【 Sky ~星を紡ぐ子どもたち~ 】個人的フォトスポット紹介!in孤島編

 ランク(順位) 冒険者(65378
 経験値  869
獲得バッジ

個人的フォトスポット

この「Sky ~星を紡ぐ子どもたち~」略して「Sky」には美しい世界が6つに分かれて広がっています。

その世界を飛び回っていろいろな場所に訪れますが、その中でも写真を撮るのに「いいな」と思った場所を実際に訪れて紹介しようと思います!

  1. 旅のはじまりを感じさせる舟跡
  2. スポットライトを浴びれる洞窟
  3. まるでシンデレラ城前

この記事は私が撮影した写真を見てくれるだけで内容を5分以内に理解できるので、ぜひ読んでいってくださいね!

砂に沈んだ船の先端

まず最初に紹介するのはこの場所、孤島エリアに入ってすぐの場所、この砂に沈んだ石船の先端です!

自分のアバター、この世界では星の子と呼ばれ、全身がキラキラと輝いている光の子を回収していくのですが、一番最初に出会うであろう光の子が立っている場所です。

この場所…私の勘が言っています。

この場所は良い写真が取れると!

実際に撮影した写真

船の先端でしゃがんでとても大きな雲と雲の隙間を背後に持っていった写真です!

アバターが瞬きをした瞬間に撮影をした事で、巨大な雲の圧倒感がこれから始まる旅を想像させながら、まだこの旅の始まりの意味をよく分かっていない緊張感のない星の子と相まって綺麗に撮れたと思います。

大きな石の坂の先

先程のフォトスポットから少し進むとこんなに大きな石で出来た坂の様な場所があります。

その先端の小さな石が二つ乗っているのが分かりますか?

次はここから良い写真の香りがします!

実際に撮影した写真

坂なのに坂を映さないのかと思われますが、この一帯で一番高い場所だからこそ、小さな石と綺麗な青空以外に何も映り込まないのが良いんです。

シンプルな一枚でありながら、右側にファンタジー冒険ゲームのタイトルっぽいものを入れるとタイトル画面になりそうですね!

ミニ洞窟の小穴

入口が2つある小さな洞窟、片方の入口前には膝をついた精霊さんがいるので場所は分かるかと思います。

今回はこの中にある…

こちらの小穴を使って撮影をしたいと思います!

実際に撮影した写真

今回は2枚撮影しました!

1枚目は、暗い洞窟に唯一差し込む陽の光に祈りを捧げるように手を合わせる幻想的な1枚にする事が出来ました。

これからの旅の安全を祈っておきました!

2枚目は、まるで自分が舞台の主役にでもなった気分を味わえる1枚に!

スポットライトの光に手を伸ばせばまるで元気玉でも打てるんじゃないかと思わせるほど強い光が手の上に乗っかります。

幻想的なものから輝かしい1枚にもなれる良いフォトスポットです!

石が積み上がった坂

ストーリー進行上、この周囲一帯にいる精霊さんを1人は解放しないと入口で止められてしまう石が積まれて出来たこの坂です。

このフォトスポットはとんでもない1枚が取れると感じていろいろと試行錯誤を繰り返していこうと思います!

実際に撮影した写真

これは大傑作です!

光の子はタップすると回収という形で小さな光の粒を残していなくなってしまうのですが、ここをあえて回収せずに一緒に撮影することで、奥の神殿がシンデレラ城のような役目を持ってくれました!

立ち方を変えれば一緒に並んで立っているようにも出来ますし、今回は光の子の隣で少し体を傾けてキスをしているようなロマンチックな一枚を撮ることが出来ました!

左右に立っている謎の記号、この世界に文字という概念は見当たらないので何か意味がある絵が彫られた飾りが良い味を出しているんじゃないかと思われます…。

今回は身長差がちょうど良かったおかげでこの写真が撮影できましたが、身長差が違えばもっと違う写真が撮れるかもしれません!

丘の上のベンチ

先程の場所から更に飛んで進むと神殿の前に飛ぶことができますが、その神殿の脇道、雲の中の空洞を通っていくと2人いないと開けられない不思議な丘の入口があります。

その丘に入って上に登ると丘の先端に他プレイヤー、他の星の子と一定時間チャットで会話ができるベンチが一つ置かれています。

このぽつんと寂しく置かれたベンチはどこか悲壮感を感じさせるこのベンチは少し寂しい写真が撮れるかもしれません!

というか既にこの1枚が良い写真だと思いますが、もう少しポーズを取ったり角度を気にして撮りましょう。

実際に撮影した写真

まるで誰かを待ち続けているようにベンチで膝を抱える星の子、火の灯されていないろうそくがベンチの真ん中にぽつんと立っているのが目を惹きますよね。

背後でもくもくと立ち上っている灰色の雲、わずかに見える青空側に自分のアバターを持っていくと、いくら待ち続けても隣に待っている子は座ってはくれないのではないかと不安感を煽ります。

もちろんご友人と仲良く隣で座っても思い出深い1枚になると思いますよ!

このベンチ、今回は背景の雲を使いましたが、このベンチから本来見える景色は先程まで紹介したフォトスポットが全て視界に入る圧巻の景色です。

ご自身の目で確かめてみてくださいね!

まとめ

綺麗で細かいグラフィック、鮮明さと薄暗さを兼ね備えた色合いのおかげか、楽しげな明るい写真から少し物悲しい雰囲気の暗い写真まで色々な写真が撮影できますね!

私の拙い写真の技術でもこれだけ綺麗な写真が撮れるのですから、インスタグラマーさんが本気を出せばとんでもなく綺麗な写真が撮れるに違いありません!

未プレイの方も、実際にプレイしている方も、ぜひご自身のお気に入りのフォトスポットを見つけて写真を撮影してみてはいかがでしょうか?

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

あげは
どうも、あげはです!「ルーンファクトリー4」や「Sky星を紡ぐ子どもたち」などなど、基本的に穏やかにのんびりと楽しめるゲームをプレイしています。知らない人でも楽しめるものからマイナーな事まで色々記事を作成できる事を目標にしています。よろしくお願いします!