【パズル&サバイバル】恒常イベント[浄水争奪戦・ギルド大乱闘]の概要・攻略前編(開始まで)

 ランク(順位) 拳聖(22401
 経験値  4,030
獲得バッジ
1つのカテゴリーで10記事1記事で1万PV25記事達成攻略記事を20記事公開

恒常イベント[浄水争奪戦・ギルド大乱闘]の概要・攻略前編(開始まで)

ギルドに加入していると、毎週何かしらの恒常イベントが発生します。

本記事はその中の一つ、“浄水争奪戦・ギルド大乱闘(※)”の概要と、簡単な攻略となります。

※浄水争奪戦とギルド大乱闘という一応別の名称のイベント

二つはほとんど同内容のイベント(参加するギルド数が違う)なので、この記事では併せて記載します。

記事が大きくなりすぎるため、前編(当記事)でイベント開始直前まで、後編でイベント中、と分けました。

前提としては、一般ギルドメンバー視点での説明です。

概要各種注意点などといった内容です。

  1. 浄水争奪戦・ギルド大乱闘とは?
  2. 事前に NAP 決めておいて効率良くポイントゲット!

この記事は大体 5 分で読み終わりますので、さいごまで読んでいってくださいね!

概要

極めて簡素に書くと、ギルド同士でポイントを取り合うイベントです。

公式の「イベントルール」は ↓ 。これだけだとよくわかりません。

「戦場の流れ」のページに書いてあるのは ↓ 。これも端的過ぎて分かったようなわからないような。

重要な「ポイントの詳細」に書いてあるのは ↓ 。やっと具体的な値が出てきましたが、つまりはどういうことなのか、が?

報酬と報酬で取れる水を使って交換できるショップが ↓ 。

このショップで取れる英雄「アンナ」が目玉です。

この英雄の入手と強化が目標となります。

開始前の確認事項

開始は事前にエントリーしていた時間になったら、指定の戦場へギルドメンバーそれぞれの操作でワープします

時間到来で開始タイプのイベントです。

ランク Ⅳ 、ギルドマスターが事前エントリーとエントリー時間の変更をできます。

役職者、ギルドマスターがエントリーするのが一般的ですので、エントリー時間が決まったら確認しておきましょう。

開始時、戦場へのワープした時に、進軍枠が全て自動で空きとなります

採集中の場合は、資源を途中で残すこととなります。

国ルール次第ですが、採集を取りきらずに中途半端な状態で残すことは、基本的に NG ですので、開始時間に合わせて終えるように、採集時間を調整しましょう。

後述しますが、イベント開始時間から 5 分間は何もできないので、その時間以内に終えるようでしたら、採集が終わってからワープするのもアリです。

採集終わって部隊帰還中でのワープは、一瞬で戻ってくる、という扱いとなり、採集には問題無いです。(むしろ嬉しい)

進軍枠は空からのスタートで使い方が重要となります

施設へ部隊を派遣して占領、敵の占領施設を攻撃、偵察、などと、進軍枠を使う操作が盛りだくさん。

ただ、戦場へワープした際にいったん全進軍枠が空となるので、採集との兼ね合いの心配はありません。

参加条件はエントリー可能開始時のギルド所属、イベント開始時コントロールセンター(略称 cc )のレベル 18 以上となっています

cc レベルはともかく、水曜 9:00 以降に強い方が加入した時には注意が必要です。

エントリー確定後、相手が決定し、戦力や人数などが確認できます

ギルドマスターや役職者が、相手ギルドと連絡を取り、何らかの協定を結ぶ可能性があります。

相手の戦力や、協定があるようであればその内容を確認しておきましょう。

イベント戦場での戦闘による負傷者は、イベント終了後、即時回復します

避難所を攻撃されて、全兵負傷となったり、激しい施設の攻防で多くの兵士を失ってもすぐ戻ってきます。

ただし、イベント中は使用不可のままなので、すぐ復帰させたい場合は、医療ブーストかダイヤを使って治療する必要があります。

協定( NAP )について

イベント開始までに

エントリー後、イベント前日に相手ギルドが確定します。

ここで、対戦相手への連絡ができるので、ギルドマスターか役職者が、 NAP と言われる提案をすることが良くあります。

もちろん、相手から受ける、ということも。

NAP とは

この手のゲームによくある協定で「Non-Aggression Pact」の略。

そのまま訳すと「不可侵条約」となりますが、全く戦わない、という協定ではなく、指定の施設はお互い不可侵、というレベルのものがほとんどです。

このゲームにおいて指定の施設というのは、「避難所」であったり、それぞれの側にある施設、であったり、など。

それらの事前に決めたものを攻めるのは、お互い止めましょうね、というものとなります。

あくまで、プレイヤー・ギルド間での取り決めですので、システム的に攻撃できなくなるわけではない、という点に注意しましょう。

浄水争奪戦・ギルド大乱闘における NAP の利点

なぜ、 NAP を採用するのか?

それは、このイベントは勝ち負け以外に、個人の入手ポイントでの報酬があり、それを取得したいからです。

ランクによって対戦相手が決まるとはいえ、相手との戦力格差が発生することが良くあるのが当イベント。

強いギルドが全施設を制圧し、相手にポイントを渡さず完封、ということもできてしまいます。

また、強いギルドとしても、まだ戦力的に厳しいプレイヤーが、効率良くポイントを稼げない可能性があります。

その懸念がある場合、 NAP さえ決めておけば、両陣営の参加プレイヤーが安心して一定の報酬を得られるため、お互い損はありません。

開始してから 5 分まで

戦場の非戦闘区域ワープして、イベント開始後 5 分間はどの施設もシールドが張られていて占領できない状態です。

ギルドメンバーが集まるのを待つ時間ですが、対戦相手のギルドと何かしらの協定がある場合は、その打ち合わせをする時間となります。

また、相手の人数、戦力なども確認できるので、この間に戦略を決めておきましょう。

協定が確定している場合はその内容の伝達・ギルド同士で最終確認も。

協定( NAP )の例を上げて解説

例えば、『 NAP 自ギルド 見はり塔 1,2,3 要塞 1 、相手ギルド 見はり塔 6,7,8 要塞 2  + 避難所』と、なった場合。

自分たち目線での行うべき行動、行ってはいけない行動は下記となります

・見はり 1,2,3 と要塞 1 は占領確定で、さらに相手からは攻められない

→ これらの施設に兵を入れておけば、ポイントを安全に稼ぐことができます。(入れる兵は 1 で良いです)

・見はり 6 , 7 , 8 と要塞 2 は攻撃と偵察をしてはいけない

・相手の避難所も攻撃と偵察をしてはいけない ( 相手からも攻撃・偵察はされない )

→上でも書いている通り、あくまでプレイヤー同士の協定なので、操作としては行えてしまいます。

意図的に行うことは論外で、誤操作にも注意しましょう。

さいごに

イベント開始前までのことを書いていきましたが、長い!文字がたくさん!専門的に見える用語が多い!

本記事では、ギルドマスターや役職者といった、管理者目線ではなく、参加するのみのプレイヤー目線での説明・攻略主体でした。

実は、今( 2022/08/05 時点) 537 国でギルドマスターをしていて、他ギルドとの交渉、事前準備など、ここに書いたこと以外にもいろいろやっています。

この記事の後編部分まで書いたら、次は、管理側が何をすべきか?という記事を書くかもしれません。

そちらは、必要な方はいらっしゃるとは思いますが、母数が少ないので、時間に余裕があったら、ということで・・・

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト