【シャドバ】またナーフ!?補償の仕方を見直してもらいたい件【シャドウバース】

 ランク(順位) 海賊王(1388
 経験値  40,365
獲得バッジ
ライターランキング1位月間PV1位達成10週連続記事公開ランク「神」に到達375記事達成4つのカテゴリーで10記事30カテゴリーの記事公開攻略記事を40記事公開まとめ記事を20記事公開総獲得PVが「250万」PVに到達1記事で25万PV

この記事では、シャドウバースの「ナーフ」について、説明させていただいております。

現環境の状況について興味がある方は、下のリンクをご覧ください。

関連:【シャドウバース】連勝デッキ・速報ポータル【シャドバ】 

またもやナーフが行われそうです・・・

みなさんこんにちは、「横島先生」です。

この記事を執筆しているのは、「十禍闘争」実装1週間時点ですが、早くも「ナーフ」が行われそうです。

※ナーフとは?:開発者がゲームバランスの調整を(意図的または偶発的に)誤ったため、特定のカードを弱体化してバランスを取る行為。

なお、現在の環境は以下のような感じです。

「十禍闘争」実装1週間の各リーダーの連勝数報告合計の推移

「十禍闘争」実装1週間の各デッキの連勝数報告の合計

上の図からもわかりますとおり、ネクロマンサー(特に進化ネクロ)1強時代となっております。

また、「十禍闘争」実装1週間における、全リーダーの連勝数報告を合計したものの推移は、以下のとおりです。

「十禍闘争」実装1週間における連勝数報告の合計の推移

「十禍闘争」実装日が「12月27日PM5時」であったため、初日の報告は少なくなっていますが、翌日にはピークの「1595」となっています。

しかし、1週間後の1月3日には、連勝数報告の合計は「557」となっており、ピーク時の3分の1程度にまで落ち込みました。

実装から連勝数報告が少なくなっていくのは当然ですが、さすがにこの落ち込み方は異常です。

そのようなこともあり、バランス調整のために、近日中に「ナーフ」が行われるのではないかという意見が出始めております。

ナーフ自体は悪いことではないのですが・・・

「ナーフ」は基本的に

・バランスの悪い環境を是正する

という対応であるため、悪いこととは言い切れません。

(むしろ、多くのプレイヤーにとっては歓迎されるものと言えるかもしれません。)

しかし、

・特定のカードを弱体化するということは、特定のカードを持っているプレイヤーの不利益になる

ことは紛れもない事実です。

そこで、シャドウバースの運営は、「ナーフ」を行った際に、

・弱体化したカードに対して、そのカードの作製に必要なレッドエーテルと同じ量だけ、レッドエーテルを補償する

という対応をとっています。

つまり、ナーフ(弱体化)したカードと同じレアリティのカードを入手できる分のレッドエーテルを補償するということです。

個人的には、この対応がプレイヤーの不満を募り、運営への不信感を増長しているように感じます。

そもそも「ナーフしたカード」だけの補償では足りない

例えば、「十禍闘争」環境を全力で楽しみたいと思っているプレイヤーがいるとします。

(新規プレイヤー、復帰プレイヤー、または、前環境でネクロ以外のリーダーを愛用していたプレイヤーを想定します。)

どうも「進化ネクロ」が強くなりそうだと感じたそのプレイヤーは、「課金」または「手持ちのレッドエーテル」により、次のようなデッキを製作しました。

「進化ネクロ」のデッキ構成

このデッキを製作するのに必要なレッドエーテルは「44,450(テンポラリーカードを使えば 33,950)となります。

ところが、「進化ネクロ」が強すぎたため、キーカードである「スケルトンレイダー」がナーフされたとします。

そうすると、スケルトンレイダー3枚分のレッドエーテル「10,500(テンポラリーカードを使えば 7,000)」は、制作時と同じ費用で補償されることとなります。

しかし、そのプレイヤーが本来製作したかったのは「スケルトンレイダー」ではなく、「進化ネクロ」です。

「進化ネクロ」が強いと感じたため、その構成パーツとして「スケルトンレイダー」を作製したに過ぎません。

そのため、「スケルトンレイダー」がナーフされたことで「進化ネクロ」自体が弱くなるのであれば、

・そのプレイヤーにとって、「進化ネクロ」デッキそのものの価値がなくなる

こととなります。

そのプレイヤーはきっと、ナーフされた「進化ネクロ」デッキを分解し、他のデッキを組むこととなります。

しかし、「進化ネクロ」を分解しても得られるレッドエーテルは「20,410(テンポラリーカードを使えば 14,910)」にしかなりません(スケルトンレイダーの補償を含んだ額です)。

つまり、ナーフが行われることにより、このプレイヤーには「24,040(製作費44,450-分解分(20,410)」の損失が発生することになります。

(テンポラリーカードを使っていれば「19,040」の損失)

結局のところ、

・ナーフしたカードの補償だけでは、全然足りていない。

ということになります。

補償の見直しに対する提案

提案①:全プレイヤーに対して補償を行う

特定のデッキがナーフされれば、他のデッキにも影響を与えます。

例えば、ナーフされるような強力なデッキであれば、そのデッキに対抗するためのデッキも製作されますが、強力なデッキが環境から消えれば、対策デッキもまた消えていくことになります。

つまり、運営の判断で1つのデッキを消滅させれば、複数のデッキが消滅することとなります。

それらのデッキ(およびそれを作製したプレイヤー)を救済するためには、全プレイヤーに補償するのが手っ取り早いと思われます。

そもそも、ナーフしたカード分だけを補償するソシャゲは、DTCG(デジタルトレーディングカードゲーム)の分野くらいなものです。

例えば、シャドウバースと同じ開発であるグランブルーファンタジーにおいて、特定のキャラクターを弱体化した場合には、大炎上を起こした上で、全プレイヤーに大きな補償が行われることは明白です。

なぜ、DTCGの補償が少ないのかと言えば、シャドウバースがリスペクトしていた「ハースストーン」というゲームの補償を見習っているためだと思われます。

「ハースストーン」が勢いを落とした今、シャドウバースも根本的な価値観の見直しを行っても良いような気がします。

(または、「レジェンド」はナーフしないという、サービス開始当時の姿勢を取り戻してもらいたいものです・・・。)

提案②:全カードを補償する

前述のように、ナーフが行われると、該当するデッキだけでなく、全てのデッキが影響を受けることとなります。

そうであるならば、

・ナーフ後の一定期間は『全てのカード』について、制作時と同額で分解できるようにする

べきであると考えます。

特に、新カードパック実装初期にナーフを行うのであれば、この対応が良いと思います。

つまり、

・ごめん、色々間違っちゃったので、もう一度みんなでデッキを作り直そう?

ということです。

運営の売り上げの問題も出てくるかもしれませんが、

・そもそも、売り出したカードを早々に弱体化すること自体、商売としてどうなの?

という気がしてなりません。

またナーフ!?補償の仕方を見直してもらいたい件のまとめ

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

本日はナーフの補償の仕方について、お話させていただきました。

運営には、

・ナーフをあまり軽く考えないで欲しい

というのが正直な感想です。

では、本日はここまでとさせていただきます。

ではでは。

【シャドウバース】連勝デッキ・速報ポータル【シャドバ】

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei