【シャドバ】無課金でも環境最前線で戦えるおすすめのプレイ方法

 ランク(順位) 神Lv47(2400
 経験値  21,245
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

シャドバは無課金でも環境最前線で戦うことができる

「シャドバは無課金じゃ環境に追いつけない」「課金した人が強いゲーム」このようなイメージを持ってる方が多いと思います。

今回は、そのような方のためにシャドバを無課金でも環境最前線で楽しむ方法を紹介していきます。

  1. リセマラは不要
  2. 無課金でもルピ・エーテルを集めることができる
  3. 無課金でも環境最前線で戦える工夫方法

筆者は「シャドウバースリリース当初」から無課金でプレイしているため、工夫方法など全部盗んでください!

この記事は5分程度で読み終わりますので、ぜひ最後まで読んでください!

シャドバを無課金で始める上でリセマラは不要

シャドバは無課金で始める上でリセマラは不要です!

なぜなら、シャドバはリセマラだけでは環境トップのデッキを作ることは難しいからです。

上記の画像は現環境トップのデッキですが、レジェンドが17枚採用されており、リセマラで全て集めることは厳しいです。

また、シャドウバースは、新規参入でも楽しめるようにチュートリアルをクリアすることで、合計50パックも貰えます!

50パック引くと、レジェンドレアが4〜5枚ほど手に入るため、始めた段階で強力なカードを手に入れることができるでしょう。

シャドバが無課金なのにリセマラが不要な理由

シャドバは、上の画像のように「不要なカードを分解し、必要なカードを生成する」機能があります。

そのため、最初の50パックが不要なカードばかりでも、必要なカードは全て生成することができるのでリセマラは不要です。

  • リセマラのみでデッキを構築することは難しい
  • 分解・生成システムを使ってほしいカードを揃えることができる

上記の理由から、シャドバは無課金でもリセマラする必要はありません!

シャドバは無課金でもルピ・エーテルを集めることができる

シャドバは無課金でもルピ・エーテルを大量に集めることが可能です。

上記の動画でも詳しく解説されているため、ぜひ参考にしてください。

運営から配布されるルピだけでなく、ストーリー報酬・ミッションなど様々な獲得方法があるおかげで、「無課金だからパックが全然引けない!」という問題にはなりません。

具体的にどれだけ集めることができるのか、以下の項目でまとめて見たので参考にしてください。

ストーリーを進めよう

シャドバはストーリーを全てクリアすると、12000ルピ・チャレンジチケット16枚・エーテル820が貰えます。

12,000ルピあれば120パック引くことができるため、レジェンドカードを12枚〜13枚集めることができます。

ストーリーは作業でやってしまうと面白くないため、自分が作ったデッキを試したり、ルールを覚えながらプレイしましょう!

ミッション・アチーブメントを進めよう

シャドウバース毎日更新されるデイリーミッションがあり、クリアするとルピが貰えます。

通常のデイリーミッションは、プレイヤーと対戦して達成するタイプのミッションなので、カードが揃っていない時は達成するのが厳しいです。

そのため「ソロプレイミッション」に切り替えてストーリーを進めながら確実にクリアできるようにしましょう。

アチーブメントは、ゲームをプレイしていけば自然と達成されるものが多いですが、すぐにルピを大量にゲットできるアチーブメントが以下の2つ存在します。

  • プラクティス対戦(CPUと対戦)
  • ルームマッチ顔合わせ

各クラスのプラクティス対戦(CPU対戦)超級を倒すことで、1戦あたり200ルピ得ることができます。

各クラス超級が3つ(ネメシスのみ2つ)あるので、合計4,600ルピ得ることが可能です。

ルームマッチ顔合わせは、1人対戦するごとに100ルピ貰えます。

最大20人まで顔合わせできるため、合計2,000ルピ得ることができるでしょう。

このように、無課金でもルピを大量に集めることができるため、「カードが集まらなくてつまらない」ということにもなりません!

シャドバは無課金でも工夫次第で最前線で戦える

シャドバは無課金でも工夫次第で最前線で戦うことができます!

工夫するポイントは以下の4つあります。

  • 分解・生成を工夫しよう
  • クラスを絞ろう
  • 工夫してデッキを構築しよう
  • パックを引くタイミング

それぞれみていきましょう。

分解・生成を工夫しよう

分解は、基本的に「余剰カードのみの分解」にしましょう!

なぜなら、分解して得ることができるエーテルよりも、生成に使うエーテルの方が高いからです。

レジェンドカードを例に出すと、分解するときは1,000エーテル貰えますが、生成する時は3,500エーテルも消費してしまいます!

そのため、カードを生成・分解する時は以下の2点に注意しながら行うようにしましょう。

  • 生成するカードは長く使うことができるのか
  • 分解するカードは絶対に使うことがないカードなのか

次のパックが追加されたときに、ローテーションで使うことができないカードは、なるべく生成しないようにしましょう。

クラスを絞ろう

「余剰分解だけじゃエーテルが少なくてまともなデッキが作れない」

無課金でプレイした場合、このような問題に直面すると思います。

シャドバは、無課金でプレイする場合、全てのクラスの環境デッキを作ることは難しいです。

そのため、自分が使うクラスを絞って、使うクラス以外のカードは全て分解しましょう。

また、クラスを絞るときは1クラスだけでなく、2〜3クラスに絞るようにしましょう。

1クラスだけにしてしまうと、自分のクラスが弱い環境だと勝てなくなるからです。

2〜3クラスの環境デッキを作ることができれば、十分戦うことができるでしょう。

工夫してデッキを構築しよう

デッキを構築する時は、新パック追加直後ではなく、追加されて2週間後を目安に作りましょう!

新パック追加直後は、新カードの扱いに全ユーザーが慣れていない状態なので、2週間後と環境が大きく異なります

そのため、「追加直後に作ったデッキが2週間後には勝てなくなる」といったことも起こるため、デッキを作るときは慎重に作るようにしましょう。

また、上記の画像のようにミッションで貰えるテンポラリージェムを活用しましょう。

ミッションで毎日400ジェム貰えるので、1ヶ月で12,000ジェム貰えることができます。

12,000ジェムあれば、レジェンドカードが3枚作れるため、エーテルを節約してデッキを構築することができるでしょう!

パックを引くタイミング

パックは、基本的に自分が引きたいタイミングで引いて大丈夫です。

おすすめできるタイミングを上げるとすれば、3ヶ月に1度の最新パックが追加されるタイミングです。

12月末・3月末・6月末・9月末に新パックがリリースされるため、リリース日が近い場合は、貯めて置くのも選択肢の1つでしょう。

また、上記の画像のように新パック追加後1ヶ月後にアディショナルカードが追加されるため、そのタイミングで引く選択肢もあります。

シャドバを無課金で楽しむおすすめのプレイ方法まとめ

シャドバは、工夫次第で無課金で楽しむことができるゲームです。

以下の4つの心得を覚えておけば問題なく環境最前線で戦うことができるでしょう。

  • ルピ・エーテル集めはめんどくさがらずコツコツと集めるべし
  • 分解は基本的に損!慎重にするべし
  • 生成は長く使えるカードかしっかり確認するべし
  • エーテルを使う前にテンポラリージェムを使うべし

最後まで記事を読んでいただいた方が、シャドバを最大限に楽しめることを祈っています。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト