「ハクスラ」好きにもオススメ!『ソードアート・オンライン フェイタルバレット』

 ランク(順位) 神Lv23(2388
 経験値  13,766
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

キリトゲー『ソードアート・オンライン フェイタルバレット』をレビュー!

今回遊ぶゲーム

今回はPS4で発売中の「ソードアート・オンライン フェイタルバレット」をレビューします!

キリトの存在感が大きい本作ですが、SAOファンならプレイして損なしの作品となっています!

ちなみに、今回のレビューをざっくりまとめると!

  • 本作は『ガンゲイルオンライン』が舞台の完全新規オリジナルストーリー
  • 家庭用SAOシリーズ初のオリジナル主人公!
    SAOお馴染みの添い寝もオリジナルキャラとできる
  • 育成やレア堀りなどのやり込み要素も充実
    「ハクスラ」好きにおススメ!

この記事は5分で読み終わりますので気軽に最後まで読んでみてくださいね!

関連記事はコチラ

[clink url=”https://chara.ge/sword-art-online/sword-art-online-alicization-lycoris-ps4/”]

ソードアートオンラインとは?

「ソードアートオンライン」は、川原 礫(かわはら れき)氏が手掛けるライトノベル作品で、今やアニメやゲームでも有名な人気シリーズです。

特にアニメは、主人公である『キリト』を中心とした、魅力的なキャラクターや、アニメならではの良質な戦闘描写で海外でも話題になるほど!

ライトノベルの方も、累計販売数が2600万部を突破しており、新作が販売されるや否や、速攻売り切れるほどの人気を誇っています。

ソードアート・オンライン フェイタルバレット(SAO:FB)とは?

「ソードアート・オンライン フェイタルバレット」は、原作第3部『ファントムバレット』の舞台である、ガンゲイルオンラインを舞台にした完全新規のオリジナルストーリー作品です。

『キリト』や『アスナ』などの原作キャラ、『プレミア』や『フィリア』などのゲームオリジナルキャラ。

そして、「ソードアート・オンライン フェイタルバレット」オリジナルキャラである『クレハ』や『ツェリスカ』と一緒に、銃と鋼鉄の世界を駆け巡り、辛く過酷な運命を生き残ろう!

『その選択は、銃弾よりも速く、重い。』

ソードアート・オンライン フェイタルバレットのここが良い!

家庭用SAOシリーズ初のオリジナル主人公!

「ソードアート・オンライン フェイタルバレット」は、これまでの作品とは違い、プレイヤーは『貴方自身』です。

性別やパーツを選んで自分のアバターを作っていくのですが、グラフィックの良さも相まってイケメンや美少女から、よく分からない変態まで自由に作れたりするのです。

ボイスも、熱血漢タイプやクールタイプなど結構種類があるので、理想のアバターを作りやすいのは嬉しいですね。

因みに、SAOお馴染みの添い寝も当然あり、主人公はゲームオリジナルキャラと添い寝できます

分かりやすく、程よい難易度の戦闘アクション

ジャンルは「TPS」と一見初心者には難しそうですが、オートエイムやソードスキルなどの機能のおかげで、比較的優しめの難易度です。

プレイヤースキルよりも、成長要素の方が重要で『戦闘システムがTPSのRPG』の様な印象を受けました。

特に顕著なのが『ソード』カテゴリで、ソードスキルが強力な代わりに銃撃戦では不利、といった調整がされているため、アバターのレベルやステータスの振り方が重要になってきます

しかし、物語後半で、『キリト』もやっていた「ソードで銃弾を切る」というスキルが使える様になり難易度は下がります。

『キリト』みたいなイケメンアクションがしたい人は後半まで粘りましょう!

育成やレア堀りなどのやり込み要素

今作では、育成によるステ振りやレア堀り(メモリーチップ)が重要。

ストーリークリア後は、いわゆる『ハスクラ』がメインとなってきます

特に、高難易度だと『即死回避』と『自動回復』のメモリーチップがほぼ必須となるので、難しいと感じたらレア堀りに出かける様にしましょう。

どうしてもレアなメモリーチップがでない場合は、街にいる「足元を見る万屋」というNPCに頼りましょう。

法外な価格設定の代わりに、高性能なメモリーチップ付武器を売っています。

お金が有り余っているとどうしても利用しがちですが、同時に楽しみが一つ減っちゃう事を意味するので、多用は控えたほうがいいかも?

キリトモード完備!

メインクエストを進めていると、操作キャラが『キリト』に代わる『キリトモード』が遊べる様になります

キリトモードは、ファントムバレットの死銃事件を追っていくストーリーで、メインクエストとは別で進行していくことになります。(時系列的には同時進行)

キリトモードとメインクエストは、それぞれ任意のタイミングで変更できるので、ある程度気楽に遊べるのが良いですね。

また、キリトモードでは原作キャラと添い寝できます。

ソードアート・オンライン フェイタルバレットのここが微妙…

細かな所で粗が目立つ

このゲーム、最初はただただ楽しいのですが、そこそこやり込んでくると細かな粗に気付いてしまいます

UIが、お世辞にも使いやすいとは言えなかったり、敵が正確な射撃をするのに対して、NPCのAIがポンコツだったり…。

また、ストーリーはともかく、ダンジョンの設計が現時点でアバターのみが所持している『UFG』という移動装備を前提としている箇所が多く、設定に矛盾を感じます

ダンジョン自体も、基本デザインがほぼ同じで新鮮味がなく、単調さが目立つのもマイナスでした

イベントがキリト優遇

個人的に(オリジナル主人公がメインの作品でこれはどうなの?)と思ったのが、キリトとキリトモードの優遇。

メインクエストは、アバターと『キリト』のダブル主人公といった感じで、そのせいかSAO:FBオリジナルキャラが結構空気です。

例えば、メインヒロインの1人である『クレハ』は、物語中盤でとある悩みから一時孤立するのですが、それまで結構空気だったので共感しづらい…

一応サブストーリーで、悩みの原因が見え隠れするのですが、逆に言えばそれだけです。

また、「キリトモード」も少し優遇しすぎかなと思うのが正直な感想です

というのも、アバター、キリト共に原作キャラやゲームオリジナルキャラとのイベントがあるのですが、イベントCGのほとんどをキリトモードを占めています。

特にアバターは、原作キャラとの絡みが薄い(CG無し)代わりに、ゲームオリジナルキャラとのイベントが濃いという扱い

それに対し『キリト』は、原作キャラとの添寝イベント&ゲームオリジナルキャラとのCG付きイベント完備、という明らかな優遇っぷり

原作主人公を立てるのは当たり前ですが、そのせいでSAO:FBのキャラが薄くなるのは少しマイナスポイントでした。

運命に抗い、その手で大切な人を守り抜け!

細かな粗や、ゲームオリジナルキャラが薄いといった問題こそありますが、簡単操作でTPS初心者でも遊べるゲーム設計や初のオリジナル主人公など魅力的な部分もあり

「なんやかんや言いたいことはあるけどそこそこ楽しめた」

という感想がピッタリの作品です。

また、キリトモードの死銃事件も、ゲームオリジナル解釈部分も多く、原作を知っている人でも楽しめる様になっています。

SAO作品ファンなら買って損はないですよ!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA