【真・三國無双8 Empires 】三國無双最新作を徹底評価!

 ランク(順位) 精霊術士(31388
 経験値  2,575
獲得バッジ
10週連続記事公開25記事達成まとめ記事を10記事公開

話題の最新作

ついに発売された真・三國無双シリーズ最新作。

個人的にかなり楽しみにしていたタイトルでもあります。

というのも、これまでのシリーズとは色々システムが変わり、より楽しめる内容になっているのではないか、と勝手に想像していたからです。

実際一通り遊んでみて、本当に面白かったのかどうか、ちょっと簡単に解説してみたいと思います。

この記事は5分程度で読み終わりますので、是非読んでみて下さいね♪

  1. そもそも Empires とは
  2. 新たなシステム「散策」は必要?
  3. 細かい部分が気になる
  4. まとめ

そもそも Empires とは

簡単に言うと、自分が主役となって三国志体験が出来る、というゲームになっています。

自分の好きなキャラで大陸全土の統一を目指すのも良いですし、新しく武将をエディットしてお気に入りの仲間達と一緒に戦っても良いのです。

Empires とは、自分だけの三国志を作り上げる、そんな作品なのです。

Empires の魅力

先述しましたが、このゲームの魅力はある程度自分で好きなように遊べるところにあります。

いくつかあるシナリオを選び、自分の選んだキャラになって三国志の世界に飛び込むところからゲームは始まります。

自分だけの進め方が出来る

今回は仁徳者として民を幸せにしよう!とか

今回はやりたい放題やってみよう!とか

遊ぶ度に違う遊び方が出来る楽しみがあります。

遊び方によってはそれに応じた称号が手に入り、それぞれの武将との交流にも影響してきます。

ゲームの本質は無双する事!

何よりこのゲーム一番の特徴は、やはり無双出来るところです。

どうしようこうしようなんて考える前に、とりあえず戦場に出て無双しましょう!

多くの敵軍に立ち向かい、そしてなぎ倒す爽快感はこのシリーズならではだと思います。

新たなシステム「散策」は必要?

個人的にはこのシステムは今までのシリーズと大きく違う部分だと思っています。

大陸の広大なマップを散策する事で、武将との交流が出来るだけでなく、野盗や獣と戦う事もあり、時には絶景ポイントを見つける事もあるかもしれません。

こう聞くとなかなかワクワクするような要素に思えますが、実際遊んでみるとちょっと微妙でした。

武将と会話するだけなら散策しなくても良い

武将と会話するメリットとしては、友好度が上がる(仲間にしたり、告白や義兄弟イベントに影響)というのが一番だと思います。

会話するだけなら散策しなくても、会話コマンドで出来てしまうので、わざわざ散策を選ぶ必要性がないように感じてしまいます。

散策する事に楽しさを見出せるか

今作では広大なマップを馬と一緒に駆け抜ける事が出来ます。

時には絶景ポイントを見つける事もあります(一応ファストトラベル的な機能も)。

ただ、マップの美しさ・グラフィック等の表現力は他のゲームタイトル以上ではない為、そこまでの感動はありませんでした。

また、高所から落ちてしまってもダメージがない為、山や崖を移動するドキドキ感もなかったです。

野盗や獣との戦闘もありますが、無双出来る程の数がゾロゾロ出てくる訳でもないので、散策で戦うメリットも正直薄いです(一応、同行者がいればアイテムをくれたりはします)。

細かい部分が気になる

期待の大きかったタイトルだけに、良くも悪くも、色々気になる部分が出てきてしまいました。

ロード回数が多い

侵攻戦、防衛戦、散策、イベントなど、事あるごとにロードが挟まれます。

私は PS5 版で遊んでいますが、そこそこロード時間も長いです。

ロード画面には三国志武将の解説みたいなのも出てくるんですが、それを読んで勉強したり、楽しめる方にはロードも苦ではないかもしれません。

グラフィックは「普通」

悪くはありません。

ただ、いつもの無双だなあという感じはします。

「7」よりもちろん良くはなっているのですが、美しいグラフィックのゲームが増えてきている今現在、それら以上の突出したものがない印象です。

それに加えて、PS5 版でもたまにキャラがカクつくところがあります。

無双しても功績にならない

功績とは経験値のようなものです。

功績が上がれば上がるほど能力も向上し、強くなります。

ゲームを進める上で、功績を効率よく上げる事が重要なのですが…

侵攻戦や防衛戦で、1000人2000人撃破しても、ほとんど功績にはなりません。

功績は戦闘にかかった時間、味方の秘計が成功したか、相手の秘計を阻止出来たか、これらによって変動します。

無双シリーズにも関わらず、ただ無双するだけでは功績にならないという…

ちなみに1000人撃破すると仲間の武将が「お前が三國無双だ!」と褒めてくれます。

まとめ

総評はこんな感じになりました。

グラフィック★★★☆☆悪くはないですが、他のPS5 タイトルと比べるとクオリティが…

以前の三國無双から大きく変わっていない印象。

システム  ★★☆☆☆散策、戦闘、イベント等…ロード回数が多いです。
戦闘    ★★★★☆攻城戦の導入によって、今までのシリーズとは違う攻略が出来るようになりました。

そして、やっぱり無双出来る楽しさが良い。

エディット ★★★☆☆使用する武器の動作確認が出来ない。

グラフィック同様、これまでと大きく変更がない印象。

総合評価  ★★★☆☆良くも悪くもいつもの無双です。

いつもの無双の楽しさがあるものの、気になる部分も少なくないです。

ロードとグラフィックがもう少し…というところですが、個人的には楽しめました。

決して面白くないゲームではありません。

これまでのシリーズを遊んだ事がなく、興味がある方にはオススメ出来ます。

逆にシリーズ経験者の方には、良いところより気になる部分の方が目立ってくるかも…しれません。

真・三國無双8 Empires を検討されている方、是非参考にしてみて下さいね!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

しらたま
ゲームが大好き、しらたまと言います!
色々なジャンルを遊んでますが、特にバイオやモンハン、ファイアーエムブレム、DBZドッカンバトルを中心にやり込んでます。
攻略記事はもちろん、ゲームを違った視点で紹介していきたいと思ってます。
記事を読んで、遊んでみたいと思ってもらえたら幸せです!