【スーパーロボット大戦30】出来る事を精一杯!!極東エリア大湊ルート「勇者警察始動」攻略

 ランク(順位) 上級冒険者(65384
 経験値  1,152
獲得バッジ

はじめに

前回はコン・バトラーVが登場、部隊に加わりました。

↓前回の記事はこちら

【スーパーロボット大戦30】出来る事を精一杯!!極東エリア大湊ルート「レッツコンバイン!」攻略

今回のミッションでは、ジェイデッカーが参戦します!!

「勇者警察ジェイデッカー」はスパロボシリーズでは初参戦。

なので、本作品では「勇者王ガオガイガー」のGGGの面々より後輩という位置づけになっていますが、TVアニメ放送は「勇者王ガオガイガー」より前になります。

筆者が「勇者シリーズ」で一番好きな作品でもあります。

というわけで、今回はジェイデッカーの登場ミッション、「勇者警察始動」の攻略をすすめていきます。

  1. 部隊と合流するまでジェイデッカーは無理しない!
  2. ドクトル・ガウスはおびき寄せて集中攻撃!
  3. 遅い味方はブースターで補助を

この記事は5分で読み終わりますので、最後までぜひご覧ください♪

戦闘前

事前準備

今回ですが、ボスの出現場所から離れた場所に味方部隊が出現するため、ジェイデッカーと合流するまで時間がかかってしまいます。

現状部隊には移動力の低いユニットが多いので、必要に応じて強化パーツ「ブースター」を装着させておきましょう

シナリオパート

前回ミッションで、コン・バトラーVのバトルチームが仲間になりました。

改めて食堂であいさつする豹馬。

彼らの参加によって部隊が一気に賑やかになっています。

豹馬とちずるの関係に話題は移り・・・

ちずると仲がいい様子の豹馬を僻む主人公。

どうにもリア充は許せない様子。

一方、東京では極秘裏にとあるプロジェクトが進んでいました。

ブレイブポリスプロジェクト。

超AIを搭載したロボットを警視庁で運用するという画期的なプロジェクトです。

ブレイブポリスのデッカードは勇太と出会い、触れ合うことで心が芽生えていました。

しかし、警視庁に赴任前に大量の情報をインストールせねばならず、そのために一度記憶を初期化されてしまうらしいのです。

冴島総監に記憶を消さないでと訴える勇太。

そこへ巨大ロボットの襲撃が・・・!

戦闘パート

東京市街にブレイブポリス奪還を目論むデスマグネが出現。

勇太を守るため起動したデッカードは豹馬のアドバイスと勇太の勇気をもらい、ジェイデッカーに合体します。

マップ

敵はデスマグネが7機。

そのうちボスのドクトル・ガウスは一番南東の路地にいます。

ジェイデッカーがその北に出現。

味方部隊はボスから離れた西側です。

今回は敵の援軍もないため、目の前の敵に集中できます。

ジェイデッカーの性能

ジェイデッカーの性能はこんな感じです。

HP、装甲はスーパーロボット系としては心もとない感じ。

運動性はやや高めで、サイズもMではあるのですが、ヒュッケバインのような回避性能は期待できません。

遠距離で攻撃力の高い武器も持っているのであまり前に出しすぎないようにしましょう。

次に武器性能を見ていきましょう。

武器攻撃力射程命中CTR弾数必要EN必要気力
電撃31001-3+200なし10なし
ジェイバスター・ハンドガンモード33001-5+15010なしなし
電磁警棒38001-2+150なし20なし
ジェイバスター・ライフルモード54002-6+10+54なし110

全体的に火力は高くないイメージ。

ジェイバスター・ライフルモードが使えるようになればダメージ源として期待できそうだが、弾数は4と少な目。

電磁警棒で敵を倒し、気力を上げてジェイバスター・ライフルモードに繋ぐ感じ。

次はパイロット?の性能です。

ジェイデッカーのパイロットはジェイデッカーという・・・

自律型のロボットの場合、スパロボではこういうことが起きます。

能力値は平均的。

特殊スキルのブレイブポリスL1は、命中率・回避率+2%、自軍フェイズ開始時、精神ポイントが本来の回復量5に加え、さらに1回復するというもの。

L1だと大したことはありませんが、スキルレベルが上がると便利になりそうです。

底力とガード持ち。

ガードは気力130以上で被ダメージが下がるもので、L2だと0.85倍になるので、気力アップ後は生存率があがりそうです。

サイズ差補正無視は大きな敵にもダメージを与えやすくなるので、地味に強力なスキルです

精神コマンドは最初「必中」のみ。

序盤はこれに苦しめられそうです。

ジェイデッカーは待ちの姿勢で

1ターン目は全軍全速前進。

2ターン目はジェイデッカー以外は雑魚を撃墜しながら進んでいきます。

ジェイデッカーはその場を動かず、手前の敵を攻撃。

相手ターンの反撃で撃墜します。

以降ジェイデッカーは動かずに近づいてきた敵を倒すだけでいいです。

若干被弾するかもしれませんが、死ぬことはないでしょう。

その間に味方部隊をできるだけジェイデッカーに近づけていきます

ボスのドクトル・ガウスは2ターンの間は動きませんが、3ターン目から動いてきます。

ボスが近づいてきたら味方の集中攻撃を浴びせます。

命中が高いので注意が必要。

ヒュッケバイン相手でも、こんなに命中率が高いです。

このように被弾すると半分くらい体力を持っていかれるので、必ず精神コマンドを使って対応しましょう。

ジェイデッカーはこの時には「ガード」が発動している事でしょう。

そのため、致死量のダメージを食らうことはないかと思います。

味方のHPが減ったらイチナナ式の修理装置で回復するか、レイノルドの「信頼」を使いましょう。

そう苦労することなく倒せるはずです。

サポーター「ボスのエール」

マップクリア後、ジェイデッカーと一緒に勇太も仲間になります。

勇太はサポーター扱いで、サポートスキルを使うことができます。

サポーターのスキルには任意に使用することで発動するコマンドと、連れていくだけで自動で発動するパッシブがあります。

勇太のコマンドは「ボスのエール」で、効果は「使用時、精神コマンド「必中」「不屈」をかける」というもの。

パッシブは出撃したパイロットの気力上限を+5するというもの。

ジェイデッカーは最初「必中」しか持っていないため防御手段がないので、代わりに「ボスのエール」を使うといいかもしれません。

勇者警察エンブレム

戦闘に勝利すると、「勇者警察エンブレム」という強化パーツを手に入れる事が出来ます。

効果は、出撃時の気力+10、他のパイロットから特殊スキル「指揮官」の効果を受けると、与ダメージ1.1倍というもの。

序盤に気力上昇する手段は少なく、装備するだけで気力が10上がるのはかなりありがたいです。

誰に装備させるかよく考えて決めたほうがいいでしょう。

おわりに

ドクトル・ガウスを倒し、勇太とジェイデッカーもミツバ達と行動を共にすることになります。

デッカードの方に乗る勇太。

アニメではよく見た風景な気がします。

心強い仲間を得た一行は、ドライストレーガーのメインシステムが示す次の目的地に向かいます。

では、次の攻略記事でお会いしましょう。

【スーパーロボット大戦30】出来る事を精一杯!!極東エリア大湊ルート1話攻略

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト