実はリメイク作品だった!『スーパーロボット大戦IMPACT』を徹底紹介!

 ランク(順位) 駆け出し冒険者(99388
 経験値  629
獲得バッジ
10記事達成

ワンダースワンのスパロボをリメイク!『スーパーロボット大戦IMPACT』

今回遊ぶゲーム

今回はPS2で発売された「スーパーロボット大戦IMPACT」をレビューします!

ちなみに、今回の記事をざっくりまとめると!

  • 「援護システムの搭載」は画期的だった!
    ユニットの配置の戦略性がぐっと上昇!
  • 戦闘バランスは歴代屈指!
    初心者から熟練の猛者まで楽しめるバランスの良さ!
  • 総ステージは100超!圧巻のシナリオ数!
    ストーリーの評価も高い!

この記事は3分で読み終わりますので気軽に最後まで読んでみてくださいね!

こちらの記事もオススメ!

[clink url=”https://chara.ge/super-robot/super-robot-war-compact-ws/”]
[clink url=”https://chara.ge/super-robot/super-robot-wars-series-recommended-battle-animation/”]

ワンダースワンのスパロボをリメイク!『スーパーロボット大戦IMPACT』

長い歴史を持ち、様々なゲーム機で発売されてきた「スーパーロボット大戦」シリーズ。

その中で、プレイステーション2での初の作品が、『スーパーロボット大戦IMPACT』です

そんな今作ですが、実は携帯ゲーム機版のタイトルのリメイクという側面があります

ワンダースワンで発売されていた『スーパーロボット大戦 compact2』の三部作を統合して、フルアニメーション、戦闘時のフルボイスという形で再登場しました。

この作品をもって、スパロボシリーズの時代が変わったと言ってもいいと思います

「なぜワンダースワン版からのリメイクだったのか?」

「それ以降のスパロボに与えた影響は?」

など紹介したいと思います!

ゲーム情報

タイトルスーパーロボット大戦IMPACT
ジャンルシミュレーションRPG
対応機種PlayStation 2
発売元バンプレスト
プレイ人数1人
発売日2002年3月28日

『スパロボIMPACT』のすごい所「援護システムの搭載」

最も画期的だったのが、援護システムの搭載です。

戦闘において「仲間との共闘」を、色濃く反映させることになった、転換点と言える作品と言えます。

また、このシステムの搭載によって、ユニットの配置の戦略性がぐっと上がりました

例えば、機動力はあるが装甲に難があるリアルロボットの横に、装甲の厚いスーパーロボットなどを置いておけば、避け損ねた攻撃をバリアではじいてくれます

また、1回の攻撃で倒しきれない時も、援護攻撃でとどめを刺してくれることもあります

また、この時期の作品だと、出撃できるユニット数が少ないという問題がありました。

ですが、援護システムの導入により、

・出撃していない機体が戦艦から出てきて攻撃する戦艦援護
・統率という技能があるユニットが攻撃をする際に、画面が二分割になってともにクリティカルを与える同時攻撃

など、今でも常設していてほしいシステムがありました。

ゲームバランスの良さ

初心者から、熟練の猛者まで楽しめる仕様になっています

最初のステージが、やや難しいという洗礼はありますが、強すぎるユニットは存在しません。

また、スキルパーツなどを組み合わせていくと、あまり強くないユニットでも獅子奮迅の活躍ができます

その際に役に立つ、VUPユニットというアイテムが、弱いユニットを劇的に強化するので、このアイテムがバランスブレイカーと呼べなくはりません。

が、このユニットを付けた場合、攻撃力以外の底上げがないため、結局単騎打開は出来ないという落ちが付きます。

『F91』のような高性能機は燃費が悪かったり、『飛影』は避けまくるが火力がない、といった感じで、戦闘バランスで言えば歴代屈指のバランスだと思います

OGシリーズからの逆輸入設定

バンプレストオリジナルキャラを集めた「スーパーロボット大戦OG」シリーズ。

ここから、IMPACTの主人公『キョウスケ・ナンブ』と『エクセレン・ブロウニング』の乗機に関する設定を逆輸入されています。

そのため「スーパーロボット大戦compact」シリーズから、一部キャラの描写が変化しています。

特に『キョウスケ』は、ギャンブル好きという側面が付与され、そして『森川智之』さんの声が入り、一般兵とそこまで差のなかったステータスが、一気にエースクラスに強化されています。

元々あった設定

スペースシャトルの墜落で唯一(地球外生命体の力で復活したエクセレンを除いて)生還する強運

と合わせて、圧倒的主人公感をまといます

OGシリーズの主人公格の一人でもあり、ワンダースワンという、主流になれなかった携帯ゲーム機出身とは思えないほど出世です。

『スーパーロボット大戦compact2』をプレイしている時には想像もできませんでした。

裏のボスがシャアの最後の作品

本作には難易度設定があり、ポイント獲得で変動します。

条件を満たすと、裏ステージで「逆襲のシャア」ステージが真の最終ステージになります。

おそらくシリーズ最後の、『シャア』がラスボスのゲームです。

登場作品的にも分岐点

登場作品の傾向にも、この作品は分岐点と言えそうです

特にリアルロボット系にそれが顕著であり、ガンダム系の、「0080」や「08小隊」、それまでの準常連ともいえる「0083」が、レギュラーからフェードアウトしていき、その座に『機動戦艦ナデシコ』が座りました

『聖戦士ダンバイン』も徐々に出演作品が減っていきましたね

スーパー系では、『ダンクーガ』や『グレンダイザー』、『ライディーン』といった、初期の常連格もフェードアウトしていき、特に『ダンクーガ』はしっかりと自作のシナリオが出てくる最後の作品になりました

大ボリュームのシナリオ!

総ステージは100を超える、圧巻のシナリオ数を誇っています。

そして、ストーリーの評価自体も、高いと言えます

隠しステージをプレイするためには難易度を上げる必要があり、初心者であれば一週目で全シナリオをクリアするのは、限りなく無理。

引継ぎ要素はありますが、クリア時点の資金が引き継がれるため、最終ステージの余剰資金がないと二週目も厳しいです。

やりがいは相当ありますが、プレイ時間は結構取られます

その代わり、好きなユニットを育てていけば、どのユニットでも活躍できますので、やりこみ要素という点で言えばかなり高いと思います。

スーパーロボット大戦IMPACTのまとめ

本作は

・システム分岐点となる作品

・色々な作品の引導を渡した作品

と、スーパーロボット大戦の分岐点になった作品と言えるでしょう。

この記念すべき作品、一度プレイしてみては?

スパロボの最新作はコチラからゲット!

スパロボも今年で30周年!

それを記念した作品がいよいよ発売です!

早期購入特典もあるので、是非今のうちに予約しましょう!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA