カリギュラ2行動キャンセルアイキャッチ

【Caligula2/カリギュラ2】帰宅部戦闘指南~行動キャンセル編~

おすすめアプリ
Raid
[PR]編集部イチ推しゲームはこちら

帰宅部戦闘指南第3回「行動キャンセル」

カリギュラ2行動キャンセル戦闘シーン4

フリューからリリースされている学園ジュブナイルRPG作品「Caligula2/カリギュラ2(以下:カリギュラ2)」。

特殊システムが目立つ独特なバトルデザインが非常に特徴的となっています。

そんなカリギュラ2において、押さえておけば戦闘が楽になるコツを紹介するのが、当記事「帰宅部戦闘指南」です。

今回はカリギュラ2の戦闘における「行動キャンセル」について解説。

敵の攻撃をいかに封じ、戦闘をどれだけ自分たちのペースで進めていくのか、そのコツをお教えします。

  1. カリギュラ2の行動キャンセル方法はおおよそ3種類に分類される!
  2. 行動キャンセルの方法を知り、編成メンバーに応じての行動キャンセル手段を考えるのが運用のコツ!
  3. 行動キャンセルが得意なパーティメンバーが「釣巻鐘太」「編木ささら」「月島劉都」!

この記事は3分で読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね!

カリギュラ2の「行動キャンセル」とは?

カリギュラ2行動キャンセル戦闘シーン1

まずはカリギュラ2の戦闘における「行動キャンセル」の概要について説明していきます。

行動キャンセルの利点や行動キャンセルが有効なシチュエーション、行動キャンセルの重要性を知っていきましょう。

行動キャンセルの概要

カリギュラ2行動キャンセル戦闘シーン2

カリギュラ2における行動キャンセルとは、敵が本来行うはずの行動を何らかの原因でストップさせることを言います。

行動キャンセルをされたデジヘッドは基本的に以降行うはずだった行動全てを実行せず、無防備になるのが特徴。

敵に攻撃を通しやすくなったり、敵の行動を大きく制限することができると言えるでしょう。

この行動キャンセルは敵が弱い程成立しやすくなり、強かったりボス級だったりすると行いにくくなります

ただし、ボス級の敵でもキャンセルの条件を積み重ねていくことで、キャンセルを押し通すことも可能。

一度のキャンセルが通らなかったとしても、他の行動でキャンセルをかけられることもあるので、覚えておいてください。

行動キャンセルが有効なシチュエーション

カリギュラ2行動キャンセルキャンセルしたい

カリギュラ2における行動キャンセルが有効なシチュエーションは、主に以下のようなときでしょう。

  • 多数のデジヘッドを相手にするとき
  • 相手のデジヘッドが大技を撃つとイマジナリーチェインに表示されたとき
  • デジヘッドの行動が他メンバーの行動を阻害するとき

つまり、相手に行動をさせると不利になる状況を覆す時に使うのが基本

自分たちの無理を通したいという場合に行っていくのがいいでしょう。

デジヘッドたちの行動をコントロールし、帰宅部ペースを押し付けていけば、戦闘はかなり有利になりますね。

カリギュラ2で行動キャンセルをさせる方法

カリギュラ2行動キャンセル戦闘シーン3

カリギュラ2における行動キャンセルは、複数体のデジヘッドとの戦闘を行ったりする際に有効な手段。

では、そんな行動キャンセルとは一体どのようにして相手に与えていくのがいいのでしょうか。

行動キャンセルを行う方法を紹介していきます。

リスクブレイク

カリギュラ2行動キャンセルリスクブレイク

カリギュラ2において行動キャンセルを行う方法の1つとして「リスクブレイク」が挙げられます。

リスクブレイクはカリギュラシリーズに登場する敵限定の状態異常です。

敵名称横に表示された「リスクゲージ」を上昇させてレベルを上げ、リスクレベル6に到達することで発生させることが可能。

発生すると敵の防御がダウンすると同時に、敵が行うはずだった行動をキャンセルさせることができます。

行動を制限させると同時に、攻撃のチャンスを作ることができるため、積極的に狙うべき行動キャンセル方法でしょう。

尚、リスクブレイクとリスクゲージに関しては、別口で戦闘指南記事がありますので、参考にしてみてください。

敵を空中に打ち上げる

カリギュラ2行動キャンセル空中

カリギュラ2において行動キャンセルを行う方法の2つ目として「空中への打ち上げ」があるでしょう。

カリギュラシリーズでは特定の攻撃やカウンターによって、敵を空中へと持ち上げることが可能。

空中へと投げ出された敵は、当然それまで起こそうとしていた行動を起こすことができず、無防備になります

こちらもリスクブレイク同様に攻撃のチャンスを作ることができるキャンセル方法のため、リスクブレイク同様狙っていくのがおすすめです。

カウンター成功

カリギュラ2行動キャンセルカウンター

カリギュラ2において行動キャンセルを行う方法の3つ目として「カウンター」が挙げられます。

カウンター属性が付与されたスキルは、特定の対応する行動に対して攻撃を当てることで発動。

敵の行動をその場で停止させて無防備な状態にしてしまうことが可能なのです。

このカウンターはそのままリスクブレイク、空中への打ち上げに繋がることも多く、カリギュラ2における戦闘の重要な要素の1つと言えるでしょう。

行動キャンセル方法以外にも攻撃の起点ともなり得るため、こちらも積極的に狙うことがおすすめされますね。

また、タンク性能持ちの「月島劉都」や「編木ささら」の場合は、敵を引きつけ、攻撃を受けることで能動的にカウンターを仕込むことが可能

ある意味でこちらの2人も行動キャンセルに適した能力を持ったキャラクターと言えるでしょう。

特定状態異常の付与

カリギュラ2行動キャンセル状態異常

カリギュラ2において行動キャンセルを行う方法の4つ目として「特定状態異常の付与」が挙げられます。

カリギュラ2では、敵の行動を封じることができる状態異常を付与することが可能な帰宅部メンバーも存在。

そのメンバーとは「釣巻鐘太」と「能登吟」。

鐘太は「捕縛術」及び「捕縛術+」を用いることで、敵に状態異常「拘束」を付与し、敵をその場に釘付けにすることが可能です。

更に鐘太の束縛は、次回の鐘太の行動までほぼ敵の動きを封じることができるという強力なもの。

複数の敵との戦闘を行う場合、活用していくことがおススメされるレベルのスキルですね。

吟は「ヴィジョンボルト」で敵をダウンさせることが可能となっています。

習得レベルが遅いため、やや目立ちにくいですが、こちらでも敵の行動を強制的に制限することができると言えます。

ただし、吟は使い勝手の良いスキルが多く、戦闘では忙しいことが多いため、無理に狙うよりは他メンバーに任せた方がいいでしょう。

カリギュラ2で行動キャンセルをうまく活用するには

カリギュラ2行動キャンセル戦闘シーン5

カリギュラ2における行動キャンセルは、戦闘においては重要なテクニックの1つであると言えます。

では、この行動キャンセルを上手く活用していくには、どのようにしていくのがいいでしょうか。

行動キャンセルを使うためのコツを教授していきます。

パーティメンバーに合わせた行動キャンセル方法を取るようにしよう

カリギュラ2行動キャンセルステータス

カリギュラ2において行動キャンセルを上手く活用していくには、パーティメンバーに合わせた運用を行うのが第一です。

例えばメンバーにリスクレベルに関係した行動を多く持つ「宮迫切子」がいたとしましょう。

しかし行動キャンセル方法をカウンター重視にしてしまうと、パーティメンバーである切子の魅力を十二分に生かして行動キャンセルを叩きこめるとは言い難いです。

この場合はリスクブレイクでの行動キャンセルを狙った方が、切子を活かしつつ行動キャンセルを使えるようになると言えますね。

同様に、空中への攻撃方法があまりない味方と戦うのに打ち上げで行動キャンセルをしたり、逆に空中攻撃が得意なメンバーが多いのに地上で戦うなどもあまりよくありません。

自分のパーティメンバーがどのような戦法が得意で、どのようなシチュエーションが得意であり、どのようなキャンセル方法なら攻めの一手を作れるのか。

それを考えた上でパーティ編成と行動キャンセル方法の突き詰めを行っていくようにしてください。

敵が多い場合の行動キャンセル方法をしっかりと考える

カリギュラ2行動キャンセル敵が多い

カリギュラ2の行動キャンセルですが、複数体を相手にするときに有効ではあるものの、その運用にもまたコツが必要でしょう。

当然ながら、行動キャンセルをチマチマ単独用の戦法でかけていれば、複数体相手の場合はどうしてもさばききれなくなります。

その場合は、基本的に行動を制限して分断することが大切ですね。

ここでも行動キャンセルを利用すると便利です。

例えば2体の敵のうち、片方がカウンターが取れそうな場合は、カウンターが取れるメンバーを向かわせ、行動をキャンセルして味方を守るといいでしょう。

同様に、複数の敵でカウンターが取れそうなら、各々でカウンターを取って、行動をさせないようにするといいですね。

勿論分断するための手段として、タンク性能持ちのメンバー(編木ささら、月島劉都)を活用するのも有効。

彼らの攻撃で敵を引きつけ、カウンターでの行動キャンセルを押し付けることができます。

この際、分断メンバー1名と他3名で分けて戦闘を進めると、3名で処理した方を早々に倒すことができるので、戦闘を有利に進行可能

分断に使うメンバーは出来る限り少なく、キャンセルを駆使しつつ敵を制圧していくと、戦闘はうまくいきますね。

汎用性の高い行動キャンセル方法を持つメンバーを1人は入れておく

カリギュラ2行動キャンセル汎用性高いメンバー

カリギュラ2で行動キャンセルを上手く使っていくなら、行動キャンセルに適したメンバーを1人編入するのがおすすめです。

そのメンバーとして挙げたいのが「釣巻鐘太」「月島劉都」「編木ささら」ですね。

鐘太は敵の行動を大幅に制限する状態異常付与攻撃「捕縛術」が万能。

劉都とささらは敵の行動を引きつけて、攻撃を受けることでカウンターを食らわせるスキルが汎用性に優れています。

これらのメンバーは行動キャンセルをカウンターやリスクブレイク、空中打ち上げに関係なく行えるのが特徴です。

1人入れておくだけで敵の行動制限の難易度を低くすることができるため、メンバーに困ったら入れておきましょう。

ただし、これらのメンバーは一緒に入れてもあまりシナジーが無いので、編入は1人を目安にするのが吉。

むしろ多数入れてしまうと、劉都とささらはロール被りでその実力を発揮できなくなる可能性があるのです。

カウンタースキルを持ち、リスク管理などもできる鐘太はともかく、役割が大幅に被ってしまう劉都とささらは、特に片方だけの編入を強くおすすめします。

さいごに

カリギュラ2においては、敵の行動を制限して隙を作る「行動キャンセル」を使っていくのが戦闘のコツ。

行動キャンセルは主にカウンターや空中への打ち上げ、リスクブレイクや特定状態異常付与などで行うことが可能です。

敵が1体の時はコンボの起点として、敵が多い時は分断の手段として扱っていけば、より効率的な戦闘が展開できるでしょう。

尚、カリギュラ2の帰宅部メンバーの中には、この行動キャンセルに優れたスキルを所持したメンバーが3人います。

彼らの行動キャンセル術を駆使すれば、複数体の敵がいる場合でも有利に戦闘を進められる可能性が高いため、1人は入れて運用に慣れるのがいいでしょう。

ライター紹介

カンダカズマ
カンダカズマ
幅広いゲームが大好きな、ゲーマー歴20年以上の女ヲタク「カンダカズマ」です。
海外ゲームから国内ゲーム、アクションからRPGまでいろいろ嗜みます。
マニアックなメーカーの作品を遊ぶことも多いので、マニアックでマイナーなメーカーの作品(特にエクスペリエンス社の作品)の面白さを共有できればと思います。
みなさまのゲーム選びの参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

[PR]世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料のターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなハマってます!

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版)/

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版) /

RAID: Shadow Legends 公式サイト