【スト5 リュウは弱い?】なぜ勝てない?コンボやフレームも解説!

 ランク(順位) 傭兵(118376
 経験値  374
獲得バッジ
1記事で1万PV

【スト5 リュウは弱い?】なぜ勝てない?コンボやフレームも解説!

スト5(STREET FIGHTER V CHAMPION EDITION)の「リュウ」について解説します!

弱いと言われる理由や、強力な戦い方について、初心者~中級者向けに説明しますね!

  1. リュウが弱いと言われる理由は3つ
  2. リュウの強みを活かそう
  3. リュウの戦い方は主に3パターン

この記事は7分で読み終わりますので、ぜひ最後までご覧ください!

リュウが弱い・勝てないと言われる理由

スト5で、「リュウは弱い」、「リュウは勝てない」と言われている理由は主に3つです。

  • ズルができない
  • 相手キャラによって動きを変える必要がある
  • 対空昇竜拳が必須

ズルができない

あくまで個人的な意見ですが、リュウは勝てないキャラです。

特に、初心者~中級者くらいでは最も勝ちにくいキャラだと思います。

その理由は、ズルができない(少ない)から!

スト5は突き詰めると、ほとんどの動きは読み合いになっています。

ただ、相手の知識が不足していたり、対応が困難な技は、読み合いをすることなくダメージを取れてしまいます!

たとえば、「エドモンド本田の百巻落とし」・「ベガのデビルリバース」・「アビゲイルのナイトロチャージ」などなど。

もちろん、これらの技にも対応方法や読み合いは存在します。

ただ、対策を調べておく必要がありますし、試合中咄嗟に対応することは難しいですよね!

こういった「相手に知識や対策を強要する技」、あえて強めに言うと「ズルい技」をたくさん持っているキャラクターは、割と簡単に勝ちやすいものです。

「じゃあ、リュウにズルい技はないの?」というと、かなり少ないです。

「空中竜巻旋風脚」や「Vトリガー2(確固不抜)」なんかは他のキャラクターにはできない動きですが、能動的にダメージを狙うには不向きな技ですので、これだけで勝つことはできません。

さらに、リュウは使用人口が多いキャラクターですよね。

ある程度スト5をプレイしていれば、リュウがどんな動きをしてくるかは簡単に理解できてしまいます。

ですから、リュウはズルして勝つには非常に不向きなキャラクターです!

相手キャラによって動きを変える必要がある

リュウは相手キャラによって動きを変えないと勝てないキャラです。

もちろん、どんなキャラクターでも相手キャラクターに対応しないと勝てませんが、リュウの場合は初心者でも相手キャラに対応しないといけません。

その理由は、どのキャラ相手でも通用する戦法が無いからです!

リュウの強みをパッと挙げると、「波動拳」、「鋭い前ステップ」、「高火力なコンボ」などがあると思います。

ただ、「弾抜けが簡単なキャラ相手には波動拳は使いにくい」ですし、「置き技が強力な相手には前ステップは機能しにくい」、また「近寄りにくい相手にはコンボを当てにくい」ですよね。

ですから、相手キャラや相手プレイヤーに合わせて、有効な戦法を実施しないと勝てないわけです。

これは楽しい要素でもありますが、「勝てない」、「弱い」と言われやすい理由でもあるでしょう。

対空昇竜拳が必須

対空で無敵性能がある昇竜拳は、リュウの明確な強みです。

昇竜拳のおかげで、確定していない相手の飛びはほぼ全部落とせます。

また、意識せずに昇竜拳対空ができれば、相手の他の行動(差し返しや、前ステップの対処など)に意識を割けますよね。

ただ、無意識に昇竜拳を出すのは非常に難しいテクニックです。

初心者~中級者の間は不要なテクニックかもしれませんが、上級者になるには必須レベルのテクニックかもしれません。

そもそも、リュウは波動拳を使えるので、相手に飛ばれやすいキャラですよね。

なので対空でリターンを取れないと、波動拳の価値が半減してしまいます。

だからといって、対空ばかりに意識を割いていると、相手が飛び以外の方法で好き勝手に攻めてきてしまいますよね。

対空に意識を割いているわけですから、当然他の攻めに対応するのは困難。

だからこそ無意識に昇竜拳を出せるとベターなわけですが、それが難しい!

しかも、対空で昇竜拳を1回当てるだけでは戦況は変わりません。

「飛んで来たら確実に昇竜拳で対空できる」が前提になることでこそ昇竜拳に価値が生まれ、相手の行動を制限できるようになります。

つまり、相手に「リュウに飛んだら絶対に昇竜拳対空されちゃうから飛びにくい」と思わせてこそ、昇竜拳は本来の価値を発揮できるわけです。

こんな難しいことを実施しないと勝ちにくいことは、初中級者にとっては明確な弱点でしょう。

リュウの強み

ここまでリュウの弱さを紹介してきましたが、強みもあります!

リュウの強い部分を知ると、有効な戦法を理解できますし、反対にリュウを相手にする場合の対策にもなりますよ!

リュウの強みは下記のとおりです。

  • 波動拳が優秀な飛び道具
  • ステップが鋭い
  • 前投げから攻めを展開できる
  • 比較的体力が高くて火力も高い

波動拳が優秀な飛び道具

波動拳は、優秀な飛び道具です。

強波動拳の弾速は早く、弱波動拳の弾速は遅いので、相手からすると的を絞りにくいですよ。

また、EX波動拳はヒットすればダウンを取れるので、攻めの起点になります。

ステップが鋭い

リュウの前ステップは素早いので、相手からすると対応が困難です。

よほどの上級者でないと、リュウの前ステップを目視してから対応することは難しいですよ。

ですから、波動拳を嫌がってガードを固める相手に対して、前ステップから一気に攻めを展開できます。

前投げから攻めを展開できる

前投げ後の状況はキャラクターによって異なるわけですが、リュウは非常に前投げ後の状況が優秀です。

というのも、前投げ後は「リュウと相手キャラクターの距離が近い」からです!

前投げ後に、「中足波動拳」をすれば、相手が動いていた場合にダメージを取れます。

「中足波動拳」を嫌がってガードを固める相手に対しては、「歩いて投げ」が機能しますよ!

また、ステップが鋭いので、前投げを当てやすいキャラでもあります!

比較的体力が高くて火力も高い

他キャラクターと比較すると、リュウは体力が高くて、火力も高いです。

まず体力が高いことのメリットですが、ここまで紹介した強みを試行できる回数が増えます。

攻めの回数が増えることは、明確なメリットですよね!

次に火力が高いことのメリットですが、少ない攻めの回数で相手を倒し切れることです。

1回あたりで与えるダメージの平均値が高いと、それだけ少ない攻めで相手を倒せますよね!

リュウの戦い方

リュウの戦い方を大きく分けて3パターン紹介します。

簡単に勝ちやすいパターンから順番にお伝えしますね!

ここまでで解説したリュウの強みを活かしましょう!

3つの戦い方のパターンはこちら。

  • 攻めを押し付けつつ相手を翻弄する
  • ヒットアンドアウェイ戦法
  • 波動拳&地上戦

それぞれ解説していきます。

攻めを押し付けつつ相手を翻弄する

初心者~中級者にとって、もっとも勝ちやすい戦法は「攻めを押し付けつつ相手を翻弄する」ことです!

この戦法は対応力が低い相手には強力であり、相手が格上でも実力差を縮めやすいことが強みです。

上級者になるためには不向きな戦法かもしれませんが、「まずは勝ちたい!」という方にはピッタリでしょう!

その戦法はこちら!

  • とりあえずジャンプ攻撃
  • 対空してくるなら前ステップ
  • 技を置いてくる相手には波動拳 or 大足
  • 攻めで大ゴスを多用

詳しく解説します!

とりあえずジャンプ攻撃

とりあえずジャンプ攻撃をしかけてみましょう!

対空が苦手な相手には、これだけで勝てると言っても過言ではありません。

ジャンプ攻撃をガードさせたら、「投げ」 or 「打撃」 or 「様子見」が有効です。

まずガードを固める相手には「投げ」がヒットしますし、リュウは前投げ後の状況が強力なので有効ですよ!

打撃で暴れてきたり、ジャンプで逃げようとしたりする相手には「打撃」が機能するので、高火力を活かしたコンボを決めましょう。

無敵技ぶっぱなしをしてくる相手には「様子見」で特大リターンを狙えます!

ここでもリュウの高火力が活きますね!

対空してくるなら前ステップ

対空してくる相手には前ステップが優秀です。

前ステップから、前投げを決めて攻めを展開しましょう!

対空を狙っている相手は、技を振らずに待っている場合が多いですよね。

ということは、こっちの前ステップを止められる可能性が低いということです。

相手からすると、リュウの飛びと前ステップの両方に対処することは、困難ですからね!

技を置いてくる相手には波動拳 or 大足

技を置いてくる相手には、波動拳や大足(しゃがみ大キック)が機能します!

こちらが前ステップを嫌がると、相手は技を置いてきますよね。

その技を波動拳で潰しましょう!

EX波動拳なら当てやすいですし、当てたらダウンを取れます。

距離が近くて波動拳が潰されやすいなら、大足を置くのが有効です。

もし、相手が波動拳や大足を警戒してきたらなら、また前ステップが機能するようになります!

攻めで大ゴスを多用

大ゴス(レバー前入れ大パンチ)は、リュウが高火力コンボを繰り出すための起点になります。

ただ、発生が遅い技なので、なかなか当てにくい技です

「じゃあどうやって当てるのか」、という話ですが、「相手の前歩き」 or 「相手の技がすかるタイミング」を狙いましょう。

まず「相手の前歩き」についてですが、「相手が前歩きしてきそうだな~」って思ったら、大ゴスがヒットする可能性が高いです!

次に「相手の技がすかるタイミング」について、この状況は意図的に作り出しましょう。

たとえば、「中足(しゃがみ中キック)の先端をガードさせてからの大ゴス」。

中足を先端ガードさせると、相手はとりあえず技を振りがちです。

そこで大ゴスを打つことで、相手の技を避けつつ、硬直に大ゴスがヒットします。

相手キャラや、相手プレイヤーの癖を見抜いて、大ゴスを狙えると強力ですよ!

ヒットアンドアウェイ戦法

2つ目の戦法は、「ヒットアンドアウェイ戦法」です!

波動拳を軸に相手の動きを制限しつつ、要所で奇襲をしかける戦法ですね!

弾抜けが弱いキャラクターには特に有効でしょう。

その戦法はこちら!

  • 波動拳を打つ
  • 後ろに下がる
  • 要所で前ステップ
  • 追い込まれたら前ジャンプで逃げる

詳しく解説していきます!

波動拳を打つ

「ヒットアンドアウェイ戦法」の起点は波動拳です。

波動拳を打つことで、相手の「前歩き」、「前ステップ」、「技振り」を抑止できます。

近くまで寄られた場合は、中足波動拳で相手を追い払いましょう!

後ろに下がる

波動拳や中足波動拳だけでは、いつかは相手に接近されてしまいますし、相手のジャンプ攻撃が怖いです。

そこでバックステップや、バックジャンプで距離を離しましょう!

距離が離れると、また波動拳が機能する間合いになりますよね。

「波動拳が飛ばれたとしても、ジャンプ攻撃が届かない間合い」がベストです!

ひたすら有利な距離をキープしましょう!

要所で前ステップ

「ヒットアンドアウェイ戦法」のダメージ源として、前ステップが有効です。

波動拳やバックステップをしていると、相手はどうにかして接近しようと考えます。

また相手の意識としては「逃げる相手を捕まえよう」という考えになりやすいので、こちらの前ステップは警戒しにくいんです。

つまり、こちらは「相手が近づきたい」とわかっているのに対して、相手は「波動拳を打ってくるのか、後ろに下がるのか、前ステップしてくるのか」的を絞れない状況になっているわけです!

ですから、「ヒットアンドアウェイ戦法」の前ステップは強力であり、ダメージを奪いやすいポイントですよ。

しかも前投げ後はリュウが攻めを展開できますから、リュウの強みが活きます。

追い込まれたら前ジャンプで逃げる

「ヒットアンドアウェイ戦法」で立ち回っていると、画面端に到達しがちです。

画面端まで追い詰められると、距離を離せなくなるので、得意な間合いをキープできなくなりますよね。

そのため、画面端から脱出する必要があります。

では、どうやって画面端を脱出するかというと、「前ジャンプ空中竜巻旋風脚」が有効です!

「前ジャンプ空中竜巻旋風脚」は、通常の前ジャンプよりも遠くまで移動できるので、相手からすると対空が難しいものです。

これで画面端を入れ替えられれば、また「ヒットアンドアウェイ戦法」が機能します!

もし「前ジャンプ空中竜巻旋風脚」が相手にバレてしまったなら、「前ステップからの後ろ投げ」で画面を入れ替えられますよ!

また、「前ステップからの後ろ投げ」を警戒して技を置いて来る相手に対しては、「EX波動拳」が当りやすいです!

「EX波動拳」が当たると置き攻めのチャンスなので、リュウの「投げ」と「高火力」が活きてきます!

波動拳&地上戦

3つ目の戦法は、「波動拳&地上戦」です!

3つの戦法の中で最も難しいですが、上級者にも通用しやすい王道の戦法でもあります。

対応しつつ攻める必要があるので、地力が問われますよ!

戦法はこちら!

  • 相手の攻めに対処する
  • 波動拳でプレッシャーをかける
  • 前歩きと通常技で攻める
  • 要所で前ステップ

相手の攻めに対処する

「波動拳&地上戦」の起点は、相手の攻めの対処からはじまります。

というのも、相手の攻めを対処できないと「波動拳&地上戦」は機能しないからです!

格下の相手に対しては、攻めの対処だけで勝つ場合も多いですよ!

「飛びに対する対空」、「突進技をガードしての反撃」、「前ステップへの対処」、「対策不足を狙った攻めへの対処」などなど、自分から仕掛けなくてもダメージを取れるシーンはたくさんあります。

ひたすら攻めてくる相手やキャラクターによっては、これらの対処だけで勝つ場合も少なくありません。

ただ、相手の攻めが多用だと対処し続けるのは困難です。

だからこそ、「波動拳&地上戦」は難しい!

もし、こちらが対処し続けて相手の攻めがスローダウンしたなら、「波動拳&地上戦」が機能しはじめます!

波動拳でプレッシャーをかける

相手の攻めが緩んできたなら、波動拳でプレッシャーをかけましょう!

波動拳を打つと相手は、「波動拳に対する行動」をしてきます。

具体的には、「飛び」、「波動拳の発生を潰す技振り」、「波動拳を被弾しないよに歩いてガード」などの行動が多いです。

こういった対処を強制することが、波動拳を打つメリットですね!

もちろん、波動拳を当てることによるダメージを狙うのも一つの手です。

EX波動拳ならダウンも狙えますしね!

ただ、弾抜け技を持っているキャラクターには、波動拳でのプレッシャーは機能しにくいですよね。

弾抜け技を持っているキャラクターに対して波動拳を打つメリットは、「弾抜けを意識させること」です。

弾抜けを意識する相手は技を振らなくなるので、その隙を狙って前ステップや、前歩きによる接近が有効になります。

もしくは、弾抜けができない距離まで下がって波動拳を打つのも一つの手でしょう!

前歩きと通常技で攻める

波動拳を意識させて相手の行動を制限したら、前歩きと通常技が機能しはじめます。

波動拳を嫌がって動きが止まっている相手に対しては、安全に前に踏み込めますからね!

踏み込んだなら、中足などを差し込みましょう。

反応に自信がある方なら、「中足ヒット確認竜巻旋風脚」ができると中足のリターンが爆上がりします!

中足を差し込んでも、ずっとガードしつづけてダメージが取れないなら、さらに踏み込んで投げを当てにいきましょう。

また、リュウに踏み込まれて投げられるのを嫌う相手は、通常技で接近を阻止しようとしてきます。

そういった相手には、通常技を置いてくるタイミングを読んで通常技をカウンターヒットさせましょう!

ここでリュウの火力が活きてきますよ。

前歩きと通常技で攻める時は、リスクを抑えつつ、リターン(ダメージ or 相手を端に追い詰める)を狙うことを意識すると戦いやすいでしょう。

要所で前ステップ

「波動拳&地上戦」戦法をより強力にしてくれるアクセントとして、前ステップを要所で使いましょう。

波動拳や地上戦をメインに戦うと、どうしても相手は前ステップを意識できなくなります。

隙をついて前ステップすると、前投げからのリュウの強力な攻めを展開できます!

また、前ステップを見せると「相手の脳裏に前ステップ」がちらつき続けますよね。

そうなれば、「波動拳」や「地上戦」がより機能しますよ!

相手に合わせて、アクセントとして前ステップを使いましょう。

まとめ

リュウは、勝てないキャラの筆頭であることは事実だと思います。

理由は、シンプルなキャラクターであり、奇襲のような攻めができないからです。

だからといって、弱いキャラではありませんよ!

強いキャラとまではいきませんが、それなりに強みを持っているキャラクターだと思います。

ただ、強みを活かすのが難しいキャラクターではあります。

ゲーム性を理解して、相手キャラクターの対策もして、ようやく戦いやすくなります。

今回お伝えした内容は、あくまでも初心者~中級者向けの内容ですが、リュウ使いの方や、リュウ対策に困っている方は参考にしてみてください!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

エッザ
エッザ
はじめまして。エッザと申します。エンタメ、仮想通貨などをメインにwebライターとして活動しています。格闘ゲーム歴は8年ほどで、今はスト5をメインにプレイしています。