【FGO】こんな関係性が?アペンドスキルみてみると

 ランク(順位) 村人(164374
 経験値  162
獲得バッジ

新しいシステム、アペンドスキル

皆さんは、アペンドスキルというのはご存じですか?

6周年で新たに実装された、バトル開始時にサーヴァントの自動発動スキルですが。

実は過去の「Fate」シリーズのキャラとの因縁関係が見えてくるんです。

今回はその関係性について考察してみました、ただ私の考察になり捉え方に違いがあるかもしれません。

では見てみましょう!

  • スキルの特徴がる
  • 3つめは、原典などと関わりあり
  • 自分嫌いとの相互の関係がある
  • ストーリーに絡んでくる可能性

この記事は、5分程度で読み終わりますので、最後までお付き合い下さい。

アペンドスキルの場所

アペンドスキルは、サーヴァントコインを消費してつかう「自動発動スキル」です。

こちらは、メインメニューの強化から、コマンドカード強化の次にあります。

スキルは3つ

見てみると、ロックがかかったスキルが3つあるのが見て取れます。

例えば、アルトリアリリィちゃんの場合ですが、左から追撃技巧向上」「魔力装墳」「対キャスター攻撃適正」になります。

こちらを開放するには、サーヴァントコインが必要になってくるんです。

そのためには、同じキャラをガチャで引くか、一緒に旅をして絆をあげるしかコインは手に入りません

つまり愛が必要ってことですね!

このスキル、バトル時にNPを自動で貯めたりかなり助かりますので、ぜひ開放してみて下さい。

3つ目はそれぞれ異なる

実はアペンドスキル3のみ、それぞれサーヴァントによって異なっているんです。

先ほどのリリイのように、「対キャスター攻撃適正」は攻撃力がアップするものになっています

バーサーカー以外は、攻撃適正になっていますがバーサーカーのみ「セイバークリティカル発生耐性」などになっているんです。

相手に、クリティカルを発生させないようにする効果になっており、強いが打たれ弱いバーサーカーの強みになりますね。

実はつながりが

この3つめのスキルで、見ていて面白いものがありました。

3つ目のアペンドスキルですが、先ほども言ったようにサーヴァントによって攻撃適正が違います。

そこで繋がりがありそうな、ペアが何組かいたので紹介しようと思います。

原典で夫婦、浮気は許さない組

まずは、歴気で実際夫婦だった組が、お互いのクラスに対して攻撃適正になってました。

オリオン(対アーチャー攻撃適正)超人オリオン(対アーチャー攻撃適正)
クレオパトラ(対セイバー攻撃適正)カエサル(対アサシン攻撃適正)
エウロペ(対ルーラー攻撃適正)ゼウスは未実装ですが、ストーリーではルーラー
メディアリリイ(対セイバー攻撃適正)イアソン(対キャスター攻撃適正)

ゼウスは未実装ですが、奥様と旦那でお互い対になっており、浮気許さない・ばれたらヤバイという関係ですね。

因縁組

こちらは、Fateや実際の原典でも因縁になっている組み合わせです。

ストーリーで嫌悪していたり、ライバル同士や、原作で繋がりがある組み合わせになります。

渡辺綱(対バーサーカー攻撃適正)茨木童子(対セイバークリ発生耐性)
源頼光(対アサシンクリ発生耐性酒吞童子(対バーサーカー攻撃適正)
エジソン(対アーチャー攻撃適正)二コラ・ステラ(対キャスター攻撃適正)
クロエ(対キャスター攻撃適正)術イリア(対アーチャー攻撃適正)
ジャンヌダルク(対ルーラー攻撃適正)天草四郎(対ルーラー攻撃適正)
アストラリア(対アーチャー攻撃適正)イシュタル(対ルーラー攻撃適正)

見てわかる通り、ジャンヌは原作のアポクリファで天草四郎と、アストラリアは凛と因縁の関係にあります。

原作のキャラを大切にして相手を意識した攻撃適正なのが伺えて、とてもおもしろいです。

自分嫌い組

そして次に見かけたのが、「オルタをした自分」を嫌いになっている人たちです。

fateでいう「オルタ」はIFの姿であり、たとえばジャンヌダルクなら、聖女として崇められたのに処刑される事への憎悪になります。

つまりもう一人の自分という事です、そんな自分を許せない組になります。

アルジュナ(対バーサーカー攻撃適正)アルジュナオルタ(対アーチャークリ発生耐性)
アタランテ(対バーサーカー攻撃適正)アタランテオルタ(対アーチャークリ発生耐性)
クーフーリン(対バーサーカー攻撃適正)クーフーリンオルタ(対ランサークリ発生耐性)
水着ジャンヌ(対バーサーカー攻撃適正)水着ジャンヌオルタ(対アーチャークリ発生耐性)
メカエリ(対ランサー攻撃適正)エリザベート(対アルターエゴ攻撃適正)
刑部姫(対アーチャー攻撃適正)水着刑部姫(対アサシン攻撃適正)

オルタと通常が相互になっているのがわかりますね。

ただ、刑部姫が相互なのは面白かったです、彼女は自分の水着が黒歴史なんでしょうか?

水着刑部姫の幕間などでそのうち明かされる気がします。

今後に関わってくる可能性

実は、スキル3つ目で気になっているサーヴァントがいます。

一人目が「マリーアントワネット」です。

彼女の、スキル3つ目は「対アヴェンジャー攻撃適正スキル」になります。

これは、水着マリーも同じでした、ではこれは誰を表しているのか、実は以前イベントでマリーアントワネットオルタが登場しました。

ストーリーでは、こちらは別側面というより。
でっちあげ発言で悪女のイメージがついている国民の負のイメージをしたマリーでした。

彼女のイベントバトル時に、クラスが「アヴェンジャー」だったのです。

立ち絵スキルがあり、しかし未実装でしたが、マリーのアペンドスキルを見る限り、実装の可能性があります。

ホームズのクラスが違う

もう一つが、モリアーティ教授のアペンドスキルになります。

誰もが知っている、シャーロックホームズの敵である教授ですが、スキル3は「キャスター攻撃適正」になります。

因みに、ホームズ自体も「対バーサーカー攻撃適正」の為、お互いがあっていません。

このホームズ実は、1部の時に自身が「キャスター」であったと話しています。(教授の片思いではなかったですね)

なので、教授のスキルは本来、ホームズを差していることが伺えます。

今後の物語で、ホームズが何故「ルーラー」なのか、もしくはキャスターホームズが現れるかもしれませんね。

最後に

8月に実装されたアペンドスキルですが、見てみると意外と奥が深い事がわかりました。

FGOに限らず、元々派生元であるキャラへのリスペクトもあり、調べてみると繋がりを伺えます。

もしかすると、繋がりがないと思っていたクラス攻撃適正も、後々繋がってくるかもしれませんね。

ホームズに限っては、2部ストーリーに絡んできそうで、目が離せません。

アペンドスキルから、よりサーヴァントと親密になってくれたら嬉しいです!

【FGO】サポート編成に配置すべき理想的なサーヴァントと概念礼装

 

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

なつ(nanomasin)
なつ(nanomasin)
リアルにゲームショップで働くくらい、ゲーム好きな女子
体はゲームで出来ている・・・かも。
fateシリーズが好きで、いつかグラストンベリーに行くのが密かな野望。