【シャドバ】グリームニルがナーフされた世界で俺だけが使える【機械進化混沌ウィッチ】

 ランク(順位) 錬金術師(1384
 経験値  41,632
獲得バッジ
ライターランキング1位月間PV1位達成10週連続記事公開ランク「神」に到達375記事達成4つのカテゴリーで10記事30カテゴリーの記事公開攻略記事を40記事公開まとめ記事を20記事公開総獲得PVが「250万」PVに到達1記事で25万PV

この記事では、十禍闘争(ナーフ後)環境における「機械進化混沌ウィッチ」について解説します。

他の連勝デッキに興味のある方は、以下のリンクをご覧ください。

関連:【シャドウバース】連勝デッキ・速報ポータル【シャドバ】 

機械進化混沌ウィッチというとんでもないデッキが現れました・・・

みなさんこんにちは、「横島先生」です。

本日は、「機械進化混沌ウィッチ」について、ざっくりと解説させていただきたいと思っています。

「混沌の流儀」というランダム性が高いカードを使用しながら、「機械軸」と「進化軸」にシナジーを持ち、強力なリーサル手段を持つデッキとなります。

また、十禍闘争環境に入り、早々にナーフされた「グリームニル」を、最も強く使えるデッキの1つでもあります。

ではさっそく、詳細を見ていきましょう。

  1. 「強いデッキの条件」とは・・・
  2. 機械進化混沌ウィッチとは
  3. プレイング動画
  4. マリガンについて
  5. プレイングについて

この記事は5分程度で読み終わりますので、さいごまでお付き合いいただければ幸いです。

「強いデッキの条件」とは・・・

唐突ではありますが、皆様はシャドウバースにおける「強いデッキの条件」をご存じでしょうか。

「個々のカードが強い」、「カード間のシナジーが強い」、「環境に合っている」など色々と思い浮かぶと思います。

そのような条件の中の1つに、

・ニュートラルカードを他のデッキよりも強く使える

というものが挙げられます。

「ニュートラルカード」は、全てのリーダーが共通に使えるカードですが、リーダーやデッキ構成によって強弱が異なるカードでもあります。

例えば、十禍闘争のナーフ前の環境においては「進化ネクロ」が猛威を振るっておりましたが、

・「ベルエンジェル」や「グリームニル」といったニュートラルカードを強く使うことができた

という特徴がありました。

つまり、シャドウバースには、『同じカードでありながら、デッキによっては最強になったら最弱になったりする』というアンバランスさを抱えたゲームと言えます。

そして、「グリームニル」のナーフにより、その特徴が消えてしまったため、「進化ネクロ」は勢いを失うこととなりました。

これは進化ネクロだけではなく、「進化〇〇」と銘打つデッキのほとんどに当てはまる事象でした。

「コスト4」が「コスト6」になるというのは、それほどインパクトがあるナーフであったと言えます。

このように、多くのデッキが「グリームニルのコストアップ」によって、グリームニルを採用することができなくなりました。

(採用しても以前ほどの猛威を振るうことはできませんでした。)

しかし、コストアップの影響をほとんど受けないデッキタイプが存在します。

それが「混沌ウィッチ」となります。

それは、「混沌の流儀」や「想像の具現化」といったスペルカードによって、グリームニルのコストを踏み倒すことができるためです。

機械進化混沌ウィッチとは

デッキ構成

「機械進化混沌ウィッチ」は、

・機械軸

・進化軸

・混沌軸

の3つの軸で混成されるデッキタイプです。

機械軸について

機械カードを活用して、「進化回数」、「手札枚数管理」、「盤面処理」、「リーサル補助」を担当します。

「進化回数」稼ぎにおいては、テトラの無料進化に頼ることはほとんど(必要)なく、叡智の結実で手札をドローしながら進化することがほとんどです。

「手札枚数管理」が機械軸の主な仕事であり、手札を増やすだけではなく、手札を減らすためことも重要です。

・5ターン目までに「混沌の流儀」を引く

・「想像の具現化」のために手札の空きを作る

という、相反する2つの行動を、「叡智の結実(および餌となる機械カード)」で達成することとなります。

「盤面処理」は、主に3~4ターン目の一番厳しい時期に、相手のフォロワーを削る仕事です。

5ターン目に「混沌の流儀」を出せてしまえばなんとかなるデッキであるため、その役割は非常に重要となります。

「リーサル補助」の役割は、非常に面白い要素です。

5回の進化回数を達成していると、「清澄の蒼・テトラ」はファンファーレで2枚のソニックフォーを入手できます。

また、そのソニックフォーを使用することにより、テトラは無料進化することができ、PPを2回復しながら、更に1枚のソニックフォーを入手できます。

そのため、「想像の具現化」でテトラを引くことができれば、実質1コストで相手の顔面を6点詰めることができます。

進化したテトラで盤面処理もできるため、追加のグリームニルで一気にリーサルを狙うことが可能となります。

進化軸について

「フラワリングマジシャン・マリー」、「叡智の結実」、「未来への飛翔」および「楽隠居の元国主フォリア」により、先攻であっても容易に「進化回数5回」を稼ぐことができます。

進化回数が稼げると、「ユピテル」や「グリームニル」を強く使うことができます。

「混沌の流儀」や「想像の具現化」で低コストになったユピテルでPPや盤面をコントロールしつつ、同じく低コストになったグリームニルを盤面に投入するのが、今デッキの勝ち筋の1つとなります。

混沌軸について

5ターン目に「混沌の流儀」を使ったのち、低コストになった高スタッツフォロワーで盤面をひっくり返しながら、自リーダーの体力を回復させるのが主なムーブとなります。

6ターン目に「混沌の具現化」が出せれば最高です。

6ターン目に高スタッツフォロワーを並べ、その勢いのまま勝利することが多い。

一方、「守護ビショップ」、「回復ビショップ」、「狂乱ヴァンプ」などの強力なデッキは、コストをいじられても平気で盤面を返してくることがあります。

そうなった場合は、進化回数を稼ぎながら、グリームニルを叩きこむプランを狙うこととなります。

プレイング動画

 

マリガンについて

先攻・後攻関係なく、「混沌の流儀」を探しに行きます。

ナーフ後の十禍闘争環境は、全体的に展開が遅く、5ターン目に「混沌の流儀」を通せることが多いです。

逆に、6ターン目以降は一気に魔境となり、強力なフォロワーが敵盤面を埋め尽くしてきます。

そのため、

・如何に5ターン目までに「混沌の流儀」を引くか

が重要な課題となります。

進化回数稼ぎや機械軸のシナジーなどは一切気にせず、「混沌の流儀」が手札になければ全マリガンし、2枚以上あったら1枚だけ残して捨てるようにしましょう。

既に「混沌の流儀」がある場合のみ、

・敵の展開が早いようであれば(エルフは特に危険)、「フラワリングマジシャン・マリー」、「ゴブリンの奇襲」、「輪廻の女神」などの序盤から盤面に干渉できるカード

・ゆっくりできそうな相手の場合は「想像の具現化」

を手札に残すようにしましょう。

特に、対エルフ戦は「混沌の流儀」さえ使えてしまえば勝機が一気に高まるため、序盤のケアが重要となります。

プレイングについて

とにかく、

・5ターン目に「混沌の流儀」を使用する

ことが、最重要事項となります。

それまでに盤面が押されて、5ターン目を生き残れないようであれば、「デッキの修正」や「混沌ウィッチの封印」を考える時期だと思われます。

「混沌の流儀」を手札に加えられた場合、「想像の具現化」を探すことになります。

一方、「想像の具現化」は、3枚のカードを手札に加えるため、その分の手札の空きが必要になります。

(使用直前の手札枚数が7枚以下であることが目安です。)

ですので、無計画に手札を増やしていくと、肝心な時に「想像の具現化」が活用できない場合があります。

「叡智の結実」に機械カードを餌にすることで、手札枚数を減らせることを意識すると、手札管理が多少は楽になります。

5ターン目に「混沌の流儀」を使用し、6ターン目に「想像の具現化」が使用できれば、その後の展開はグッと楽になります。

・高スタッツフォロワーでそのまま押し切るプラン

を意識し、それが無理なようであれば、

・進化回数を満たした後の、「グリームニル」と「テトラ」でバーンダメージを狙うプラン

に移行します。

敵味方問わず、運が勝負を左右するデッキであるため、「うまくいかなくても腐らない心」を意識するようにしましょう。

「十禍闘争」環境(ナーフ後)の機械進化混沌ウィッチのまとめ

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

本日は、「機械進化混沌ウィッチ」について、ざっくりと解説させていただきました。

では、本日はここまでとさせていただきます。

ではでは。

【シャドウバース】連勝デッキ・速報ポータル【シャドバ】

 

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei