【遊戯王 マスターデュエル】デッキに入れやすい強いカード20選

 ランク(順位) 上級冒険者(63388
 経験値  1,199
獲得バッジ

有ると無いとじゃ大違いな必須級のカード達

どうもオンバシラです。

とりあえずデッキに詰め込むだけで、役に立つカードを厳選して紹介します!

この記事は、強いカードが分からない初心者や今のカードを知らない復帰組に役立つ内容となっております。

  1. 基本的には守りに優れたカードが多い
  2. エクストラデッキは攻めの起点やフィニッシャー
  3. それぞれのカードについて注意点も解説

メインデッキ

 増殖する G

相手の連続召喚に対するカウンターとして長らく使われているカードです。

次のターン、デッキによっては、増えた手札でそのまま試合を決めてしまうなんてことも可能です。

レアなケースですが、増やした手札を利用されて「手札抹殺」でデッキごと抹殺されることもあります。

後述する「灰流うらら」なら防ぐことができるので、覚えておくといいかもしれません。

 

灰流うらら

主にデッキを起点としたドローやサーチを無効にする効果を持ちます。

それでも止まらないデッキは多いので、「増殖するG」や後述するカード達も合わせて使いたい所です。

自分の効果に対しても発動できるので「増殖するG」などを無効にしないよう気を付けましょう。

ハーピィの羽根箒

相手の魔法・罠ゾーンのカードを一掃する効果を持ちます。

モンスターを召喚・魔法を発動する前、バトルフェイズを開始する前、相手のロックを突破するために使います。

強力すぎるカードのため一枚しかデッキに入れられません

このカードの影響で、発動に条件と時間のかかる罠カードの価値が下がっているとも言えます。

死者蘇生

こちらも一枚しかデッキに入れられない強力な蘇生カードです。

知っている方も多いかと思います。

正規の召喚方法で召喚されていないモンスターには蘇生制限がかかることがあるので注意です。

ライトニング・ストーム

発動に条件がある代わりにモンスターか魔法・罠を選択して一掃できる効果を持ちます。

劣勢時に使いやすいカードですが、攻めにも使えて、後攻2ターン目などに使いやすいです。

永続魔法や永続罠、フィールド魔法などのカードを多用するデッキは、採用数を調整するとよいでしょう。

金満で謙虚な壺

手札がどうしようもない時のリカバリーと考えると、デメリットはそこまで気にならないと思います。

デメリットにカードをドローする効果が使えなくなり、相手に与えるダメージも半分になります。

これにより、ドローする効果をすでに使っている場合、発動することができなくなるので注意です。

墓穴の指名者

増殖するG」「灰流うらら」などの、墓地に送って効果を発動させるモンスターに対する対抗手段です。

相手が墓地から再利用しようとしているカードに対して使うことで、妨害することもできます。

このカードで除外したカードは、自分も効果が使えなくなることに注意が必要です。

拮抗勝負

やや使いどころが難しいカードですが、効果に耐性を持っているモンスターにも有効な点が優秀です。

最大の効果を発揮する自分フィールドにカードが存在しない状態で、手札から発動することができます。

残されるカードは相手が選ぶことになりますが、再利用が難しい裏側で除外という効果を持ちます。

ペンデュラム召喚などフィールドにカードを多く並べる相手には、特に有効です。

夢幻泡影

エフェクト・ヴェーラー」などと同じ、モンスターの効果を手札から発動して無効にできるカードです。

エフェクト・ヴェーラー」はモンスターであり、チューナーでもあるので、よりデッキに適した方を選択して使いましょう。

神の宣告

相手の大抵の行動を無効化できる、強力な妨害効果を持つカードです。

「ライフを半分払う」という莫大なコストを持つので、使いどころには注意です。

「神の〇〇」というスケールダウン版も存在するので、好みに合わせてデッキをカスタマイズするとよいでしょう。

神の宣告」をピンポイントで破壊されたときに発動すると、ライフを払っただけになってしますので注意です。

EXデッキ

天霆號 アーゼウス

どんなデッキにもアーゼウスを召喚するためのギミックを搭載する価値がある、とまで思います。

エクシーズ召喚を使うデッキなら間違いなく入れたいカードです。

エクシーズモンスターが戦闘を行ったターンに、任意のエクシーズモンスターに重ねることで召喚できます。

なんと言っても、全体破壊を好きなタイミングで、素材の許す限り連発できることが強すぎます。

自分のカードを巻き込むため劣勢時か詰めで使うと効果的です。

リンクリボー

用意しやすいレベル1トークンをサイバース族や効果モンスターに変換するという役割を持ちます。

つまり素材の縛りがあるリンクモンスターの召喚に使えるということです。

フィールドにいるこのカードを、リリースすることで攻撃を防ぐこともできます

場のレベル1モンスターをコストに墓地から自己蘇生する効果も持っている点も優秀です。

サクリファイス・アニマ

リンクリボーと違いトークンを素材とすることができず、汎用性が劣ります。

上向きのリンクマーカーの先にいるモンスターを吸収することができます。

なので、モンスターゾーンの配置は常日頃から注意しておきましょう

魔法使い族を縛りとするリンクモンスターの布石、「魔法族の里」のロックを打開できるので採用価値があります。

水晶機功 – ハリファイバー

リンク召喚はもちろんシンクロ召喚にまで使える非常に便利なカードです。

ジャンク・シンクロン」からリンク召喚して「幻獣機オライオン」を出す

親の顔より見た動きを得意としています。

トロイメア・ケルベロス

リンク2モンスターの中では珍しい、モンスター除去をもつカードです。

破壊するのは特殊召喚されたモンスターという縛りはありますが、気にはならないでしょう。

トロイメア・フェニックス

トロイメア・ケルベロス」と手札コストは同様で、魔法・罠を除去する効果を持ちます。

トロイメア・ケルベロス」と比べて、攻撃力が高く戦闘での活躍も期待できます。

トロイメア・ユニコーン

攻撃力は物足りませんが、破壊されないカードを処理できるので優秀です。

有効に使える場面は少ないですが、自分のカードも対象にできることも覚えておきましょう。

神聖魔皇后セレーネ

サクリファイス・アニマ」を経由すれば出しやすいリンク3モンスターです。

魔法使い1体を使わなければならない縛りはあってないようなものです。

効果で「サクリファイス・アニマ」を蘇生させて、リンク4モンスターを出すのが強い動きです。

墓地の魔法カードが足りないと、蘇生効果を使えない点に注意です。

ヴァレルソード・ドラゴン

非常に強力なフィニッシャー。

攻撃力を上げて二回攻撃する、脳味噌まで筋肉にが詰まっている人種には堪らないカードです!

防御にも使える能力を備えていますが、出せば勝つ状況で使いたいカードです。

アクセスコード・トーカー

素材の縛りが緩くて出しやすいフィニッシャー。

相手のカードを破壊する効果は、属性の数だけ連発できる優れものです。

使用するリンクモンスターの属性をデッキを組む段階で考えておきましょう。

デッキに入れる枚数

 

メインデッキ

    • 増殖するG…3枚推奨
    • 灰流うらら…3枚推奨
    • ハーピィの羽根箒…1枚(制限カード)
    • 死者蘇生…一枚(制限カード)
    • ライトニング・ストーム…1~3枚
    • 金満で謙虚な壺…1~3枚
    • 墓穴の指名者…2枚(準制限カード)
    • 拮抗勝負…2~3枚
    • 夢幻泡影…3枚
    • 神の宣告…1~2枚

EXデッキ

  • 天霆號アーゼウス…1枚(制限カード)
  • リンクリボー…1枚
  • サクリファ・アニマ…1枚
  • 水晶機巧-ハリファイバー…1枚
  • トロイメア・ケルベロス…1~2枚
  • トロイメア・フェニックス…1~2枚
  • トロイメア・ユニコーン…1~2枚
  • 神聖魔皇后セレーネ…1枚
  • ヴァレルソード・ドラゴン…1枚
  • アクセスコード・トーカー…1枚

最後に

最後までお読みいただきありがとうございました。

大抵のデッキはこれらのカードを入れて、それぞれのテーマのカードを入れると完成します。

そこから相性の悪いカードの枚数を減らしたり、デッキから抜いて調整すればよいかと思います。

間違いなく強いカード達ですが、かかる CP も膨大なのでご利用は計画的に!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

オンバシラ
好きなキャラクターは防御力が高くて腕力がゴリラなガチガチに仕上がったアーマーナイト。オンバシラと申します。ゲームをプレイした時の感動を伝えられる。そんな記事を目標に執筆させていただきます!