みちづれのすゝめ おすすめポケモン7選|ポケモンSV

おすすめアプリ
Raid
[PR]編集部イチ推しゲームはこちら

みちづれのすゝめ

  • みちづれは後攻技とあわせて使うのがおすすめ
  • 耐久力が低いポケモンが使いやすい
  • すばやさが高いポケモンが使いやすい

「みちづれ」は相手の攻撃で自分が倒されたとき、相手を戦闘不能にする技です。

タイプ相性が不利であろうと、種族値に大きな差があろうと関係なく倒すことができるので、相手のエースポケモンやパーティーの要のポケモンを「みちづれ」で倒すことができると、対戦を有利に進められるかもしれません。

本記事ではそんな「みちづれ」を使えるおすすめのポケモンと使い方を紹介していますので、「んほぉ~みちづれたまんねぇ~」「もっと知りたいなみちづれのこと」といった方は、ぜひ参考にしていただれば幸いです。

  1. みちづれを使えるおすすめのポケモン
  2. 後攻技を利用したみちづれの使い方

今回の記事は3分ほどでお読みいただけるので、宜しければ最後まで目を通してみてください。

おすすめのポケモン

ヘルガー

  • カウンター・ほうふくとあわせてみちづれを使用することで、最大2縦できる可能性がある
  • みちづれ→カウンターにより、カウンター使用時に倒されることでみちづれの効果を発動できる

ヘルガーはある程度すばやさが高く、みちづれ→カウンター を使用できるポケモンです。

みちづれを使用したターンにヘルガーが倒されなくても、次のターン、カウンターが発動するまでに倒されることで相手をみちづれにすることができます。

ユキメノコ

  • ゴーストタイプなので、しんそく・でんこうせっか・フェイント・しんくうは といった先制技を無効化できる
  • みちづれ→ゆきなだれにより、ゆきなだれ使用時に倒されることでみちづれの効果を発動できる
  • 耐久が低いのでみちづれが成功しやすい

ユキメノコの強みは、多くの先制技を無効化できるので、みちづれの対抗手段でもある先制技を受けにくいという点にあります。

そして、なんと言っても、みちづれ→ゆきなだれ という先制みちづれからの後攻技により、みちづれを使用したターンに倒されなくとも、次のターン、ゆきなだれが発動するまでに倒されることによって、相手をみちづれにできることが最大の強みです。

ゲンガー

  • ゴーストタイプなので、しんそく・でんこうせっか・フェイント・しんくうは といった先制技を無効化できる
  • みちづれ→トリックルームを使用できる

ゲンガーもユキメノコと同じく先制技を受けにくい点で優秀です。

ゲンガーのみちづれは有名過ぎてほぼ読まれますが、みちづれからのトリックルームはなかなか読まれません。

みちづれを使用したターンに倒されなくとも、トリックルームが発動するまでに倒されることで相手をみちづれにすることができます。

カウンターやゆきなだれ との大きな違いは、特殊型相手、耐久型相手には無意味であり、あくまでも後攻技を使用することが目的である一方、トリックルームは、すばやさを上げる積み技への対応、トリックルームアタッカーへの補助としても役立ちます。

マフィティフ

  • みちづれ→ほえる で起点にされることがない
  • 少し耐久力が高いので、みちづれ を使いにくい

マフィティフの強みは、みちづれからの後攻ほえるで相手に起点にされる心配がないという点です。

ゆきなだれ・カウンター といった技はそれらの技を使用した際に、積み技・変化技を使用することで次のみちづれ に対して上から攻撃できるようになることで対策できるのですが、ほえるであれば、起点にされる心配もありません。

デリバード

  • みちづれ→ゆきなだれ・カウンター を使用できる唯一のポケモン
  • 耐久力が低いので、みちづれ が成功しやすい

実はデリバードは優秀なみちづれ使いです。

耐久力が低いこと、ゆきなだれ・カウンターという2つの後攻技を覚えられることがその理由です。

ミミッキュ

  • ミミッキュのみちづれは採用率が低いため警戒されにくい
  • みちづれ→トリックルームを使用できる

一例としてゲンガーのみちづれ採用率が6割を超える一方、ミミッキュのみちづれ採用率は5%ほどで、ほかのみちづれ使いに比べて使用率は低いのです。

つまり、ミミッキュのみちづれは警戒されにくいので、成功しやすいということです。

グレンアルマ

  • 特性くだけるよろいとみちづれの相性が良い
  • みちづれ→トリックルームを使用できる

みちづれは、相手よりも早く行動することが重要であるとともに、いかにして倒されるかというのも大切な要素です。

その両方を同時に満たすことができるのがこのグレンアルマ。

特性くだけるよろいにより、耐久を下げることができ、すばやさを上げることができます。

まさに、みちづれにはもってこいの特性だと思いませんか。

また、このグレンアルマもトリックルームを使用できるので、みちづれ→トリックルームのコンボを実現できるのです。

みちづれのすゝめ まとめ

  • みちづれ は耐久力が低く、後攻技を覚えられるポケモンがおすすめ
  • すばやさが高いポケモンのほうが みちづれ を生かしやすい

HP満タンのポケモンをみちづれで倒されることほど嫌なことはありません。

ましてや、1匹のポケモンに2縦されるなんてもってのほかです。

みちづれ・みちづれ+後攻技 を使用できるポケモンは限られていますが、みちづれを覚えられるポケモンはしっかりと記憶に留めておき、警戒しておきましょう。

[PR]世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料のターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなハマってます!

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版)/

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版) /

RAID: Shadow Legends 公式サイト