【ポケモンユナイト】ゾロアークのコツと使用感を紹介!

 ランク(順位) 上級冒険者(85400
 経験値  1,118
獲得バッジ

操作が非常に難しいが、使いこなせればキャリーも可能!

アップデートによるキャラ修正とともに、ゾロアークが実装されましたね!

ドードリオ・ゾロアークと、スピード型が連続で増えました。

アブソルやゲンガーも下方修正されたことから、ゾロアークは高性能キャラとして実装されるのではないかと、個人的にすごく期待していました。

結論としては、全盛期のカイリューやジュラルドン程の性能はないものの、とても強力なキャラに仕上がっていました!

実際に色々なユーザーの評価を見ても、ゾロアークは高い評価を得ていたり、Tier表(強さのランキングを表にしたもの)で上位に置かれていたりすることが非常に多いです!

ただ、「お手軽高性能」というよりは、操作難易度が高い代わりに使いこなせれば強い、というキャラになっています。

「おいうち」型アブソル、ゲンガー、ドードリオ等もそんな感じだったので、スピード型自体がそういうコンセプトなのでしょうね。

(全盛期のブレバ型ファイアローやサイコ型アブソルが異常だったというのがよく分かりますね…)

実際筆者も使ってみたのですが、最初はわざもまともに使えない程でした…。

しかし慣れていくうちに使い方がある程度分かってきたので、使うコツや使用感を紹介していきたいと思います。

少し難しいものの楽しいキャラなので、この記事も参考にして、ぜひ使ってみてください!

 

※12/01アプデ後追記

ダメージ量に下方修正が入りましたが、それほど気にならない程度でした。

そのため、まだまだキャリー性能は高いです!

それどころか、「れんだスカーフ」の実装によってバランス型が減り、逆にエースバーン等の後衛アタッカーが増えたため、むしろ戦いやすくなりました!

非常にオススメできるキャラなので、ぜひ一度触ってみて下さい!

  1. 使いこなせれば強力だがハードルが少し高め!
  2. わざは「つじぎり」「シャドークロー」が強力!
  3. 集団戦は、従来のスピード型に比べて攻めの姿勢が必要!

この記事は5分で読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね!

おすすめのわざやレーン、もちもの、メダルについて

わざ・レーン

わざは「つじぎり」と「シャドークロー」がおすすめです!

「つじぎり」は「だましうち」と比べて集団戦で当てやすく、火力に加えて回復もあるため、基本的にはこちらを選択するようにしましょう。

「シャドークロー」は火力の高さに加えて妨害性能もあるため、ダメージと回復のみの「いあいぎり」よりも使い勝手が良いです。

そのため、修正等がない限りは、基本的に「つじぎり」「シャドークロー」を基本線として考えましょう。

レーンについては、中央が最もおすすめです。

レベル5進化で、なおかつ「つじぎり」を覚えるのもレベル5なので、中央に行ってレベル5になり、そこからレーン戦に参加するのがシンプルに強いと思います。

次におすすめなのは下レーンです。

他に中央宣言をした人がいる場合や、ダンベルを積みたい場合は、上レーンよりも下レーンの方が経験値を多く得ることができ、育ちやすいのでおすすめです。

上レーンは、敵にミュウ等の育ちが早いキャラがいたら、進化する前の段階で敵に圧倒的有利を取られて、レーンが崩壊することがあるので、避けた方が良いでしょう。

もちもの・バトルアイテム

ゾロアークは、確定で「コレ!」といえるもちものが今のところない気がします。

そのため、候補の中から自分に合うものを選択すると良いです。

候補としては、

ちからのはちまき

するどいつめ

じゃくてんほけん

ピントレンズ

もうこうダンベル

きあいのはちまき

あたりになります。

「つじぎり」の移動攻撃の間に通常攻撃を挟むので、「ちからのはちまき」や「するどいつめ」は火力アップにおすすめです。

また、「つじぎり」中に攻撃を受けることを見越して、「じゃくてんほけん」で火力を伸ばすのも良いです。

終盤の火力を上げるために、「ピントレンズ」や「もうこうダンベル」も選択肢に入ります。

集団戦になると「つじぎり」中に一気に攻撃を受けることがあるので、安定感をとるなら「きあいのはちまき」は非常におすすめです。

筆者は「ちからのはちまき」「きあいのはちまき」「するどいつめ」にしていますが、自分にフィットするものを選ぶと良いかなと思います。

一方、バトルアイテムに関しては現状「なんでもなおし」一択になっています。

これは、「つじぎり」中に妨害技を当てられると技が止まってしまうことから、それを防ぐための対策になります。

特別な理由や独自の理論がない限りは、「なんでもなおし」を持たせるようにしましょう。

サポートメダル

もちものと同じく、いくつか選択肢があります。

優先は茶色6個(攻撃アップ)もしくは白6個(HPアップ)かと思います。

攻撃系のもちもので固めるならサポートメダルも茶色優先、「きあいのはちまき」を入れた耐久型にするなら白優先、というように、自分にフィットする型に応じて選択するようにすると良いです。

筆者は「きあいのはちまき」を入れた安定型にしているので、画像のようにメダルも白優先にしています。

どちらにするにしても、追加効果で攻撃やHPをダウンさせてしまうものは可能な限り避けましょう

ゾロアークは攻撃系のキャラなので、ダウンを特攻で固めることができれば、実質マイナスなく最大限の性能が発揮できます。

こういった点も意識して組んでみると良いでしょう。

使いこなすコツ

「つじぎり」の操作を覚えてとにかく練習

最初はとにかくこれに尽きるかなと思います。

それぐらい「つじぎり」は操作が本当に難しいです…。

基本的なコンボとしては、「つじぎり」を押す→移動1→通常攻撃→移動2→通常攻撃→移動3→通常攻撃→移動4→跳び上がり攻撃、という順番になります。

ただ、通常攻撃の前に移動したり、そもそも通常攻撃が当たらなかったりすると、コンボが途切れてしまいます。

そのため、移動攻撃の度に、スイッチ版で言うと左スティックから一旦手を離さないといけません

これが意外と難しいですし、なおかつ4回の移動攻撃を見据えて移動の位置を考えないといけないので、さらに難易度が高いです。

ゾロアークはスピード型で耐久力が低いので、倒しきるつもりで突っ込んで「つじぎり」をミスした場合、その1回のミスが命取りになってしまいます。

ということで、練習場やスタンダードマッチで極力ミスなく出せるようになってから、ランクマッチで使うことをおすすめします。

コツとしては、画像のように「スティックから手を離す感覚を掴む」「野生を狩るときは三角形、敵を追うときはジグザグに」が挙げられます。

移動攻撃中に「スティックから手を離す」というのは、最初こそ扱いにくいと思うのですが、慣れればできるようになっていくので、まずは感覚を掴めるように練習しましょう。

また、「つじぎり」は他のわざと異なり、最大火力を出すには4回の移動が必要になります。

そのため、何も考えずに野生に突っ込んでしまうと、2回目~3回目あたりで通常攻撃が当たらなくなり、途切れてしまうことがあります。

これも慣れてしまえば難しくはないのですが、普段の感覚のままだと意外にわざで突っ込んでしまいがちです。

タイムロスを避けるために、慣れるまでは「三角形」を目安に移動すると当てやすいです。

一方、当然ながら敵は野生と違って自由に動きます。

突っ込んでくると見せかけて逃げたり、逆に逃げるかと思ったら突っ込んできた、ということもよくあります。

そういった状況の変化に対応しやすくするために、一直線に敵に向かわず、あえて「ジグザグ」に進むようにすると良いです。

一直線に進んでしまうと、敵が予想に反して突っ込んできた場合、瞬時に逆向きに入力しなければなりません。

しかし「ジグザグ」であれば、敵がもし突っ込んできたとしても、真逆より角度を小さく抑えることができます。

ゾロアークは繊細な入力を必要とするキャラなので、ミスを減らすためにも、様々な状況に対応しやすい「ジグザグ」をおすすめします。

やっていくうちに体が覚えていくと思いますが、自然に出来るようになるまでは、このコツも意識して練習してみてください。

イリュージョンも使いこなせれば強力だが…

ゾロアークの特性「イリュージョン」もまた、非常に特徴のある効果になっています。

その効果は「相手チームのポケモンか、野生のポケモンの姿にランダムで変化する。ダメージを受けるか、通常攻撃かわざを使用すると元の姿に戻る。」という内容になっています。

この「イリュージョン」ですが、実は変身する瞬間に少しだけ無敵になれる時間があります。

これを使いこなせれば、とてつもなく強力です。

例えば、ゼラオラのユナイト技やピカチュウの「エレキボール」、ファイアローの「そらをとぶ」等、必中技や高威力の技であっても、着弾の瞬間に「イリュージョン」を使うことで避けることができます。

また、バリヤードの「パワースワップ」も強制的に断ち切ることができてしまいます。

このように、相手の主力となるレベルの技を完封できてしまうような性能になっているので、使いこなすことさえ出来れば非常に強力になります。

ただ、そのためには相手の動きや技を冷静に観察したり、ある程度予測したりしなければならないため、強力ではあるものの難易度も非常に高いです。

そのため、まずは「つじぎり」に専念しつつ、試合を重ねていく中で「イリュージョン」のタイミングを掴んでいくようにすると良いかと思います。

1ガンクの動き

強力な技である「つじぎり」をレベル5で覚えるということで、中央キャラの中でも1回目のガンク(中央担当がレーン戦に参加すること)の性能が最強クラスに高いです。

しかも「つじぎり」は奥にも入り込める性能を持っています。

そのため、従来のスピード型よりも早めに仕掛けると良いです。

アブソルやゲンガーの場合は、ある程度敵が前に出てくるのを待ってから返り討ちにする、という動き方が多いのですが、ゾロアークは敵がチルット付近に見えたら仕掛けて良いぐらいです。

むしろ仕掛けるのが遅いと、「つじぎり」を当て終える前に味方がピンチになることがあるので、早め早めを心がけましょう。

ガンクでどちらのレーンに行くかは状況次第ですが、ある程度技術が身についたら、ジュナイパーやバンギラス等育ちにくいキャラがいる方(敵でも味方でも)に行くのがおすすめです。

味方にいる場合はガンクで有利をとることでその味方がゴールしたり野生を狩ったりしやすくなりますし、敵にいたら一方的に倒し続けられることもあるので、そちらに行くと良いでしょう。

あとは、有利をとれているレーンに参戦してワンサイドゲームにしてしまうのも良いですし、逆に不利側のレーンに行って、押し込まれそうになっている瞬間を狙って返り討ちにするのもありです。

色々な選択肢がありますが、これはゾロアークの性能の高さの裏返しで、嬉しい悩みですね。

なので、自信がない最初のうちは、勝っている方のレーンか育ちにくい敵がいるレーンに行って感覚を掴み、コツが分かってきたら臨機応変な対応をしてみると良いかなと思います。

ユナイト技はつじぎり着地後がおすすめか?

意外とゾロアークのユナイト技は使いどころに困ってしまう印象があります。

主力の「つじぎり」で削りきれることも結構ありますし、ユナイト技を使うと止まってしまうので、ユナイト技中に倒されることもあることから、なかなか使うタイミングに困ることが多いです。

しかも範囲内ダメージであるため、見切られて逃げられてしまうと無駄になってしまいます。

そこで筆者は、集団戦に「つじぎり」で入り込み、跳び上がり攻撃で敵の中に着地した瞬間にユナイト技を使うようにしています。

これなら逃げられる前に発動できますし、「つじぎり」で倒しきれなかった敵にダメージを与えられるので、レックウザ戦でも安定しやすいです。

ただ、敵に耐久力の高いキャラが多い場合は、ユナイト技中にこちらが倒されることもあるので、これが絶対的な正解ではなく、状況に応じて判断する必要がある点には注意が必要です。

対策

ゾロアークは火力こそ高いですが、その反面耐久力が低くなっています。

また、「つじぎり」中に妨害技を受けると中断してしまいます。

ここがゾロアークの弱点です。

そのため、突っ込んできたタイミングを見て集中攻撃したり、妨害技を当てたりすることが、単純かつ強力な対策になります。

ただ、それを見越してゾロアーク側も「なんでもなおし」を持たせていますし、ピクシーやワタシラガのような回復キャラも一緒に編成されている可能性もありますので、決して簡単ではありません。

特に集団戦においては、ゾロアークの動きには常に気を張っておきましょう。

30戦使った段階での筆者自身の感想

中央担当で「つじぎりサイコ」型アブソルを使っていた筆者も、アブソルの下方修正を受けてゾロアークを使ってみることにしました。

とりあえず30戦やってみた感想としては、「『つじぎりサイコ』型アブソルの上位互換か!?」と思うほど強力でした!

同時期にドードリオも試していたのですが、そちらに比べると動き方はアブソルに近く、特殊な立ち回りも必要なかったため、比較的やりやすかったです。

ただ、わざに関しては、やはり「つじぎり」の感覚を掴むまでがとにかく厳しかったです…。

終盤の大事なシチュエーションで突っ込もうとした際に、力が入りすぎてスティックを戻しそびれ、「つじぎり」が出ない、ということもあり、わざの使いこなしには大苦戦しました。

30戦時点ではだいぶ慣れ、ミス自体はほとんどなくなりましたが、気を抜くと出ないことがあるので、その日の最初の試合の前には必ず動作確認をしています。

それぐらい敷居は高いキャラだということですね。

また、突っ込むタイミングもアブソルとは少し違うので、それを習得するまではガンクが上手くいきませんでした。

これもコツをある程度理解した30戦時点では改善できましたが、最初は劣勢ばかりでもどかしかったです。

ということで、筆者自身の使用感としては、「操作難易度や判断が難しい代わりに、非常に強力」という感覚です。

なので、もっと練習して立ち回りを確立していこうと考えています。

おわりに

今回はゾロアークを使いこなすためのコツや使用感等を紹介しました。

ゾロアークは性能こそ高いものの、「難しい」というイメージだけが先行しているせいで、少し敬遠されがちな気がします。

確かに最初は覚えることや習得すべきテクニックが多いですが、慣れれば使えるようになります。

使えるようになれば、ゾロアーク自体はとても強力なので、しばらくキャラに困らないぐらい楽になると思います。

この記事を参考に、ぜひゾロアークを使ってみてください!

以上、ぴかっちでした!

この記事を読んでくれた皆さんが、ポケモンユナイトをより楽しんでくれると嬉しいです!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

ぴかっち
「ガチ勢っぽいエンジョイ勢」として、毎日ポケモンユナイトを研究しています。
シーズン4で世界6000位、シーズン5では4500位に入ることができました!
知識や経験から得た情報を、できるだけ分かりやすくお伝えしていきたいと思っています。
よろしくお願いいたします♪