【FF9】ビビの育て親「クワン」について知れるイベントの攻略方法!

おすすめアプリ
Raid
[PR]編集部イチ推しゲームはこちら

ビビのおじいちゃん「クワン」を知るFF9のイベント

FF9の重要キャラクターである「クワン」。

そのクワンの過去を掘り下げられるイベントの発動方法について、この記事では紹介します!

あなたは、FF9の影なる重要キャラクターである「クワン」という人物を、ご存じですか?

このクワンとは、ジタンたちと共に旅しているビビを幼少期に育てていた、ク族のキャラクターです。

ク族は、同じくジタンと旅するクイナの種族ですが、そのク族がなぜ黒魔導士であるビビを育てていたのか、気になりますよね!

実は、この謎の多い人物であるクワンについて深く知ることができるイベントが、FF9にはちゃんと用意されています。

しかし、そのイベントを攻略するのに必要な手順というものが3つもある他、FF9のストーリーを進めすぎると3つの条件が達成できなくなり、イベントを閲覧できなくなることも。

クワンについて、そしてビビの知られざる一面についても触れるこのイベント、できれば見たくありませんか?

そこで、この記事では、幼少期時代のビビの育ての親であるクワンを知れるイベントの攻略手順をご紹介します!

  1. クエールに質問するビビを見届ける
  2. カードゲームの大会中に発生するATEで特定の選択肢を選ぶ
  3. ビビとクイナを連れてクワン洞へ向かう

この記事は3分程度で読み終わりますので、最後まで読んでいって下さいね。

そもそも「クワン」とはどのような人物なの?

冒頭でもお伝えした通り、クワンは幼少期のビビを育てた、ク族のキャラクター。

クイナとは、クイナの師匠のさらに師匠というポジションで、実は繋がっています。

ビビとクワンの出会いは、クワンが目指す「食即是空」を極めるため絶食していたところから始まります。

釣り竿を池や海といった水辺ではなく空に向けて伸ばしていたところ、たまたま輸送船から降ってきたビビを釣れたのが出会いです。

ビビ曰く、クワンは優しくて物知りという性格。

だからこそ、ビビを拾って育てた優しい人物というイメージを抱きますが、実際のところ、クワンがビビを拾って育てていたのは「食べるつもり」だったから。

最初は食用のつもりでビビを育てていたクワンですが、おじいちゃんと慕うビビに情が移ってしまい、食べることを止めたという背景があります。

そんな面白おかしく、ちょっと変わったビビのおじいちゃん「クワン」に会えるのが、本イベントです。

では、さっそくですが、本イベントを発生させるための手順について、次から紹介していきます!

ビビの育て親「クワン」の正体を知る方法

冒頭でもお伝えした通り、このクワンと出会うイベントを発生させるためには、3つの手順を踏まなければいけません。

その手順というのが、以下の3つになります。

  • クエールに質問するビビを見届ける
  • カードゲームの大会中に発生するATEで特定の選択肢を選ぶ
  • ビビとクイナを連れてクワン洞へ向かう

手順のなかには、FF9のシナリオを進めすぎてしまうと、閲覧できなくなるものがあります。

たとえば、2番目の「カードゲームの大会中に発生するATEで特定の選択肢を選ぶ」は、ディスク3の時点で行われる1回限りのカードゲーム大会時しか見られないATEのため、本イベントを閲覧するには注意が必要です。

そんな複雑で気を付けないといけない手順について、ここでは詳しく解説します。

手順1:クエールに質問するビビを見届ける

1つ目の手順は「クエールに質問するビビを見届ける」です。

これは、FF9のディスク1からディスク2で行えるイベントになります。

このタイミングでのディスク期間中に、まずは「ク族の沼(霧の大陸)」に訪れましょう。

そうすると、今後一緒に旅する「クイナ」を仲間に引き込むイベントが発生します。

このとき、ビビがクエールに対してクワンのことを質問しますので、それを見届けましょう。

これが、クワンのイベントを閲覧するために行わないといけない手順の1つ目になります。

ディスク3に入ってしまう前までにクイナと出会えば良いだけの手順なので、そこまで難しいものではないですね。

手順2:カードゲームの大会中に発生するATEで特定の選択肢を選ぶ

2つ目の手順は「カードゲームの大会中に発生するATEで特定の選択肢を選ぶ」です。

これは、ディスク3の期間中に行われるイベントです。

FF9のディスク3では、トレノの街でカードゲームの大会が開かれます。

そのカードゲーム大会が開催中に発生しますATE「いかにして彼はその地に立ったか」を見届けるのが、手順の2つ目です。

「いかにして彼はその地に立ったか」のATEを閲覧していると選択肢を投げられるので「ちょっと家に帰ってみようかな」を選んでください。

その後、カードゲームの大会が終了してしまう前に「クワン洞の釣り場」にに向かいましょう。

そうすると、ビビがクワンに拾われたときのエピソードを語り始めますので、それを最後まで見届けます。

以上が、2つ目の手順になります。

手順3:ビビとクイナを連れてクワン洞へ向かう

最後となる3つ目の手順は「ビビとクイナを連れてクワン洞へ向かう」です。

これは、ディスク3からディスク4のタイミングで実行できる手順になります。

ジタンたちが「ヒルダガルデ3号」を入手後、とあるキャラクターを引き連れた状態で「クワン洞」へ向かうというのが、最後の手順です。

肝心のパーティーに編成するキャラクターとは、クワンに関連する以下の2人になります。

  • ビビ
  • クイナ

「ビビ」と「クワン」を引き連れた状態でクワン洞に行くと、本イベントが発生。

クワンに関連することや、クワンとクエールの関係など知ることができます!

ちなみに、このクエールとは、クイナの師匠に当たる人物です。

また、ビビの育て親であるクワンとは、師弟関係に当たる人物になります。

クワンの下で「食即是空」の教えについて習っていたクエールでしたが、それが理解できずに対立してしまいます。

本イベントでは、そのケンカ別れしてしまっていたクエールとクワンが仲直りするシーンも見ることができます。

以上で、本イベントを見るために行わないといけない3つの手順は終了です。

まとめ:ビビとクワンを深く知れる貴重なイベント

  • クエールに質問するビビを見届ける
  • カードゲームの大会中に発生するATEで特定の選択肢を選ぶ
  • ビビとクイナを連れてクワン洞へ向かう

ビビの育ての親であり、かつおじいちゃんの「クワン」に出会う手順は、上記の通りです。

FF9の進行具合により踏むことができなくなる手順もありますので、本イベントを閲覧するときは必ずご確認ください。

3つのなかでも特に注意しないといけないのが「カードゲームの大会中に発生するATEで特定の選択肢を選ぶ」という2つ目の手順です。

カードゲームの大会期間中という限定的なイベントでの手順であること。

また、発生するATEのなかで特定の選択肢を選ばらなければ閲覧できなくなってしまうこと。

さらに、カードゲームの大会が終了する前に特定の地域へ向かわないといけないこと。

これらの行動を行わないことには手順を踏み終えたとはなりませんので、間違えないように、そして忘れないようにご注意ください。

本イベントは、FF9のストーリーにおける本筋とは、あまり関係がありません。

そのため、無理に進める必要がないと言ってしまえば、そんなイベントでも言えます。

とはいえ、FF9のなかでも重要なキャラクターである「ビビ」と「クイナ」、そして「クワン」に「クエール」という4人ものキャラクターについて掘り下げられる貴重なイベントなので、ぜひ見ることをおすすめします!

ライター紹介

Ryu
Ryu
在学中にはブログを、卒業後は海外でライター修行をしていました。
ホームページ運営歴7年、Webマーケ歴5年の力を活かし、1日3時間以上はプレイするアークナイツ (Arknights / 明日方舟) の情報を発信します!

[PR]世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料のターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなハマってます!

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版)/

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版) /

RAID: Shadow Legends 公式サイト