【ギアジェネ】2022年春リリース「ロススト」ってどんなゲーム?考察してみた!【コードギアス】

 ランク(順位) 戦士長(35384
 経験値  2,047
獲得バッジ
10記事達成攻略記事を10記事公開1記事で1万PV

あの「コードギアス」に新しいアプリがリリースされるらしい!

皆さんはコードギアスという作品をご存じですか?

2006年よりアニメ作品として放送され始めたコードギアスは、2021年で15周年を迎えました

アニメ自体は完結しているものの、劇場版として続編が出続けているコードギアスは、15年経った今でも人気は衰えることを知りません。

そんな長寿な人気を誇るコードギアスに、2022年春に新作のアプリがリリースされるらしいのです。

そこで今回は!

  1. 「ロススト」ってどんなゲーム?
  2. 「ギアジェネ」の評価とレビュー
  3. 「ロススト」と「ギアジェネ」の違いは?

この記事は3分ほどで読み終わるので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね♪

 

コードギアス 反逆のルルーシュ ロストストーリーズとは?

 

コードギアス 反逆のルルーシュ ロストストーリーズ、通称「ロススト」とは、2022年の5月26日にリリース予定のスマホアプリゲームです。

2021年12月5日より事前登録が開始。

事前登録の人数に応じてゲーム内のガチャなどに使用されるアイテムの配布数が決定するようです。

事前登録者数と配布されるアイテムは以下の通りです。

登録数10万人サクラダイト×500
登録数15万人サクラダイト×250+パイロット:扇
登録数20万人サクラダイト×250+パイロット育成パック
登録数25万人サクラダイト×250+KMF:ナイトポリス
登録数30万人サクラダイト×250+KMF育成パック
以降5万人ごとサクラダイト×250

 

現在発表されている情報

現在発表されている情報によると、主人公を操作してルルーシュとともにブリタニア軍に立ち向かうストーリーのようです。

主人公は男女で切り替えが可能であり、主人公の立ち位置としてはルルーシュの友人兼、自身も1人の復讐者であるそうです。

最初からルルーシュ側についたスザクのようなイメージでしょうか?

リリース当初は「反逆のルルーシュ」のみが収録されており、のちに「亡国のアキト」や「相貌のオズ」などの作品も追加されるようです。

ストーリーはもちろんのこと、操作性も現存の「コードギアスGenesic Re;CODE(ギアジェネ)」とは全くの別物になっているようです。

 

「ギアジェネ」の評価とレビュー

「コードギアスGenesic Re;CODE(ギアジェネ)」は2021年10月4日よりリリースされたスマホアプリゲームです。

リリースされて現時点でのApp Storeでの評価は☆2.7と、決して高いとは言えない何とも言えない評価となっています。

なぜそんなに評価が低いのか?

それは「バトルシーン」に問題があると言えるでしょう。

アプリのレビューを読んでいると、評価にはかなり一貫性がありました。

「ストーリーは良い」「フルボイスなのは良い」けれど「バトルシーンのコレジャナイ感」「ポチポチゲーなのが残念」という声がほとんどでした。

決してゲームの動作不良ではなかったのです。

12月5日のルルーシュの誕生日には「#ルルーシュ」がツイッターでトレンド入りするほどの人気を誇るコードギアスだからこそ起こった現象であると言えるでしょう。

ここで簡単にギアジェネのゲーム性を紹介していこうと思います。

「物語」「深淵」「Cの世界」という3つのモードがあります。

 

ざっくり言うと「物語」はシンプルなモードで、5人1組のパーティで敵を倒しながらストーリーを進めるモードです。

これがレビューで言われる「ポチポチゲー」というものです。

よくある放置ゲーと同じで、パーティを編成したら後は見ているだけといった感じ。

放置ゲーを普段からよくプレイする筆者としては、「よくあるゲーム性」なので大して不満には思いませんでした。

1つ不満を挙げるとすれば、コードギアスの醍醐味とも言える「ナイトメア」での戦闘ではなく、キャラクターがそのまま戦闘に参加する点でしょうか。

生徒会メンバーやロイドさんなど、生身では戦闘能力が皆無であろうキャラクターでの戦闘には少し違和感があります

次に「深淵」ですが、これもかなり放置要素が強めなモードです。

パーティを編成したら、自陣の場所を決めて配置するだけ、あとは基本放置して育成用のアイテムを収集するモードとなっています。

最後に「Cの世界」ですが、こちらは建物をパワーアップさせて育成アイテムを収集する、これまた放置要素が強めなモードです。

育成アイテムを収集するのはかなり楽だと感じますが、やはりプレイヤーの捜査を必要とする場面が少なく、全体的に放置要素が強めな印象でした。

 

ギアジェネはこう楽しむ!

「じゃあギアジェネって面白くないゲームなの?」と聞かれると、そんなことはないと筆者は答えます。

ギアジェネはあくまで「キャラクター愛とストーリー、ボイスを楽しむためのゲーム」だと思うからです。

キャラクターの育成に必要なアイテムは簡単に手に入るので、好きなキャラクターを育ててバトルに挑むことが可能です。

筆者はロイドさんが一番好きなキャラクターですが、本来なら戦場に出ることのないロイドさんで戦うことができるのはとても嬉しかったです。

(まぁロイドさんは策士タイプなのに最前線に突っ込んで即死するので使っていませんが…)

全てのキャラクターがこのゲームのために書き下ろされたイラストであることも魅力の1つです。

また、このゲームのために作られたストーリーなどもあり、そのストーリーにもボイスがついていたりするので、かなりストーリーに迫力とボリュームがあります

アニメとは別の「物語を見る」ゲームだと考えれば、それほど酷評を食らうゲームではないと思いました。

ただ、コードギアス=ナイトメアでの迫力ある戦闘だと思っていた人にとっては期待を裏切られるものだったには違いないでしょう…。

そこで注目なのが冒頭で紹介した「ロススト」なのです!

 

「ロススト」のゲーム性はいかに!?

現在発表されている「ロススト」のゲームシステムは、「高い戦略性で、ルルーシュさながらの采配を楽しむゲーム」だそうです。

キャラクター、ナイトメアをそれぞれ育成し、誰をどのナイトメアに乗せてどこに配置するかなど、自身の采配がゲームに直結するゲーム性であることがうかがえます。

それを読んで筆者は思いました。

これこそがApp Storeでの評価で求められていたゲームなのではないか、と。

ナイトメアでの迫力のある戦闘シーン、不利な状況でも戦略で敵陣を制圧していく緊迫感。

コードギアスを見たことがある人なら一度は「こうした方が良くない?」と考えたことがあるでしょうが、それを実際にできるゲームが求められているのではないでしょうか?

ロスストはそんなファンからの需要にあったゲームになるのではないかと思います。

 

最後に

2022年春にリリースされる予定の「コードギアス 反逆のルルーシュ ロストストーリーズ」ですが、ファンからの期待の声に応えるゲームとなると思われます。

しかし、筆者は「ストーリーを楽しむゲーム」として、ギアジェネも楽しんでほしいと思います。

アニメを見た人なら絶対に感動する「あのシーン」が盛り込まれています。

賛否両論あるゲームであありますが、コードギアスファンならぜひどちらもプレイしてみてくださいね!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト