【スプラトゥーン3】リッター4Kはガチホコバトルでどう使う?おすすめの立ち回りを紹介!

 ランク(順位) 上級冒険者(90400
 経験値  1,033
獲得バッジ

リッター4Kはガチホコバトルでも活躍できる

他のガチルールに比べて、攻めと守りの切り替えが早いガチホコバトルでは、リッター4Kが活躍しにくいと思っている人もいるでしょう。

しかし、リッター4Kは、高台などの安全地帯からホコ持ちを確実にキルできる高い防衛力を誇っているので、ガチホコバトルにおいても大きな活躍が期待できます。

そこで、この記事ではガチホコにおけるリッター4Kの立ち回りを解説します。

  1. リッター4Kの特徴を知る
  2. リッター4Kのガチホコでの役割を把握できる
  3. リッター4Kのおすすめの立ち回りを理解する

この記事は5分で読み終わりますので、最後までぜひご覧ください♪

リッター4Kの特徴とは

ガチホコバトルで勝利するには、まず自分が使用するブキの特徴を把握することが大切です。

射程距離などの基本情報から、長所・短所についても掘り下げて解説するのでぜひ参考にしてください。

リッター4Kの基本情報

ブキ種別チャージャー
サブウェポントラップ
スペシャルウェポンホップソナー
射程試し打ちライン6本分
スペシャル必要SP200pt

リッター4Kは重量級のブキに属しており、移動が遅い分、攻撃力が高い特徴があります。

射撃は貫通する性質を持っているので、直線上に敵が複数人重なっていれば、同時にキルすることも可能です。

サブとスペシャルの相性も良く、接近戦での対応力を向上させています。

チャージ速度が遅く、1発射撃すると次の射撃までに時間がかかることから、チャージャー種の中でも扱いが難しいブキといえるでしょう。

エイム力の向上を図るには、試し打ち場での練習に加えて、相当な場数を踏む必要があります。

リッター4Kの長所

リッター4Kの長所はその射程の長さです。

ほとんどの敵に対して、安全にキルを取ることができるので、デス数を抑えながらも大量のキルを取ることができます。

リッター4K使いのほとんどが、ペナルティアップのギアを付けているということもありますが、リッター4Kにキルをされた際の精神的ダメージは計りしれません。

敵の進行を妨げる役割をこなせるので、非常に強力なブキであるといえます。

リッター4Kの短所

リッター4Kの短所は、チャージ速度の遅さとインク効率の悪さです。

射撃を1発はずしてしまうと、次にチャージが完了する頃には敵に射程外まで逃げられているでしょう。

そのため、1発で敵に命中させる正確なエイム力が必要なので、初心者には向いていません。

また、ガチホコバトルにおいては、重量級であるが故に移動が遅いというのも短所です。

ホコ持ちを行うことが多いブキではありますが、移動が遅いため、ゴールや関門にたどり着くまでに苦労します。

ガチホコバトルでのリッター4Kの役割

リッター4Kを使っているとキルばかり狙いがちですが、ガチホコバトルはキルを取るだけでは勝てません。

適切にルール関与を行ったり、そのために常に最適な位置取りを確保することが重要です。

ここではガチホコバトルでリッター使いがこなすべき役割を紹介します。

キルを取って人数有利の状況を作る

ガチホコのカウントを進めるためには、誰かがガチホコを持つ必要があります。

しかし、人数有利を取れていない状況でホコを持っても意味がありません。

リッター4Kは敵をキルすることに特化したブキなので、まずは人数有利を作るべく、積極的にキルを狙いましょう。

特に初動で2枚以上のキルが取れると、ガチホコバトルの勝利に大きく貢献できます。

相手のガチホコの進行を食い止める

リッター4Kは敵からの攻撃を受けない安全地帯から敵を狙撃できるため、相手のガチホコの進行を確実に食い止めることが可能です。

ここで焦って射撃を外してしまうと、関門を突破されたり、ゴールされてしまうので、落ちついてよく狙いましょう。

台座に乗る寸前に大きくジャンプをするので、そのタイミングを狙うのも1つの手です。

また、ガチホコが割られている状態の時は射線をガチホコに向けて置くだけで、敵がガチホコを持ちづらくなります。

このように、適切にプレッシャーをかけていくのも重要な役割といえるでしょう。

ホコ持ちを積極的に行ってカウントを進める

ガチホコバトルで勝ちたいのであれば、自らガチホコを積極的に取りにき、カウントを進めることが大切です。

リッター使いは自チームの中でも後衛にいることが多いので、最もホコを持てるタイミングが多いといえます。

逆に、前線でキルを取っている短射程ブキがガチホコが置いてある地点まで戻ってきてしまうと、敵が復活してきて、いつまでも前線を押し上げることができません。

短射程ブキが前線でキルを取ったり、ガチホコが進むルートを確保する役割に集中できるよう、リッター使いが積極的にガチホコを持ちましょう。

ガチホコバトルの立ち回りで意識するポイント

上記ではリッター使いがガチホコバトルで勝つためにこなす役割を紹介しました。

ガチホコバトルで勝つためには、チームメイトである4人がそれぞれの役割をこなすことが重要です。

ここでは、役割をこなすために意識するポイントを紹介します。

ホコ割りに意識が向いている敵を見逃さない

ガチホコのバリアを割る、ガチホコを持つ、ホコ持ちの味方を狙う、これらの行動を取っている敵はホコに視点が向いているため、比較的キルが取りやすいです。

こういった無防備な状態にある敵を見逃さないことが、キルを取る上で重要になってきます。

逆に自分がホコを割る際は、周りに敵がいないか、安全であることを事前に確認しましょう。

状況によって立ち位置を変える

ガチホコバトルは、攻めと守りの切り替えが多く、他のガチルールと比べてもバトルの展開が早いのが特徴です。

そのため、ルールに関与するために適切な立ち位置は常に変化し続けます。

自陣の高台など、1ヶ所に居座るのではなく、状況によって立ち位置を変える柔軟な立ち回りを行いましょう。

どの状況においても、極力広範囲を見渡せる高台に陣取るのがポイントです。

ホコは人数有利の状況を作ってから持つようにする

リッター4Kを使う場合は、カウントを進めるために積極的にホコを持つ必要があります。

しかし、人数有利を取れていない場合に持っても、カウントを進めることができません。

ホコは必ず人数有利の状況を作ってから持つように意識しましょう。

また、ガチホコバトルは前線を維持するために敵もスーパージャンプで飛んできます。

人数状況の有利を保つためにも、ジャンプマーカーを見つけたら、狙いを定めて確実にキルすることが大切です。

サブやスペシャルを関門付近で使用する

サブのトラップとスペシャルのホップソナーはどちらも非常に強力です。

踏むだけで、40ダメージを与えながらマーキングを付けられるので、関門の突破や防衛の際に活かせるでしょう。

関門付近は、プレイヤーが集中しやすい場所なので、事前に仕掛けて置くのも有効です。

まとめ

  • リッター4Kはガチホコの防衛で活躍できる
  • 積極的にキルを取って人数有利を作ることが大切
  • 立ち位置を変えながらルール関与も適切に行う

リッター4Kは、そのキル性能の高さから、ガチホコの進行を食い止めたり、人数有利の状況を作ることに秀でています。

常に変化し続ける戦況を把握しながら、適切なポジションに陣取り、ルール関与も意識することが重要です。

また、ガチホコバトルで勝つためには立ち回りを覚えることはもちろん、重要な局面で確実にキルを取る正確なエイム力が必要なので、合わせて練習しておきましょう。

最後までご覧頂きありがとうございました。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

いつきフリーランスWEBライター
フリーライターのいつきと申します。これまで色々なゲームをやってきましたが、スプラトゥーンシリーズはどのゲームよりもやり込んでいます。3ではバンカラマッチのウデマエがS+、サーモンランはでんせつです。普段はリッター4Kやデュアルスイーパーを使っているので、立ち回りを中心に解説していきます。