最新版![プロスピA] リアタイで強い意外な投手4選

 ランク(順位) 傭兵(147388
 経験値  416
獲得バッジ

はじめに

プロスピAのリアルタイム対戦略してリアタイは他のユーザーとリアルタイムで対戦できる機能であり、プロスピにおいて最も盛り上がる機能の一つです。

このリアタイで勝利するには投手力が不可欠です。

しかし広く強いと知られている投手は多くの人が使っているため、相手がその投手に慣れており、打たれる場合があります。

そこであまり知られていないリアタイで強い投手を紹介します。

  • 松葉投手(中日ドラゴンズ)
  • ロドリゲス投手(中日ドラゴンズ)
  • 高橋投手(読売ジャイアンツ)
  • 塹江投手(広島東洋カープ)

この記事は5で読み終わるので最後までご覧ください。

リアタイで強い投手の特徴

まず一般的にどのような特徴を持つ選手がリアタイにおいて強いのかを紹介します。

球速が早い

まず球速が早い投手です。

球速が早いと投げてからボールがホームにつくまでの時間が短いです。

そうなると打つ側からすれば瞬時に球種やコースなどを判断しなければならず、打つのが難しくなります。

なので球速が早い投手はリアタイにおいて強いといえます。

ツーシームを持っている

2つ目はツーシームを持っている投手です。

ツーシームはストレートとほぼ同じ球速で斜めに小さく動く球種です。

通常の変化球は変化する代わりに球速が遅いです。

しかしツーシームは球速が早いため、打つ側からすると早い時間で変化に対応しなければならず、非常に打ちにくいです。

なのでツーシームを持っている投手はリアタイにおいて強いといえます。

同じ回転の球種を2種以上持っている

3つ目は同じ回転の球種を2種以上持っている投手です。

例を挙げるとツーシームとスプリットやスライダーとカットボールなどです。

打つ側は投げた瞬間の回転を見て球種を判断します。

なので同じ回転の球種が2球種あると投げた瞬間にはどっちの球種なのか判別できないため、合わせるのがとても大変になります。

したがって、同じ回転の球種を2種以上持っている投手はリアタイにおいて強いといえます。

強力な特殊能力を持っている

4つ目は強力な特殊能力を持っている投手です。

特殊能力は発動すると相手の能力を下げたり、自身の能力を上げたりします。

なので相手の本来の能力を発揮できなくしたり、投手の力を上げたりすることができます。

特に「対ピンチ」や「コントロール」はとても強力です

変化量が大きい変化球を持っている投手

最後は変化量が大きい変化球を持っている投手です。

変化量の大きい変化球は文字通り変化の幅が大きいため、打つ側からすると変化の終わりを把握しずらいためとても打ちにくいです。

なので変化量が大きい変化球を持っている投手はリアタイにおいて強いといえます。

リアタイで強い意外な投手4選

ここからはリアタイで強い意外な投手を4人紹介します。

松葉貴大投手(中日ドラゴンズ)

一人目は中日ドラゴンズの松葉投手です。

松葉投手は様々な点でリアタイにおいて強いといえます。

1つ目は変化量が小さい球種が多く逆に打ちづらい点です。

松葉投手のカットボールの変化量は1で、ただでさえ変化量が小さいカットボールなのでその変化量はごくわずかです。

打つ側からするとカットボールの回転と判断したときに少しカーソルを横に動かしますが、松葉投手のカットボールはほとんど動かないためカーソルが合いません。

またフォークボールも特殊なフォークで変化量が小さく、バッターがもう少し落ちると勘違いしカーソルを下に合わせすぎてフライを上げる傾向があります。

このように松葉投手は小さすぎる変化量を逆に利用することができるためリアタイにおいて強いといえます。

2つ目は特殊能力が強力な点です。

先ほど「対ピンチ」と「コントロール」は強いと述べましたが松葉投手は両方持っています。

「対ピンチ」は投手能力を上げますが松葉投手は超対ピンチ」を持っているため変化量を2上げます

なのでツーシームの威力が上がったり、通常変化量4のスラーブが6まで上がります。

そうなると先ほど述べた小さい変化球と組み合わせることによってバッターをかく乱することができます。

また「コントロール」によって自分の思ったところに投げやすくなるのもとても強力です。

このように特殊能力が強い点もリアタイにおいて強いといえます。

ロドリゲス投手(中日ドラゴンズ)

二人目はロドリゲス投手です。

ロドリゲス投手の強い点はその球種にあります。

ロドリゲス投手は現環境では投げれる投手の少ないムービングを持っています

ムービングはトレートとほぼ同じ球速で右斜めしたか真下か左斜めしたかどれかにランダムで小さく変化します

なのでバッターは短い時間で3つの変化パターンから1つを判別し打たなければなりませんが、これは慣れないと不可能です。

しかし現環境でムービングを投げる投手が少ないため慣れる機会が少ないです。

なので多くの投手が持っているツーシームと似ていますが、慣れにくい事や3つの変化パターンがある点においてツーシームよりも強いです

またその他の球種は変化量が大きいため、ムービングを意識していると不意を突かれて対応できません。

また、先発も中継ぎもできることから、投手事情に合わせた使い方ができるのも強力です。

これらのことからロドリゲス投手はリアタイにおいて強いといえます。

高橋優貴投手(読売ジャイアンツ)

3人目は高橋投手です。

高橋投手の強い点はスクリューと特殊能力の「超対ピンチ」です。

高橋投手は変化量5のスクリューを持っています。

スクリューは低めと真ん中と高めの場合でそれぞれ変化の仕方が異なります

さらに「超対ピンチ」がつくとスクリューの変化量が7まで上がるため、6種類の変化パターンが同じスクリューで投げられます

なので打者からすると、慣れるのに時間がかかります。

またスクリューの変化量は「超対ピンチ」が発動しているときは最大変化量の7で発動していないときは5ととても大きいため、慣れるのにとても時間がかかります。

このように高橋投手はただでさえ打ちにくいスクリューの変化量が大きいためリアタイにおいて強いといえます。

塹江敦哉(広島東洋カープ)

最後は塹江投手です。

塹江投手は持っている球種と「超対ピンチ」がとても強力です。

塹江投手は先ほど強い投手の特徴で述べたツーシームを持っています。

また、塹江投手のチェンジアップは通常とは違いツーシームとほぼ同じ回転で縦に大きく落ちる球種です。

なのでツーシームとチェンジアップの区別がつきにくくとても打ちにくいです。

さらに「超対ピンチ」がつくと変化量が2上がるため、ツーシームを狙っていた時にチェンジアップが来た時に対応することが難しくなります

またスライダーの変化量が大きく、ツーシームとチェンジアップの区別で頭がいっぱいな時にふいに投げられるとなかなか対応できません。

このように塹江投手はチェンジアップとツーシームの区別がつきにくく、変化量が大きいためリアタイにおいて強いといえます。

最後に

ここまで「最新版![プロスピA] リアタイで強い意外な投手4選」と題してお送りしました

今回紹介した投手はあまり使われておらず慣れている相手は少ないので、これらの投手を使って勝率をどんどん上げていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト