【龍が如く0】プレイスポットを遊び尽くせ!キャバクラキングへの道のり⑥

 ランク(順位) 軽戦士(42388
 経験値  1,699
獲得バッジ
10記事達成1つのカテゴリーで10記事

前回の復習

第6回目になります。

前回は VENUS エリアのファン数が5000人を突破し、挑戦状を貰いました。

しかし、ユキちゃんがいなくなってしまい、不在状態での営業が続いています。

前回までのあらすじはこちらになります!

【龍が如く0】プレイスポットを遊び尽くせ!キャバクラキングへの道のり⑤

今回は、いよいよ金原との直接対決になります。

さらに、気になるユキちゃんの行方を追って行きたいと思います。

それでは今回も一緒にキャバクラキングを目指していきましょう!

  1. 金原との最終決戦
  2. 亜衣ちゃん大活躍
  3. ユキちゃんの行方

この記事は5分程で読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね!

金原との決戦

早速キャバクラバトルに挑んでいきたいと思います!

もう恒例となっている金原の笑い声がサンシャインに響き渡ります。

いつものように金原がフラっと入店してきます。

バトルに勝って、この余裕顔をしかめっ面に変えてやりましょう!

金原は真島を見るやいなや不安そうな顔をしていると指摘します。

意味深な発言をする金原。

まるで、お店の女の子が姿を消したような…

やはりユキちゃんの失踪に関与していると見て間違いなさそうですね。

こんなやり方をされて、真島支配人も黙ってるわけにはいきません!

ユキちゃん不在の中、亜衣ちゃんも闘志満タンです。

今回のバトルでもきっと活躍してくれますね!

それでは早速戦っていきましょう。

今回の営業メンバーはこれだ!

今回のキャバクラバトルはこのメンバーで戦っていきたいと思います。

どんなお客さんでも圧倒的なパフォーマンスで魅了する亜衣ちゃんを筆頭に、悦子、磯部先生の TALK と PARTY 要員に不動の2トップを据えます。

脇には、ゴールドキャストの小泉、聖子、静香で固めます。

SKILL 要員がやや不足していると感じたので、シルバーキャストから春海を招集しています。

慕乃実に関しては、私の好みです!

ボイスがお伝え出来ないのが残念ですが、このおっとりとしたビジュアルに、甘い口調で会話します。

オリジナルキャラクター以外では私の最も推しているキャストになります!

では、早速始めていきたいと思います!

バトル開幕

いよいよ始まったバトル。

バトル開始前のこの演出は何度見てもかっこいいですね!

序盤から、売上でリードをしていきます。

キャスト達が成長してくれたのでしょうか、火野とのバトルの時とは違い、終始リードしたまま進んでいきます。

ここでまさかの亜衣ちゃんのダブル指名が入ります。

大富豪2人からの指名という嬉しい悲鳴ですが、亜衣ちゃんの身体は1つしかない為、対応が難しかったです。

変わりに悦子にヘルプに行かせようとするも、後から来た大富豪は怒り顔です…

フィーバータイムに突入し、畳みかけます。

客層がご覧の通り、LOVE にかなり偏っています。

エリアによって好きな傾向に偏りがあるのでしょうか。

満遍なくバランスのいいメンバー選定をしたのが仇となりました。

しかし、お気に入り枠での採用となった慕乃実は LOVE の能力が高い為、かなり活躍してくれました。

ここで相手も仕掛けてきます。

ダンシング・ヴィーナスでお客を追い出し、女の子を疲れさせてきます。

技名に対して、やっていることはひどいです…

6人退店とありますが、見ての通り6人だと全員になります…

しかしなぜか退店がまばらだった為、何とか持ち直します。

すかさずこちらもサンシャインフィーバーで対抗します。

こちらは相手のお客を追い出すような事はしません。

陽田さんが早くも勝利が決まったような表情をしていますね…

ここでキャバクラバトルが終了します。

気になる結果は…

見事に差を付け勝利しました!

来客数では後れを取りましたが、大富豪の来店も多くあり、飲食売上で大きく差を付ける結果になりました。

そして亜衣ちゃんが驚愕の1905万円の売上を叩き出しました。

亜衣ちゃん指名のお客様の来店が多かったですが、一人で勝負できるくらいの売上でした。

ユキちゃん不在の分を自分がカバーするんだという意識もあったのでしょうか。

有言実行な所が素晴らしいです。

豹変する金原

ユキちゃん不在の中、無事に勝利する事が出来ました。

敗北が受け止められず金原は取り乱してしまいます。

そんな金原を千佳は悲しそうな目で見つめます。

月山を越えるために必死だった金原の事が千佳は大好きだったようです。

しかし、金原が苦しんでいる姿を見ていられず、これからは肩の力を抜いて一緒にやっていこうと提案します。

千佳の優しさに金原も改心と思いきや…

金原が豹変します。

責任は自分ではなく全て千佳に押し付けます。

前回の火野といい、ファイブスターのオーナーは毎回キャストのせいにしないと気が済まないのでしょうか。

金原が大好きで付いてきていた千佳に対してこんな態度はあんまりです…

さらに暴言を吐き続ける金原。

これは火野以上にひどいオーナーですね…

見かねた亜衣ちゃんが止めに入りますが、聞く耳はもってくれません。

諦めきれない金原は、真島に勝負を持ち掛けます。

金原との最終決戦

店外に場所を移して、金原との喧嘩が始まります。

しかし、相手が悪いです…

殴り合いとなれば真島支配人の主戦場です。

見事な蹴りで金原を吹き飛ばします。

あっという間に金原は倒れてしまいます。

燃え尽きたような表情をしています。

これで少しは改心するでしょうか…

と思いきや、こんなの認められない、もう一度勝負しろとせがむ金原。

どれたけしつこいんでしょう…

すると、そこに月山が現れます。

さすがファイブスターのトップなだけあって凄い威圧感です。

金原のしつこさに怒り心頭の様子です。

月山を越えたいという金原に対して君には無理だとバッサリ切り捨てます。

この一言で完全に金原の心が折れました。

金原はその場から逃げ去っていきます。

これでファイブスターの二人を倒し、月山との戦いも近づいて来ました。

ファイブスターも二人が敗れ、崩壊寸前じゃないかという真島支配人に対し、月山はファイブスターにそこまでこだわっていないので崩壊してもいいと意味深な発言をします。

月山も真島との戦いを予感している様子です。

いずれ、倒して見せましょう!

取り残された千佳、忘れられたユキ

この展開は亜衣ちゃんの時を思い出します。

金原が逃げてしまったので千佳が取り残されてしまいました。

金原の件を謝罪する千佳。

本当になんていい子なんでしょう。

さすがにあんなことを言われて千佳もショックを受けている様子です。

これからどうしようか困っています。

これは…

待望のスカウトチャンスですね。

サンシャインにこれば笑顔で働けると力説する真島支配人。

そうですね、サンシャインでそんな悲しい顔は似合いません!

女の武器は涙じゃない、一番の武器は太陽みたいな笑顔と素晴らしい事を言ってくれます。

千佳のこんな笑顔を初めて見ました!

プラチナキャストの千佳ちゃんがサンシャインで働いてくれることになりました!

一件落着?

金原との対戦に勝利し、千佳ちゃんを新たなキャストを加えてこれにて一件落着です!

亜衣ちゃんもお祝いムードです。

真島支配人もパーッとやろうと今日はノリノリです。

しかし、何か大事な事を忘れている気がします…

亜衣ちゃんも何か忘れているような、と考えています。

最終的には考えるのを辞めてしまった亜衣ちゃんでした。

忘れるくらいな事なので、きっと大した事ではないはずです。

それでは、千佳ちゃんの能力を確認していきましょう!

プラチナキャストの千佳

プラチナキャストなだけあってかなり高い能力になっています。

突出しているのは TALK と SKILL です。

特に SKILL はここまで高いキャストはいなかったので、即戦力として期待できそうです。

ユキちゃんと亜衣ちゃんは比較的バランスよく能力が高かったイメージですが、千佳ちゃんは2種類の能力に特化しているような感じですね。

次からの新エリア攻略で活躍してもらいましょう!

さいごに

亜衣ちゃんの忘れ物の正体が判明しました!

ユキちゃんです!

サンシャインの顔とも呼べるユキちゃんの存在を忘れてしまうとは…

ユキちゃんはサンシャインが入っているビルの上階で縛られていました。

金原と戦った後ちゃんと救出しました!

これでユキちゃんも復活し、万全なサンシャインで、次回は新エリアの攻略と出来ればスカウトもしていきたいなと思います。

では、また次回お会いしましょう!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

くぜze
くぜzeと申します。
三度の飯よりゲームが好き、仕事よりゲーム、ご飯よりゲーム、お風呂よりゲーム。
特に龍が如くが大好きです。
社会人になってからですが熱中しました。
リアルタイムでやっていなくても後からやってみたらこんなに面白いゲームあったんだ……!!となることが多々あります。
プレイ・レビュー系記事がメインになるかと思いますが、このゲーム面白そうだな。をたくさんの人に伝えていければと思っております!
Twitterアカウント@ze68911579