【炎上総まとめ】原神プレイヤーが知るべき12の事件

おすすめアプリ
Raid
[PR]編集部イチ推しゲームはこちら

原神で発生した炎上事件をご紹介します!!

みなさんこんにちは、「横島先生」と申します。

本日は、サービス開始から現在までに、原神で発生したティピカルな炎上事件をまとめさせていただきます。

ではさっそく、詳細を見ていきましょう。

  1. 炎上事件①:鍾離の性能調整事件
  2. 炎上事件②:ブレワイパクリ疑惑
  3. 炎上事件③:イラストコンテストにおけるトレパク疑惑
  4. 炎上事件④:放浪者の名前剥奪事件
  5. 炎上事件⑤:キャラクター画師の二次創作事件
  6. 炎上事件⑥:楓原万葉の情報漏洩事件
  7. 炎上事件⑦:ライブ配信者によるキャラクター批判事件
  8. 炎上事件⑧:人気配信者のファンによる迷惑行為事件
  9. 炎上事件⑨:miHoYo本社への襲撃計画事件
  10. 炎上事件⑩:「八重神子」の仕様変更に関する騒動
  11. 炎上事件⑪:人気声優を無名扱い事件
  12. 炎上事件⑫:ディシアに見られる人種差別問題

この記事は5分程度で読み終わりますので、さいごまでお付き合いいただければ幸いです。

鍾離の性能調整事件

『原神』のキャラクター「鍾離」に関する炎上事件は、プレイヤーと開発者の間の長期にわたる対立が背景にあります。

この炎上は、キャラクターの性能に関連しており、プレイヤーは性能の強化を求めて様々な抗議行動に及びました。

最終的にキャラクターは強化されたものの、この過程はゲームコミュニティ内で大きな議論を引き起こしました。

鍾離はVer1.1で実装され、Ver1.3で大幅に強化されました。

キャラクターの強化内容には、通常攻撃、重撃、落下攻撃、スキル、元素爆発等のダメージ量が大幅に増加しました。

これに加えて、岩元素共鳴や岩元素シールドの大幅な調整も行われました​​​​。

この炎上事件は、キャラクターの性能調整において開発チームがどの程度プレイヤーの声を聞き入れるべきかという問題を浮き彫りにしました。

過度な修正は、今後実装されるキャラクターに対しても同様の対応を求める声が上がる可能性があり、ゲームバランスに影響を与える恐れがあります​​。

一部のプレイヤーは、開発者がプレイヤーの意見を十分に考慮していないと感じ、ゲームに対する不満を表明しました​​。

この事件は、ゲームデザインとプレイヤーの期待のバランスをどう取るか、開発者にとって重要な課題を提示しました。

また、コミュニティ内での議論は、プレイヤーと開発者間のコミュニケーションの重要性を再確認させるものとなりました。

ブレワイパクリ疑惑

『原神』と『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(BotW)との類似性に関する議論は、ゲーム業界における盗作問題の一例として広く注目されています。

『原神』は、『ゼルダBotW』の影響が明確に見受けられる点がいくつかあります。

例えば、オープンワールドの探索や風、炎、氷、雷といった魔法の使い方などが挙げられます。

しかし、『原神』は経験値と戦闘の最適化、ハック&スラッシュ要素を重視しており、ゲームの核となる部分では『ゼルダBotW』とは異なるアプローチを取っています​​。

『原神』のアート面での類似性については批判されていますが、ゲームデザインの面では別物と見なされることが多いです。

ゲームの根本的な楽しさやプレイスタイルは、『ゼルダBotW』が採用している「掛け算の遊び」、すなわちプレイヤーがフィールドでさまざまなアクションを通じて異なるアプローチを試みるスタイルとは異なります。

『原神』の場合は、戦闘とキャラクターの成長に重点を置いています。

このような類似性と差異にもかかわらず、任天堂は『原神』に対して法的なアクションを取っていません。

加えて、『原神』は任天堂のSwitchプラットフォームでリリースされることが確認されています​​。

これは、ゲーム業界における盗作の基準や批判の在り方について、業界全体でより深い議論が必要であることを示唆しています。

ゲームデザインの要素をどこまで「借用」することが許容されるのか、また、新しい作品が過去の作品からどのように影響を受けているのか、といった議論は今後も続くでしょう。

イラストコンテストにおけるトレパク疑惑

原神の「胸躍る夏」イラストコンテストに関する炎上事件は、一部入賞作品にトレパク(著作権の侵害やアイデアの盗用)疑惑が浮上し、大きな話題となった出来事です。

このコンテストでは、参加者が原神をテーマにしたイラストを作成し、その中から優秀な作品が選ばれるという形式で行われました。

しかし、入賞作品が発表された後、インターネット上で一部の作品が他の作品を模倣したり、トレース(他人の作品をなぞって描くこと)しているのではないかという疑惑が提起されました。

特に、ある入賞作品が他のゲーム『グランブルーファンタジー』のイラストに酷似しているという指摘があり、これが炎上の火種となりました。

この作品の作者は、自身が参考にした画像をPinterestで見つけたと主張し、「グランブルーファンタジー」が自国で正式リリースされていなかったため、そのようなゲームが存在することを知らなかったと説明しています​​。

さらに、この騒動に火をつけたのが、イラストレーターの過去の行動です。

過去に類似の疑惑があったことが指摘され、これがネット上での議論を加熱させました​​。

また、一部のユーザーは、入賞作品の中にAIによって描かれたものがあるのではないかとも疑っていました​​。

結果的に、公式は一部の作品をコンテストから取り下げ、入賞を取り消す措置を取りました。

この事件は、オンラインコンテストにおける著作権の問題や、トレパク疑惑をどのように検証し、公正を保つかという問題を浮き彫りにしました。

放浪者の名前剥奪事件

キャラクター「放浪者」に対してプレイヤーが自由に名前を設定できるというシステムがあります。

しかし、最新のアップデートVer.3.7「決闘!召喚の頂!」がリリースされた際、一部プレイヤーの放浪者の名前が突然リセットされるという問題が発生しました。

問題の原因として、プレイヤーが付けた放浪者の名前が、ゲーム内で未発表だった新キャラクターの名前と偶然一致してしまったことが挙げられています。

例えば、あるユーザーは放浪者に「千織」という名前を付けていましたが、このアップデートで同名の新キャラクターが登場したため、名前がリセットされる事態となりました。

この出来事は、SNSやフォーラムで大きく話題となり、プレイヤーの間で大きな反発を呼びました。

プレイヤーたちは、自分たちが長い時間をかけて考えた名前が、新キャラクターとの重複を理由に剥奪されるのは不公平だと感じました。

特に、未発表のキャラクター名を予想することは不可能であるため、このような名前リセットは理不尽だという意見が多く見られました。

この問題に対して、開発チームは迅速に対応を示し、問題の修正とプレイヤーへの補填を行うことを公式アナウンスで明言しました。

放浪者の名前を変更するためのアイテム「新名撰筆」も提供され、プレイヤーはこれを使って新しい名前を設定できるようになりました。

この出来事は、オンラインゲームにおけるユーザー体験の管理と、開発者とプレイヤー間のコミュニケーションの重要性を改めて浮き彫りにしました​​​​​​​​。

キャラクター画師の二次創作事件

『原神』の未公開キャラクターの画像が流出した後、ある画師がこれらの画像を基に二次創作を行い、炎上した事件となります。

中国のソーシャルメディアプラットフォームで『原神』の未登場のリークキャラクターの画像を使って二次創作を行いました。

これが原因で広範囲にわたる炎上事件が発生し、画師は大量の非難や個人攻撃、さらには脅迫にさらされました。

この件に対し、画師は公開で謝罪しましたが、状況は改善されませんでした。

最終的に、画師はアカウントを削除し、一連の騒動に関わった多くの不明瞭な人物たちが争いを続けました。

この事件は、特に二次創作を行った画師に対する集中攻撃が問題とされました。

画師は漏洩した画像を使って創作活動を行っただけであり、リークの原因となった内部関係者ではなかったにも関わらず、多くの批判が彼らに向けられました。

この点について、多くの声が画師に対する厳しい処置は本末転倒ではないかと疑問を呈しています。

しかし、画師が明らかに未公開のキャラクターを使用していたため、その行動自体にも問題があるとの意見もありました。

このような状況の中で、被害を受けた画師だけでなく、事件に巻き込まれた『原神』のプレイヤーや他のゲームのファンも困惑し、騒動に振り回される形となりました。

結局、この事件はオンラインでの二次創作の範囲と、それに対する批判や個人攻撃の問題を浮き彫りにし、多くの議論を巻き起こしました。

楓原万葉の情報漏洩事件

「原神」の(当時)未公開キャラクター「楓原万葉」に関する情報漏洩事件が法的な問題に発展した事件です。

原告であるmiHoYo社は、被告人が「原神」の内容更新前に未公開キャラクター「楓原万葉」のプレイ動画をリークしたと主張し、これにより楓原万葉」のキャラクターに対する発表権および情報ネットワーク伝播権が侵害されたと訴えました。

被告人は「原神」1.6バージョンが社内テスト中であり、まだ一般公開されていない時期に楓原万葉のプレイ動画を公開しました。

この動画は、キャラクターが公式に発表される前に、実際にゲームの内部テスト段階にてリークされたものでした。

中国の司法によって、被告人の行為がmiHoYo社の権益を侵害したと認め、経済損失および合理的な費用として合計15,000元の賠償を命じました。

この事件は、ゲーム業界におけるデータおよびコンテンツの安全性についての懸念を改めて引き起こしました。

最近の数年間で、miHoYo社を含む多くのゲーム会社がゲームコンテンツのリーク事件に直面しており、これは業界全体の問題となっています。

ライブ配信者によるキャラクター批判事件

中国のライブ配信者による「原神」キャラクター批判事件は、インターネット上で大きな波紋を呼んだ出来事です。

ゲーム「原神」などの複数のゲームをプレイする配信者であり、急速にフォロワーを増やしていました。

しかし、その人気に反して、彼はゲーム内のキャラクターに対して侮辱的なコメントを繰り返し、これがプレイヤーコミュニティの間で大きな論争を引き起こしました。

以前は「PUBG」の配信者でしたが、原神に切り替えてから急激にフォロワーを増やしました。

原神のストーリービデオを見ながら喫煙したり、キャラクターの名前を侮辱的な言葉で呼んだりするなど、二次元キャラクターを軽視する態度を示していました。

このような行動が、原神のプレイヤーたちの間で不快感を引き起こし、炎上につながったのです。

さらに、その配信者は「崩壊3rd」など他のゲームにも手を広げ、そこでも過激な発言を繰り返しました。

これにより、原神だけでなく他のゲームコミュニティからも反発が起こり、彼に対する組織的な抗議活動が行われました。

プレイヤーたちは、自分たちの愛するゲームとキャラクターを守るために声を上げ、人気配信者の行動を非難しました。

この事件は、オンラインコミュニティの力と、人気のゲームキャラクターに対するプレイヤーの強い愛着を示しています。

また、ライブ配信者の影響力とその責任についての議論を促しました。

配信者が持つ影響力は大きく、その発言がプレイヤーコミュニティに与える影響もまた大きいことが浮き彫りになったのです。

人気配信者のファンによる迷惑行為事件

日本の人気配信者が「原神」のゲーム配信を開始した際に、そのファンによる他のプレイヤーへの迷惑行為が発生し、炎上した事件です、

配信者のファンは「囲い」とも呼ばれ、非常に熱狂的な支持を示しています。

配信者が「原神」の配信を始めた際、そのファンの一部が他のプレイヤーに対してアカウント売買を強要するなどの迷惑行為を行い、それが原神コミュニティ内で大きな問題となりました。

この騒動は、一部のファンが配信者の名を騙って原神プレイヤーに対して不適切な行動を取っていたことがきっかけです。

被害を受けたプレイヤーの一人は、ツイッターで配信者のタグを使用して注意を呼びかけました。

これに対し、配信者は「迷惑しています」と発言し、引用リツイートを行いましたが、その結果、ファンがそのプレイヤーに対して攻撃的な行動を取るようになりました。

配信者はこの問題に対して謝罪をしましたが、対応は一部のファンから「リスナーを切り捨てた」と受け取られ、さらに炎上する事態となりました。

配信者の発言には自身のフォロワーを庇う内容が含まれており、SNS上では他の説明が必要であると指摘されました。

配信者自身に直接の過失はないものの、配信者の影響力に伴う責任と、ファンの行動に対する対応の誤りが批判されました。

この事件は、インフルエンサーや配信者の影響力がどれほど大きなものかを示すとともに、その影響力に伴う責任の重大さも浮き彫りにしました。

配信者がファンを直接扇動したわけではないものの、配信者の発言や行動がファンの過激な行動を引き起こす可能性があることを示しています。

miHoYo本社への襲撃計画事件

miHoYoの本社への襲撃計画は、中国のメディアが報じた事件で、『原神』および『崩壊3rd』の開発元であるmiHoYoの創立者2名を狙った計画でした。

報道によると、犯人はmiHoYo本社に襲撃を試みたところを、現場の警察官によって逮捕されました。

この事件の動機は、miHoYoが提供する『崩壊3rd』のコンテンツへの不満から来ているとされています。

具体的には、『崩壊3rd』のグローバル版で展開された、特定のキャラクターがバニーガールに扮するキャンペーンに対する反発が挙げられています。

このキャンペーンでは、キャラクターたちが露出度の高いバニーガールの衣装を着用し、カジノを絡めたストーリーが展開される予定でした。

中国国内版とグローバル版のコンテンツには差異があり、特に中国ではセクシャルなコンテンツに対して厳しい制限があるため、このようなキャンペーンがグローバル版限定で展開されたことが、中国の一部ユーザーの間で不満を呼んだと考えられています。

一部のユーザーはこれをキャラクターに対する冒涜だと捉え、インターネット上での批判を超えて、実際にmiHoYo本社前で抗議活動を行うなどの行動に出たと報じられています。

この事件は、オンラインゲームのグローバル展開における文化的な感受性やユーザーの反応に関する課題を浮き彫りにしました。

また、ゲームコンテンツに対するファンの情熱が極端な行動に発展する危険性を示す事例ともなり、ゲーム開発会社やコミュニティにとって重要な教訓を提供しています​​​​。

「八重神子」の仕様変更に関する騒動

キャラクター「八重神子」のスキル修正に関連する騒動は、プレイヤーコミュニティ内で大きな議論を呼んだ事件です。

八重神子は、星5の高レアリティキャラクターで、2022年2月16日のVer.2.5アップデートで実装されました。

このキャラクターは、戦闘中に設置物から断続的に雷ダメージを敵に与え続ける元素スキル「野干役呪・殺生櫻」を中心に立ち回るサポート寄りの性能を持っていました。

このスキルは当初、「範囲内の敵をランダムに攻撃する」という挙動であり、ユーザーからもこの性能で認識されていました。

しかし、2022年3月30日に行われたVer.2.6アップデートによって、このスキルの挙動が「敵を優先して狙うよう索敵ロジック」に変更され、「近距離を優先にする」という新たなロジックが追加されました。

HoYoverseは、この変更はユーザーからのフィードバックに基づいた不具合修正であると説明しました。

しかし、この変更は一部のプレイヤーから「実質的なナーフ(能力下方修正)」と受け取られ、批判が集まりました。

プレイヤーからは、スキルの変更が戦闘スタイルに与える影響や、ゲーム内でのキャラクターの有用性に対する懸念が表明されました。

最終的に、HoYoverseは4月2日にスキルの仕様を元の状態に戻すと発表しました。

この二転三転する変更は、プレイヤー間で賛否両論を巻き起こしました。

一方で、元のランダム攻撃方式に戻す決定は、多くのプレイヤーからの好意的な反応を得ました。

この事件は、ゲーム開発におけるユーザーフィードバックの重要性と、プレイヤーコミュニティ内での意見の多様性を示す事例となりました。

プレイヤーの期待とゲームバランスの調整の間の delicateなバランスを保つことが、開発者にとっては大きな挑戦であることが浮き彫りになりました

人気声優を無名扱い事件

この炎上事件は、人気ゲーム『原神』に関連するYouTubeコンテンツを制作するYouTuberが、人気声優の能登麻美子さんを無名扱いしたことに起因しています。

この騒動の発端は、YouTuberが原神公式から発表された新キャラクター「スカーク」の動画を制作した際に、キャラクターボイスを担当する能登麻美子さんについて、彼女の代表作が書かれたサイトを参照しながら「そこまで知名度の高い代表作はなさそうですかね」と発言したことにあります。

この発言が原因で、YouTuberとしての見識や専門知識に疑問を呈する視聴者が多数現れ、炎上に至りました。

能登麻美子さんは、実際には『CLANNAD-クラナド-』や『犬夜叉』などの人気作品に出演している有名な声優です。

この事件において、一部の視聴者はYouTuberの無知を指摘し、声優としての能登さんの地位を支持するコメントを残しました。

一方で、一般的な知名度の問題や、YouTuberとしての専門知識の欠如を指摘する声も見られました。

この騒動は、専門分野に関する知識の欠如が公の場で露呈したことにより、インターネットコミュニティ内で議論と批判の対象となりました。

また、専門家やファンからの信頼を損なうリスクがあることを示唆しています​​​​​​​​。

ディシアに見られる人種差別問題

キャラクター「ディシア」の性能に関する議論が、人種問題に発展しているようです。

ディシアは、『原神』のキャラクターで、彼女の性能が低いことに不満を持つプレイヤーたちが、#FixDehya(ディシアを修正せよ)というハッシュタグを使ってTwitterで盛り上がっています。

ディシアの性能に対する不満としては、スキル能力の低さ、攻撃能力の不足、特定の技能の連携が取りづらいことなどが挙げられています。

これらの不満は、海外プレイヤーの間で特に強く表れ、彼らはディシアを強化すべきだという意見を強く主張しています。

さらに、一部の海外プレイヤーは、ディシアの低い性能が彼女の肌の色、すなわち黒い肌に対する差別の表れではないかと指摘しています。

彼らは、『原神』において黒い肌のキャラクターが一般的に弱い傾向にあると主張し、これをゲームの中での人種的な偏見と結びつけているのです。

このような状況は、ゲーム開発におけるキャラクターデザインと性能バランスの難しさを浮き彫りにしており、さらにゲームコミュニティ内の種族問題にも火をつけています。

開発元のmiHoYoは、これらの議論に対してまだ公式な回答をしていないとのことです。

まとめ

本日は、サービス開始から現在までに、原神で発生したティピカルな炎上事件をまとめさせていただきました。

原神のこれらの炎上事件は、オンラインゲームの世界におけるプレイヤーと開発者間の複雑な関係性を浮き彫りにしています。

ゲームのバランス調整、著作権問題、コミュニティとのコミュニケーション、そしてキャラクターに対する愛着といった多様な要素が、これらの事件を通じて深く掘り下げられています。

これらの出来事は、ただの一過性の騒動ではなく、ゲーム業界における重要な教訓として、今後も議論され続けるでしょう。

では、本日はここまでとさせていただきます。

ではでは。

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei

[PR]世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料のターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなハマってます!

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版)/

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版) /

RAID: Shadow Legends 公式サイト