【スト5】ルーク対策!確定反撃や強力な連携の攻略!

 ランク(順位) 駆け出し冒険者(115388
 経験値  496
獲得バッジ
1記事で1万PV

【スト5】ルーク対策!確定反撃や強力な連携を攻略!

スト5( STREET FIGHTER V CHAMPION EDITION )の追加キャラクター「ルーク」の対策を紹介します!

シンプルながら対策しないと困る技が多いので、まとめて解説しますね!

  1. ルークの通常技を対策!
  2. ルークの特殊技を対策!
  3. ルークの CA、 Vトリガーを対策!

この記事は5分で読み終わりますので、ぜひ最後までご覧ください!

ルークの基本情報

ルークの基本情報を最初にお伝えします。

  • 体力1025、スタン値1025
  • 無敵技あり
  • 対空無敵技あり
  • しゃがみコパン発生3フレで超リーチ
  • 4中Pガードさせて当て投げ可能
  • CAのリーチはかなり短い(開幕の距離でもぜんぜん届かない)
  • 弾無敵はなし(大昇竜で抜けられるが非常に難しい)
  • 中足ヒット確認から大ダメージ&画面運び
  • 飛びの軌道が鋭い

ルークの通常技対策

ルークの通常技の中でも特に意識したい技を紹介します!

立小パンチ

発生5フレ、ガードするとマイナス4フレ、ヒット時はプラス2フレ、タゲコン始動技という特殊な性能です。

展開が早くて難しいですが、近めでガードしたら確定反撃を狙いましょう。

また小技ですが全体フレームは長い(24フレ)ので、動いた確認でなら差し返しも難しいですが狙えますよ!

立中パンチ

大きく前進しながらパンチをしてくる立中パンチはスト5の中技の中では、かなりのリーチです。

ガード時はマイナス2フレなので、技を押し返さないとルークのターンは終わりません。

しっかりボタンを押し返しましょう。

「置き」として立中パンチを多用してくるようなら「差し返し」も狙いたいです!

立中キック

立中キックはルークの最強牽制技です。

リーチがかなり長い上に、ガードさせてもマイナス2フレなので「確定反撃」もありません。

「キャミィ」の立中キックに似たような技ですね。

しかも「ヒット確認」でトリガーキャンセルしてコンボになります。

ルークがトリガーを抱えたら立中キックには気を付けましょう!

立大パンチ

リーチが長い大攻撃です。

ガード時はマイナス5フレームなので、距離を見極めて確定反撃を狙いましょう。

また立大パンチは必殺技キャンセル対応技なので、キャンセルの読み合いが発生します!

この読み合いを理解しないと、一方的に遠距離から立大パンチを振られてしまうので、自分のキャラでの読み合いを調べておきましょう!

立大キック

立大キックは、ステップしながら膝蹴りをしてくる技です。

ガードすればマイナス4フレなので、確定反撃を狙いましょう!

ただし持続が6フレームもあるので、先端当てには注意してください。

先端気味にガードしたときには、読み合いになります。

ガイル―のニーバズーカに似た技ですが、ガイルほど簡単には有利フレームは取れないので、先端当てを狙ってすかる場合が考えられます。

立大キックの先端当てを積極的に狙ってくるルークには、すかった場合に差し返す準備をしておきましょう!

また、ルークの立大キックを持続でガードしてしまうと、有利フレームを取られるうえに、投げ間合い内です!

最速投げを仕掛けてくるルークが多いので、バクステが基本対策ですね!

ルークの特殊技対策

ルークの特殊技対策を紹介します。

ルークの特殊技は強力な技が多いので、対策必須ですよ!

前入れ大パンチ

前入れ大パンチ(6大パンチ)は、ルークの主力技であり、非常に強力です。

ヒット時はコンボに繋がり、ガードでも不利はたったの2フレーム、しかもクラカン技。

つまりハイリターンローリスクな技です。

この技を気持ちよく振らせていてはルークは攻略できません。

技の「硬直」は長いので、差し返しが狙えます。

必殺技キャンセルには対応していないので、ガードしたら技を打ち返すのが基本的には安定です(ぶっぱなしのリスクはある)。

この技の弱点は発生が16フレと遅いこと。

前入れ大パンチを振ると読めたなら、発生の早い技を置いてカウンターを狙いましょう!

完全に読めたならジャンプ攻撃を仕掛けるのもアリです!

引き大キック

ルークの引き大キック(4大キック)は、リーチが長く、クラカン属性の技です。

コーリンの「スナイピングキック」と似た技です。

弱点はしゃがんでいる相手には密着でも当たらないことですね。

立ち回りで多用してくるなら、しゃがんで「差し返し」を狙いましょう!

また密着では、グラ潰しにも使える技です。

ただし密着でもしゃがんでいれば当たらないので、もし引き大キックが空ぶっていたら「差し返し」からコンボを決めるチャンスですよ!

ルークの必殺技対策

ルークの必殺技は4つ!

それぞれの対策を紹介します!

サンドブラスト

サンドブラストは、一瞬で相手に届く飛び道具です!

あまりに早いので、弾抜けはかなり難しいですね。

弱⇒中⇒強の順番でリーチが伸び、発生が遅くなります。

弾抜けは難しいですが、硬直は長いので差し返しは狙いやすいですよ!

ヒット時は一律プラス1フレームです。

ガード時は、弱がマイナス10フレ、中がマイナス8フレ、強がマイナス5フレです。

打ってくる距離によっては不利フレームは変わりますが、発生が早くリーチが長い技なら確定反撃を狙えます。

立ち回りの牽制技としてはかなり優秀なので、「確定反撃」、「差し返し」、「飛び」などを駆使して、相手に振りづらい状況を作りましょう!

ちなみにEXはガードでプラス2フレの性能です。

↑のようにEXサンドブラストは近めでガードしてしまうと、

投げ間合い内です。

読み合いに対応しましょう!

フラッシュナックル

フラッシュナックルは弱中強でかなり性能が異なる技です。

しかもそれぞれ溜めバージョンもあります!

対策しないとかなりぼったくられるので注意しましょう。

まず弱フラッシュナックルですが、ガード時は通常でマイナス11、溜めるとマイナスは8です。

それぞれ的確な反撃を返しましょう。

中フラッシュナックルは、通常でマイナス5フレ、溜めるとマイナス2フレです。

リーチが長いので、立ち回りのぶっぱなしにも使われがちな技ですね。

マイナス5フレしかないので、確定反撃には気を付けましょう。

溜めるとマイナス2で確定はありません。

強フラッシュナックルは、かなりのリーチの突進技です。

ガード時は通常でマイナス2フレ、溜めならプラス2フレです。

しかもヒット確認で CA キャンセルできるので、気を付けたい技ですね。

通常技はガードしてこちらのターンになりますが、溜めをガードするとルークのターンがはじまってしまいます。

ジャンプを置くか、下がって差し返すか、Vシフトで避けたりなど、好き放題に振らせないことが重要です!

EXフラッシュナックルはコンボ技です。

溜めもありません。

しかしガード時はマイナス8フレと意外と隙が少ないので注意してください!

アベンジャー

アベンジャーは前に発してくる技で「ノーチェイサー」(タックル)と「インパラー」(中段)に派生できます。

ただし急停止はないので、確実に「ノーチェイサー」か「インパラー」に派生されるので、立ちガードが安定です。

↑こちらが「ノーチェイサー」です。

ガードすればマイナス4フレなので確定反撃を狙いましょう!

ただし先端当てで有利フレームを取れるので注意!

ただ立ち回りで先端当てを狙うのはけっこう難しいですよ。

↑こちらは中段の「インパラー」です。

ガードすればマイナス12フレですよ。

「アベンジャー」は急停止も下段技派生もないので立ちガードが安定です!

EX アベンジャーには3フレからアーマーが付きます。

ただし「ノーチェイサー」か「インパラー」の判定が出る前にはアーマーはなくなるので、弾抜けなどで使うのにはあまり適していません。

EX でも「ノーチェイサー」はガードでマイナス4です。

EX の「インパラー」の不利も変わらず12フレです。

ライジングアッパー

いわゆる「昇竜拳」ですね。

弱中強すべて1フレから対空無敵なので、対空としてはかなり優秀です!

ちなみ弱は1フレから投げ無敵なので、「弱ライジングアッパー⇒ CA 」のぶっぱなしは警戒する必要もありますね。

ちなみに EX は完全無敵ですが、ガードしても垂直攻撃は確定しません。

ルークのCA対策

ルークの CA は打撃系で無敵もあります。

これといって強みはない CA ですが、ヒットすれば割と強い起き攻め状況になります。

また発生は5フレと、かなり早いです。

ただリーチがかなり短いので、例えば⇩のような距離でも、

⇩当たりません。

 

立ち回りの差し返しや弾抜けには使いにくいCAですね。

ガード時はマイナス26なので、ステップからの反撃も可能です!

ルークのVトリガー対策

ルークの V トリガー対策をお伝えします。

まず v トリガー1は、サンドブラストに特殊な派生技をキャンセルで出せます。

EX サンドブラストからの派生はかなりの火力なので気を付けましょう。

ただ一部キャラは V リバで避けてから確定を狙えますよ!

続いて V トリガー2ですが、こちらはぼったくりが多いトリガーです。

性能でいうと、ライジングアッパーを他の強度のライジングアッパーで1回キャンセルできるというもの。

特に警戒したい連携は2つ。

1つ目は「弱⇒中派生」です。

「弱ライジングアッパーをガードしたから確定反撃!」と思ってボタンを押すと中の派生を食らってしまいます。

しかも派生は暴れ潰しになっていて、3フレでも相打ちです。

しかも相打ちするとルークが大幅有利フレームなので追撃される可能性もあります。

対策としては無敵技で確定をとるか、中ライジングアッパー派生読みでガードを固めて中ライジングアッパーにたいして確定を狙うことです。

もう1つの注意したい連携は「中⇒強派生」です。

こちらは5フレ以内の技なら割り込めます。

6フレ以上の技を返すとカウンターで強派生を食らってしまいます!

中ライジングアッパーはリーチが長いので、気軽にルーク使いは振ってくるかもしれません。

6フレ以内の技で割り込んでコンボを入れるか、技に必殺技を仕込んでリターンを狙いましょう!

まとめ

ルークはスタンダードな打撃キャラですが、対策していないと厄介なキャラでもあります。

確定反撃を知らないと好き放題されてしまうので注意しましょう!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

エッザ
エッザ
はじめまして。エッザと申します。エンタメ、仮想通貨などをメインにwebライターとして活動しています。格闘ゲーム歴は8年ほどで、今はスト5をメインにプレイしています。