スパロボ登場作品の変遷と進化~機動戦士ガンダム 逆襲のシャア~

 ランク(順位) 駆け出し冒険者(101384
 経験値  629
獲得バッジ
10記事達成

スパロボ登場作品の変遷と進化【機動戦士ガンダム 逆襲のシャア編】

スーパロボット大戦(以下スパロボ)シリーズの中で
・時代
・演出の進化
・登場作品の増加と変化
によって、同じ作品でも変遷や進化を見せてくれている中
常に出続けている看板作品が1つあります…

それが『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』です!
どのような変遷をたどり、進化をしてきたのか、それを紹介していきたいと思います!

ちなみに今回の記事をザックリまとめると!

  • 最初は機体が擬人化して戦っていた!
    その後は『アムロ』『シャア』『ブライト』はほぼ常連に
  • 『スーパーロボット大戦』がターニングポイント!
    それ以降の作品で「逆シャア」のストーリーは主軸に絡んでいない
  • フィンファンネルはアニメーションの進化を特に影響を受けている!
    より原作に近くカッコよく!

この記事は、3分程度で読み終わりますので是非読んでいってください!

こちらの記事もオススメ

[clink url=”https://chara.ge/super-robot/super-robot-wars-transformation-and-evolution-getter-robot/”]
[clink url=”https://chara.ge/super-robot/super-robot-wars-setting-and-the-characters-who-were-rewarded/”]

パイロット不在の時代からレギュラー!

ほとんどの作品に出演している不動のレギュラーです!

『逆シャア』以上に登場が多いとしても『マジンガーZ』くらいだとでしょうか?

スパロボシリーズの初期は、機体を擬人化して戦っていました

つまり搭乗者の「アムロ」などがおらず

「ガンダム」や「νガンダム」としての参戦になります

この時のスパロボは、まだ作品という概念があいまいだったのもありますね

その後、パイロットとニコイチで参戦するようになります。

登場キャラクターの変遷

『アムロ・レイ』『ブライト・ノア』は不動のレギュラーとなり

ライバルの『シャア・アズナブル』は参戦作品ごとにいろいろな設定で出てきて大変そうです

  • 初代の仮面をかぶった状態
  • Z設定のクワトロ・バジーナとしての参戦
  • 逆襲のシャアのネオジオン総帥としての参戦

と、大忙しです

スパロボの一部作品では、クワトロで登場し、最後シャアになったりしています

この3人はおおむね出ている印象(シャアはいない時がありますが)

その他のサブキャラは、作品により居たり居なかったりと異なります。

ストーリー上の役割の変遷

スパロボでは、『Zガンダム』や『ガンダムZZ』が参戦していることが多いため

Z時代~逆シャア時代で参戦することが多かったです

しかし、近年では、ほぼ逆シャアのイメージになっていますね

たしか、Z設定が多かったのは、『すーぱロボット大戦IMPACT』くらいまでかな?という感じです

登場数、立場的にも頼れるベテランに

年長者かつ階級が高いキャラが多いため、部隊のまとめ役という立ち位置が非常に多いですね。

シャアだけふわふわしてることが多く、特異点になった作品まであります

ちなみに、『スパロボIMPACT』では、アクシズを押し返すシーンがムービーで再現されており、もちろん全機無事に生還します。

PS2のプレイ環境がある方は、ぜひ『スパロボIMPACT』やってみてください、名作です!

ターニングポイントは『スーパーロボット大戦IMPACT』

おそらく『スパロボIMPACT』をもって、逆シャアがストーリーの軸に絡んでくるような時代は終わり

その後は、逆シャアのステージはあれど、主軸に絡む感じではなくなっている印象です。

また、閃光のハサウェイが今後映像化されるため、その際のビジュアルはどうなっていくのか、楽しみです

※少年ハサウェイが先行のハサウェイ名義で参戦している作品は既にあります。

もしかすると…
その際には逆シャア陣営は参戦しないのか、今後も出演していくのか、そこに注目しています。

IF展開で、原作では命を落とすクェス・パラヤやギュネイ・ガスが仲間にできることもありますし
ケーラさんも死なないことが多いです

ただ、それらのキャラはいたりいなかったりなので、ブライト・アムロ・シャアがレギュラーメンバーって感じですね

いつの間にかメカニックのアストナージも影が薄くなっていっているような(彼も死にませんね)。

演出面の強化 特にフィンファンネルの進化が目覚ましい

アムロと言えば『νガンダム』

νガンダムと言えば『フィン・ファンネル』ということで比較!

最初は、上記の画像のように「一個だけファンネルを出してビームをビー」って感じの演出でした

戦闘アニメーションの進化とともに、徐々に個数が増えていきます

そして個別のモーションが入り、移動中のテールノズルの演出がリアルになりました。

しまいには撃破モーションで白鳥が飛ぶようになりました。

※逆襲のシャア劇中で、白鳥はララァの分身としてアムロの夢に現れます。

作品によっては「めぐり逢い宇宙」のラストシューティングのモーションが入ることもあります。

また、通常攻撃や回避時のモーションもかなり滑らかになり

ほぼ原作のイメージの動きが出来ていると感じます。

技術の進化ってすごいですね!

「逆襲のシャア」関連パイロット&機体の性能、使いやすさ

アムロは常に安定して使えます。

能力値が高くて機体性能も強いため、控えめに言って強いです

作品によってはフィンファンネルの射程が鬼のように長くできるため、無抵抗の敵をせん滅できることすらあります

ブライト艦長は選管が強くない仕様が長らく続いたため、ほとんど前線においておけませんでした

ですが、近年は戦艦の火力も上がっていて、なおかつ核ミサイルが搭載されていることもあることから
ある程度戦えるようになりました。

戦艦は他に強いのがいくらでもあるので
ストーリー上の年長格ということを除けば、そこまで使いやすいとは言えないかなという感想です。

微妙なのがシャア
やはり能力はトップクラスなのですが
油断すると敵になるので、機体を育てていいかが非常に悩ましい作品があります

クワトロで参戦している時は、百式に居座っているため一層微妙感が募ることが多いです。

結果、終盤まで放置して、裏切らないのを確認してから育成

みたいなこともままあり、もったいない筆頭格です。

その他のパイロットは思い入れがあるなら使えばいいのではというレベルを出ないため
基本はアムロだけ使ってればいいやという感じになります。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA