【DAEMON X MACHINA】非武装会見任務に殴り込み!グリーフとの会見に武装して行く際の心得とは?

 ランク(順位) 召喚術士(21368
 経験値  2,897
獲得バッジ
50記事達成10週連続記事公開3つのカテゴリーで10記事攻略記事を40記事公開

「非武装会見任務」とは?

マーベラス発売のロボットアクションゲーム「DAEMON X MACHINA(以下:デモンエクスマキナ)」。

ストーリーは様々なオーダー(ミッション)をクリアして進行する形式となっています。

そんなストーリー進行上に欠かせない「オファーオーダー」の中には、他に類を見ない珍しい達成条件が設定されているものも。

そのオーダーの一つがオファーオーダー/ランクAに存在する「非武装会見任務」です。

 

このオーダーはこの時点で傭兵たちと完全に敵対してしまった解放旅団「テラーズ」のリーダー「グリーフ」と会談を行う、という特異な内容。

達成条件は「武装を全て解除した状態で特定地点へ侵入する」だけ。

具体的には「アーセナルに装備していた武装を全て解除(アーム・ショルダー・パイロン・オーグジュアリの武装をなしにする)」で出撃し、「アーセナルから降機したアウターモード」で「マップに示された特定箇所に侵入」することで終了です。

戦闘行為などは一切存在しません。

 

こうして進行する非武装会見任務。

語られる内容も謎に包まれたストーリー上で非常に重要なものばかりとなっています。

ストーリーを進める上では一度確実に見ておきたいものです。

 

ですが、この非武装会見任務、武装して乗り込むことで展開が大きく変わります

ストーリーの進行は変わらないものの、オーダーの達成条件などが大幅に変更されてしまうのです。

今回はこの「非武装会見任務」をあえて武装していく際の内容変化やメリット、武装して行く際の心得などを説明していきます。

  1. 非武装会見任務に武装した状態で行くと、テラーズの三人との戦闘になる!
  2. テラーズ三人のボイス獲得と武装獲得の大きなチャンス?
  3. 三対一のアーセナル戦なので、入念な準備が必要不可欠!

この記事は5分で読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね!

「非武装会見任務」に武装して突撃!

武装を解除して特定地点に入るだけで物語が進行するオファーオーダー「非武装会見任務」。

達成条件自体は非常に簡単なものであり、戦闘なども発生しない数少ないオーダーです。

ですが、この非武装会見任務の場所に、少しでも武装を装備したアーセナルを持ち込んだり、アーセナルから降機せずに特定地点へと入ると、オーダーの内容が変化

グリーフをはじめとしたテラーズの三人との戦いになるのです。

それと同時にオーダーの達成条件がテラーズの撃破に変更され、アーセナル三体との戦闘を余儀なくされます

「武装」はどこまで許される?

非武装会見任務は一切の装備を解除した状態でないと条件を達成できません

では、この際に言われる「武装」とはどこまでなのでしょうか。

 

端的に言うと、全ての装備が武装に該当

アームウェポンやショルダーウェポンは当然、「ダウンブースター」や「スプレンダー」、「リザーブマガジン」なども武装として扱われます

つまり、非武装会見任務で戦闘を回避したい場合は、全ての兵装を完全に取り払った状態のアーセナルでオーダーを開始しなければならないのです。

 

どうしても戦闘が始まってしまう、という場合は一度自分の装備を見直してみてください。

攻撃に関係ないからといって、オーグジュアリをつけたままにしていた、ということがあるかもしれません。

武装して行った場合の展開変化

非武装会見任務では、グリーフの謎の一端や目的、そしてグリーフと主人公である「ルーキー」との秘密が明かされていきます

しかし、これは武装をせず、正規の手段でオーダーを進行した場合の話。

武装して進行した場合、これらの話はほぼ全てカットされてしまいます。

直後の会話デモや戦闘後の会話デモでその謎の一端は匂わせされるのですが、全貌は謎に包まれたままとなるのです。

そのため、初見の場合は武装を解除して会話イベントを確認していった方がいいでしょう。

非武装会見任務に武装して殴り込むのは、ストーリーを一度クリアして、もう一度オファーオーダーに挑めるようになってからやるのがおすすめです。

 

ちなみに、一周目のストーリーで非武装会見任務に武装して乗り込んでいったとしても、ストーリーの大筋は一切変化しません

分岐の無い一本道のストーリーであるので、ここで武装して戦ったからといっても何もないのです。

非武装会見任務でテラーズと戦うメリット

では、非武装会見任務に武装して行き、テラーズと戦うことでメリットはあるのでしょうか。

残念ながら、特別なメリットは一切ありません

彼らを下したからといって、特別な武装が貰えたり、特別なカスタマイズアイテムが貰えるということはないのです。

強いて言うならば、以下のメリットがあると言えるでしょう。

・テラーズ三人のボイス獲得が一度に行える

・テラーズの所有する装備の獲得チャンス

・称号「死神部隊」の獲得が狙える

・オーダー内の別の会話パターンを見ることができる

しかし、上記はほぼ全てオンラインオーダーの「解放旅団討伐戦:テラーズ」で獲得が可能です。

オンラインオーダーを利用しなくても、フリーオーダーを根気よく進めていれば達成できないことはないものばかり。

つまり、非武装会見任務をあえて武装して殴り込む利点は、ストーリーの変化を楽しむことのみとなります。

非武装会見任務に武装して行く場合の心得

では、非武装会見任務に武装して行く場合は、どのようなことに気を付けたらいいのでしょうか。

僚機無しでアーセナル三体を相手にしなければならないという、地味に難易度が高い非武装会見任務

しっかりと準備をしていかねば、苦しい戦いになることが必至です。

以下、勝利を掴むコツを紹介します。

アーセナル戦には慣れておこう!

非武装会見任務で戦闘になるテラーズは、当然アーセナルに搭乗してきます。

アーセナル戦は大型イモータル戦や雑魚イモータル戦に比べると、高機動で小さな的を相手にすることになる難易度の高い戦い。

アーセナルの動きについていけなければ苦労することになるでしょう。

そのため、非武装会見任務に行く前に、ある程度アーセナルとの戦闘に慣れていく必要があります

もし苦手だと感じているならば、フリーオーダーでアーセナルが登場するものを選んで戦いを重ねていくことをおすすめします。

中でもオーダーの達成条件が比較的緩く、敵アーセナルである「ストライ」が3体も登場するフリーオーダー/ランクB「中立区域侵入AI殲滅作戦」が個人的にはおすすめです。

武装の吟味が必要不可欠!

非武装会見任務は前述の通り、アーセナル三体との僚機無しの勝負。

武装をちゃんと考えていかないと、苦戦してしまいます。

対アーセナルを想定した装備を持ち込むようにしましょう

特にキャノン系統やレールガン系統といった隙の大きなショルダーウェポンは、アーセナル戦には不利であることが多くなります。

できる限りはミサイル系統やブリッツ系統などの当てやすいショルダーウェポンを持ち込むのがおすすめです。

回復の数が限られているのを鑑みて、「スプレンダー」や「ディヴォーション」といった回復兵装を持ち込むのもいいですね。

 

また、ただでさえ弾を無駄にしやすいアーセナル戦。

武装の総弾数は多くしておくと戦いやすくなります

リザーブマガジンの装備や、アタッチメントによる弾数の補強、弾数が無い近接武器を用意しておくとより良いでしょう。

地の利を利用する!

非武装会見任務のステージは、スタジアムのような施設が特徴的な「ソレムニティ国立公園跡地」。

障害物があまり無く、基本的に狭いステージで乱戦を行うことになります。

だからといって上空に戦闘の場所を移すと、リグレットの狙撃で体力を削られていくことになりがち。

地上を主戦場としていった方が得策です。

 

ちなみに、どうしても狭い場所が嫌だという場合は、一度スタジアムの外に出てしまうのもいいでしょう。

スタジアムの外にもステージはある程度広がっているため、グリーフとグルーミーをおびき寄せて広い場所で戦闘を展開することができます。

逆にもっと動きを制限したい場合は、スタジアムの中にある側溝の中に入ってしまうのも手

この側溝に入るとなぜかNPCも側溝に降りてくることが多いのです。

相手の動きが速すぎて対応できない場合は活用してみましょう。

リグレットは後回しに

非武装会見任務に登場するメンバーは、テラーズの「リグレット」「グルーミー」「グリーフ」の三人。

リグレットは狙撃メインのキャラクターで、グルーミーやグリーフと違い、殆ど近寄ってきません。

グルーミーは重装甲が特徴のキャラクターで、三人の中で最もタフな機体を持ち込んできます。

グリーフは「ブリンク」を絡めた高機動型のキャラクターで、目まぐるしい動きでこちらを翻弄するのが得意です。

基本的にリグレットがかなり遠くに陣取り、二人が中距離から近距離にかけて戦闘を仕掛けてくるというスタイルになります。

 

そのため、リグレットを最初に倒そうとすると、グルーミーとグリーフが邪魔に感じるでしょう。

ですが、リグレットの狙撃はやや面倒なものの、攻撃速度の遅さもあってかあまり脅威ではありません。

リグレットは後回しにして、先にグリーフとグルーミーから片づけていったほうがいいと言えます。

スタジアムの外におびき出して各個撃破したり、側溝に降りて戦えば、リグレットの脅威は更に減少。

まずはリグレットよりも、テラーズの男性陣を撃破することに注力するのが、戦いやすくするコツです。

さいごに

デモンエクスマキナの物語の核心に触れる話が語られるオーダー「非武装会見任務」。

武装していないアーセナルを乗り捨てて、特定箇所に入るだけで物語が進行する特異なオーダーです。

ですが、この非武装会見任務に武装して乗り込むことで、会談をキャンセルしてテラーズとの戦闘に臨むことも可能

メリットはストーリーの変化を楽しむことだけですが、あえて戦いに臨み、腕試しをしてみるのもいいでしょう。

余裕があるなら、オファーオーダーに再度挑戦することができるゲームクリア後にやってみてください

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

カンダカズマ
カンダカズマ
幅広いゲームが大好きな、ゲーマー歴20年以上の女ヲタク「カンダカズマ」です。
海外ゲームから国内ゲーム、アクションからRPGまでいろいろ嗜みます。
マニアックなメーカーの作品を遊ぶことも多いので、マニアックでマイナーなメーカーの作品(特にエクスペリエンス社の作品)の面白さを共有できればと思います。
みなさまのゲーム選びの参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。