【月姫】リメイク発売!PC版も!?TYPE-MOONの原点が蘇る

ファンに絶大な人気の「月姫」!内容と魅力って?

ネタバレ無しで!未プレイの方にも分かりやすく!ファンの方にはリメイク情報をお伝えします~。

伝説の同人ゲーム!20年の時を経て怜和に蘇る

「Fate」シリーズを筆頭に数々の名作を送り出している、奈須きのこさんが最初に送り出したゲーム『月姫』。

2000年に同人ゲームとして発表され爆発的なヒットを記録し、世の中に「TYPE-MOON」の名前が瞬く間に広まる!

礎を築いたまさに原点といえる作品です。

リメイク製作発表と構想から13年余月。待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか!

Twitterのコメントも待っていたのは当然ながら「嘘?本当に!」「プレイできる時が来るなんて・・」など困惑に近いコメントが多数。

「今日エイプリルフールじゃないよね?」とのコメントも。存在自体が伝説級のゲームです。

ようやくこの日が来た待ち焦がれました!遂に2021年8月26日発売されました!

私自身の大好物がビジュアルノベルでして、様々なジャンルのゲームをプレイしております。

よく「おすすめは~?」と聞かれて「月姫」と答えたいのですが!さすがに20年以上前のゲーム。

しかも容量の問題(当時はCD-ROM)+同人。ビジュアルと内容が収まらず、表現できることが限られすぎます。

今オススメするのに躊躇したこともありますが、この度はその心配もないと!

PlayStation®4/Nintendo Switch™で発売されます!

「PC」で月姫リメイクはプレイできないの?

とても気になりますよね!原作ファンは。

リメイク発売日に発行された「週間ファミ通」特別インタビューにてPC版の確認ができました!

「PC版を作った」と明言がありましたので、近いうちにリリースするのではないかと思います!

そんな『月姫』の魅力とリメイク版の見所を紹介していきます。

安心して下さい、この先も公式発表と同じく新生する月姫シリーズの格闘ゲームである「MELTYBOOD」の発表のみでお送りします~。

多くの人を魅了した月姫とは?リメイク作品は新生!?

  1. 奈須きのこさんが手掛ける独創的で奥深い世界観のストーリー
  2. こだわりぬいたキャラ設定とビジュアルノベルを最大限活用した豊富な描写、選択肢で変わるマルチエンディングシステム
  3. シナリオは分解され再構築!新たな表現と共に新生されます

この記事は5分で読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね!

独創的で奥深い世界観ストーリー

奈須きのこさんは独自の世界観があり、ほとんどの作品に世界設定が共通しています。

大きなキーワードは「魔術」と「魔法」です。

一見すると同じものの様に思えますが、この世界設定では似て非なるものとして扱われています。

ざっくりとご紹介させて頂きます。

「魔術」とは、魔力を用いて神秘や奇跡の再現を人為的に行うもの。現代で言う科学にイメージは似ています。

『魔法』とは実現不可能の事象や神秘であり、奇跡そのもの。

「幻想的、空想的」なモノや存在を扱った世界で物語は綴られており、数々の作品が出ていますがまだまだ底は見えません!

もっと知りたい!との欲求が増していく奥深い世界観がとても魅力的です。

『死の線』が視える少年と吸血鬼との出会い

幼い頃に負った大怪我、生死の境をさまよったことで『モノが壊れやすい線』が視えるようになってしまった主人公「遠野志貴」

事故をきっかけに遠縁に預けられていましたが、父の死で実家に呼び戻され慣れない暮らしを余儀なくすることになります。

時折思い出す過去の記憶、そんな中ヒノのカタチをした生き物とすれ違う・・・・。

おっと!このゲームは18歳以上対象のゲームですので、それ以下の方は視聴をお控えくださいね~。

CERO「Z」(18歳以上対象)って?

このゲームはゲームソフトの表現内容にもとづき、対象年齢を表示する制度で最高ランクの「Z」を表記しています。

サイト閲覧はもとよりゲームソフトの購入も18歳以上でないとできません。

理由は1点、ゲームソフトの表現内容ですね。原作ファンとしては正直ホッとしています。

表現に制限があったらあの濃密で、素晴らしい物語の根幹が失われてしまうと思ったからです。

販売サイドから致しますと購入制限が有ることで売上の影響は多大に出ると思われます。

それでもしっかり制限掛けてきました!まさに『原点』としてのコダワリを感じます!

半端な気持ちでリリースはしないよと気持ちが感じ取れますね~。

今回残念ながら購入年齢に達していない方もおられると思いますが、安心して下さい。

たとえプレイするのが10年後だったとしても、存分に楽しめるそんなゲームです『月姫』は!

こだわりぬいたキャラ設定とビジュアルノベルを最大限活用した豊富な描写、選択肢で変わるマルチエンディングシステム

今回のリメイク作品【月姫 -A piece of blue glass moon-】は2分割で展開されます。

先に発売される「月の表側」のキャラをメインにご紹介していきます。

「遠野志貴」本作の主人公。幼い頃の生死をさまよう事故の影響で『死の線』が視える様になってしまいます。

彼の表現とするところ「モノのラクガキ」

常に万物の綻びが線で見え、それをなぞるだけで簡単に破壊(死に至らしめる)

常にこんな景色が当たり前になってしまったらどうなるでしょうか?

ただの人間であり温厚な性格である彼には、負担でしかない今の能力。

実際に幼い頃に壊れかけますが、とある「先生」との出会いに救われ日常生活に復帰します。

怪我を理由に遠縁に預けられますが、父の死をきっかけに実家に戻り、今回の物語が開幕します。

ちなみに魔眼の姉貴はとんでもないやつと知るのはまだまだ先のことでありました。(プレイ当時)

「アルクェイド・ブリュンスタッド」本作メインヒロイン。

吸血鬼の王族である彼女は本来人間と関わるはずがないのですが、志貴というとんでもない「異端」に出会ってしまう。

衝撃的な出会いになった二人。今まで味わったことがない体験、その存在。そんな彼女の行動は・・・?

「アルクェイド」は多様な姿を見せます。

吸血鬼として、自身のことや敵の存在。その知識や理解は人ならずと思いますが。

日常の彼女は天真爛漫な言動や行動が特徴的で、特に相手と会話することに楽しみを感じています。

ですが本人はその理由がわからない様子です。

ですが一旦切り替わるとガラッと変化します・・・。

人外だけど知識はある、だけどイマイチずれているとことか

「放っておけないやつ」のイメージがぴったり来ますね~「アルク」は。

「シエル」2篇で綴られる「月の表側」のもう一つシナリオ『夜の虹』のヒロインです。

今回一番印象が変わったと原作ファンから定評ある彼女。

外見もそうですが、「偶然電車に乗り合わせた縁」からと公式で発表があります。

え!?と思いましたがその辺から再構築とのことでしょうね。

細かいとこなのかも知れませんが大事なこと。ちゃんと分解再構築がなされている証拠です!

もちろんただの先輩ではありません。新生「MELTYBLOOD」の公式発表にもあります。

彼女は「聖堂協会」の異端狩り部門である埋葬機関の『代行者』として、この地域に派遣しています。

ついでですがファンのあいだでカレー、もしくはカレー先輩と言われる部類のカレー好き!でもあります。

「聖堂協会」って?埋葬機関とは?

シリーズファンは耳にしたことある「聖堂協会」ざくっとご説明いたします。

「聖堂協会」は吸血種、悪霊、異端などの排除を目的にしている団体になります。

「埋葬機関」はその中でもエリート集団で固めた部署です。

さらに中で『代行者』と呼ばれる、力で手段を問わず異端を消し去るための存在がいます。

選択肢で変わるマルチエンディングシステム

物語途中で数多くの選択肢が用意されてます。

もちろんバッドエンドもあり、豊富な文章とビジュアルノベルの演出で臨場感が高まります!

ifの世界が楽しめるのはノベルゲームの醍醐味ですね~!

シナリオは分解され再構築!新たな表現と共に新生されます

グラフィックは当然ながら、シナリオも再構築されているとのことです!

原作発売当時は容量の関係で、省かざるを得なかったり削った箇所もあったんでしょうね~。

これなら原作プレイ済の方もワクワクと楽しめますね!

新キャラクターも登場!そしてあの子のルートはどうなる!?

今回初登場のキャラクターも発表がありましたね。

「志貴」が通う学校の新任教師である「ノエル」

名前からして「シエル」を連想しますが、協会側の人間なんでしょうか・・・?

余談ですが、奈須きのこさんの世界観で共通することがもうひとつあります。

先生はだいたい只者ではないか、おっかない人が多いことです!

「ノエル」は体育を担当しているようですから、既にそんな雰囲気を感じます・・・。

「マーリオゥ・ジャッロ・ベスティーノ」

これはもう明らかに協会の人間ですね。代行者である「シエル」の監督役なのでしょうね~。

さっちんは夢を掴めるのか!?

「弓塚さつき」ファンの間ではさっちんの愛称で呼ばれる「志貴」のクラスメイトです。

原作ファンからはメインヒロインに負けない人気があります!

一見すると明るい雰囲気の彼女。実は奥ゆかしい性格で「志貴」に恋心を抱いています。

相手には伝わらず、心に秘めたまま。

「志貴」が鈍感すぎるって云うのもあると思いますが!(ちなみに翡翠ちゃんは普段こんなことを言うキャラではありません)

残念ながら原作では専用ルートはありませんでした。

さっちんルートはあるのか!?

原作ファンにとって非常に気になるところですね~!

さいごに

新生する月姫【月姫 -A piece of blue glass moon-】は2分割で展開されます。

原作ではメインストーリーは1つにまとめられていた事もあり、分割に対してご不満がある方もいらっしゃると思います。

よくあるリメイク作品はグラフィックの刷新と追加内容を含むだけのものが多いです。

それだけなら「それはちょっとね~、世間は許してくrえやすぇんよ」となりますよね~。

ですが内容を見ていくと、正に新生と呼ぶにふさわしい内容になっていると思います。

この作品に今回初めて触れる方、私のように同人の頃から待っていた方。

当時制限が多数ある中、発表した「月姫」。あの当時語れなかったことが現代に新たな表現と共に蘇る。

ワクワクが止まりませんね~!

月姫リメイクと共に新生する『MELTY BLOOD』待ち焦がれた10年余月!

ライター紹介

rusaain
rusaain
ゲームは人生!
製作者の方達が精魂込めて作った、
魅力溢れる物語を一緒に堪能しましょう~
沢山の方々に楽しい時間を。そして幸せを!