【FGO】闇のコヤンスカヤは引くべき!新たに登場したキャラの特徴を解説

 ランク(順位) 軽戦士(45388
 経験値  1,636
獲得バッジ
1記事で1万PV25記事達成1つのカテゴリーで10記事攻略記事を20記事公開

【FGO】闇のコヤンスカヤは引くべき!新たなキャラの登場

令和4年1月1日、新たに登場したサーヴァント「闇のコヤンスカヤ」。

対の存在である「光のコヤンスカヤ」が強力と言われているため、闇のコヤンスカヤを引くべきか気になるのでは?

はっきり言いますと、闇のコヤンスカヤは引いて損のないサーヴァント。

いや、むしろ今後もFGOを続けるなら引かないと、大きな損失となるかも知れません!

それほどまでに「闇のコヤンスカヤ」を引くべき理由は何なのか。

当記事では、闇のコヤンスカヤの恐ろしいほど強い性能やスキルについて、簡単かつ分かりやすく解説します!

  1. NP30%全体付与+バスター強化というキャストリアに代わるスキル
  2. 味方の宝具レベルを2段階も上昇させるスキル
  3. 闇のコヤンスカヤ自身が全体バスターの宝具持ち

この記事は3分程度で読み終わりますので、最後まで読んでいって下さいね。

「闇のコヤンスカヤ」の基本性能

HP:15,700ATK:12,220

闇のコヤンスカヤは、HP振りのキャラクターです。

宝具は全体バスターであり、同様の宝具を打てる「モルガン」や「アルジュナオルタ」に比べると、火力面が劣り気味。

また、全体宝具を持つ同クラス (フォーリナー) と比べるとATK12,220は平均クラスであり、楊貴妃 (全体アーツ宝具) と比べ約1,000ほど劣るものとなっています。

これだけ聞くと、闇のコヤンスカヤは引くべきではないサーヴァントに聞こえますが、そんなことはありません。

闇のコヤンスカヤの魅力はスキルであり、それを加味すると「新たな最強サーヴァント」の誕生と言えるかも…。

「闇のコヤンスカヤ」を引くべき理由とは!?

「闇のコヤンスカヤはFGOトップクラスで強いから引くべき!」

なぜ、引くべきと言い切れるのか。

ここでは、闇のコヤンスカヤがおすすめである4つの理由を紹介します!

味方全員にNP30%も付与するスキル1

第1スキルの「ドミネイター・フォックス」は、NPを増やしてくれるスキル。

スキルマで+30%であり、星4の概念礼装「虚数魔術」でもNP100%に届く、便利なスキルとなっています。

NP+30%の対象となるのは、単体ではなく全体!

「初手NP50%の概念礼装」と「アペンド20%」を組み合わせたサーヴァントを揃えれば、開幕と同時に全員が宝具を打てる状態になる訳です。

概念礼装「エアリアル・ドライブ (バスター+10% / 宝具威力10% / NP50% / ATK2,000) 」との相性がすこぶる良いので、バスター周回がかなり楽になることでしょう。

味方全体のバスター威力も底上げするスキル1

闇のコヤンスカヤの第1スキルは、NP付与に加えてバスター性能アップの効果もあります。

持続は3ターンなので、開幕と同時に使用しても問題ありません!

味方全体のバスター性能を底上げし、かつ闇のコヤンスカヤ自身が全体バスター宝具を打てるので、周回編成で欠かせなくなるのは確実。

ひとつのスキルで「NP30%付与」と「コマンドの強化」が行えるのは、思い出すだけでもキャストリアぐらい。

闇のコヤンスカヤの場合、宝具が全体攻撃であり、かつ強化対象がバスターであることを考えると、FGOの新たな強力キャラクターになり得るかも知れません。

第2スキルで味方単体の宝具強化も行える

第2スキルの「殺戮獣団」は、宝具のチャージ段階を2段階も上げるスキル!

このスキルは味方単体が対象なので、WAVE3時点での使用がおすすめと言えます。

第1スキルで味方全体のバスター威力を上げられることを考えると、かなりの強化マシーンです!

獣科サーヴァント限定の強化も行える

上記とは別に、第2スキルは「味方の獣化サーヴァント」も強化できます。

こちらは、対象が全体であり、強化されるのは攻撃力と防御力の2つ。

今のところ、こちらのメリットはあまり浮かびませんが、闇のコヤンスカヤ自身が獣化サーヴァントであることを考えると、自バフを図れる点がメリットなのかも。

いずれも持続は3ターンなので、初手で発動しても問題ない闇のコヤンスカヤの優れたスキルです!

まとめ:闇のコヤンスカヤは引くべき!

闇のコヤンスカヤはガチャで引くべきなのかと言われれば、間違いなく引いた方が良いサーヴァントです!

やはり、闇のコヤンスカヤを引くべき理由は第一スキル。

バスターバフ+NP30%全体付与はキャストリアに代わる便利なスキルなので、バスター好きなら狙って損はありません。

特に、今のFGOはモルガン (全体バスター宝具) が活躍する環境なので、闇のコヤンスカヤの存在は裏切らないことでしょう。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

Ryu
Ryu
在学中にはブログを、卒業後は海外でライター修行をしていました。
ホームページ運営歴7年、Webマーケ歴5年の力を活かし、1日3時間以上はプレイするアークナイツ (Arknights / 明日方舟) の情報を発信します!