知ってびっくり!?「ゼルダの伝説 時のオカリナ」にまつわる都市伝説5選

 ランク(順位) 神Lv24(2384
 経験値  14,493
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

知ってびっくり!?「ゼルダの伝説 時のオカリナ」にまつわる都市伝説5選

今もなお大人気と語り継がれる任天堂の不朽の名作、「ゼルダの伝説 時のオカリナ」。

今回はこちらのゲームにまつわる都市伝説を5つ調べてきました!

ファンタジーな作風からは想像もつかないような都市伝説多数、、、

この記事を読んで時のオカリナの沼に更にハマっていきませんか?

  1. 城下町の裏通りに現れる兵士は重要人物という都市伝説
  2. 各神殿にはそれぞれ役割があるという都市伝説
  3. 闇の神殿の暗い都市伝説
  4. 闇の神殿ボスのボンゴボンゴは元々心優しい巨人だったという都市伝説
  5. 炎の神殿のBGMは宗教上の理由で変更されたという都市伝説

この記事は5分で読み終わりますので、さいごまで読んでいってくださいね!

プレイ中一度しか会えない!?城下町の裏通りに現れる兵士について

「時間にとても厳しいNPC」と呼ばれているハイラル城下町裏どおりに現れる兵士について

この兵士が近衛兵クラスの重要位置にいる兵士だという都市伝説があります。

この兵士に会うには三つの聖霊石を集めた後、時の神殿へ向かう前に城下町の裏通りへ行く必要があります。この時にのみ一度だけ会話をすることが可能です。

話し終え、もう一度話しかけると、「もう、動かない」と表示が出てそれ以降話すことはできません。

ゼルダの伝言を受けていたり、リンクのことを知っていたり、追手を食い止めたりと様々な情報を知っていることから重要な兵士だと語られています。

一見モブキャラのようですが、こういった限定的に会えるキャラを探すのもゼルダの醍醐味の一つですよね。

細部までイベントに拘っていて素晴らしいです。

各神殿にまつわる都市伝説

各神殿の役割とは?

神殿にはそれぞれ役割があるという都市伝説があります。

ハイラル王国が発展途上国だった頃、下記の方法で使用されていたようです。

  • 闇の神殿⇨処刑場
  • 魂の神殿⇨捕虜を捕らえておく場所
  • 炎の神殿⇨刑務所
  • 水の神殿⇨シェルター
  • 森の神殿⇨リンクの母親の別荘

ゲーム内で「ハイラルの血塗られた歴史」と伝えられているだけにハイラルという国はかなり悪い国であると同時に数々の悪行を働いてきたことが想像できますね。

中でも次のランで深掘りする「闇の神殿」についてはかなりグロテスクな都市伝説が語られています。

ファンタジーな世界観とはかけ離れたダークな設定が、時のオカリナの魅力を高めているようにも思えますよね。

闇の神殿裏設定

ハイラル王国が栄える前発展途上だった頃の話

ハイラルは戦争中で、統治前のハイラル王と争っていた組織やトライフォースを狙った組織の人々が闇の神殿で処刑されていたそうです。

闇の神殿の入り口には「闇の神殿・・・それはハイラルの血塗られた歴史・・・欲望と怨念の集まりしところ・・・」という、ハイラルの暗い歴史を示唆するような看板があります。

また神殿内部には、リーデッド・バブル・スタルフォスなどのアンデッド系モンスターが多く、ギロチンや釜を振り回す二人の死神の像など神殿内にはいくつもの血生臭い罠の数々が用意されています。

神殿の場所もカカリコ村の墓地の奥ととても不気味なところに位置しており、子供時代には影もなかった

ハイラルの闇が垣間見えます。

神殿内に登場するアンデッド系のモンスターは、もしかすると昔処刑された人々の成れの果てなのかもしれませんね。なんとも恐ろしい都市伝説です。

闇の神殿ボスのボンゴボンゴの悲しい過去

時のオカリナをプレイした人ならわかる闇の神殿に登場したボス「ボンゴボンゴ」について

ボンゴボンゴというモンスターは元々、ガノンドロフからかかり小村の人々を守る心優しい巨人だったようです。

なぜ今あんな姿になってしまったかというと、ある戦いで魔物に負けガノンドロフの操り人形として、悪霊になってしまったからです。

ある日魔物に負けたボンゴボンゴは首と手首を切られてしまいました。

さらに目玉をくり抜かれ、首のなかに目玉をねじ込まれた後、井戸の底に落とされ封印されてしまったそうです。

さらに、井戸の底でうろつく「緑バブル」はボンゴボンゴの切られた頭部だとか、、、

一気にゼルダの伝説に対する印象が変わってしまいますよね、、、なんともグロテスクな都市伝説です。。

炎の神殿のBGMは宗教上の理由で変更された

デスマウンテン内部に存在するダンジョン「炎の神殿」のBGMについて

闇の神殿が処刑場であったのに対し、炎の神殿は牢屋や拘束具などの存在から刑務所であったのではないかと考えられています。

この炎の神殿のBGMですが発売当初から変更されています。

旧BGMのコーラスの部分が、イスラム教の「コーラン」を連想させるためではないかと言われていますが、

変更となった理由は公式から明言されていないようです。

今も昔も不気味なBGMには変わりないのですが、そのような裏事情があったとは驚きですね、、、

最後に

「ゼルダの伝説 時のオカリナ」には数々のダークな都市伝説があるということがわかっていただけたと思います。

通常のストーリーを楽しむだけでなくこういった裏の設定を知ることで、ゲームの楽しさは二倍にも三倍にも膨れ上がっていきますね!!

全てにおいて伝説のゲームと言えるでしょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました!!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト