラーチ
タイプ
はがね
エスパー
種族値
H100A100B100C100D100AS100合計600
特性1「てんのめぐみ」
技の追加効果の発動率が2倍になる。

特性「てんのめぐみ」のおかげでアイアンヘッドの怯み率が驚異の60%になります。

今作はダイマックスのおかげで幾分マシではありますが、こだわりスカーフもしくはでんじはアイアンヘッドでタイプ相性を無視して突破されることも珍しくはないので必ず対策しましょう。

一般ポケモン

サンダー

サンダー
タイプ
でんき
ひこう
種族値
H90A90B85C125D90S100合計580
特性1「プレッシャー」
相手の技を受けたとき、技のPPを2減らす。
夢特性「せいでんき」
直接攻撃を受けると、30%の確率で相手を「麻痺」状態にする。

現在、ザシアン対策を始め様々なポケモンに対して大暴れしているサンダーは、来シーズンでも使用率上位に来ることは間違いないです。

特になかなか受け出しが難しいマーシャドーに対しても特性「せいでんき」で麻痺を狙ってくることが予想されます。

恐らく、持ち物もゴツゴツメット、いのちのたま、こだわりメガネ当たりが候補となるでしょう。

カバルドン

カバルドン
タイプ
じめん
種族値
H108A112B118C68D72S47合計525
特性1「すなおこし」
場に出ると5ターンの間、天候を「すなあらし」にする。
夢特性「すなのちから」
天候が「すなあらし」の時、自分の「じめん」「いわ」「はがね」タイプの技の威力が1.3倍になる。

伝説のポケモンが渦巻く環境だと少し厳しくはなってきましたが、それでもどんなときでも何かしら活躍してくれるのがカバルドンです。

ザシアンの攻撃を受けられ、マーシャドーのきあいのタスキを削ることができ、カイオーガとの対面では最低限天候を上書きすることができます。

そんなカバルドンはきっと来シーズンでも猛威を振るってくれることかと思います。

【ポケモン剣盾】カバルドン攻略・育成論

メタモン

メタモン

ザシアンが環境にいる以上、環境上位に存在し続けるのがメタモンです。

もはや、説明するまでもないかと思いますが、相手が強ければ強いほど強くなる、それがメタモンです。

メタモン対策で重要なのは、コピーされても強くないポケモンを入れることです。

例えば、耐久型のムゲンダイナなんて最高ですね。

型に関しては以下の記事の「耐久型」を参考にしていただければと思います。

【ポケモン剣盾】ムゲンダイナ攻略・育成論

まとめ

  • ザシアンが強すぎてたまんねぇ~
  • マーシャドー対策のイベルタル
  • カイオーガ対策をしていると思ったらいつのまにか対策されていた
  • ザシアン対策のマーシャドー
  • ずっと俺のターン、ジラーチ
  • 相変わらず強いサンダーさん
  • とりあえず出しておけば活躍するカバルドン
  • 積んで詰んで♡メタモン

実際にシーズン13が始まってみないとどのような環境になるかはわかりませんが、これだけは言わせてください。

データは嘘をつかない。

つまり、何が言いたいのかというと、今回書いた内容を上回る予想もできない環境がやってくるかもしれないということです。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト